« HobbyKing Quadcopter | Main | 結局… »

2011.10.30

SKYANGEL NANO F-16

ようやく先が見えて来て今日は帰れそうなので更新…。

私はずっと缶詰だったけど、この週末は行楽日和だなぁ。
111029
昨日の夕焼け空も綺麗だったし。

今朝はちょっと雲が多めだったけど。
1110301

1110302
どうやら夕方までは持ちそう。降るのは夜中だけみたいだし。


という訳で先日無事にmaidenした機体の紹介を。
1110278

1110279
もう暗かったからあまりよく見えないけど、素性はかなり良いみたいなので調整次第でそこそこの風でも飛ばせちゃいそう。

着弾したのは先週の水曜日。
Nano_f16_00
外箱を裏返しただけの素晴らしい荷姿!

なのでラベルは内側に。
Nano_f16_01
スパンが378mmで全長が456mmとホントにナノサイズ。

梱包状態と取説。
Nano_f16_02
一緒に頼んだブツが一部機体に接触していたけど、キットだけ頼むのなら特に問題は無さそう。

早速仮組。
Nano_f16_03
流石にちょっとデフォルメ感があるのと、垂直尾翼が大き過ぎる感じかなぁ。でもまぁ飛びを優先って事で許容範囲。

裏側も。
Nano_f16_04
こちら側はあまり違和感ないかな?脚の取付用のモールドがあるのでそのうち単品で出るのかも。
因みに主翼は胴体と一体成型だし水平尾翼も取付済なので、接着が必要なのは垂直尾翼のみ。

メカハッチ、オープン!
Nano_f16_05
先行で発売になっているF-86やMIGと比べると余裕のスペースで、ノーズにウェイトまで載っているので少し大きめのバッテリでも大丈夫かも?
キャノピーがクリアでは無くて塗装仕上げなのは残念だけど、強度と重量を考えるとコレも仕方ないか。

EDFユニット。
Nano_f16_06
ハッチ部はマグネット止めで基本的にユニットに変更は無い模様。だけど今回のシリーズには3cell用なのか予備に3枚ブレードのインペラが付属。

機体搭載状態のユニットを前後から。
Nano_f16_07
内部の抵抗も少なそうな仕上げだし、普通に飛ばすのなら特に修正はしなくても良さそう。

動翼のヒンジ部。
Nano_f16_08
エルロン、エレベータ共に同じ構造で、両端だけ若干厚みがあって真ん中はペラペラというか殆ど抜けちゃってる状態。私の個体は同時梱包されていたブツが当たったのか、左翼のエルロンのヒンジが千切れてしまっていたけど、CAでチョイっと修正出来たので特に問題にはならないレベルかな。でも3cellでカッ飛び仕様にするのなら少し強度を増すことを考えないとフラッターが出ちゃうかも?

そしてリンケージ。
Nano_f16_09
兄貴分(!?)の50mmEDF搭載のF-16やF/A-18なんかと同じ取り回し。ロールは速いけどエレベータの効きに少し癖が出るので、発航時に速度が乗るまでは沈み込みに要注意。個人的にはエルロン水平でややエレベータがUP気味にするのが好みかな?ただこれだとロールの軸が通り難いので、各自ベストのポイントを探って貰うのが良いかも。

此処で少し手直しを。
Nano_f16_10
動翼側のホーンはF-86に使われていたのと同じものだけど、ロッドアジャスターが装備されてちょっとガタが気になるので手持ちのワッシャを挟んでガタ取り。サーボ側のホーンもリンケージロッドに対して穴が大き過ぎなのでCAを1滴垂らしてガタ取りを実施。

最後にメカ積みの様子を。
Nano_f16_11
取説では350mAh程度の2cellパックを積む様に指示されているんだけど、スペースもあるので隔壁(!?)を一部切り欠いて450mAhを搭載。EPOで或る程度弾性があるので、キツキツに切り出して後方にEPPブロックを接着してやったら特に固定はしなくても大丈夫そう。この状態でやや前重な感じなので、標準で載っているウェイトを外しても大丈夫かも?

という状態で先日のテストフライトを行ったんだけど、リンケージの微調整がまだもう少しで重心も気持ち前だったから、手投げからの沈み込みが大きくてちょっと気を使うかなって状態。補強については一切追加せずに接合部の隙間や接着の甘そうなところを修正したのみで、それでも2cellで飛ばす分にはかなり振り回しても問題無さそう。3cellカッ飛びも良いけどスケールスピードで言えばこれでも充分に速いし、補強を追加して重くなることを考えたらこのまま飛ばすのもアリかな?余程変な落とし方しない限り、この重量のままなら壊れそうに無いし…。

|

« HobbyKing Quadcopter | Main | 結局… »

Comments

本日、こっちでも飛んでました。
http://www.youtube.com/watch?v=8SNfAAQLXZQ&feature=player_embedded
こちらは土手下に余裕があるので、落ち込みも
さほど気にならないです。

最初のハチロク、Migより大分良いですね~。

かなり大口の吸入口が、ダクトのすぐ近くに
開いてるので、効率が良いのかな?
2セルで速度的には十分なようですが、
ほとんどフルスロットル・・ま、このサイズ
じゃ、しょうがないですかね。
エルロンは舵角、ほんの少しにしないと、
敏感過ぎるようですね。


川LOSTしてしまった、SMTが新造でようやく
就航したので、今度は別のスケール
・・何故かこのところ、こちらで流行り出した
デコパネ・テントウムシ(これが良く飛ぶん
だ!)を製作中です。

Posted by: SHIRO | 2011.10.30 at 23:44

何故に関連動画がカメラばっかり?と思ったらF-16のハイフンが無かったからレンズのF値と同じ扱いだったのね…。

風がもっと穏やかならハーフでも充分水平飛行出来ますよ。
エルロン効き過ぎはあのリンケージの宿命なので、3cellカッ飛びならエルロンは固定してエレボンのみにするのが正解でしょうね。

テントウ虫ってGWSが以前出してたんでしたっけ?良く飛ぶらしいですよね。
うちの方ではデコパネと言えば時々思い出した様にoruさんトコの機体が飛んでますよ。

Posted by: ♂いぬ♂ | 2011.10.31 at 00:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« HobbyKing Quadcopter | Main | 結局… »