207 posts categorized "ラジコン(機体解説)"

2016.07.30

進捗‥

今週は殆ど会社に棲んでたので進んでない(+_+)

1607301

すっかりお気に入りのHK-Totem改はバッテリの固定に難ありだったので、無理矢理トレーを追加。
ホントは目玉の位置も変えたいんだけど‥場所が無いっす。

1607302

製作等途中の150はFCが上手く動かずに頓挫中‥綺麗に収まって良いかと思ったのに、無念!

1607303

そして最近調子がイマイチだったコイツは‥

1607304

もはやU200は諦めて、気分転換(!?)で脚を製作。
今日帰宅して気力が残っていれば、モータ換装してみるつもり。

1607305

| | Comments (0)

2016.07.12

Q250改

hiraさんからアームだけがやって来たコイツは‥

Q2501

非OneShotなESCがイカンのか‥

Q2502

不人気なために嫁ぎ先が決まらず(+_+)

Q2503

でも1808の2400kvに5×4.5ペラで2sでも充分な機動性!
3s積んだらみんなの4s仕様の130クラスと張れそう!!!

ってことで、売らずにFC積み替えて追加装備積むか?って感じに(^^ゞ

| | Comments (0)

98g!

初の本気で200g切りを狙った機体。

Blade1501

現行のディストリビューションボード一体式ではないので配線が‥

Blade1502

モータが11xxクラスな上にサテライトレシーバ仕様なので、普通サイズのFC積んでても100g切れた(^^)v

Blade1503

| | Comments (0)

2015.05.13

新作(250編)

続いては主力の250クラス。

150510_6

コイツは既に新作なんて言うと恥ずかしいけど、ダメダメだったのをリニューアルしたMF280。
itoさんに譲ってもらったHQのペラに換えて良い感じなんだけど、やっぱり樹脂缶の廉価版モータだとパワーがもうひとつかも?

お次はモジュールのトラブルで墜として、半壊状態から復活したコレ。

150510_7

試しにCleanflight化したCC3DのATOMを積んでみたんだけど、受信機との接続がCleanflight化前とは全然変わっていたので苦労したってくらいで、動いてしまえば実に素直な感じ。
お得意のへそ曲がり加工でバッテリとFCが載ってるセンターフレームをモータが固定されてるメインフレームからフローティングしてあるので、カーボンペラでも全然普通に飛んじゃってあっけないくらい(^^ゞ

最後は手持ちの部材でパズルしたフレーム。

150510_8

多分Rev.3位のハズ(^^ゞ
最初はFlip32を積んでたんだけど設定中にFCを壊してしまって、暫定でコレを積んでたんだけど‥

1411243

MultiWiiLightでは処理速度も遅かったのか、どうしても使ってみたかったTタイプのカーボンペラでは安定してくれなくて、困ったときの放電用にいつも持って歩いていただけという悲しい状態に。

150510_9

で、今回改めてFlip32を積み直して、Cleanflightでセッティング。
ペラを換えたのも効いたんだと思うけど、これまたあっさりと飛んでくれたので、時間が出来たら追加装備をちゃんと積まないとね。

| | Comments (0)

2015.05.12

新作(330編)

先ずは、この前hiraさんに手伝って貰ってどうにか形になった機体から。

150510_1

250クラスを見慣れた今となっては大きいとさえ感じるDJI純正の330。

150510_2

FCは、やたらパラメータ設定で嵌ってしまったCC3D。

150510_3

モータはちょっと大きめの2210でkvが1650。
8吋ペラなら2sでも充分な組み合わせなんだけど、あまり低回転だと追従性が悪いので3ブレードの6吋に3sで運用中。

お次は新作とは言い難いけど、パチな330。

150510_4

非DJIなフレームなのでディストリビューションボードは別途搭載して、FCはMultiWii。
以前は8吋ペラで2sでも飛ばしてたんだけど、3s運用したくて7吋に落として持込んだら良い感じ。
MultiWiiの最新版も入れたので、GPSがちゃんと動いたら色々試してみる?

150510_5

モータは純正330とkvは同じだけど少し小さい2206サイズ。
コイツを組んだ頃に凝っていたヘッドライト(!?)も装備してるんだけど、昼間だとあんまり見えないかなぁ。

| | Comments (0)

2015.03.04

現主力機

へそ曲がりなので例によって普通には組んでません(^^ゞ

150301_4

ベースになってるのはHKのFPV250LH。
パッと見は受信機用のアンテナがそびえ立ってる位で意外に普通?

150301_5

でもFCはSTM32系じゃなく一世代前のMultiWiiで、石はMEGAですらないATmega32U4。今時フルサイズのボードだし、この石って2.3以降のファームだとGPS繋ぐとオーバーフローして焼けないといういわくつきの代物。
でもこれが連続フリップとかさえしなければ実に安定していて、遊覧飛行からキレた飛びまでOKなマルチパーパスな奴!

150301_6

モータも既に型落ちとなっているMultistarブランドの初代"Baby Beast"を使用。3s運用でkv2150に6045ペラの組み合わせは余裕のパワー。
かなり激しく墜としたことも数知れずだけど、今のところシャフトやカンの歪みも出ていないしベアリングも健在。最近のモータはCCW用に逆ネジのペラアダプタが付いてたりするけど、ナイロンロックナットに交換済なので緩みが問題になったこともなく、これで充分かな?

150301_7

この辺りから普通じゃなくなってくるフロントセクション。
付属のカメラマウントを使うのに上下幅は既定の状態だけど、バッテリの搭載をやり易くするのにセンター部分をバッサリと切り落として前後独立構造に。カメラの後には別BECと、前述の通りコイツにはGPSが繋がらないのでOSDはシンプル版を搭載。

150301_8

最後はリアセクション。
このアングルだとセンターがポッカリ空いてるのが解り易いと思うんだけど、更に前後分割なのを良いことにリアは上下フレームの間隔を圧縮。手前側にLCフィルタを、その後ろに受信機を搭載。

という感じで特別なことは何もしていない上に、仕上げも決して綺麗とは言えないこんな機体が今の主力機。
ゲテモノも大好物だけど、こういうコンベンショナルな枯れた機体で手に馴染んでるのが一機あるからチャレンジも出来るんだよなぁと再確認してみたり(^^ゞ

| | Comments (2)

2015.03.03

一応自作機?

コイツもちょっと設定が行き詰まり気味なんだけど‥

150301_1

先ずは現在の全景。
フライト時は画像左下のノーズ裏側に目玉兼用のMobiusを取付けて、バッテリは1000~1300mAh/2sをFCの裏側にベルクロ固定。
元々はカーボン製のごく普通のQUADだったんだけど、アーム部のみを流用して最初は木製のメインフレームを使ってH型に、都合3世代目になる今はメインフレームにアルミチャネル材を使用。前後方向にやや長過ぎて、このメインフレームの捩れも設定が詰め切れない理由かも?

150301_2

FCとOSD。
シンプル&軽量を狙って受信機一体型のFCを搭載。OSDはMinimでもサイズは変わらないけど、GPSが載ってないのでシンプルOSDで。
ちょっと見切れてる通り、ESCは使い慣れたTURNIGYのPLUSH。

150301_3

モータは1804のkv2400にペラはカーボンの6020。
2sだと6吋を回すにはトルクがやや足りない感じで、それも設定が決まらない一因かも‥

| | Comments (4)

2015.02.17

新ネタの現状‥

昨日のエントリーで文字では解説っぽいことを書いたので。

1502161

取り敢えずの全体画像。
モータのkvは1700に満たない位だけど、昨日貼った動画の通りペラは6045で問題なし。ってことは、もっと小さいモータでも良いんじゃ?

あと、キモになるのは此処だと思ってるんだけど‥

1502162

テールが可動する軸とペラの水平面の距離。
コレが遠ければ遠いほどお釣りが何時までも収まらなくなるので、コイツはモータを固定するパーツを天地逆にして強引に対策。缶にペラを直付出来るタイプのモータ使えば更に良いんだけど‥今は在庫無いしね(+_+)

| | Comments (3)

2015.01.25

新ネタ‥

モータも届いたことだし、3枚の製作を進めようとしたんだけど‥

1501251

流石のチャイナクオリティ、ペラアダプタが取り付けられないと思ったらネジが途中までしか切られてない(+_+)
力が抜けて画像は無いけど‥認識しなくなってしまったFlip32に復活の呪文を掛けてみたら、基盤上の電源ICが飛んでるらしくて成功せず。俺の数時間を返せ~!

って、一気にテンションダウンしちゃったので‥

1501252

気分転換に、作りかけて止まってた一枚板フレームを一気に仕上げちゃったりして(^^ゞ
前回作業した際に勢いで取付けたペラガードは外そうかとも思ったんだけど、3s運用で余力があるので取り敢えずそのままで様子見。

1501253

ホントはFCにFlip32を使うつもりだったんだけど、ESCに4in1を使ってみたので負けずに小さいNanoWiiで。
最近色んなFCを使ってるから、接続するのにconfigツールを立ち上げて確認したのはナイショ(^^ゞ
少しだけ浮かせてみた限りでは4in1の異常加熱は無いみたい。でもタイミングをHiにしておいたら、個体差でモータひとつだけ素早いスロットルワークに付いてこなくて脱調してストール。新品のコレットが1パック目でキズモノに(T_T)
気が向いたらCC3Dに載せ替えて、テストベッドにするかも?

| | Comments (0)

2014.09.16

晒すのも恥ずかしいけど‥

形あるうちに貼っとけ!

1409152

フレームは残り物を組み合わせていたら出来てしまった半自作(今回は穴あけすらしてない!)に、話題のTタイプペラが固定出来る新しい18xxクラスのモータ+6020のカーボンペラ。上下センタープレートの間隔は12mmしかないので、ディストリビューションボードに抱かせたFCは中厚の強力両面テープで固定し、ヘッダは総て横出し。受信機もケースを外してシュリンクしたけど‥結局リベンジで飛ばした際もケーブルの処理が一部未完了のまま(@_@)
目玉兼用のMobiusはダンパーを介した急ごしらえのサブフレームに載せてみたものの、手持ちレンズに交換して極端に前が重くなった状態とは完全にミスマッチでピッチ方向に大暴れ(>_<)

1409151

コレが午前中に受信機すら固定しないで『取り敢えず』で飛ばしちゃった結果。
アンテナはズタズタだし、ブザに至っては振動部が破損して終了‥良い子はマネしないように(^^ゞ

| | Comments (0)

より以前の記事一覧