« FlyCamOneHD ほか | Main | EDFユニットのテスト ほか »

2011.01.25

週末の出撃 と 機体修理状況 ほか

今日も体調悪化&仕事バタバタで今頃更新中。

では遅ればせながら土曜日の出撃から。
110122
ホントは寝ていようかと思ったんだけど、意外に風も無くて体調も比較的良かったので、この3機だけ持って出撃。実は前日9時過ぎにはダウンしてしまったので5時過ぎには目が覚めてしまい、それからなんとなく手持ち無沙汰でバッテリを充電しちゃったのは内緒。一応表向きはaoさんへブツの受け渡しって事で!?

やはり体調悪い時には飛ばすもんじゃない訳で。
Fa18_52
脚付きにしちゃって非常に投げ難いのもあって、いきなり手投げに失敗してF/A-18は思い切り鼻がひしゃげて切ない状態。仕方が無いので確保してあったスケール違いのF/A-18用のノーズコーンを加工して修復。まぁこんなもんかな?

実はF-16も。
Fa18_53
同じ様に投げるのに失敗してしまったんだけど、コチラは既にノーズコーンを取替え済だったのでちょっと修正して修理完了。ついでに2機ともペイントの剥がれた所をレタッチしてお色直し。

夜になってからF/A-18に追加工。
Fa18_55
草地から滑走離陸させてもダクトを破損しない様に保護してやったらどうなんだ?と思って、百均で購入した茶漉しをダクトの直前に強引に取付。ちょいと加工して意外と綺麗には収まったんだけど…。

滑走させるのなら脚の修正も。
Fa18_54
強度に不安のあったメインギアをステンレスばね線を加工した取付方法に変更し、今更ながら翼の後縁の加工も実施。

で、結果はと言えば草地からの滑走離陸をするにはタイヤのサイズが小さ過ぎて計画倒れ。でも散々枯れ草を吸い込んでも茶漉しのお陰でダクトは無傷。それは良かったんだけど、ダクト内部を掃除して無理矢理離陸させてみたら茶漉しの追加でシビレル吸気音が素敵な反面、相当にパワーロスしている様でフルハイでも3cell仕様の時と変わらない程度のパワー感。音だけは素晴らしくて仲間のウケが良かったから、暫くはこのまま様子見かなぁ。

でもパワーが無いのは投げ難さに直結な訳で。
Fa18_56
折角綺麗にしたのに日曜日にまた手投げ失敗で切ない状態に。何とか頑張って此処まで直したけど、現状では誰かに投げて貰うか、滑走離陸かの二択だなぁ…。

その日曜日の様子。(撮影:aoさん)
110123
釣り人さんが殆ど居なかったので久し振りに水辺へ。

先ずは先日ユニット交換したコイツから。
Airboat_07
メカ配置も弄ったのでトリム出しからだったけど、舵角の調整まで済むと結構良い動きに。モータのkv値は殆ど変化が無いのでトップスピードは同じ位だけど、ダクトの排気方向の見直しと重心が下がったのが効いたのか安定感が増した感じ。バッテリも他の2艇と同じ1500mAhクラスの2cellで丁度バランスが取れたし、これなら少し出番が増えるかな?

そしてネモメア。
Nemom_08
随分前に用意だけはしてあったLEDを翼端に追加。元々テープLEDを取付けてあったのでそのコネクタに差し込んで、隙間を接着剤でシールして完成。因みに上の画像は角度を調整中の様子。てな事で取付けはすんなり行ったものの、ダクト機でPowerLEDを扱っちゃってると超高輝度LEDと言えども少々物足りない感じで…。気流も安定して水面も穏やかだったので、久し振りでも離着水はスムースだったのが救いかな?

最後はMicroFOX七号機。
Fox7_27
舵角の煮詰めをしながら飛びの方は結構良い感じだったんだけど、2フライト目に手投げした際加工した手袋のホツレ部分がプロポのスイッチに引っ掛かってしまい、スティックまで指が届かずにあえなく墜落…。幸い機体以外に被害は無かったけど、Graupnerのペラを折っちゃったのはチト痛いかなぁ。ちょっと過負荷気味なのは承知で今度はAPCの6*4を試してみようかと…。

|

« FlyCamOneHD ほか | Main | EDFユニットのテスト ほか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« FlyCamOneHD ほか | Main | EDFユニットのテスト ほか »