« April 2011 | Main | June 2011 »

34 posts from May 2011

2011.05.31

壱四号機決定 ほか

今日は朝からスカッと晴れてと思っていたら。

意外に雲があって風も強いのねん。
110531
あわよくば夕方にF-86のテストをなんて思っていたんだけど、ちょっと厳しいかなぁ…。

今朝もしっかりコソ練。
Msr_10
最後まで諦めずに粘って操縦し続けられる様にはなったんだけど、その分クラッシュすると機体には優しくないかも…。

さてMicroFOXも壱参号機が一応運用に入ったので。
Fox14_01
F-86に刺激されてコイツを壱四号機として製作続行する事に。しかしこのエルロンのサイズはちょっと無茶かなぁ…。

T尾翼なので垂直安定板に補強を追加。
Fox14_02
水平尾翼はフルフライングにしちゃうつもりなので、その軸受部までカーボンスパーを埋め込んで強化。この位の剛性があれば多分大丈夫じゃないかな?

軸受部分の拡大。
Fox14_03
支持方式は何時も通りに3mmカーボンパイプの中に2mmカーボンシャフトを通すつもりなんだけど、垂直安定板の幅だけでは不安なので少し左右にはみ出させてみる事に。これでも巻き込んで水平尾翼を引っ掛けると厳しいかも知れないけど…。

サーボはこんな所で。
Fox14_04
エルロンはRobinさんの2.5gサーボを左右に1つずつ使ってフラッペロンにし、エレベータには4.4gサーボを。どっちもトルクはギリギリかも知れないけど、ダクトに使った紙筒がチト重過ぎたのでなるべくメカは軽量に。

後は水平尾翼を成型すれば何となく形にはなるけど、サーボを埋め込むのとメカを積む場所の確保が課題だなぁ。フラッペロンなので6chの受信機を積まないとだし…。しかしそれ以前にこの翼面積に強度重視の重たい機体はやっぱり厳しいかも。ダクトも小さいから推力比も飛ぶかどうかのギリギリの所になりそうだし、とにかく初速を付けて放り投げてみるしかないか?

| | Comments (0)

2011.05.30

週末の諸々

雨続きだったので珍しく出撃無し。

で、ショッキングだったのはやはりこのニュースかなぁ。
283
JR北海道の誇る俊足振子気動車キハ283系の脱線・全焼事故。映像が公開されて驚いたのはステンレス製の車体が変形する位の火勢があったという事で、既報の通り初動に不味さがあったのに死者が出なかったのは不幸中の幸い。安全基準も当時とは全く違うけど、列車火災というと多数の死者を出した桜木町事故や、今回同様トンネル内で夜間に起きた北陸トンネル火災事故が脳裏に浮かび、第一報を聞いた時にはかなり嫌な感じがしたからなぁ。
その後の調査では推進軸の落下が原因とみられるって事で、思い出すのはやはり悲運の機関車ことDD54。修学旅行の自由行動で、梅小路まで見に行ったんだよなぁ。

暗いニュースはこの位にしてマイクロヘリの小ネタを。
43q_09
昨日夕食がてら何時もの週末の買い物に出た際に、百均で購入して来た4#3Q用ケース。

ちょっと高さが足りずに横倒しでの収納になっちゃったけど。
43q_10
アメンボのブームを外す手間はあるけど、予備パーツも含めて綺麗に収まったから一応OKかな?コレで少しは片付くし…。

そういえば昨夜は自分でキリ番踏んじゃった。
110529
Blogだけ見てる方はご存知無いと思うんだけど、以前の名残でこんなページが残ってたり。

| | Comments (2)

2011.05.29

J-Power(SKYANGEL)35Series F-86 一応完成

肌寒いのにジメジメの天候でなかなか進まなかったけど。

しろくまさんに遅れる事約半日でようやく完成!
F86_30
以前貼った画像と大差無いケド、今度はちゃんと中身が詰まってま~す!?

では手を入れた部分を中心に細部を。
F86_16
主翼の補強は裏側から、予告通りに3mm幅のカーボンスパーを埋め込み。反りを修正してガチガチにならない程度の強度に。

ヨレヨレだったエルロンの動翼は。
F86_18
一旦切り離してTAIYO機以来の伝統的手法『梱包テープパック』にて反りの修正と強度UP。

左右セットで。
F86_17
前回も紹介したホーンはちょっと不安なので、取り外してそのまま保管。

再取付直前の状態。
F86_19
今回はヒンジもホーンも市販品を利用。コレもTAIYO機ではよく使ったっけ。

足掛け2日悩んで結局サーボは交換。
F86_20
付属品の2.2gサーボは、信頼性もだけどトルクの細さが不安で、エレベータ・エルロン共にRobinさんの2.5gに換装。結構しっかり接着されているけど、デザインナイフ等を上手く使って慎重に外せばOK。新しいサーボの方がやや大きいので取付穴は長手方向に2mm程度拡大の必要があるけど、緩くならない様に現物合わせで作業。

続いては増槽の準備。
F86_21
胴着仕様の機体な為にエルロンリンケージの保護を兼ねたスキッドになるので、ちょっと硬い所に降ろしても大丈夫な様に主翼に埋め込んだカーボンスパーの残りで補強。スケール派の皆さんには怒られちゃいそうだけど、運用の柔軟性を重視って事で。

当然着陸時には結構な応力が想像されるので。
F86_22
取付は爪楊枝を併用してネリワサでガッチリと。

修正・補強の済んだ各パーツを組み付け。
F86_23
エレベータと比べると破損の危険性の高いエルロンリンケージは0.8mmSUSで作り直し。エルロンは気休め程度に若干ダウンした状態として、サーボホーンは他機種流用でアップ側の舵角が大きくなる様に加工したものを半ば強引に取付。舵角は大きくならない様に気を付けたつもりだけど、まだ若干大きいかな?

エレベータのリンケージは純正をそのまま使用。
F86_24
しろくまさんの個体同様にリンケージに接着剤が付いていて修正に若干手間取ったけど、どうにか許容範囲に。ただ片側のリンケージロッドが若干短くてサーボ側のホーンが完全な中立に出来なかった為、仕方なくエンドポイントで舵角を調整。

前回は紹介しなかったダクト内部の様子。
F86_25
吸気側から覗くと上側にエレベータサーボ、下側にはエルロンサーボとそのケーブルが。もうちょっと綺麗に処理すれば抵抗減りそうなんだけどねぇ。

そして排気側からの眺め。
F86_26
ようやくアンプの配線も出来たので回してみたんだけど、完璧とは言えないながらそこそこのバランスで回ってくれて、音質も悪くないので先ずはこの状態で飛ばしてみようかと。

かなり無理矢理なメカ積みの様子。
F86_27
受信機は4chなので指定のエレベータサーボ横に強引に押し込み、アンプからのケーブルはJRタイプのコネクタに変更して接続。併せてバッテリコネクタは手持ちに合わせてマイクロディーンズに交換。アンテナはキャノピ直後からノイズレスチューブに通して気持ちだけでも外部へ露出。バッテリはHiModelの330mAh2s/25-40cを積んでほぼ指定の重心位置。
しっかし機体が小さいんでキャノピ内部もホントにキツキツで、エレベータリンケージに支障が出ない様にするのがちょっと大変だったかも。

そして最後に全体像を。
F86_29

F86_28
一応胴体の裏面、アゴの部分とテールには保護の為に梱包テープを貼り付け。軽い機体だからそんなに壊れる事は無いと思うんだけど、その小ささ故に結構コロコロしている筈だから着陸の度に小傷を増やしそうでねぇ。

てな事で、しろくまさんの機体と比べると補強も追加している上に加工が垢抜けないんで、多分少し重く仕上がっている筈。しかしさらっと紹介されているけど小型機に長けてらっしゃるのが良く解って、各所に小技が光ってますねぇ。

さて、晴れたらテストと行きたい所だけど、次の土曜日は仕事だし早くても日曜日かな?ちゃんと飛んでくれると良いんだけど…。

| | Comments (0)

2011.05.28

Walkera チビヘリ部隊(追記有)

関東も入梅しちゃいましたねぇ。

そんな時は少しの止み間でも飛ばせるお手軽ヘリ。
43q_05
という事で昨日の夕方、降り出す前にと復活した4#3Qを飛ばしていたら、ちょっと風に煽られてテールから電柱に。で、綺麗に折れましたがな…。
でもそこは軽量なチビヘリ、他に損傷は無かったので機体はCAで接着し、外れたケーブルは半田をし直して修理完了。

ただ修理したのは夜になってからだったので。
43q_06
フライトの方はCB100にスイッチして継続。mSRといいこのCB100といい、一部では『ヘリの挙動じゃない』と言われる位に自律安定が良くって、ちょいと流れてもスティックから指を離せばOKなので飛ばすのは本当に楽。あ、当然風があれば流されるしドリフトはあるからその修正は要るけど、4#3Qと比べると肩に入る力が半分位って感じかな?ヘリ未経験の私がいきなりその4#3Qを飛ばそうとしてたんだから、まともにホバ出来る前に壊れる方が早かったのも当然かも。ようやく少しはヘリにも慣れて来たんで、今度こそ4#3Qをとっちらからずに飛ばせる様にならないとね。

ちょっと問題があるとすれば。
43q_07
実は4#3QとCB100とではエルロンとエレベータがリバースなのよね。なので機体をスイッチする時にはプロポの裏蓋を開けてディップスイッチの切換が必要。ちょっと手間だけどコンピュータプロポじゃないから仕方無し。
それと4#3Qなんだけど、1パックフルに飛ばして直ぐに次のパックを飛ばし始めるとパワーダウン。以前はこんなに浮かせていられなかったので露見しなかったけど、これが噂の熱ダレみたい。ひとつ上の画像の様にキャノピを外してロータの風を送ってやると大丈夫なので、飛ばし込む時には見た目を気にせず外しておかないとダメかも。

以前にも紹介したっけかな?
43q_08
そのプロポの電源は手持ちのLi-Poを流用。今使っているのが800mAh/3sなんだけど、もう1ヶ月位充電していないかも?フライトタイムが短いのもあるけど、コンピュータプロポじゃないから省電力なのかな。

続いてはCB100のお話。
Cb100_07
以前から4#3Qのメインロータは他機種のグレードアップ用に使えるってのは有名だけど、CB100の純正ロータと並べて見るとこんな感じ。長さは同じで幅が広く、若干ピッチも強いかな?

という訳で装着!
Cb100_08
4#3Qの保守パーツは結構揃ってるので使わない手は無いだろうって事で。ちょっと色がナニなので、純正の青ベースのキャノピに換えると良いかも?
残念ながら雨で外では飛ばせていないので家の中で少しだけ浮かせてみた印象なんだけど、確かに浮きは良いみたいでスロットルへのツキも良好。その分高度維持がシビアかというと意外とそうでもなくて、むしろ余力がある分楽に浮かせていられる感じかな?結構コレはお奨めかも。上空に上げた時にどうなるのかは試してみるまで解らないけど、ちょっと楽しみかも…。

[以下追記]
さっき少し雨が小降りになったので、我慢出来ずにCB100を1パックだけ家の前でフライト。腕の問題もあって本格的に走らせる所までは無理だけど、なかなか好感触。フライバーとのバランスが若干狂うのか若干座りの悪い場面もあったけど、スロットル開度で1目盛弱絞れる為に丁度中立付近でホバ出来るのが良いかも。CB100純正セットのWK-2402だと違うのも知れないけど、私は4#3Qに付属していたWK-2401を使っているのでスロットルカーブも弄れないし、正直これって結構嬉しかったり。

| | Comments (7)

2011.05.27

Walkera 4#3Q 復活!

今日は何とか晴れてるけど、やはり今週末に入梅かなぁ。

全く関係ないんだけど、昨日の帰りはMUE-Trainを見掛けて、今朝はEast i-Eを目撃。何だか要らん所で運を使っている様な…。

てな話は置いといて本題を。
43q_01
ホントはF-86とか作業すべき機体が山積みなんだけど、天気予報を見て気力が湧かずにマイクロヘリを。
制御基板が逝ってしまったと思っていた4#3Qなんだけど、再度テストしてみたら問題無く動作するんですが…。お蔵入りさせる前にチェックして良かったぁ。『では』とばかりに整備して今はこの画像の状態に。

ずっと取付ずに居たんだけど。
43q_02
折角なので爆装パーツも。厳密には飛びに影響しそうだけど、一応スケール機だし。

メインロータもバランス取り。
43q_03
マイクロヘリ用のブレードバランサーなんて持っていないので、回してみながらセロテープを貼って調整。そんな訳で完璧には程遠いけど、取る前と比べたら雲泥の差なので本人は満足。出来る範囲でだけどヘッド周りの調整もしたし、増し締めもしたのでそれも効いたかな?

最後に無理矢理アメンボを装着。
43q_04
CB100用に購入したモノで4#3Qは適用外なんだけど、取付の爪が1つ折れてしまってCB100にはもう使えない感じなので、ベース部分をスキッドにCAで無理矢理固定。本来とは天地が逆に付いているんだけど実用上は問題無さそう。バッテリの出し入れにちょっと邪魔にはなるけど、ブーム部分は外せるから保管時のサイズはノーマルと同等だし。

という事で、今朝出勤前に朝凪の屋外でホンの数分だけホバ。CB100に慣れちゃってると自律安定が無いのでちょっと慌てるけど、コレが本来のヘリの動きなのよね。舵の入りもその分シャープな感じだし、アメンボ付けて壊れ難くなったからちょっと本腰入れて飛ばし込むかなぁ。

| | Comments (2)

2011.05.26

J-Power(SKYANGEL)35Series F-86 ほか着弾

ちょっと体調がヤバい事になっているので、今日はブツの紹介だけ。

昨日の夕方Robinさんから無事着弾。
1105251
チト梱包が大きいけど詮索はナシの方向で宜しくです!?

当然メインはコレ。
F86_01
ラベルが光っちゃってるけど、メーカ側でのカラバリは2種類あるみたい。中身が小さいから箱も50mmシリーズより随分小型。

併せてコイツも。
1105255
予備インペラとユニット一式。EDF好きとしては取り敢えず確保しておかないとね!

では早速開封。
F86_02
上蓋は段ボールだけど内側は発泡。エコじゃないけどブツが小さいからこのパターンでないと厳しいのかも?それでも後述の様に若干機体は歪んじゃってたし。

一式取り出して並べてみるとこんな感じ。
F86_03
取説は50mmシリーズと同じA4サイズなので、比べてみると如何に小さいか解るんじゃないかと。見難いんだけどその取説の上に載っているのはリンケージパーツ。右下は増槽で取り付けるかどうかはユーザが選択するんだけど、エルロンリンケージ保護の為には取り付けた方が良さそう。因みに取説では尾翼周りを組み立てる所から解説されているけど、増槽以外取付済なのは従来の50mmシリーズ同様。

メカハッチになるキャノピー。
F86_04
前側を差し込んで後部はマグネット止め。かなり強力なマグネットなので脱落の心配はまず無さそう。

もう少し寄ってみると。
F86_05
既報の通りサーボコネクタはマイクロタイプ。バッテリコネクタはJSTが取付済で、アンプはこの後方にダクト内側に露出する様に搭載。バッテリスペースは俵型の350mAh2sクラスが丁度収まる感じ。平型を積もうと思うと少し加工が要るかも?

EDFユニットはこの位置に搭載。
F86_06
固定はマグネットで左右併せて2つ。余程変な引っ掛け方しなければ、此方もそう簡単には外れないと思われ。

ユニット部分の拡大。
F86_07
モータはアウターロータで軽量ながらトルクはありそう。でもシャフトが1.3mmってちょっと特殊?

そのユニットの画像がコレ。
F86_08
モータは残念ながらGWSのEDF30同様12mm径は取付不可。高kvのモータで回転を稼ぐ設計の様でインペラの幅はちょっと狭い印象。因みに右端はGWSのEDF40用インペラブレード。

もう少し拡大して比較。
F86_09
材質はちょっと硬めでブレードの厚みもあるので、バランスが良ければ回転はスムースかな?ピッチはEDF40用と同じ位でブレード数は見ての通り5枚。

コレは付属のリンケージパーツ。
F86_10
一部がコイル状になっているパーツをロッドの先端にCAで固定して、動翼側のホーンに取り付ける設計。かなり華奢な印象だけど、機体も軽いからこの位で丁度良いのかな?

相手側になる動翼のホーン。
F86_11
見ての通りペラペラなので、増槽無しだとエルロンのリンケージは胴着一発で壊してしまいそう…。

そのエルロンにちょっと問題が。
F86_12
抵抗なく動く様に左右数mmを残して切り離されているんだけど。

梱包状態もあってかこの有様。
F86_13
このままでも飛ぶとは思うんだけど、精神的にイヤ~ンな感じなので要修正かな。

更には左翼も。
F86_14
多少の歪みは発泡機の宿命だけど、コレはやはりカーボン埋め込んで修正したいかも。ただ余り固めると動きがシビアになりそうなので、3mm幅位の薄いスパー使うのが良いかな?

最後に一応スケール繋がりでBD-5Jモドキと2ショット。
F86_15
予想通りほぼ同じ位のサイズ。でもダクトの効率はF-86の方がはるかに良さそうなので、速度さえ出てしまえば飛ばすのは楽そう。Robinの田中さんからも『手投げが難しいけど良く飛びます』との助言を頂いてるので、如何に真っ直ぐ初速を付けて投げられるかがカギかな?

では一緒に届いた他のブツの一部も紹介。
1105252
そろそろ在庫が怪しくなって来たCAを粘度違いで。ワールドモデルスに直接買いに行けばいいんだけど、なかなか億劫でねぇ。

小さいモータ用のペラセイバー用ゴムリングとか。
1105253
最近扱いを始められたみたいなんだけど、丁度壱参号機がこのサイズなので。それとグラス布も。

最後にサーボ。
1105254
右は2.5gクラスのJRタイプコネクタが付いたサーボで、場合によってはF-86のサーボはコレに換えるかも?
一方左は引込脚用に動作角が拡げられている9gサーボ。先日動画を貼ったおかしなパーツの作動角を広げたくて、試しに購入。

てなことで、少しは修正しないと吊るしの状態でも飛ばせない感じなのと、ちょっとばかり手を入れることも考えているんで週末には間に合うかどうか。そもそもお天気も怪しいしなぁ。

| | Comments (6)

2011.05.25

梅雨入り前に

今朝は丁度良い気温で過ごし易いなぁ。

北寄りの微風で晴れてるし、地面は冷えてるからサーマル出そうなんだけどねぇ。これが週末なら泣いて喜んじゃう所なんだけど、関東では早ければ今週末にも入梅しちゃう可能性もあるのだとか…。

なので昨日は夕方に慌てて出撃。
1105241
日没までそんなに時間も無いし、先日投入した5連充電器で2cellを4本と1cellを2本一気に充電しての3機体制。
残念ながら風向きは東寄りで、それなりの風速があったので先ずは拾壱号機で様子見。風速の変動はあるけど荒れては居ないので、飛ばし難いって程では無い感じ。非力なBD-5Jモドキは油断ならない状態だったけど、コレに慣れておけばMicroJet飛ばすのが楽になるかな?

そして壱参号機では懲りずに空撮。
1105242

1105243

1105244
午前中の雨で出来た水溜りと、川面に映える夕陽が結構良い感じ。

トリミングしてない画像も。
1105245

1105246
風では浮くけどサーマルは無かったのでずっとハーフスロットルで降下するテストは出来なかったけど、風に正対してダウン当てながらゆっくり降下する場面は数回。その範囲では特に不具合は出なかったので、取り敢えずはOKにしちゃっても大丈夫そうかなぁ。

最後に動画を。

変わり映えのない眺めも夕陽の時刻だとちょっと変化があって楽しいかも。途中ちょっと高機動も試してみたんだけど、1cellでパワーもギリギリだからやっぱり厳しいなぁ。やはり構想段階での狙い通りに余り高高度には上げず、数十m位のところで仲間の機体を追いかけているのが合っているって事かも。

さて、台風も来てるし週末の天候はどうでしょうかねぇ…。

| | Comments (0)

2011.05.24

スッキリしないお天気なので

動画だけでもスカッといきます?

先ずは以前に師匠さんが紹介されていたコレ。

ベースはムスみたいですね。こんな広い空域があればカッ飛びも楽しいだろうなぁ。

そして実機。

新田原のアグレッサー隊だそうな。F-15って結構ゆっくり飛べるのね。

もう1本はファントム。

やっぱりカッコ良いかも…。

最後にFrSkyの2.4Gモジュールをお使いの方向けの情報を。
コチラによるとバインド時にディップスイッチを操作しないと最悪混信の可能性があるとの事なので、該当すると思われる方は手順を再確認して下さいね~!

| | Comments (0)

最近の機体修繕 と 今朝のコソ練

結構壊しちゃったので暫く修理続きだったり。

先ずはMiniDiscus2cから。
Minidiscus_17
モータの積み方からして変則な機体なので、折れペラのハブも樹脂製を加工して無理矢理取付。それがノーズから激しく逝ってしまった時にご覧の状態に。

流石にこれはもう直せないと判断して。
Minidiscus_18
強度UPを兼ねて手持ちの金属製ハブを加工して取付。この画像だと良く分からないけど、モータ缶の先端がペラセイバーになっているタイプなのでそこにハブが丁度嵌め込める様にモータ側を加工し、ハブ側にはモータのシャフト固定用ビスが通る穴を開口してこのビスでハブを固定。

違うアングルから見るとこんな感じ。
Minidiscus_19
真ん中にかすかに見えているのがモータ缶の先端部。因みにスピナ固定用ビスの受け側が無いので、固定は接着剤。それでも余程の事が無ければ外れないし、ハブの精度が上がってるからブレも皆無なので問題無いかなと。

そしてMicroFOXの拾壱号機。
Fox11_16
実は作業的にはコッチが先で、元々取り付けていた折れペラのハブをMiniDiscus2cに供出。代わりにGWSの6030を取付たんだけど、モータがTURNIGYのT2211-2300なのでこのペラの方がマッチングは良かったみたいで引きも速度も丁度良い感じ。

コイツの固定もやや変則。
Fox11_17
文章だと解り難いと思うんだけど、ペラ側にナットを埋め込むタイプの2mmシャフト用コレットを使用し、スピナは在庫で使えそうなのを現物合わせで加工して接着剤で取付。このペラって降ろし方次第では結構折れ易いんで、ホントはもう少しスマートにスピナの固定が出来ると良いんだけど…。

更にこんな所にコネクタ。
Fox11_18
この機体は受信機を完全に胴体内に埋め込んじゃってあるので、万が一またバインド操作が必要になった時の為に超軽量延長ケーブルを受信機に繋いだままにしておく事に。厳密には数gの重量増だけど、此処なら殆ど邪魔にはならないし。

そして昨日はMicroFOX参号機のハブ交換。
Fox3_02
更にゴツさUP!?ちょっとモータがゴリって来ていたので、そのメンテを兼ねて。

取り外したハブはといえば。
Alula_20
まだ修理待ちのままになっているalula evoに転用しようと、コレットを2mmシャフト用に交換してスタンバイ。

最後に今朝のコソ練の様子を。

先日教わったノーズ・インとテール・インを重点的に。例によって出来るのは一定方向だけなんだけどねぇ…。

| | Comments (0)

2011.05.23

週末の出撃記録

気候的にはちょっと不安定な時期に入っちゃったケド。

新作も間に合わなかったので土曜日は稼働Fox全機出撃でお茶濁し。
1105211
新しい45cのパックを試したくて持ち込んだ手前のF-16以外にも仲間外れが1機、さて解りますかね?正解は真ん中の列の左端、GRAUPNERのMiniDiscus2cが混ざってま~す。コレ以外にマイクロヘリのCB100も居たんだけど撮り忘れ…。
で、この日は早朝から微妙な風向きで、大した風速では無かったもののそのMiniDiscus2cが乱流に喰われ、まさかの弐号機まで。更に拾壱号機に至っては胴体に埋め込んだ受信機にバインドプラグが挿せず、フライト不可。結局3機がまともに飛ばないという情けない事態だったけど、久し振りにアラレも健気に飛んだし、F-16は投げた途端にナイフエッジに入る様な強風の中でも無事4フライト。最後に45cのパックを試したんだけど、馴らし中なので発航時と途中少しだけフルハイを試した程度ながらパワーの差は歴然。でも1分強のフライトタイムでバッテリ残量は70%を切ってたんで、フルハイ続けたら2分でもギリギリかも?

そして翌日の日曜日。
1105225
予報では8時過ぎには南の風で風速が6m/sを超えるって事だったので、何時もの駐車場が開く前にちょっとだけグラウンドへ。前日に久し振りに飛ばしたら調子が良かったデルタ翼の六号機の追試から。以前は600mAh2s18cのパックを積んでいたんだけど、450mAh2s30cのパックを積んでみたら若干コロコロ感は増幅されちゃったものの軽くなった分スロットル開度が抑えられ、余力があるので少し位はコブラも可能になって良い感じに。もうユニット交換しかないかと思っていたんだけど、このままで良いかも?そして前日に頭から落ちてダクトユニットが破損してしまった弐号機。12mmモータ専用のEDF40は新品が一つ残っているんだけど、勿体無くてCAで修理して飛ばしてみる事に。ダクトの材質からCAでは接着し難くて直ぐに剥がれてしまうんだけど、意図的に全周に亘ってCAを流したら結構大丈夫そう。普通に飛ばして降ろしている限りでは支障は無さそうなので、暫くはこのまま飛ばして耐久性のチェックかな。同じくリベンジのMiniDiscus2cはトリムが大幅に狂っていて、1投目は高度を取る間もなくあえなく落ちちゃったものの、2投目は指トリムで何とか上空へ。折れペラのハブを金属製に変えたのでノーズから逝っても破損し難いし、フルハイでも振動が殆どないので快適。
その後何時もの場所へ移動して、前夜に胴体を切り捌いて受信機を取り出しバインドし直した拾壱号機から。以前は折れペラを装備していたんだけど、実はそのハブをMiniDiscus2cに供出して固定ペラに。バルサの主翼は今は亡きSandBirdのモノで、そもそもグライダーの様に飛ばすのは無理があるからコレが正解ではないかと。実際に飛ばしてみても好感触だったし、フルエルロンで舵の入りも良いからそれなりに風があっても飛ばせて良いかも?後は前日は強風で飛行見合わせとしたBD-5Jモドキを飛ばしたり、風が強くなってからはパワーに余裕のある七号機で苦行と言われる修正舵の練習とか。

視程はイマイチだったけど追試中の壱参号機では空撮を。
1105221
この時間にはそろそろ南風が強くなり始めて、サーマルも無かったのでハーフで降下させる状況が殆ど再現出来ず、余りテストにはならなかったかも?

強風の予報だったのでメンバーも少なめ?
1105222
前日はお仕事だったaoさんとはグラウンドからご一緒させて貰ったけど、hiraさんは天気予報見て不貞寝かな?

そのaoさんとジュンさんは。
1105223
ファンフライ相撲の準備中。

交戦中に割って入って…。
1105224
結構迫力のある画が撮れたかも?

という事でその動画バージョンを。

この機体がもう少し安定してくれると、もっと撮り易くなるんだけどなぁ。

そしてあんきもさんは6ロータを更に調整中。

結構な風速の中、この安定度は凄いよなぁ。この時は動画は撮られてなかったのかな?

そうそう、昨日のエントリーで書いたMicroJetなんだけど、Robinさんでは26日の晩から販売開始との事。27日の発送で着弾は28日かぁ。でもお天気が微妙で飛ばせても日曜日の早朝だけになりそうな感じだから丁度良いのかも。

| | Comments (2)

2011.05.22

週末の諸々

週末と言っても先ずは金曜日の話から。

なにやら『ようがんばった』と認められたらしく。
110520
表彰の他に副賞金を頂けたので、半分は家族に還元って事で金曜の晩はちょっと奮発した夕食。若干予算オーバー気味だったけど、娘も私も此処のすき焼きが大好きでねぇ…。

翌日の土曜日は娘の携帯のバッテリを交換して貰いに。
1105212
もう少し待てば無償交換になったらしいんだけど、女学生(古い表現だわ)に携帯は必須ツールなので溜まっていたポイントで購入。出掛けたついでに私は百均でこんなケースをGET。

何を入れるのかといえば。
1105213
先日届いたばかりのkvメータと、送信機用のモジュール。ほぼ狙い通りに収まったので今回も節約成功?

出撃記録は別エントリーにするので製品情報でも。
Micro_f86
各所で話題になっているJ-Powerの35mm径EDF装備の機体が間もなく国内販売開始。Robinさんの該当ページによると価格は50mmシリーズより少しお安い\7,580-とのこと。コスモテックさんではまだ価格の提示が無いみたいだけど、受信機が付いている分高くなってると思われ。私は手持ちの受信機を使いたいんでRobinさんからの購入だろうなぁ。

そしてHKで少し前に発売になっていた水上機
Flying_fish
国内ではラジコン1さんでも購入可能だった筈で、去年バカ売れしたiCON A5に似た形状ながら翼端フロートを持つ分コチラの方が扱いは楽そう。既に購入されて飛ばされているえびふりゃーさんも高評価

同じHKでは夏を前にこんなモデルも発売に。
Swamp_dawg
全長が500mm弱なのでお手軽と言うには少し大きいけど、水上機の合間に遊ぶには良いかもなぁ。

水上モデル繋がりで大須ホビーさんでは。
Scamper1
K&SのホバークラフトScamper-1のダクト無しモデルが特価販売中。結構速度は出るみたいだしアスファルトでドリドリするのも楽しそうかも…。

| | Comments (2)

2011.05.20

Blade mSR 復活!

昨日も具合が悪くて作業は進まなかったので。

朝のコソ練の様子を撮影してネタに。

aoさんのお陰で復活したBlade mSR、カメラを置く位置が悪くて観難いんだけどほぼ元通り。撮影用にワザとぶんぶん振り回してみたりしたものの、ただとっちらかっている様にしか映らんなぁ。でも高速ピルエットは健在!

| | Comments (0)

BBSに会津若松駅のライブカメラを貼ったので

震災で飛んじゃったけど去年の豪雪の動画を中心に。

先ずは磐西のクリスマストレイン。

迫力のある画だけど、凄い降り方。

そして…。

ガス欠ならぬ水欠に。

折り返しのSLは運休となり。

その晩の会津若松駅。

雪がおさまり晴れ間ものぞいて。

懸命の除雪作業で719が脱出。

SLの乗客救済用に送り込まれた583も。

前夜は文字通り列車ホテルだったとのこと。

場所は違うけど同じ583の走行シーン。

最後は仙台かな?

雪の動画で最近見た中ではコレが一番。

三国峠も雪は厳しいところだからなぁ。

| | Comments (4)

2011.05.19

初HK と ちょっとした工作

昨日は何だか身体が重くて、夜ちょっと半田鏝握って終了。

それでも今朝はちょっと寝坊しちゃったんだけど…。
1105161
てな訳で大したネタもないので、今日は人生初ホビキンのお話。ひとたび使うと際限が無くなりそうで『PayPalアカウント作らなければ使えないから大丈夫』なんて思ってたら、アカウント無しでもカード決済出来ちゃうらしいのでつい出来心で…。

流石に初回は小物ばかり。
1105162
上手い事1kg以下に収まったのでEMS指定で、国内に入って来たのが土曜日の午前中。週末は税関が休みだとタカを括っていたらその日のうちに通関して日曜日には着いてたみたい。しかも今回は関税掛からずに済んだし。やっぱり発地にもよるのかな?

月曜日、帰宅後に中身をチェック。
1105163
軽く整理して並べてみる。今回は大人の事情で写せないモノは無いので、これで総て。

細かく見ていくと。
1105164
今回はコレが欲しくて頼んじゃった2cell専用の5連充電機。3cell用は国内で入手して具合が良かったし、最近またちっこいのばかり飛ばしてるから小容量の2cellパックの充電が結構大変で…。

で、昨夜はコイツを使い易くする為の作業を。
1105181
電源側はバナナプラグなんだけど、フィールドでも大きめの3cellパックから充電出来る様にXT60コネクタに変更。更に我が家の親電源にはディーンズタイプのタップを付けてあるので、自宅用にはディーンズ~XT60の延長兼変換コードを作成。ついでに車でも使える様にシガープラグ~XT60の変換ケーブルも作って、余ったバナナプラグは勿体無いので、他の充電機の出力用ケーブルに転用する為にこれまたXT60コネクタを取付。本数が多かったので結構時間掛ったかも?

そしてお次はkvメータ。
1105165
国内にも入って来てはいるものの結構良いお値段なので、折角の機会だからって事で。使いまわしてるモータだと『あれ?コイツのkvって幾つだっけ』なんて事もあるので、一つ持っていると便利かなぁと。

これまた付属のケーブルがちょっと使い難そうだったので。
1105182
余ってたサーボケーブルを使って配線用のケーブルを製作。バッテリが3cell以上なら電源と、モータに繋がってる3線のうち1本にセンシング用のケーブルを繋げばOKなので、こんな感じにしておけば簡単に配線できると思うんだけど。

続いては電装系。
1105166
アンプにBECと重量合わせに頼んでみたバッテリモニタ。

新しいサーボも。
1105167
HKブランドのコアレス。割と評価は良かったのでちょっと期待。

ペラ関係。
1105168
国内では手に入り難いGWS互換の逆ピッチペラに、30mmEDF用の6枚ブレード。AEO純正は8枚なので半分の4枚に間引いて使ってみようかと思っていたんだけど、コイツの方が静止推力は稼げそうな外観だったので。でも実際のところは取り付けて回してみるまで解らないんで、それは今後のお楽しみ。

ヒンジにホーンにタイヤ。
1105169
ハッチヒンジは内容量を間違えて頼み過ぎちゃった。タイヤの方は軽量な30mm前後の製品てのは国内ではあまり見掛けないので。

最後はコイツ。
11051610
仲間内では『一生使える』なんて言われているCA用硬化促進剤。私はOKのスプレータイプの容器を使ってるから製作ペースが上がってる時期は減りが早くて…。でもコレなら1年は持ちそう?

さて、天気予報によると次の週末は土曜日は晴れるけど日曜日は降る確率が高いのだとか。仕掛品は金曜日中に仕上げておいた方が良さそうなんだけど、どれか1機位は間に合うかな?

| | Comments (2)

2011.05.18

昨日の出撃 と 壱参号機火災発生!?

週末2日とも出勤だったので昨日は振替休日。

当初は飛ばしに行けそうもない予報だったんだけど。
1105171
前日の晩に確認するとどうにか午前中は大丈夫そう。実際起きてみると風も大したこと無さそうなので充電開始して、プロポを換えてから満足にトリムも出せていなかったF/A-18の調整をしに。それだけじゃちょっと寂しいんで久し振りの伍号機とか適当に。

メインのF/A-18は爆装を解除。
1105172
先日トリムも出ていないのに強風の中で飛ばして翼端のミサイルを破損しちゃったのもあるんだけど、そもそも曲技飛行する機体が爆装しているなんておかしな話だし…。
で、結果としては一応飛ばせる位にはなったものの何だか違和感が。殆ど完成形だったリンケージまで弄っちゃったのがいけなかったみたい。う~ん、どうしたものか。

合間に飛ばした七号機は何時も通り、前回は真っ直ぐ飛ばなかった伍号機もこの日は割と良い感じで飛んでくれたのが救いかな?

壱参号機はカメラを生かして空撮。

この機体にはちょっと西風がキツかったけど、陽射しが弱い割にサーマルが結構出ていて難なく豆粒位の高度まで上昇。他にサーマルで遊べる機体も無かったので、調子に乗って2本目も飛ばしていたら高度を下げ始めたところで異常発生。スロットルに反応が無く全く前に出ないので、速度を殺さない様に或る程度走らせながら降下。幸い舵は効いたのでどうにか無事に降ろせたんだけど…。

着地した機体を持ち上げた途端に嫌な臭い。
Fox13_21
完全にアンプが燃えちゃってまんがな…。

確認の為に引っ張り出してみると。
Fox13_22
バッテリ側のケーブルが外れてるし。もうちょっと降ろすのが遅かったら完全にノーコンになるところだったみたい。ギリギリセーフ!

更に細部を見てみると。
Fox13_23

Fox13_24
制御チップが載っている側は大丈夫そうなんだけど、ドライブ用のFETは完全にオシャカで基盤から剥がれ落ちてる状態。
容量的にはまだ余裕がある状態で使っていたので過負荷って事は無い筈なんだけど、降下時はスロットルハーフのままダウン打ってたから恐らく風圧でペラが回されていた状態だと思われ、逆起電力が悪さをしたか、若しくは脱調状態で負荷が掛ったかどちらかの可能性が大きいんじゃないかと推測。1cell用の小さな高kvモータなんで、本来は軽量のファンフライなんかに積む想定だし、長時間ブレーキ動作をさせる様な使い方したのが不味かったのかも…。

換えのアンプもないのでどうしたものかと悩みつつ。
1105173
娘が買ってきてくれたシュークリームで脳みそに栄養補給?

で、結局はこんな形で復活。
Fox13_25
燃えちゃったアンプは1cell専用で昇圧BECも内蔵していたんだけど、更に大容量で昇圧BECを積んだアンプなんて聞いた事ないし、暫く悩んで最もオーソドックスな方法でいく事に決定。CT-7A互換のE-MAXのアンプなら1cellでも使用可能なので、これと単体の昇圧BECを組み合わせて搭載。少しばかり重くはなったけど大幅に容量が増して信頼性は上がったし、そもそもちょっと後重気味だったので丁度良かったかも?机上テストでは問題なく動いてるけど、同じ様に飛ばしてみてどうなるかは正直やってみるまで不明…。

昨夜は他にも諸々の半田作業をしていたので。
Lipo_33
試しに取り寄せてみた45cのLi-Poの…
Lipo_34
コネクタを交換。元々付いてるDC3の方が信頼性は高いんだけど、搭載予定の機体はディーンズ互換のコネクタなので。
流石にこのレートのバッテリなら餅にならずに済みそうだけど、考えてみれば45cで使うって事は2分持たないんだよねぇ。ウルトラマン以下かい???

| | Comments (5)

マイクロヘリ 修理中

ネタが溜まってるんだけど先ずはコレから。

結局テールモータ不良だった Blade mSR。
Msr_07
有難い事にaoさんからモータだけ頂けたのでコレと付け替え。

ホントは日曜の晩に作業したかったんだけど。
Msr_08
仕事が忙しくてそれどころじゃなかったので、ちゃんと1mmのシュリンクチューブも用意して自宅で作業。

パーツさえ揃えば作業自体はホンの数分?
Msr_09
モータを交換してシュリンクチューブを被せて完了。
早速今朝久し振りに飛ばしてみたけど、お陰様で快調!

そしてCB100も気になっていたところを整備。
Cb100_05
ウィークポイントと言われているテールブーム、この細さのカーボンパイプだからちょっと裂け始めるとあっという間にグズグズに。最近座りが悪かったのはこのせいかも?強化パーツで金属のパイプも出ているんだけど、取り敢えず今回は低粘度のCAを数回に分けてじっくり染み込ませて再生。完全に乾燥したら以前より堅くなったかも?

テールロータも。
Cb100_06
何をぶつけたのか変形が見られたので、元の形状に戻してCA流して補修完了。後は各部の増し締めを。

一応関係あり?
110516
ちょっと思うところがあって手持ちのブラシモータを引っ張り出してみたり。サイズは50XC互換だけど、製造年が赤で印字されているのでコイツはEDF用の高kvバージョン。2cellで3吋ペラを回すと過負荷で燃えちゃうんだけど、1cellならどうにか使えそう?

| | Comments (0)

2011.05.17

生存報告を兼ねて

何だかバタバタして記事のUPが出来てませぬが一応生きてます。ネタは溜まってるんだけど整理が出来ていないので、今日の所はまた『他人の褌』で…。

先ずは楽しげなコチラから。

こういうの大好物です。なつかしのタイガーロケッティより実用性ありそうな感じだけど、やっぱり高いのかな?

でもって脈絡無くドリキン土屋くん。

R34のパトカーカッ飛ばしてます!沖縄県警なかなかやるなぁ。

ドリフト繋がりで新井さんの雪上走行。

やっぱり現役ラリードライバーは上手いよなぁ。

そして雪上のインプ繋がりで。

こりゃ反則だべ?って気もするけど、無限軌道でドリフトって呆れるやら感心するやら…。でもコチラの紹介記事によるとスバルオブアメリカの製作らしいので、或る意味ワークスカー???

| | Comments (0)

2011.05.14

Multiplex Fox いろいろ ほか

仕事の合間に久し振りに画像検索してみたりとか。

此処まで弄ってくれたら文句は無い?
Foxf1
『もはやFoxである必要が…』なんて野暮な事は言わない、素直に尊敬します!

そして王道の贅沢仕様。
Foxf2
これまた『貴重な旧色を3機も!』なんて言っちゃいけない、これもひとつの『ジャンル』だし。

逆に此方は1機分のパーツだけで仕上げた例。
Foxf4
カラーリングも決まってるけど垂直尾翼が惜しい?

オーソドックスかと思いきや。
Foxf5
国内ではあまり見ないけど、海の向こうでは主翼前縁にパーツを足してる例って結構あるみたい。割と室内機では多いのかな?

でもって有名な青/黄以外のカラバリ。
Foxf6
このグリーンはなかなか良いかも?

これはshopブランドなのかな?
Foxf7
色の感じからして現行カラーの色違いって感じ。

そしてまた脈絡なく動画を。

かなり大きな"B-29"なんだけど、フラップを装備して屋内を優雅にフライト。パワーはありそうだからフラップを戻せば屋外でもOKそう。

嵌ったのがコレ。

ちゃんと立体で、しかも良く飛んでる"Big Honey Bee"だそうで。プッシャーの変形複葉機なのかな?この変態度の高さはかなりそそるけど、意外に大きそうなのが辛いか…。

| | Comments (2)

Blade mSR 修理開始!

夜勤の合間にようやくコイツの修理。

先ずは必要なモノを揃えて。
Msr_01
ボディを外して、付属品の精密ドライバーで基盤を換えれば簡単に完了する予定…。

と、その前に。
Msr_02
耳紙が二重になってるなぁと思ったらやはりそういう事でしたねぇ。という事はまるで同じもの?受信機側は特に気にする必要無いのか。

旧基盤を外してリンケージを付け直し。
Msr_03
並べてみると結構パーツの配列が違うんだけど、リビジョン違いって事なのかな?最新のはより安定方向に振ってあるって事なんだけど、さてどちらがリビジョンが上なんでしょう???

てな感じでチャチャっと組み直して再バインドし、起動テストをすると…。症状変わってませんがな(泣

更に切り分け作業をしていくと、どうも犯人はコイツらしい。
Msr_04
いや、テールブームは何ともないんだけど。

これこれ、コイツ!
Msr_05
配線部分でショートしかかったりしているのかと思って悪あがきしてみたんだけど、どうやらテールモータ本体がNGみたい。考えてみれば調子に乗って高速ピルエットとかしてたしなぁ。まぁ犯人がモータなら基盤側を幾ら見ていっても不具合が見つからなくて当然だったって事で。

残ったユニットが何だか哀れ。
Msr_06
う~ん、再び飛べるのは何時になるのやら…。明日もまた泊まりだから、もうCB100持って来ちゃおうかな?

| | Comments (0)

あの夏 繋がりで

このフレーズで思い出すのはこの曲な訳で。

オフコースの『夏の日』。

小田さんこういうの好きだよねぇ、というかメンバーみんなノリノリでんがな。
西川のりおも懐かしいけど、田中美佐子が凄く素敵なお嬢さんだったり。

そしてこんなのも発見。

やたら時代を感じるけど、これもPVなのかな?とにかく凄く貴重な映像だと思われ。

では評判のコレでも食べて一休みしますか。
1105141

1105142
やっぱり夕方まで帰れそうにないし…。

| | Comments (0)

2011.05.13

あの夏…

これまたhideさんにコメント頂いた内容で。

先ずは答え合わせ(!?)から。
8908
動画の2分10秒辺りで上手の袖に立っているのが私。痩せてる…。

専門学校を出て2年目の夏。
Rz250r
就職して中免を取り最初に購入したのがRZ250-Rの最終型で、17吋ホイールになったモデルの珍しい黒。

その後件のツアーと前後して購入したのがコイツ。
Zxr400
ZXR400の初期型。国内初の倒立サス装備で年代的に所謂フルパワーモデル。これも黒だったんだけどみんなには重箱カラーなんて呼ばれてたっけ。

で、当時勤めていたのがこの会社。流石にもう当時のメンバーは残っていないみたいだけど、私を育ててくれた当時の上司殿は今もしっかりご活躍中。ARBの武道館ファイナルも手伝いに行ったなぁ。

そしてツアーの裏話をちょっとだけ。もう時効だから良いでしょ。
Tms3

Tms4
当時は所謂ターボって呼ばれたTMS-3やTMS-4が全盛の時代、メインのミキサーさんの意向で使っていた機材はあの加藤和彦氏が日本で初めて設立したPA会社、ギンガムのセット。

こんなホーンとかね。
2350
上手く使うとホントに良い音が出るんだけど、使いこなすのは難しかったなぁ。名前が思い出せなくて悔しいんだけど、オリジナルのホーンは最高で、話には聞いていたけどホントに特許取ってたんだぁ。当時は全然知らなかったけど、鳥羽さんてホントに凄い方だったのね…。

で動画の中野サンプラザ3Days。
Comtech_200
ツアーの最後って事で機材が一部変更され、アンプだけはパワーのあるamcronにチェンジ。それが災いして最終日の2ステージ目(要するにこのツアーの最終ステージ)、アンコール前ラスト2曲って所でバンド用のモニタが1発お亡くなりに。当然下っ端の私がステージ上を駆け回る事になる訳で、もう撮影クルーが居なかったのが幸いだったよなぁ。

更にちょっと気になって調べてみたんだけど、当時お付き合いの有ったPA会社さんって今でも頑張ってらっしゃる所が殆どなんだと知ってちょっと嬉しかったり。

| | Comments (0)

ネタばらし!?

普段は完成するまでUPはしないんだけど。

昨日hideさんにコメント頂いたので今回は特別に。
1105125
先ずは格納状態。

そしてコレが起こした状態。
1105124
ちょっと可動範囲が控えめだったかも?

もう1枚別アングルから。
1105123
一応仮搭載した感じでは思惑通りに動いてくれそう。

動画で観て貰った方が解り易いかな?

無駄にHDなのはご愛敬って事で。
当初はノーマル位置に取り付けた主翼の上に固定するつもりだったんだけど、胴体をマジマジと見てたら主翼取付用のスペースに収まりそうな気がしたんで、現物合わせでカッター入れて切り刻んで搭載。実は途中でユニットの方も弄っちゃったので、ホントはこんなに切り欠く必要はなかったんだけどねぇ。
機体の方はチャチャっと組んで飛ばしちゃうつもりだったのに、この位置にユニット積んじゃったので主翼は2分割決定だし、モータのマウントもこれからだから意外に時間掛るかもなぁ…。

更に昨日は補給物資も着弾。
1105121
今回はジュンさん御用達(!?)の洛西さん。

中身はコレ。
1105122
今週どうにも調子が出なかった大きな要因、実はBlade mSRの制御基板が逝っちゃってたんですわ。ちょっと油断して走らせちゃった時に、止め切れずに結構な速度で金属製の扉に激突。バッテリを繋いだ時はちゃんとリンクしてるんだけど、スロットルを上げるとそのまま沈黙。見た感じ基盤に異常は無さそうなので、ちょっと手に負えないと思って一番実売価格が安かった所に発注した次第。早速今夜の夜勤の合間に交換しなくちゃ!
そして一緒に写っているのは特売になっていたサーボ。マイクロコネクタだから売れないのかな?性能は悪くないんでもう少し数が欲しかったけど、残念ながら在庫は1つだけだったのでラス1を捕獲。

明日は仕事の進み方次第で帰りは夕方になっちゃうかなぁ。昨日ROSAさんからも変態FOX用の資材が届いているので作業を進めたい所なんだけど、流石に厳しいか?

| | Comments (0)

2011.05.12

昨日の諸々

う~ん、投げやりなタイトルだわ…。

それはさておき、一応作業もちょっとだけ。
1105111
取り敢えずベースのユニットとしては完成かな?気持ち動作角が足りない気もするけど、実際に積んでみて駄目なら考えますか。

重量はこんな程度。
1105112
公称値で8gのサーボの筈なんで、ケーブル込みとしては良く出来た方かも。勘の良い方ならもう何に使うものか解っちゃってる気もするけど、問題は上手く積めるかどうかなんだよなぁ。

例によって今日も脈絡なく動画を貼ってみたり。

某所で紹介されていた空港のジオラマなんだけど、工期が6年で総工費は4億円!

製作中の様子も動画で。

確かに楽しそうなんだけど、コレを6年続けろと言われるとチト辛いかなぁ。

更に動画繋がりで、埋め込みは出来ないのでリンクでの紹介だけどナンノの1989年のサマーコンサートツアーから11曲メドレーを。ツアーの最後、中野サンプラザ3Daysで収録されているのは確か中日だった筈。もう22年も前なのねぇ。PAクルーで参加していた私もチラッと映ってるんだけど、さて見つけられるでしょうか?今とは随分体格も違うし、私を知ってる人でも難しいかも…。実はうちにもLD(!)があるんだけど、まさかコレをUPしてくれてる方が居るとはねぇ。

| | Comments (2)

2011.05.11

補給物資着弾 と 新作構想中 ほか

連休明けは週の立ち上がりからダメダメな感じ。

体調もなんだけど、色んな事が噛み合わないというか裏目に出ている感じで、精神的にはかなりズタボロ状態。こんな時は足掻けば足掻く程深みに嵌るので、慌てず騒がず時の過ぎるのを待ち…。

更新もサボってたので既に数日前のネタだけど。
1105084
久し振りにホームセンターへ行ったので、作業効率を上げる為の新しい棒鑢と、必要だと思いながらなかなか入手していなかった耐衝撃タイプのCAを購入。

同じ日に東北から補給物資が着弾。
1105085
土曜日に届けばL-39を復活させようと思っていたんだけど、まだ通常よりは時間が掛るみたい。

中身はこんな感じ。
1105086
左端がF-8Eに使ったのと同じE-MAXのモータで、実績のあるコイツを使ってL-39を復活させる予定。いい加減ヤレの目立つ機体は引退させてとも思うんだけど、この先当面の収入も不安なので形のあるうち(!?)は頑張って貰おうかと。
他にはデコパネ機用のモータに小さなアンプを。

そしてMicroFOXの新作はといえば。
1105091

1105092
図面は頭の中にしか無いので、最もキモになる部分を先ずは組んでみることに。例によって出来上がりをイメージしながら現物合わせの作業で、どうにかこれで行けそうかな?ただ実際に始めてみたら資材不足が判明しちゃったので、片側だけ作業した所でストップ。今回は特に変態度が高い為、あちこち調整をしながら最終組み立ては一気にやらないとダメそうだから、一部でも部品が揃わないと先に進めなくて…。

仕方が無いので別のネタを少しだけ。
110510
コレまた使い物になりそうならMicroFOXに積むつもりのパーツ。あれこれやってみたんだけど、重量と強度の折り合いが結構難しそうでこの状態で停滞中。上手く動くと結構面白いと思うんだけど、さて完成しますかどうか。

全く話題は変わってIEの最新版について。仕事柄新しいのは一応触っておかないとなので、会社のテスト機にIE9をインストール。スペック的には既に2世代以上前のマシンで64bitOSが載ってるんだけど、触れ込み通りに前バージョンより数段描画速度は向上。ただどっちが先かって話はあるけど、一足先に公開になっていたFireFoxの最新版同様、一新されたインターフェースは好みが分かれるというか、慣れるまで大変そう…。とは言いつつ、これも仕事なのでもうちょっと色々テストしてみないとね。

| | Comments (0)

2011.05.08

Fox壱参号機の再改修 と 今日の出撃

世間では今日までがG/Wなのかな?

最終日は良いお天気に恵まれて暑いくらい。
1105083
河原は盛況だったけど、身体が付いて行かないというか、早朝の無風時からマイクロヘリを飛ばし込んで気力を使い果たしてしまった様で、今日は早めの退散。

本日の出撃機。
1105081
某所で宣言した通りに総てFoxばかりで6機。何だか昔に戻ったみたい?
正面の七号機は今日も好調、少しお色直ししてあげようかなぁ。右の弐号機は昨日のチェックで各所にクラックが発見され、どうも舵の入りが悪かったのはこれが原因だったらしく、修正後の今日は以前のキレが復活。七号機を挟んで反対側の壱拾号機は今日も慣熟飛行。大分飛ばし方が解って来たのでかなり絞っても飛べる様に。でもやはり音は勇ましいかも…。2列目右側のDLGは今日の風況では出番無し。一応は投げたけどサーマルは遥か上空にしかなくて大きく場周して降ろすのが精一杯。お隣の壱参号機は後述の改修で安定度が増した半面、ちょっと重くなって飛行速度は上がっちゃったかも。でも威圧感無く一番上の画像位の高度で飛べるので、今後も空撮で活躍してくれそう。最後列の参号機は良くも悪くも何時も通り。最近は専用カメラの出番が無い為に空荷でグリグリやったり、サーマル探して歩いたり、そんな感じ。

ちっこい機体ばかりなので。
1105082
バッテリも小さいのばかり。勢い本数が増えるので、充電に手間が掛かるのだけが難点かな?

てな事で壱参号機の改修について。
Fox13_19
前回の安定板でかなりの改善はあったんだけど、もう少し低速まで安定して欲しかったのでサイズを拡大。極低速では相変わらず翼端からコロッと逝くけど、速度が高くなればなるほど恩恵は感じられて滞空させているのが楽になったかも。一方で少々重くなってしまったので、もはやカメラを積まないと重心が出なくなっちゃった。これで壱参号機は空撮専用機に決定かな?

作業のついでにノーズの下にも。
Fox13_20
尾翼側の作業で出た端材を使って、バッテリスロットのせいで強度の落ちていたノーズの下にもスキッドを追加。これで少々硬い所に降ろしても大丈夫そう。

そして帰宅後は。
X27202
新しいプロポも使いつつ、移行の済んでいない機体では未だに活躍中のx2720を軽く整備。外装のヤレは仕方が無いけど、スティックのタッチが新しいプロポと結構差があったので、違和感を感じない程度に調整。一応清掃もして、もう少し頑張って貰わないとねっ。

次の週末は土日とも出勤が確定なんだけど、日曜日は午後からなので早上がり前提で出撃出来そう。問題はお天気だけど、ちょっとFox熱が再燃中なのでそれまでに変体度の増した新作を仕上げて持ち込めると良いなぁ。

| | Comments (0)

2011.05.07

大人しくしているつもりだったけど(追記有)

昨日は夕方から具合が悪くて、夕食後はそのままダウン。

今日は休むつもりでバッテリの充電も何もせず。
1105062
でも起きてみたら予報に反して微風だし、雨はもう暫く大丈夫そう。体調も幾らか回復したので慌てて小さなバッテリだけ充電して出撃。

流石に今日はBBQも居なくて駐車場はガラガラ。
1105061
降り出す前にと、私を含めて静気流を生かして皆さん調整フライト。

此方はTOSHIさんのSophiaにhiraさんのELF。
1105063
TOSHIさんはプチラウンチ講習会の先生をされたり、hiraさんは今日も川の上でサーマル探し。

[追記]今日のニアミスシーン!
1105064

1105065
何だか半ば恒例化しつつある気が…。
お相手はあんきもさんの6ロータ機の通称『ヤゴ』くん。GoProを積んでらっしゃるので切出し画像でも鮮明に解る通り、相当に近いとは思ったけどいやはや切り刻まれる寸前ですな、こりゃ。[追記ココまで]

今日は釣り人さんも殆ど居なかったので、私はこの後久しぶりにネモメアで水上機のリハビリ。でもフロート履いたまま陸上運用した際に取り付けがガタガタになってたのをそのままだったので、着陸進入から軽くタッチアンドゴーを繰り返した程度。この機体もかなりヤレて来てるんで、やはりもう1機まともな水上機を用意しないとなぁ。

そして昨日ちょっと徘徊していて見つけたんだけど。
F104
HobbyKingでマルヨンが発売になっていたのねん。大好きな機体なんだけど、国内で出回っていた頃には運用する環境が無いって事で見送りしているうちに市場から消滅。今なら時々お邪魔する所で飛ばせそうなんだけど、どうやらこの製品はEPSみたいなんだよなぁ。ゆっくり飛ぶ機体じゃないし、ダクトのくせに反トルクもかなり出るみたいだからEPOが良かったんだけど。先物の暴落で投機マネーが流入しているせいか、また円が上がっている今が狙い目なのは間違いなんだけど…。

そのHobbyKingでは。
Orange9ch
あのorange-RXの9chバージョンが先行予約中。アンテナは長いけど相変わらず1本なのね。到達距離はどうなんでしょ?

| | Comments (0)

2011.05.06

明日は…

ちょいとお天気が厳しい感じですかねぇ。

weathernewsの最新の予報ではこんな感じ。
110507ten
早い時間なら雨の前に飛ばせそうだけど、南風が予報通りに吹くと苦行になるからなぁ。体調優れずだし、仕掛も溜まり放題だから久し振りに製作日?

一方、先週は悪天候でお邪魔出来なかった所の予報は。
110508ssm
日曜日は大丈夫そう。問題は風かな?結構吹く場所らしいから機体選ばないと飛ばせないかも。しかし14&15日も出勤決定だし、遠征するかどうかちょっと悩みどころなんだよなぁ…。

話題変わって。
Fwb17
ラジコン1さんにFreeWingのFlyingFortress入荷してたのねん。フラップ下げたこのアングルなんか結構シビレル感じだけど、メカ別でもこの値段だし、何よりスパン1600mmなんてそれこそ抱いて寝ないと置く場所が無いっす…。

最後に『変態FOX軍団』のまとめページをまた更新。Blogのエントリーでは紹介済だけど、ジュンさんが頑張って下さった壱拾号機の動画と、壱参号機の初空撮動画等を追加。

| | Comments (2)

2011.05.05

3連休最終日

明日もお休みって方も多いのだと思うけど。

私はカレンダー通りなので出勤日。
1105043
その前に昨日の晩飯。娘の希望でピザをwebから注文。

チョッパー可愛ゆす。
1105044

1105045
半分はセットに付いてくるこのオマケがメインだったって話もあるけど、期間限定のクリスピーミルフィーユは結構旨かったかも?

そして夕食後は機体整備。
Dlg_44

Dlg_45
先ずはMicroFOX-DLGから。河原の葦に負けて主翼前縁が結構ガタガタになって来ていて、ラウンチの際に影響が無い訳ゃないと思ってお得意のアルミテープをペタペタ。接着力は大した事ないんだけど、非常に薄くて軽量なのでこの程度なら重量増の心配はほぼ必要なさそう。

続いてはMerlin。
Merlin_46
着陸の度に主翼が外れ、後縁が欠けてしまったので接着後にカーボンスパーを入れて補強。

ついでにコイツも。
Merlin_47
前縁にアルミテープ。全く伸びないから曲線には馴染まないんだけど、遠目にはわからんでしょ!?

という事で今日の出撃機。
110505
どうにも体調が優れなくて、私にしては少数精鋭(!?)の5機体制。
MicroFOX-DLGにはちょっと弱めの3m/s程度の風だったけど、アルミテープのお陰で初期の獲得高度が戻った感じで、風向きが良かった為に土手の吹き上げの中を最長2分程度のフライト。コレだけ飛べば御の字。
そしてMerlinは投げた瞬間から音が違っていて、空気を切り裂く力が増した様な印象。ダイブさせるとなかなか勇ましい音がして、少々吹いている時はこの機体に限るって感じかな?
改修した壱参号機はと言えば結果はほぼ狙い通り、追加した安定板のサイズも適当だった様で運動性をスポイルしない程度に安定度が向上。今日は少し吹いていたので煽られる場面もあったけど、この翼面加重と上反角なら致し方ないレベルかと。

ヨタヨタしながらもどうにか空撮が出来たので。
1105051

1105052

1105053

1105054
撮影した動画から静止画を切出してみたらこんな感じ。曇天で暗めだったので、晴れていればもう少し綺麗に撮れそうかな?

そしてELFで1・2・3!している所にも乱入。
1105055

1105056
製作時にはゆっくり飛べる機体でコレがやりたかったという狙いもあったので、どうやら使い物になりそうな事が証明出来て大満足!

船酔しそうな動画だったのでスローで誤魔化したけど。

それっぽいシーンだけ繋いでみたらこんな感じに。流石にELFと同じラインでは飛べないけど、この機体なら相手に危害を加える心配は無いから結構寄せられて良いかも。欲を言えばもう少し風に強ければなぁ…。

更に意外に調子が良かったのが久し振りの七号機。
Fox7_28

Fox7_29
キャノピー外しちゃってるしヤレもかなり目立ってるんだけど、4パック無事にフライトを消化。1本目は脚無しで手投げしたんだけど、着地でペラ折りそうだったので2本目からは脚付きで。滑走距離は1mも要らないので、今の河原の状態なら草の短い所を選んでどうにか離陸も可能。お気軽参号機も良いけど、この機体で少し練習した方が良いのかもなぁ。

帰宅後は風が強くて出番が無かったマイクロヘリを自宅前の駐車場で放電フライト。只でさえ初心者なのに2日もブランクが空いちゃったので、煽られてちょっと走り出すとヨレヨレに。それでもどうにか3パック放電して無事帰還。もっとしっかり練習しないとだぁねぇ…。

| | Comments (0)

2011.05.04

壱参号機の修正 と 今日の出撃 ほか

どうも上手く眠れずに体調イマイチ。休みなのが救い?

あまり整備も進んでいないけど、おやつ食べながら作業。
1105033

1105034
昨日はお土産に頂いたカエルまんじゅう。ひよことは違ってきめの細かい普通のあんこで、私は結構好みかも?

昨日の作業対象は壱参号機。
Fox13_14
キャノピー内部をくりぬいて、仮搭載だったメカ類を搭載。

少々力技ではあるけど。
Fox13_15
1cellとはいえサイズの大きなバッテリなので、ノーズのどてっ腹をくりぬいて強引に搭載。

ウェイト代わり(!?)に今日はカメラを搭載!
Fox13_16
ちょっと重過ぎて今度はやや前重になっちゃったけど、相変わらず低速ではコロっと逝くなぁ。やはり垂直尾翼の分だけ尾翼面積が減っているのがキツイかも…。

今日の出撃機集合。
1105041
3/7だから昨日よりはダクト率が低い?強風の予報でテスト中の2機以外はそれ用の機体選択をしたものの、実際には微風~弱風程度で途中からは南風になってしまってDLGは殆ど出番無し。

でも風が弱かったので壱拾号機の撮影フライト。

決して見易いとはいえないLCD画面で頑張って下さったジュンさんに感謝!『すばしっこくてズームすると見えね~』ってホントにそうです…。

そのジュンさんは唆されてこんな事を。

決して翼を間違えて逆に付けた訳ではなく、意図的にそうしてみたら意外にもそそられるスタイルだったので『コレで飛ばしてみたらどうなのよ?』とトライしてみたのがこの動画。流石に素直には飛ばないかぁ。
因みにこの機体、昨日試乗して貰った私の壱参号機を気に入って頂けて、1日で完成させて兄弟機として今日ロールアウト。元があったとはいえ、何時もながらジュンさんの製作ペースには驚かされますわ…。

そして一方aoさんは。

悪条件下でもELF投げまくり。しっかり小さいサーマル見つけて乗ってるあたりは流石!

G/W中で好天とくれば人出も半端無く、今日は早めの撤収。
1105042
昼飯まで間があるなぁと横になったらもうおやつの時間。慌てて飯喰ってそのままデザート代わりのおやつ。特売だったので買ってみたんだけど、コレはママレード好きにはたまらんかも?

その後、何とか巻き込み癖を緩和したくて壱参号機を改修。
Fox13_17
手持ちにあったポリカのハギレを使って、スキッドを兼ねてこんな感じに安定板を追加。サイズは適当なので、例によって飛ばしてみて確認…。

ジュンさんから貰ったタトゥーシールも貼ってみたり。
Fox13_18
どうも最近イタいのが感染したかも???

明日は曇りの予報だけど、また人手が多いと辛いので早めに出撃して早めに引き上げる予定。ゆっくり休んでおかないと翌日は仕事だしね。

| | Comments (0)

2011.05.03

今日の遠征

今日は是非ともマイクロ機のテストがしたかったんだけど。

地元は風が強い予報だったのでまた此方にお邪魔を。
1105031
平日よりも早起きして5時半過ぎに着いたら、既に地元の皆さんはフライト中。今日もお世話になりました。

今日の出撃機。
1105025
姫姉さまの凧はホンの少しだけ手直ししたので様子見で。弐号機はその凧のバッテリの放電用だったので、壱拾号機と壱参号機のテストがメイン。どちらもようやく少しは落ち着いて飛ばせる所まで仕上がったかも。
壱拾号機は試しに450mAh2sを積んでみたら若干重心が下がってじゃじゃ馬だったけど、610mAh2sを積んでいれば小さい割には安定したフライト。そして追加したカーボンの効きは体感出来たものの、後流の影響でロール方向にちょっと癖が出ちゃった。
一方の壱参号機はジュンさんやaoさんにも試乗して貰ったけど、まだ後重で低速ではコロッと逝ってしまうので、どうやら奥の手を出す必要がありそうかも?主翼の仰角は丁度良い感じだったので、重心さえ決まれば狙い通りの飛びになってくれそう…。
そしてJ-Power機はプロポ変更後初のフライトとなるF-16から。地上で大まかにトリムと舵角を合わせて上げてみたら、結局トリム数コマでバッチリ。ミキシング等は基本的に以前と同じ様にしたんだけど、何故かフラッペロンを下げると異常に浮いてしまい、1パック目は着陸復航を2回やってようやく着地。
他方のF-8Eは躊躇無くフルハイで投げれば、若干の反トルクはあるけど発航失敗する程ではないので大分慣れたかも。ただ1パック目で失速からフラットスピンに入ってしまい、抜けられずにそのまま着地。奇跡的に無傷だったのは下手に抵抗しないで水平に回ってる状態で落ちたからかも?もう少し近くで高度があればセオリー通りダウンで抜けられたかも知れないんだけど、結構な速度で回っちゃったからラダーが無いと辛いかなぁ。

F-16のトリム出しも済んだので。
1105032
3パック目では久し振りにカメラを積んで、スケール違いだけどジュンさんのF/A-18を追尾。頑張って付いて行ったつもりだったのに、最も寄れていたのでもこの程度。まだまだだなぁ…。

因みに動画ではこんな感じ。

気温が上がってバッテリの活性化が進んだのか、ジュンさんの機体の足が速くなっていて付いて行くのがやっと。フルハイ使い過ぎで最後はガス欠で緊急着陸しちゃった。

最後に今日の目玉はこの機体。
1105023

1105024
取り扱いのshopさんもぼちぼち増えて来たTIANSHENG MODELのC-17。ダクト4発ってだけでも迫力満点なんだけど、そのサイズと相まって逆光のシルエットなんて実機そのものって感じ。

折角なのでハイスピードモードも使って動画を。

生で見るともっとシビレるんだけど、保管場所を考えると絶対買えないわなぁ…。

| | Comments (0)

2011.05.02

Multiplex Fox 壱参号機 ようやく進空

まだ完成状態ではないんだけど『一応は』飛んだので。

サーボの搭載位置とリンケージを完全に変更。
Fox13_07
3連休中日の明け方にリンケージまで終わったので、メカ類は仮固定で取り敢えずテスト可能な状態に。

少々アクロバティックなリンケージ。
Fox13_08
主翼直下の前寄りに搭載されたサーボからプッシャーのペラを避けるためにテールパイプ位置まで一旦下がり、そこでクロスした後に左右の動翼へ。サーボの少し後ろからクロスしている直後までノイズレスチューブを這わせ、なるべく抵抗にならない様に途中は胴体に埋め込み。リンケージに使っているのは普通の0.8mmステンレス線だけど、意外に抵抗は少なく出来た様で幸いにも舵残りは無し。

サーボの搭載状態。
Fox13_09
この位置なら然程軽量に拘る必要もないので、一般的な4.4gサーボの耳を落として底面合せで搭載。主翼で押さえられるので固定は軽くネリワサで。

という状態で初めてのテスト。
Fox13_10
この画像の通り主翼の仰角をノーマルのまま弄っていなかったので、予想はしていたけど極度の頭上げ状態。サブトリムでは全然追いつかないので、サーボホーンのセレーション1コマ分ダウンに振ってテスト続行。今度は水平飛行はしたもののちょっと舵を打つと巻き込んで墜落。頭上げを無理矢理ダウンで抑えて飛んでるから仕方ないのもありそうだけど、それだけでも無い感じ。軽量に仕上げた上にスパンを延長してるので翼面荷重は軽めにもかかわらず、上反角を中央から付けちゃったのでやや効き過ぎているのもありそう?もう少しテストをしてからどうにもならなかったら修正してみますかね。

帰宅後に主翼仰角の修正方法をしばし思案。
Fox13_11
他の事もしながらだけど、都合3時間位経った所でハタと気が付いた。幸いにもプッシャー化するのに胴体の後ろ半分は無い訳だから、主翼の下側にクサビ形のEPPを挟めばOKなんじゃ?という事で『すべてはFOXのパーツで』というポリシーからはちょっと外れちゃったけど、手持ちのEPPブロックからクサビ状のパーツを切り出し、主翼下の胴体に切れ目を入れた機体に挿入、成形接着まで終わったのがこの画像。施工には30分も掛らず、我ながら眼から鱗?クリアランスが増えたのでモータスペックの上限サイズのペラも取り付けられて一石二鳥だし。
因みにこの画像の左端にチラッと写ってるけど、バッテリは1cellながらパックバッテリをバラした850mAhなんていう代物。これでも目一杯前に積んで重心はギリギリで、パワーは程々しか無いので2本あれば1日遊べちゃいそうな感じ。

そして施工後の状態はこんな感じに。
Fox13_12
主翼後縁で約10mm嵩上げしたんだけど、相対的に尾翼はまだほんの少しUPの状態。さてテストという事で3連休最終日の早朝から出撃してみたものの、前述の通りに強風で軽量なこの機体では満足に場周も出来ず。でも舵の状態は一般的な位置で水平飛行は出来たので、修正作業としては成功だったみたい。後は微風時に巻き込み癖がどうなったのか確認して、許容範囲内だったらちゃんとメカ積みかな?

更に昨日の晩ちょっと思い立って。
Fox13_13
重量的にはまだまだ余裕があるし、まだ綺麗なうちに主翼を保護して視認性も上げてやろうとアルミテープを前縁に貼付。でも流石にちょっと品が無いかなぁ…。

一応壱参号機も先は見えて来たので。
Fox12_02
次は仕掛かりの壱弐号機か?

それともこっちが先かなぁ。
Micro_a10
どちらもちょっと時間が掛りそうなんで、モチベーション保てそうな方を先に、何とかG/W後半で仕上げたいよなぁ。でないと仕掛かり品が溜まる一方で、シーズンインまでに水モノの新作が間に合いそうにないし…。

それは置いといて、一応区切りも付いたので『変態 FOX 軍団』のページを更新。何だかんだで13機かぁ。姫姉さまの凧も入れて良ければ14機、更に未組のキットが手元に2機、次はどんなネタに逝くか?

| | Comments (0)

Multiplex Fox 拾号機改 BD-5J? 進空

スケール派の方には怒られちゃうそうなので『風味』位かな?

MicroFOXベースなのでこの辺りでご勘弁を。
Fox10_41
これは改修後2日目のフライト時の姿で構想約半年でようやく完成。なんとなくそれっぽいとは思うんだけど如何でしょ?

お気に入りのアングル。
Fox10_42
実機は非常に小さなエンジンを積んでいるので、リア周りにこんな迫力は無いんだけどねぇ。
因みにチラッと見えているモータはC05XLという型式のkv値が10800という代物で、インペラを6枚から半分の3枚に間引いたGWSのEDF40を2cellで駆動する構成。自重が6.8gでMax40Wなので結構過負荷気味…。

初トライとなったフルフライングのエレボン。
Fox10_43
文字にしてもうまく伝わるか自信は無いんだけど、軸となる部分に2mmのカーボン丸棒を使って左右尾翼を貫通させ、30mmと15mmに切断した3mmカーボンパイプをそれぞれ左右に。両端の15mmのパイプは軸に接着して抜け止とし、尾翼には接着せず。逆に内側の30mmの方は軸受にして尾翼の方にだけ接着。ガタは無いけど強度はあまり期待出来ないので、マイクロ機だからこそ出来る工法かな?

サーボは移設せずに元の場所に。
Fox10_44
そのサーボの上の隙間にはHobbyWingの10Aアンプを押し込んで搭載。
因みに実機にこんなインテークは無いんだけど、強度を保持するのに某有名チョコシロップの容器を流用。やや吸気面積不足かもなぁ。

キツキツのキャノピー内部。
Fox10_45
初日は此処にアンプも収めて360mAh2sで飛ばしてみたんだけど、想定以上の大飯喰らいで電圧降下が激しかった為に急遽改修。重心の問題もあって最終的には610mAh2sを搭載。それでもフルハイで飛ばしてると結構バッテリの温度が上がっちゃうので、夏場は気を付けないとヤバいかも?

何となく目途が立ったのでお色直し?
Fox10_46
ジュンさんに貰ったタトゥーシールを使ってちょっとイタくしちゃった。ちっこい機体だしセミスケールだからこんなのもアリかなと。ただ可愛らしい見た目とは裏腹に、GWSのEDF40を半内装で使っているのでフルハイでは結構な音量。サイズはOKでもちょっと公園は無理かなぁ…。

更にまだテスト前なんだけど。
Fox10_47
基本的には舵角が過大だったので、4枚目の画像の位置からサーボホーン側のリンケージを一番内側に移動。2.5gサーボは分解能が低いので、プロポ側で舵角を絞るより動きも滑らかになって好感触。但し主翼と尾翼の位置関係から或る領域で尾翼が主翼の陰に入り、殆ど舵が効かなくなってしまう現象が頻発。その対策として実施してみたのがこの改修で、尾翼からダクトの後流側に8mm幅のカーボンスパーを伸ばしてみる事に。2mm程は尾翼側に埋まっているので露出しているのは6mm程度なんだけど、幅や長さは例によって適当…。狙い通りに程良く効いてくれると良いんだけどなぁ。

| | Comments (0)

補給物資着弾 ほか

昨日は夜まで相当荒れたけど、今日は良い天気みたい。

天気予報では『黄砂の心配が』なんて言ってたので、視程がイマイチなのはそのせいかな?でも雨上がりに陽が出て、風も北寄りみたいだから今日はハンドランチ日和だろうなぁ。私は暦通りに出勤だけど…。

さて、今回はH・S・Lさんからの補給物資。
1105013
何やらデカイ梱包ですな。G/W中で銀行からの振込が出来なかったから、珍しく着払い伝票だし。

どデカイブツ以外はこんな感じ。
1105014
在庫が少なくなっていたカーボンスパーと、ネタ用にカーボンパイプ類を少々、それにプロポ周りの諸々を。真ん中のスティックヘッドはジュンさん用で、スタンドとバッテリは何故か最近アチコチで在庫切れなので入荷したところを慌てて確保。

早速スタンドを取り付けてみるとこんな感じ。
1105015
モジュール付きでも使用可という触れ込み通り、従来型とは違ってコレならOK!予備の取付穴があるので、ガッシリ感が足りなければステーを1本移設するのもアリかも。

でもって、昨日紹介したあんきもさんの動画から。
1104301

1104302

1104303

1104304

1104305
私のPA-34とのニアミスシーンを連続写真風に切り出してみたり。画角等は一切弄っていないので、あんきもさんも慌てて回避してくれているのが良く解るなぁ。

そして昨日貼り忘れた1枚。
Mwe_09
連休初日にリベンジフライトに臨んだ姫姉さまの凧。あんきもさんの懸念通り、翼端形状が悪くて安定性が低下…。強度は増したので何度落としても壊れないんだけど、ちょっと気持ちがメゲるかも。さて、どうしたものかなぁ。

| | Comments (0)

2011.05.01

連休前半の諸々

何となく家族みんな体調不良で今年は遠出は無し。

なので29日は朝から地元へ出撃。
L39_70

L39_71
前回アンプを焼いてしまったL-39は換装して持ち込み。1フライトは目は無事に帰還したものの2フライト目で投げる前のチェック中に今度はモータが昇天した模様。容量的には余裕の筈なので、多極モータ故にアンプの駆動周波数の上限超えて回してしまったツケが出ちゃったかも?どうも最近この機体は受難続きなんだよなぁ…。

因みに前夜は拾三号機の追い込みをしたものの。
Fox13_06
頑張って極細のサーボケーブルを延長して…。
Fox13_05
配線完了後のテスト中に片方の1.5gサーボの不調が発覚。予備も無いし左右揃って載せ換えの気力も無かったのでこの日は終了。
代わりに拾号機改が一応進空したけど、予想以上の消費電流で360mAhのパックでは直ぐにパワーダウン…。

翌30日も朝から地元へ。
Fox13_07
前日は連れ合いと娘が午後から留守だったので、拾三号機のサーボ回りを全面改修。主翼下に4.7gサーボを積んでやや無理矢理にリンケージ。でも思った程の抵抗は無く舵残りは無し。2夜連続で明け方まで頑張った甲斐があって、早朝の微風下では1cellなのに飽きる程の滞空時間。ただ手を付けずに組んじゃった主翼仰角が災いして、軽量に仕上がった上にスパン延長までしている為に思い切りダウンを入れてあっぷあっぷしながら飛んでいる感じ。早急な対策が必要って事で改修確定!
大容量バッテリが積める様に改修して臨んだ拾号機の方は、唯でさえ機体が小さくて不安定なのにフルフライングの尾翼の舵角が過大で大暴れ。此方も再改修が確定。

この日は他にネタも無かったので。

久し振りにPA-34を飛ばしていたらあんきもさんの6ロータ機とニアミス。結構風があってヨタヨタ飛んでいたからなぁ。動画では58秒辺りにしっかり映ってるけど、流石はGoPro綺麗な画像で機体も安定してますなぁ。

帰宅後のおやつタイム。
110430
娘が先日サンジェルマンで買ってきたコリスサブレのお裾分け。味はハトサブレと子犬サブレの間くらいかな?

そして本日、月が変わって5月1日。
1105011
ギリギリ朝のうちだけは雨が降らない予報だったので、予定していた遠征は中止して地元で修正した機体のチェックだけ。でも予報に反して早朝から結構な風で余りテストにはならず。取り敢えずは拾号機の修正したリンケージの状態と、拾三号機の主翼仰角補正の効果は確認出来たので壊す前に終了。気分転換にとCB100も浮かせてみたけど、流石に5m/sを超える脈流だとただの苦行なのでこちらも終了。

で、諦めて片付けをしていると…。

hiraさんのELFが何故かどんぶらこと流れの中に。どうやら人災(!?)だったみたいなんだけど、無事機体は対岸で回収出来たので何より。

此方岸の水鳥も何やら心配そうに!?
1105012
てな事でフライト時間は殆ど無かったけど、今日も砂塵舞う河原で暫し駄弁って解散。

MicroFOX2機の詳細は例によってゴチャゴチャしているので、明日以降に別エントリーで。

全く脈絡は無いんだけど最後に動画を1本紹介。

ちょっと探し物をしていて見付けたELOのTwilight。日本ではTV版『電車男』のテーマで有名だけど、実は高校時代に所属していた演劇部でカーテンコールに使った思い出深い曲。この動画では手塚治虫さんのメトロポリスの映像と合わせて綺麗に加工されていて、解像度が低いのがホントに残念。お時間があれば是非観てみて下さいなっと。

| | Comments (6)

« April 2011 | Main | June 2011 »