« この辺が限界か? | Main | ネタ各種!? »

2015.02.26

nano-Q

Quattro Xはガードが構造的に弱くて『もうちょっと強度があるのを‥』とのご希望で、国内メーカ扱いだとコレか?ってコトで取り寄せてみた。

Nanoq1

Quattro Xより一回り大きくて、特徴的なのは送信機も動力と同じLi-Poを使う仕様なのね。別途一次電池を用意しなくて良いのは有難いけど、先ずはバッテリパックを2本充電しないと飛ばせない(純正充電器はUSBから給電するタイプで満充電までは40分程度)のと、送信機のバッテリベイの蓋が固い(@_@)

Nanoq2

色は2色あるんだけど、オレンジしか在庫が無くて‥でも視認性はコッチの方が上かな?

Nanoq3

電飾はもはや定番?夜勤の合間に照明を落とした事務所で飛ばすと癒されるかも(^^ゞ

舵の効き(エンドポイントを調整するイメージ)は3段階に調整出来て、一番舵角の少ない状態だと全くの初心者でもスロットルワークに慣れて高度維持さえ出来る様になれば飛ばせそう。ただ、個体差もあるかも知れないけど、所謂6軸ジャイロ装備でキャリブレーションも出来るものの、完全に静止させるにはバッテリ交換毎に数コマのトリム調整が必要だった。
あと、根本的に私の手のサイズだと送信機が小さくて、細かいスロットルワークで指が攣りそう(>_<)

で、飛ばしたのは数パックだけど、ペラガードは評判通りに丈夫だしパワーも充分なので、セカンド機としてもアリかと(^^)

|

« この辺が限界か? | Main | ネタ各種!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« この辺が限界か? | Main | ネタ各種!? »