« December 2010 | Main | February 2011 »

40 posts from January 2011

2011.01.31

昨夜のお買い物 ほか

昨日は夕方から晩飯兼ねて家族と買い物に。

先ずはホームセンターで。
Item_150
愛用しているベルクロの補充にカッター刃の処理用容器、そして先日トラブルの元凶になった手袋を交換用に購入。今度は教えて貰った通りライターで処理しなきゃ。

そして百均では。
Item_151
今度は茶漉しじゃなくてごみ取りネット。F/A-18に取付けた茶漉しはごみの除去能力とサウンドは最高なんだけど、流石にあのパワーロスは頂けないんで今度は少し目の大きなコレを試してみようかと。

そしてJ-Power機繋がりで。

SHIROさんのF9Fの機載カメラの映像を発見。確かにL-39より全然スローが効く様で羨ましいっす。

今日は振替休日を貰ったので『あわよくば出撃』とも思ったんだけど、昨日の時点でこの冬一番の冷え込みなんて言ってたし、実際最低気温が5年ぶりの低さって聞いて大人しく機体整備をしていようかなと。修理を含めて作業待ちの機体が一杯で、とても1日じゃ終わらないけど…。

| | Comments (0)

2011.01.30

LED着弾

帰宅後に少し横になって体力は少し回復。

でも風邪のぶり返しでチト辛いっす。
110130
今日は途中まで良いお天気で富士山もクッキリだったみたいだけど、段々曇ってこの時間は寒さが身に沁みるなぁ。
しかしこの定点カメラもそろそろ寿命かな?

てな事で先程コチラに頼んであったLEDが着弾。
Led_03
他にも少しばかり頼んだものはあるんだけど、今回のメインはこのMonster4.8と呼ばれる所謂砲弾型のブツ。

早速試しに点灯してみると。
Led_04
前回F-16やA-10に使ったPowerFluxLEDを比較用に点灯させて、先ずはそれぞれ50mAと70mAでドライブ。明るさは殆ど遜色ないかも?

更にフルドライブ。
Led_05
今度は70mAと150mAなので双方ともややオーバードライブ気味だけど、やはり肉眼でも照度差は余り感じず。上の画像より浅い角度で撮影しているのでMonster4.8光源の小ささが良く解るかな?照射角はMonster4.8の方が広い印象で、サイドの明るさはPowerFluxLEDより上かも。

60mAでドライブするのに何らかの回路が要るのはPowerLEDと同じだけど、発熱量は段違いに低いのでこれなら1/10のみならずタムギアクラスのマイクロカーにも使い易いんじゃないかと思われ。

| | Comments (0)

ようやく…

一段落。

晩飯も食ったし。
1101291
goonewも飲んだ。

ベッドも用意したので。
1101292
少し仮眠させて貰いまひょ…。

| | Comments (0)

2011.01.29

海の向こうからの補給物資

昨夜の作業は割と順調だったんだけど。

今日の作業は難航中。作業終了が早くても19時の見込らしいんだけど、ホントにそれで終わるのかな?もう1泊は避けたいよなぁ…。

気を取り直して先週末にココに頼んだブツの紹介を。
Item_141
良い評判も逆の評判も両方あるshopなんだけど、日本円を国内口座宛に振込めばOKなのでPayPalアカウントを持っていない身としては『一度使ってみておかないと』と頼んでみた次第。
週末を挟んだので月曜日の発送作業になり火曜日にはトラッキングが可能に。一応EMSにしたのでぶっ倒れていた木曜日には着弾。割と順調だったかな?

梱包を解くと中身はこんな感じ。
Item_142
ご丁寧にデコパネで箱組をしてあってちょっとびっくり。

流石にちょっと潰れはあったけど。
Item_143
箱の中身はどうやら問題なさそう。今回はそんなに壊れやすい物は頼んでないし。

早速中身の確認で先ずは水モノパーツ御一行から。
Item_144
ペラを3種各2個と、ジョイントにアンプ用の水冷ベッド。ペラに合うサイズのドライブシャフトが長さ違いで2つに、その奥はフレックスシャフト。アウターはどうにでもなるんだけど、ペラ取付に使うナット類やホルダを頼まなかったのはちょっと失敗かな?でも使う予定の船体は未購入だし、追々頼めば良いか。

続いては空モノパーツ御一行。
Item_145
こちらも国内ではあまり見掛けないパーツを中心に、主に脚まわりを。因みに昨日記事にしたオレオ式の尾輪は右端。

そして何処かで見た様なモータ。
Item_146
TURNIGYのT2730と同サイズで、本家(?)のラインナップには無いkv2500って代物。ちっこいモータが好きなんでつい頼んじゃうんだけど、これならギリギリ3cellでもいけそうだから小さめのカッ飛び機に良いかも。

最後は国内だと意外に良い値段が付いてるスケール。
Item_147
クオリティは『値段なり』だけど、このサイズはちょっと出して使うのに具合が良さそうなので。

因みに中身はこんな感じ。
Item_148
表示部にはバックライトまで付いて予想外に見易かったり。ちっこい機体を弄る時に便利に使えそう。

| | Comments (0)

2011.01.28

タマには金失分でも

ちょっと探し物をしていてつべで見つけた動画を2本。

先ずは151系こだま号の高速度試験の様子。

良く見付けて来たよなぁって感じの記録映画。なかなかシビレルかも?

シビレルといえばやはりコイツ。

181系気動車のターボサウンド。残念ながら生で聴く機会には恵まれなかったので、時々こちらのサイトで楽しませて貰ってたり…。

| | Comments (0)

今朝の作業

今日は夜勤なので未だ自宅。

体調は昨日よりマシだけどまだ鼻はズルズル。でも今日は這ってでも出社しないと…。

て事でそれなりの時間には起きちゃったので。
Gear
今日時間があればUPする予定の海の向こうからの補給物資をちょっと弄ってみたり。ブツはオレオ式の尾輪なんだけど、これをノーズギアに流用出来ないかと手持ちのパーツを使ってダブルタイヤ化。現物合わせの加工なのでちょいと手間取ったけど、オリジナルよりタイヤ径も大きくなったのでまぁ成功かな?しかしこのタイプのステアリングのリンケージってどうすれば良いんだろう…。

| | Comments (0)

2011.01.27

ダウン中…

年末からずっと風邪薬飲み通しだし。

此処の所頭痛も酷くて痛み止めまでプラスしちゃったら、ついに胃が悲鳴を上げて今朝は軽くリバース。確かに数日吐き気は続いていたからヤバイなぁとは思っていたんだけど、明日が夜勤でそのまま翌日は日勤なので『休んでおかないと流石に倒れるかも?』と判断して今日はお休みに。もう年休無いのに…。

で、ようやく昼頃動ける様になってコイツを弄ってたり。
Item_139
先日着弾していたアンプなんだけど、本体の表示に反してメーカのスペックシートによればLi-Poの4cellまで対応してるみたい。なので時々脱調が見られるF/A-18に積んでやろうとバックに写っている説明書通りに設定モードに入れてみたら『???』、全然設定音のパターンが違っていてまるでお手上げ。
というのが昨日までで今日はGoogle先生に聞いてみたらRC Groupsに同じ症状の人がスレを建てているのを発見。その中のこのエントリーのパターンでほぼOKの様で14と15の8kHzと16kHzが逆になっている以外はこれが正解みたい。どうも最近になってファーム違いの製品が混入している様で、私と同じ30A以外でも同様のパターンがあるらしい。流石は『ちゃいなくおりてぃ』って事か?
とまぁ色々あったけど設定は出来た様で、実際に手持ちの高kvのアウターロータを4cellで回してみても綺麗に上まで吹けたのでどうやら狙い通りに使えそう。時間が出来たら積み替えかな?

| | Comments (0)

2011.01.26

EDFユニットのテスト ほか

関東地方は今日もお湿りが期待出来るみたい?

朝の時点ではしっかり晴れていて冷え込んでるけど。
110126
午後からはにわか雨や雪の可能性もあるみたい。湿度が上がるのは何にしても有難いっす。

てな事で体調は相変わらず良くないので。
Edf652
昨日は夕方からジュンさんの依頼で在庫のダクトユニットのテストを。以前にも記事にしたと思うけど、GWSのEDF64にFreeWingのBL2627/kv4300を組み合わせてあったユニットで、ざっとバランスだけみてデータ取りをしようとモータのコネクタを半田付けし直したんだけど、どうにも上手くバランスが出なくて回転がヘロヘロ。

仕方が無いので強引に回してデータ取り。
Edf651
こんなんなっちゃったけど何とか計測した結果は、半分ほど放電してあった2200mAh3s/45cのパックを繋いでフルハイ時の電流が30Aをちょっと超える位。その時の推力が排気を秤に直接当てる簡易計測で800g超えだったので、ちゃんとバランスが取れればもう少し良い数字が出そう。アンプも全く設定が弄れない安価な40Aモデルだったので、設定が詰められるアンプを使えばもう少し効率上げられそうだし。ただこのモータに30Aだと結構ギリギリなので、夏場のフルハイ常用はちょっとキツイかも?

更に昨日は駆動周波数の弄れるアンプも着弾。
Item_139
まぁコレも安物アンプではあるんだけど、一応8kと16kが選べる仕様。

同シリーズでOEM仕様の12Aモデルも。
Edf30_08
ELERCのEDF30用に購入して早速接続。

こんな感じに配線して先ずは初期設定。
Edf30_09
タイミングは弄らずにオートのままで、駆動周波数だけ16kに変更。その他のパラメータもデフォルトで。

折角なので推力も計測。
Edf30_10
今度は最高回転まで綺麗に回ってくれたので、上の画像にある610mAh2s/20cのパックを繋いだ状態で何度かテスト。この画像は数回目で結構バッテリもタレてる状態だけどご覧の数値。満充電に近い状態だと120gを優に超えていたんだけどホントかな?計測後のバッテリはほのかに暖かい状態だったのでやはり12A位は流れていると思うんだけど、この数値なら意外に効率良いんじゃない???

送料が勿体無かったので併せてサーボも。
Item_140
このサイズでは定評のあるVS-12Mを2つ。

通販繋がりで。
R2ems1
ちょっと怪しい評判も聞くんだけど、先週末に日本円の振込で決算が出来る某shopに半ば勢いでオーダー。それが昨日ようやくEMSでトラッキングが出来る様になったので一安心。後はオーダーした物が無事に届くかだなぁ…。

| | Comments (0)

2011.01.25

週末の出撃 と 機体修理状況 ほか

今日も体調悪化&仕事バタバタで今頃更新中。

では遅ればせながら土曜日の出撃から。
110122
ホントは寝ていようかと思ったんだけど、意外に風も無くて体調も比較的良かったので、この3機だけ持って出撃。実は前日9時過ぎにはダウンしてしまったので5時過ぎには目が覚めてしまい、それからなんとなく手持ち無沙汰でバッテリを充電しちゃったのは内緒。一応表向きはaoさんへブツの受け渡しって事で!?

やはり体調悪い時には飛ばすもんじゃない訳で。
Fa18_52
脚付きにしちゃって非常に投げ難いのもあって、いきなり手投げに失敗してF/A-18は思い切り鼻がひしゃげて切ない状態。仕方が無いので確保してあったスケール違いのF/A-18用のノーズコーンを加工して修復。まぁこんなもんかな?

実はF-16も。
Fa18_53
同じ様に投げるのに失敗してしまったんだけど、コチラは既にノーズコーンを取替え済だったのでちょっと修正して修理完了。ついでに2機ともペイントの剥がれた所をレタッチしてお色直し。

夜になってからF/A-18に追加工。
Fa18_55
草地から滑走離陸させてもダクトを破損しない様に保護してやったらどうなんだ?と思って、百均で購入した茶漉しをダクトの直前に強引に取付。ちょいと加工して意外と綺麗には収まったんだけど…。

滑走させるのなら脚の修正も。
Fa18_54
強度に不安のあったメインギアをステンレスばね線を加工した取付方法に変更し、今更ながら翼の後縁の加工も実施。

で、結果はと言えば草地からの滑走離陸をするにはタイヤのサイズが小さ過ぎて計画倒れ。でも散々枯れ草を吸い込んでも茶漉しのお陰でダクトは無傷。それは良かったんだけど、ダクト内部を掃除して無理矢理離陸させてみたら茶漉しの追加でシビレル吸気音が素敵な反面、相当にパワーロスしている様でフルハイでも3cell仕様の時と変わらない程度のパワー感。音だけは素晴らしくて仲間のウケが良かったから、暫くはこのまま様子見かなぁ。

でもパワーが無いのは投げ難さに直結な訳で。
Fa18_56
折角綺麗にしたのに日曜日にまた手投げ失敗で切ない状態に。何とか頑張って此処まで直したけど、現状では誰かに投げて貰うか、滑走離陸かの二択だなぁ…。

その日曜日の様子。(撮影:aoさん)
110123
釣り人さんが殆ど居なかったので久し振りに水辺へ。

先ずは先日ユニット交換したコイツから。
Airboat_07
メカ配置も弄ったのでトリム出しからだったけど、舵角の調整まで済むと結構良い動きに。モータのkv値は殆ど変化が無いのでトップスピードは同じ位だけど、ダクトの排気方向の見直しと重心が下がったのが効いたのか安定感が増した感じ。バッテリも他の2艇と同じ1500mAhクラスの2cellで丁度バランスが取れたし、これなら少し出番が増えるかな?

そしてネモメア。
Nemom_08
随分前に用意だけはしてあったLEDを翼端に追加。元々テープLEDを取付けてあったのでそのコネクタに差し込んで、隙間を接着剤でシールして完成。因みに上の画像は角度を調整中の様子。てな事で取付けはすんなり行ったものの、ダクト機でPowerLEDを扱っちゃってると超高輝度LEDと言えども少々物足りない感じで…。気流も安定して水面も穏やかだったので、久し振りでも離着水はスムースだったのが救いかな?

最後はMicroFOX七号機。
Fox7_27
舵角の煮詰めをしながら飛びの方は結構良い感じだったんだけど、2フライト目に手投げした際加工した手袋のホツレ部分がプロポのスイッチに引っ掛かってしまい、スティックまで指が届かずにあえなく墜落…。幸い機体以外に被害は無かったけど、Graupnerのペラを折っちゃったのはチト痛いかなぁ。ちょっと過負荷気味なのは承知で今度はAPCの6*4を試してみようかと…。

| | Comments (0)

2011.01.24

FlyCamOneHD ほか

全然ノーマークだったんだけど。

HD版が出てたのねぇ。
Flycamonehd1
FCO3は伝送前提のちょっと使い勝手が悪そうな代物だったんだけど、今度は1240 x 720p 30fpsの動画をローカルのMicroSDに記録する仕様。5.8G帯で伝送出来るオプションもあるみたいだけど、国内で使うのはちょっと…。バッテリ込で58gの軽量パッケージもスポイルされちゃうし。

付属品一式。
Flycamonehd2
オプションでも設定されているケーブル類は総て付属。

カラバリ。
Flycamonehd3
なかなか斬新な色合いかも?

パッケージ。
Flycamonehd4
箱のデザインは従来モデルの流れなのね。

今の所販売しているのを見つけられたのはHobby-Lobbyだけなんだけど、値付けは$159.99とのこと。録画中の映像出力が可能ならGoProHDより良いかも?

サンプル動画はこんな感じ。

そんなにワイドじゃない代わりに違和感のない描写かな?

全然脈絡ないんだけど動画繋がりで。

YOKOMOさんの勢いは止まる所を知らないというか、カードサイズのクローラーまで出しちゃうとは…。yanaさんのblogで紹介されているのを見るまで知らなかったんだけど、もう少しスローがスムースなら即買いしちゃいそう。ギガテンバギーはちょっと遊ぶ場所探すのが大変そうだったけど、コレなら夜勤の息抜きに持って来いだし?

| | Comments (14)

補給物資 諸々

夜半に少しお湿りが有ったみたい?

風邪っぴきにはこの湿度は有難いけど、今週末まではまだまだ冷え込むのだとか。正直体調は結構辛いんだけど、今日明日は出張で人が居ないので這ってでも出社しろって事で、例によってコート着て仕事中…。金曜日は夜勤でそのまま土曜の晩まで帰れないんだけど、大丈夫なんだろうか?

まぁ考えても始まらないので。
Edf304
Micro A-10と一緒にお願いしていたブツの紹介を。先ずは予備のEDFユニット。コイツがあるので色々弄れていた訳なんだけど、インペラブレードだけGWSのEDF30用に換えようと思ったらシャフト径が2mm対1mmで倍違うのねん。加工すれば装着は出来ると思うんだけど、強度的にちょっと不安。駆動周波数を弄れるアンプを頼んでみたので、現状のまま再テストしてみて考えようかなぁ。

続いてはe-Lightning用のバッテリ。
Lipo_23

Lipo_24
Dualskyの1750mAh/4sで所謂第五世代のcellを使っている45-70cって代物。少々値は張るけどこのサイズの4cellってなかなか無いのでブランド名に投資?cell間のバラツキもOKだったので早速週末に使ってみたんだけど、ハナから凄いパンチが出ていてビックリ。流石に慣らしなのでフルハイは数秒で早目に降ろしたけど、やっぱり最新のcellは違うなぁ。因みに標準のコネクタはDC3なんだけど、機体側のXT-60に刺さってしまったのでそのまま使ってたのはナイショ…。

そしてRobinブランドの新しいサーボ。
Item_136

Item_137
コネクタ込で5.5g弱、メタルギアのデジタルサーボという代物でスピードが0.09秒/60度にトルクが0.51kg/cmというスペック。カラーリングは好みが分かれそうだけど、カタログ値通りの性能ならハンドランチにも良いかも?

最後に軽量パテも追加で。
Item_138
すっかりお気に入りでガンガン使っているので、無くなる前に補充。重量増を気にせず使えるので発泡機弄るには必需品?エポキシ+マイクロバルーンって手もあるんだけど、個人的には混合の手間が無くて削るのも楽なこっちが好みかなぁ。

| | Comments (0)

2011.01.23

Micro A-10 着弾

発売日の夜は瞬殺で手に入らなかったんだけど。

BBSに書いた通り、翌朝に在庫があって辛うじて確保。
Micro_a10
一応開封はしてみたけど、噂に違わぬ仕上がりでこの週末仲間にお披露目しただけで現状では全くの手付かず状態。

一応ダクトユニットの検証くらいは。
Edf301
素人目にも効率の悪そうなインペラブレードで、ブレがあるのか結構派手に擦れた跡も。

人柱覚悟でブレードを間引き。
Edf302
圧入式なので取り外しての加工やバランス取りは無理なので、とても完璧な仕上がりとは言えないけど。

こんな感じで取り敢えず回してみると。
Edf30
計測はしていないので数値化は出来ないけど、低速域での推力は確かに低下しているものの高速域での推力は殆ど変化が無い感じ。なのでフルハイ時の電流も変わらず、1500mAh2sのバッテリを繋いだ状態で13A超。但し回転数は若干上昇している様で、画像のHobbyWingのアンプではスイッチング周波数が弄れない為に脱調気味。

どう考えてもあの機体にこの消費電流はなぁ。
Edf30_1
この組み合わせでブレードを間引くと2cell時に5Aちょっとの電流で推力が60g弱。この双発位が妥当な線だと思うんだけどなぁ。これなら20cの600mAh程度のパックで済むし。

てな事でEDFユニットで行き詰っているので、機体に取り掛かれるのは当分先になりそうな予感…。

| | Comments (0)

2011.01.21

寒気がして

今日はコート着たままで仕事中…。

昨夜からまた体調が悪化してたので。
F16_76
夕方に纏めて家事をした後夕食まで少し横になり、出来た作業と言えばJ-PowerのF-16に準備していたインペラブレードを取付けてバランス取りをした程度。ちょっと納得が行ってないんだけど、お外でフルハイに入れてみないと良く解らないんだよなぁ…。
で、組付時に細部を再確認していたらダクトユニット本体に亀裂が。ブレードが吹き飛んだ時に生じたのか、若しくは先日のハードランディング時に既に亀裂が生じていて、それが原因でブレードが吹き飛んだのかは今となっては解らず。一応修正&補強はしたけど、このダクトもGWSの純正品じゃなくて旧A-10に載っていたコピー品でイマイチ材質に粘りが無いからなぁ。再度同じ事が起こる様なら、迷わずユニットごと交換かな。

その後は在庫をガサゴソと。
Item_134
思う所があって仕舞い込んであった2gと2.5gサーボを引っ張り出し、同規格のマイクロコネクタも準備。今夜元気なら作業しようと思ってはいるんだけど、この調子だとチト厳しそうかも。体調次第では下手すると週末の出撃も自粛して寝てた方が良いかもなぁ。

| | Comments (2)

2011.01.20

昨夜の作業 ほか

家族揃ってまた体調悪化中…。

お陰で昨日発売開始のA-10は出遅れて既に完売。20機が1分程でって凄い人気なのは良いけど、ARFやRTFしか扱ったことが無い人にはとても満足に飛ばせそうもない機体だから、散々記事にした身としてはチト心配。

今朝は東じゃなくて西の空を。
110120
何となく今年の干支が餅つきしてるのが解るかな?

てな事で昨夜はヘロヘロだったので。
P51d_10
軽くパテ盛りしたまま暫く放置状態だったTAIYOのムスに再度パテ盛り。このサイズならテーブルでゆっくり作業出来るんで、盛っては削りでもう少しで生地完かな?あ、でも動翼の拡大をまだしてないや…。

バキバキのカウルも補強。
P51d_11
所詮は気休め程度なんだけど、一応エッジ部分に裏からパテ盛り。

ついでにコイツも。
F16_75
J-PowerのF-16用に準備してるインペラブレード。一昨日充填したパテがほぼ乾いたので更に追加。土曜日までは飛ばせ無いから、それまでには完全乾燥してバランス取りまで済ませられる予定…。

| | Comments (0)

2011.01.19

J-Power F-16 改修と修理

内容が盛沢山なのでF-16は別立てで。

先ずは追加したLEDの点灯状態。
F16_64

F16_65
早朝だと結構目立って良い感じ。この照度なら日中でも結構見えそう。

アフターバーナー?
F16_66

F16_67
ヒートシンク追加で電流値は増やしたけど、搭載位置が奥になったので見え方は余り変わらないかな?ボディが透けちゃってるのと、補修したままのダクト出口がちと恥ずかしいかも…。

搭載バッテリは。
F16_68
35cの1300mAh3sをかなり後ろに搭載。吊るにはもう少し後が良いかも知れないけど、ロール軸の通りは良いので普通に飛ばすにはこの辺りが適正位置かと。ただモータ換装でフルハイ時の電流が30A超えちゃったので、このバッテリでもフライトタイムは3分ほど。流石に大飯喰らいなだけあって垂直上昇もバッチリだけど、調子に乗って飛ばしてたらLi-Poを餅にしちゃったのでしっかりタイマーは守らないと。

そして此処からは修理。
F16_70
情けない状態だったダクト出口をようやく塗装。ついでに内側も塗ってみたんだけど、LEDの明かりの見え方は思った程変わらない様子。

日曜日に粉砕してしまったインペラブレード。
F16_71
ハッチを開いてみたら破片が刺さってますがな…。

着弾したばかりの新品と。
F16_72
う~ん、見事にセンター部分しか残ってないんですが。気温が低かったとはいえ、此処まで壊れるのねぇ。

気休め程度だけど。
F16_73
少しでも強度を確保しようと軽量パテを充填してみたり。しっかり乾いたらCA流してバランス取らないとね。

パテが乾くまで作業を進められないので。
F16_74
機体側にもちょっとパテ盛り。EDFユニット後方に結構気になる段差が有ったので、幾らかでも滑らかになる様に修正を。これも気休め程度かも知れないけど。

| | Comments (0)

補給物資の着弾とF/A-18の修理

随分遅れたけどようやく記事に。

先ずは昨日着弾した補給物資から。
Item_132
F-16用にGWSのEDF55のインペラブレードを補充しようと思い、単価が安かったR/C HOBBYさんに発注。送料が勿体無いので接着剤やケーブル、カーボン材なんかも併せて。ホントはOKの発泡用『PF』が欲しかったんだけど残念ながら欠品中…。

ついでに少し前に着弾していたブツも。
Item_133
某メカトロ系のshopさんに初めて頼んでみたり。脚の取付用部材と、ユニバはこの夏に導入したいなぁと思っているボート用に。ちょっと気が早かったけどお手頃価格の製品が有ったのでついでに。

てな事でJ-PowerのF/A-18。
Fa18_49
先日の遠征でグラウンドの小石を吸い込んだらしく、インペラブレードがこの有様。

予備は確保してあったので。
Fa18_51
サクッと交換。コイツは薄いから半ば消耗品で、スペアは常備していないと安心して飛ばせないかも?

こっちはどうするかなぁ。
Fa18_50
脚の金具はやっぱり同じ所で曲がっちゃった。横着しないでバネ線使って作り直さないと駄目かなぁ。

| | Comments (0)

マイクロA-10 今夜から発売開始! (追記有)

寒くて乾燥した日が続きますなぁ。

ちと古いけど一昨日の夕景に。
110117fuji
昨日の朝陽。
110118
これだけ乾燥してると風邪も治りにくいし、火事もおきますわなぁ…。

てな事でRobinさんにマイクロA-10の発売予告が。
Robin
今日の21時から販売開始との事なので、欲しい方はお見逃しなく…。因みに専用(!?)のバッテリも同時発売。

気になる30mmダクトユニットは。
Aeoedf301

Aeoedf302
単体での販売もあり。これだけ手に入れて色々弄るのも面白いかも?

[以下追記]
商品説明のページが公開になりましたね。12Aのアンプに2.5gサーボ2つもセットされているとの事。ただ『電動機や機体製造の経験が浅いらしく、各所のつめが甘いです』との事。ゴマトラさんも『エルロンのリンケージはちょっと』って話だったし、弄る気満々でないと辛いかも?

| | Comments (3)

2011.01.18

マイクロA-10 ほか 動画色々

海外では既に流通し始めてレポート動画もチラホラと。

先ずはRobinさんに貼られていた動画から。

エルロンは2サーボ化されて一般的な形状のサーボが載ってますが中々素直な飛び。

更にもう1本。

パッケージの状態から撮影されているのでキットの内容も確認が可能。

他の機体だけどダクト繋がりで。

ドラ猫ぢゃない可変翼機、北の御大の所のTornado F3ですな。ちょっと癖があるみたいだけど、やっぱり可変翼機は男の憧れだよなぁ…。

これも或る意味可変翼?

良く貼らせて頂いてるIAC-ASO 飛行会の様子なんだけど、小さなモーターパラグライダーが凄く良く飛んでます!HKにもっと大きなのが入荷してあちこちで苦労されている様子がレポートされてるんだけど、このサイズで安定してフライトしてるのはホントに凄いかも。

ちょっとバタバタしていて今日はこの記事位しかエントリー出来ないかも。週末は何時も男の手抜き料理位はしてるけど、先週末から慣れない家事もちょこっとやって疲れが溜まってるみたいで。でも個人的にはCOSMOSトラブルがとても心配なんだよなぁ…。

| | Comments (0)

2011.01.17

A-10更新の続き と マイクロA-10詳報 ほか

数日遅れだけど急ぐネタでもないので。

本題の前に昨日の夕景でも。
110116fuji
定点カメラも随分草臥れてるけど、それもまた味かな?んな訳ないか…。

そして今朝。
1101171

1101172
日の出前に出勤してくる身としては、朝の陽射しはなんとも暖かくて良い気持ち。ちと眩しいけど。

てな事で遠征用に修正を加えたA-10について。
A1021
動力用のケーブルを引き直してコネクタは交換したので、気になっていたバッテリベイを手直し。引き脚を装備しちゃうとまたやり直しになっちゃうけど、取り敢えずバッテリパックの座りの悪かった底部にデコパネを積層して凹凸を無くし、ベルクロを貼り直して修正完了。

レーダーパーツも修正して再固定。
A1022
スケール無視になっちゃうけど、実際のサイズではちょっとハード目に降ろしちゃった時に引っ掛けて破損する可能性が非常に高いので(ノーズギアのサスペンションが効き過ぎ?)、長さを大幅に短くして対応。これでも外してしまうよりは良いかと。

そして前回準備作業をしてあったLEDを追加。
A1023
実機のライトの位置はイマイチ解らなかったので、取り敢えず両翼のこの位置に。使ったのはF-16と同じPowerFluxLEDで、配線もパラにした2灯を既存のPowerLEDに直列に繋ぐという同じ手法。それでも結構明るくて、低空でこちらに向かって飛んでくる姿にはちょっとみとれちゃったりして…。

配線はこんな感じで。
A1024

A1025
エルロンサーボのケーブルと同じ経路で単線をセンターまで引き、その先は柔軟性を持たせる為に20Gのケーブルにマイクロディーンズコネクタを接続。MPXコネクタにも空きピンはあるんだけど、そっちは一応引き脚用に残しておこうかなと。

引き脚の取付以外はこれで気になっていた箇所の修正はほぼ終わったので、後は細かいお色直しでひとまず完成かな?

そしてA-10といえば。
Microa10_03
Robinさんで発売予定のこのマイクロサイズ。

台長さん撮影の動画も。

私のA-10も映ったりしてるけど、結構前重の状態だったとの話にもかかわらず元気に飛んでますね~。氷点下でバッテリは辛そうだったけど、推力はしっかり出ている感じ。ただこの後モータのトラブルで片肺になってしまったそうで、やはりギリギリでパワーを絞り出しているって事なのかも。

目新しい画像でもないけど。
Microa10_01

Microa10_02
塗装するとかなり印象が変わりそう。強度的にも塗膜作ってやるとカッチリしそうだし。

更に30mmダクト繋がりで。
Mig15_f86
RC Groupsのスレ情報によるとJ-PowerがMig-15とF-86を出すみたい。そろそろフライト動画も公開される段階らしく、予価は$50を切る位なのだとか。飛びにもよるけどこれも楽しみ…。

| | Comments (2)

2011.01.16

結局今日も (追記有)

昨日の予報では早朝から強風吹き荒れるって事だったんだけど。

家の前のどんど焼を観るのに起きてみたら。

携帯の動画モード、しかも室内からなので画質はご勘弁を。
で、意外に吹いていないんじゃない?

慌てて充電開始しちゃう悲しい性。
1101162
でも私だけじゃないもんねって違うか…。

それでも昨日よりは吹いていたので。
1101161
今日も富士山が綺麗。

あまり吹いていないのに期待して。
Minidiscus_14
久し振りにMiniDiscusを持ち出したのは良いんだけど、ペラを留めていた輪ゴムが解けてペラに貼り付いているという整備不良状態。それでも1パック目は土手の吹き上げに乗せてそれなりに飛ばしたんだけど、2パック目を飛ばす頃にはペラ回してないと後退するくらいの風で早々に回収。

多少は吹いてても大丈夫な様にコイツを持ち込んだのは大正解。

比較的風には強いMerlinですら結構翻弄されているので、合間に飛ばしてたalulaなんか無事に戻ってこれただけでも御の字かな?

昨日餅になったバッテリのテストも含めて。
F16_69
J-PowerのF-16も持ち込んでみたんだけど、手投げするのにフルハイにした途端に激しい音がしてご覧の有様。今日は出撃自粛って言っていたのに飛ばしに来ちゃったからなのか見事にインペラが全部飛んでるけど、前のモータの時から使い回しのブレードだったし何度か小石も吸い込んでるから寿命だったのかなぁ。何にしてもこの風の中でフライト中でなかったのはラッキーだったのかも。しかし昨日のF/A-18はEDF50のブレードだから納得だけど、真冬の寒さだと遥かに丈夫なEDF55のブレードも粉々になるのね…。
肝心のバッテリは万力使わなくても(!?)元通りになり、帰宅後に放電かけてみても大きなバランスの崩れも無かったから取り敢えずは大丈夫そうかな。

てな訳で今日も出撃しちゃったので、UPするつもりだった機体詳細はまた今度。結局1時間程で予報通りの強風になってしまったけど、飛ばせただけでもラッキーだったって事で。問題は洗濯するのが遅くなっちゃったから明日の分のシャツが乾くかどうかだよなぁ…。

aoさんが素敵な画像を撮ってくれたので追加。
1101164
左下がalulaで他の3枚はMerlin。上空からダイブしてくる連続写真ですね~。ありがとうございました!

| | Comments (2)

2011.01.15

今日の遠征

家人は発熱中、私も病み上がりなんだけど…。

気分転換も必要と完全防寒で早朝限定出撃。
1101150
一応前日の晩にバッテリだけは充電。短時間なので出撃機は絞り込んで4機のみにしたんだけど、総てダクト機で大飯喰らいなのでこの位は要るかなと。

氷点下の飛行場。
1101151
幸い風は殆ど無かったけど、陽射しが弱く車の外気温計はマイナス表示。
e-Lightningが荷物の影に入っちゃってるけど、手前から前夜に改修を終えたA-10、やはり改修後の初フライトになるF-16、脚付きになってからは初の遠征のF/A-18という布陣。
右の2機はゴマトラさんの機体で、手前がRobinさんから近日発売予定のマイクロA-10、その後がTAIYOの零戦。見ての通りマイクロA-10は丁度TAIYO機と同じ位のサイズで、恐らく本邦初フライト!

台長さんが撮影してくれていた動画。

私はe-Lightningをフライト中。残念ながら動画には映っていないけど4cell搭載でフラットスピンには入れたので、もう少し頑張って調整してみようかと。ただ寒さもあってか4cellでもパンチが全然無かったので、まともなバッテリを調達しないとかも?

その台長さんの紫電。
Photo
パネルの塗装の剥げ具合を手塗りで再現されているんだけど、ヤレ感が凄く良い感じで画になってたなぁ…。

今日はhiraさんの新作もデビューだったんだけど。

StarMaxのベクタースラストノズル装備のF-16。64mmダクトに4cellの組み合わせなんだけど、新品のバッテリが起きていなかったのか今ひとつパワーが出ていなかった様子。
しかし初EDFがベクターってのがhiraさんらしいっす。機体の損傷は軽微だったので来週にはリベンジかな?

私の残りの機体についてはもう少し細かく書きたいので、また別エントリーで。

| | Comments (2)

2011.01.14

今度はA-10を

更新作業中…。

今朝の東京はこの冬一番の冷え込みだったのだとか。
110114
私の風邪が少し落ち着いたと思ったら、今度は家人が揃って発熱~ダウン中。看病なんて大した事はしていないけど、食事の支度くらいはやっているのでちょっとお疲れかも?

なので思った程進んでいないけど。
A1020
取り敢えずコネクタをXT-60に交換しないとと思っていたんだけど、どうせやるのなら気になっている所を一気にって事で
1.コネクタの交換
2.動力ケーブルの張り替え
3.BEC電源取出し口の適正化
4.LED駆動基板の電源取出し位置変更
という4点を一気に施工。機体が大きくて途中経過を撮影出来るような作業状態では無かったんだけど、電源ケーブルのアンプ側分岐から手前を張り替えて、同時に分岐部分からBECの電源を取り出す様に変更。バッテリ側はLED駆動基板の電源をケーブルの途中から分岐する様に変更してXT-60コネクタを取付けて完了。
実は同時にLED駆動基板を移設して外部から輝度調整が可能な様にし、並行してLED増設の準備工事も併せて実施。そして画像の左隅に見えているマイクロディーンズコネクタが主翼側のLEDに電源供給する為のコネクタ。主翼側はまだ何もしていないので、今夜時間が取れたら頑張らないと…。

今回使用したケーブル。
A1019
本来なら12G位が適当だと思うんだけど手持ちの10Gでは流石に太過ぎて、在庫を漁ったら四輪弄ってた頃の15Gのケーブルがあったのでそれを使用。画像の右上に写っているのが取り外した純正の16Gケーブルで、大した差ではないけど長さがそれなりにあるので幾らかは違いが出るんじゃないかと。

で、例によっていきなり話題が飛ぶんだけど、このshopには見た事のある機体が色々と。リンク先のEasyStarモドキ以外にはSkywalkerやFALCONもあるし、ひょっとしてhiraさんの御用達は此処かな?

| | Comments (4)

2011.01.13

J-Power F-16 リニューアル ほか

どうにも納得の行かない状態だったので思い切って刷新。

しかし今朝も冷え込みましたなぁ。
110113
夜明け間際の富士山はかなり赤かったっす。

でもって何はともあれ。
F16_58
効率点を大きく超えて使用していたモータに難ありだろうって事で、入手してあったFreewingのkv値が4800なブツを投入。チト重くなるので重心合うかな?

LEDも取付方法を変更。
F16_59

F16_60
放熱に不安があったので小さなヒートシンクを追加し、排気抵抗になり難いであろうモータ直後に移設。ケーブルは交換しなかったのでちょっと太過ぎたなぁ。因みに後付けしてあったインナーダクトはLEDの熱で若干の収縮があり、明らかに絞り過ぎの状態だったので潔く撤去。

更に前方にもLEDを追加。
F16_61
両翼の付け根にPowerFluxを1灯ずつ。ホントはもう少し外側に取付けてノーズギアの付け根にも1灯追加したかったんだけど、電源の都合と何より気力が足りなくて妥協。PowerLEDの駆動基板に電源が3cellだと直列は2灯が限界なので、今回はに並列に組んだPowerFlux2灯とアフターバーナー風味のPowerLED1灯を直列に接続。電流は200mA程度に設定してあるので、並列に組んだPowerFluxの片側が外れると残った方は確実に焼けそう…。

モータ交換とLEDの追加で。
F16_63
ダクト吸気側の配線はこんな状態。これでも頑張って整理はしたんだけど、最後はテープで押さえて終了。

一方ダクトの出力は上がっているので。
F16_62
補助吸気口はギリギリまで面積を拡大。ダクト単体で3cell時の電流は25Aから30Aに上昇してるんで、これで思惑通りに出力が増してくれると良いんだけどなぁ。

そして取り外したモータは。
Airboat_06
コイツに移植。というかモータのマウント部が破損しかけていて接着剤でガッチリモータを固定しちゃってあったので、実際にはユニット毎換装。なので元々コイツに載せていたダクトに新しいモータを取付けて、それをF-16に押し込んだというのが真相。

上の画像じゃ良く解らんと怒られそうなので。
Airboat_05_2
正体はAirBoatで、ダクト換装のついでに懸案だったメカの移設も実施。もう少し暖かくなったら試走しますかねぇ。

| | Comments (2)

2011.01.12

また動画を幾つか

体調不良で大したネタも無いので。

先ずはインドアでのT-Rex250のフライト。

250でも此処まで出来るんだというか、室内だと背面で天井にへばりついたり、ローターから着地したり何でもありなのねん。しかもパイロット若いなぁ…。

次は最近身近でちょっと盛り上がってるベクター。

これはFunJetのペラベクターだけど、これまた何でもありな感じ。此処までくるとピッチコンも付けて欲しいかも?

最後は無尾翼機つながりで。

B-2は製品版も出てるけど、コレはそのB-2にも少なからず影響を与えたホルテンHo229。第二次大戦末期にステルス性まで有していたという機体を、ダクト2発で上手く仕上げられていて驚くほど安定して飛んでますなぁ。

| | Comments (0)

2011.01.11

新型A-10

ちょいと書き忘れたネタが有ったので別エントリーで。

RC GroupsのJ-Power機スレで見つけた情報。
Jpower_a101

Jpower_a102
ミニダクト機シリーズと同じ50mmダクトをツインで搭載したA-10が出る模様。別スレも立ち上がっていてリトラクトまで装備してるのだとか。材質はEPOだし値段次第では結構売れそうなんだけど、入手可能な所に出回ってくれるのかな?

もう一つ、TopMODELさんではサーボがプライスダウン。
Ts1002
HiTECのサーボが安くなったって事だったんだけど、Tahmazoブランドのコイツも何時の間にか安くなってOEM品と大差ない価格に。

ハイスピードモデルも同価。
Ts1006
元々不良率は非常に低いサーボだけど、メーカ保障付でこの値段なら良いかも?

| | Comments (4)

今日は終日会議の予定が

飛んでしまったので最近見掛けた動画の紹介でも。

先ずは発泡製のスロープアクロ機。

Sado-SFCの栗田氏がYSFCで紹介され実際に製作された機体。撮影時は風速が6m/s程度だったそうで、もう少し風速が有った方が楽しそうですね~。

因みにYSFCでは私がMicroFOX弐号機に導入しているPitcheron(Wingeron)についての特集記事も。世の中は広いもので思っていたよりずっと多くの製品があるのにビックリ。

続いてはTEAM QUADRAさんの飛行会の様子。

動画の中盤で超小型飛行体研究所のとしちゃんさんがXENOの発航にトライされていますが、やはりこの機体のSAL投げは無理がある様でパワーを掛けたままノーズ横を持ってひょいっと投げる感じが基本なんですねぇ。でも慣れるまでは結構難しそう?

最後は某所で紹介されていたちょっとおバカな動画。

ちゃんと雪の上走れや!ってベルトの耐久性とか平気なのかな?

でもコレよりは良いか?

止まったら沈むんだろうなぁ…。

| | Comments (0)

e-Lightningの搭載のベクター ほか

いやぁ連休明けにこの冷え込みは堪える…。

陽射しも無い訳じゃないんだけど。
110111
風も穏やかにもかかわらず、その分放射冷却で冷え込んだみたい。却って強風の昨日の方が楽だった様な!?

てな事で本題のベクタースラストノズル。
Vector1
今回復活させるのにあたって搭載したのが所謂360度ベクターのコレ。

因みに以前積んでたのはこっち。
Vector2
一軸のみの180度ベクターってヤツですな。ちょいと加工して振り幅は増やしてあったけど。

そして今回縦軸の制御に導入したのが。
Vector3
動作角の大きな180度サーボ(のタグ)。デジタルでメタルギアにしてはまぁまぁお手頃な値段?少し音が出るけどガタも殆どないし動きも滑らか。ただ速度は一般的な数値だけど動作角が大きいので、実際にロックtoロックで動作させるとちょっと遅い印象がしちゃうかも。
で、ベクターの制御に使うのにはホーンの延長が不要でガタも無いので、横軸用もコレに換えちゃうのが正解かも…。

| | Comments (0)

2011.01.10

今日の修行(!?) ほか

今日は或る意味この時期らしい気候で…。

朝から強風吹き荒れる状態。
Dlg_31
それでも北西の風だったのでFox-DLGのテストにはもってこいだとばかりに出撃。で、結果はご覧の有様…。

飛びそのものは非常に良かったんだけど。
Dlg_32
最大風速が10m/s程度とコイツには丁度良い風速で、上手く吹き上げに乗れると30~40m位まで簡単に高度が取れていたんだけど、スロープと違って土手では風速も風向きも一定とはいかず、ちょいと流された弾みに仲間のalulaにケツから当たってしまい尾翼が外れて終了。一度修正してはいるんだけど、此処の固定方法には少々無理があったのでやり直す良いチャンスって事で。

後は昨日着弾したコイツのテスト。
Lipo_20
とはいっても初回の放電だし、F/A-18でも全く気の抜けない風況だったので軽く飛ばして終了。フルハイは合計しても20秒に満たない位だったけど、まだ活性化し切れていない感じなのか少しばかり息ツキが出たものの使っているうちに良くなるレベルかと思われ。何よりバッテリスペースの狭いF/A-18に無加工で載るというのは凄い事だし。

更にe-Lightningも。
Lipo_21
かなり無理矢理な事になってるけど、4cell積んでベクターの確認をと思っていたもののとてもそんな状況ではなく、1パック目はあんきもさんに投げて貰って風の状況を確認して無事に降ろすのがやっと。2パック目でベクターを効かせて見たけど、舵が入っているのか風なのか解らずに全くテストにならず。まぁ無事に帰還出来たしバッテリを起こせたから次回に期待かな?

これは昨日の撮影なんだけど。
Elightning3
仲間のTOSHIさんが撮影してくれたe-Lightning。久し振りで動きの確認を中心に飛ばしてたから全く撮影には不向きだったと思うし、正直良くぞ撮ってくれましたという感じ。しかし初フライトから2年近く経ってるだけあって結構ヤレてますなぁ…。

4cellパックを再び使い始めるのに。
Item132
一部の3cellパックも含めてXT-60コネクタに移行しつつあって、昨夜は機体側のコネクタを交換したのに併せて、過渡期にはどうしても必要になる変換ケーブルと充電用ケーブルを製作。ぼちぼちと付け替えを進めていこうかなと。

てな事で久し振りの『修行』だったけど、修正舵の当て方と冷静さを養うにはやはり冬の季節風が一番かな。勿論無理は禁物だけど、機体の性能さえ越えなければ落としちゃうのはパイロットの問題だし、その気になれば大抵の機体でホバリングしながら定点着陸出来るから、突風にさえ巻き込まれなければ意外に機体を壊す事も無いしね。

| | Comments (0)

2011.01.09

今日の出撃

体調もイマイチだしどうしようか悩んだんだけど。

陽が昇ってきたら風も穏やかだったので。
1101091
テストしたかった機体だけ持って出撃。MicroBEEはオマケみたいな感じだったので実質3機?こんなに少ないのは平日のゲリラ出撃を除けばお初くらいかも?

ホントは水モノも充電だけはしてあったんだけど。
1101092
気力が足りなくて不参加。遠目に画像だけおさえてと思ったら、対岸にはどんど焼。そういえば、うちの前の畑をはさんだ先にも今日建ててたなぁ。

てな事で今日のメインはコイツ。
Elightning1

Elightning2
恐らく1年近く放置されていたe-Lightning。仲間がベクターの機体を導入するって事になったので、急遽在庫の360度ベクターを積んで復活。明け方まで作業していて一部接着剤が乾き切っていなかったのは内緒…。
実際の飛びはテストって事で今日は3cellで3パックのフライトだったんだけど、トリムが出てしまえば基本的には昔通りで手放しでも全然不安無し。ただ新しいモータでもベクターをガリガリ効かせた飛びをするには3cellでは排気流速が不足で、確かに効いてはいるけどって程度の動き。やはり4cell積まないとだなぁ…。

そしてL-39では慣熟フライト。
1101093
風邪気味で指は動かないわ眼は追いついて行かないわでヘロヘロ。あんきもさんのHunter-Killerには当てたら不味いと思って距離とって飛んでたんだけど。

hiraさんのファンフライとは。
1101094

1101095
結構ニアミスしてるし。

最後はお約束。

この方が普通に降ろすより機体の損傷が少ないってのは言い訳だよなぁ。

Fox-DLGは風向きがもうひとつだったので調整メインだったけど、修正も上手く行った様でそこそこには仕上がったから良い風が吹いた日が楽しみ?

| | Comments (0)

2011.01.08

今日のお買い物 と 補給物資

今日は夜勤明けに新宿のヨドバシカメラへ。

通勤のお供にしてるMP3プレーヤが瀕死の状態だったので。
Mp3_03
遅ればせながらの自分へのクリスマスプレゼントに新調。事前の調査でほぼコレに決めて店頭へ行ったんだけど、結局手に取ったのはコイツ。根がへそ曲がりだからみんなと違うのが良いってのもあるけど、動画対応していてほぼ同じ価格、更に専用ソフトがなくても使えてMicroSDカード対応ってのが大きかったかな。帰宅後に早速テストで空撮用のカメラの動画を再生してみたら残念ながら非対応でちょっと思惑が外れちゃったけど、AV出力付きでVOBに対応しているらしいので意外に面白い使い方が出来るかも?

そして帰宅後には補給物資が着弾。
Item_128
今回はメール便でも充分なサイズだったけど、LEDを中心に細々と。

今回はFluxタイプと高電流タイプをお試し。
Item_129

Item_130
手前がPowerFluxの0.5Wタイプで放熱器無しだと最大100mA程度で指向角は80度。下の画像で70mAで点灯させているけどこれでも充分な光量で、指向角も体感上はかなり広い感じ。
一方奥の5mmの赤色がMax70mAまで流せて約20cd、指向角が60度って代物。此方は砲弾型なのでちょっと指向角は狭いかな?

そしてこいつらを点灯させるのに。
Item_131
18mAなんていう大容量のCRD(定電流ダイオード)も調達。耐圧は25Vだから4cellでも問題なく使えるし、5本パラで使えば100mA弱なので上のPowerFluxにもOK。

これで機体の電飾をする準備は出来たけど、問題は体調と気力かも?

| | Comments (2)

J-Power機用4sバッテリ ほか

今朝は予報通りの快晴。

冷え込んでそう…。
110108
携帯のカメラなんで微妙に画像が荒いけど、羽田発着の便の機影も。

朝飯どうしようかな。
110107
昨夜は年末にオープンしていたのを見付けた『てんや』へ。以前は結構通ってたんだけど家人の評判があまり良くなくて最近はご無沙汰だったから、会社の傍に出来たのは嬉しいかも。Suicaも使えるし。

休み明けで大忙しみたい?
Rb_800_4s_xr_l
注文殺到で大わらわって事なんだけど、ダクトのパーツを頼むついてでもあったのでRobinさんに件のバッテリをオーダー。到着は明日になりそうなので遠征には間に合わないけど、純正が恐らくコレだと思うので重量はほぼ同じな上、スペースの小さいF/A-18にも問題なく積めるサイズ。フルハイ常用しなければ純正3sとフライトタイムはそう変わらない位かな?しかし良くこのサイズのcellが有ったなぁというか、見付けて来たなぁというのが正直な感想。流石は田中さんですわ。

そのRobin田中さんからマイクロA-10の情報も頂いたんだけど、付属の30mmダクトは7.2V時に一発あたり11A強の消費電流で推力が60g程度との事。850mAh2s-30c位のバッテリが適当なのかな?

さて、外は寒そうだから今朝は買い出しに行ってコンビニ弁当で済ませるかな…。

| | Comments (4)

2011.01.07

マイクロA-10 更に続報 ほか

身体が辛くて気を紛らわすのに情報収集。

RC Groupsにスレが無い訳はないだろうと思ったら。
Elerc_a10_3
こんな画像までUPされてちゃんとありましたがな。最新の動画では結構元気に飛んでるけど、このサイズとなるとやはりプッシャーの方が効率が良いのは明白で、メーカも自らそれを認めてるって事か。で、気になる材質は残念ながらEPSらしい。

他にもRC Groupsには既に組んだ方のスレも。
Elerc_a10_1
パーツ構成はこんな感じで、特段の緩衝材はない梱包らしいので輸送時の破損が結構あるみたい。

しかしこのアングルだと意外にサマになってたり。
Elerc_a10_2
ちゃんとA-10してますがな。でも吊るしのパワーユニットではフルハイで20A以上流れたとか、気になる記述も。

全く別物だけど。
Epp_a10
同じく30mmのEDFを積むEPP製の機体も発見。飛ばすにはこっちの方が安心な気もするけど、送料がとんでもない事になりそう…。


てな事でちょっと目先を変えて。
F9fkit
SHIROさん大絶賛のJ-Powerの新型機、F9Fをパーツだけ取るっていうのもアリ?このシリーズの保守部品の常で、キャノピーのクリアパーツが付属しないからそれだけはヒートプレスなりで用意しないとだけど、傷みの激しい機体を退役させればメカは揃うしなぁ。

同じF9Fならコレって手もあるけど。
Fw_f9f
Freewingの製品でメカ無しならこの値段なんだよね。此方の方がスパンで80mmばかり大きくて重量は約180g増し。でもダクトが64mmなので推力的には充分だと思うし、丁度整備したばかりのEDF64があるし…。


まぁ考えるだけならタダだし場所も取らないから、もう暫く悩んでおきますかねぇ。

| | Comments (7)

マイクロA-10続報 ほか

いやはや、今朝は寒かったなぁ…。

医者に行って改めてウィルス貰って来たかも?
110107
富士山にはまるで噴煙上げているかのような雲が…。私はまた夜勤なので少しゆっくり出社したんだけど、それでも結構着込んでどうにかこうにかって感じ。昨日までは事務所の中なのに寒気が酷くてコート着て仕事してたし、鼻がムズムズし始めるとクシャミが止まらなくてホントにキツかったり。

てな話は置いといて。
Elerc_a10
先日取り上げたスパン556mmのA-10の続報が。どうやら既にRobinさんには入荷している様で、休み明けの大量発注が落ち着いたら追加されるみたい。vimeoにも動画がUPされていて、先日のとは別バージョンも。ちょっと後ろ重心なのかアップアップしている気がするんで、適正重心なら結構良い感じに飛ぶのでは?発売が楽しみですなぁ。

そして昨夜は。
Edf_5
夕方に医者行っちゃうと疲れちゃって殆ど何も出来ず、昨日は前日弄ってたダクトのうちテスト出来なかった方をちょっと整備して回してみただけ。直ぐに搭載出来る様にブラケットを追加して、画像の2200mAh3s-35cのバッテリを繋いで電流測定。満充電じゃないのでフルハイでは11.5V位まで下がっちゃってたけど、その状態で28A程度の電流だったので4sだと40A超えちゃいそう?推力は3sでもダクト単体では押さえているのが大変な位出ているので、先ずはコレで飛ばしてみるのも手かもなぁ。

| | Comments (2)

2011.01.06

こ、これわっ!?再び…

以前に紹介したMerlinのコピー機体。

今度はそのBublesのOEMと思われる機体が。
Kinetic800
ホビキンに入荷したKinetic 800 Mini Gliderというのがソレで、サイズだけ見るとMerlinより少しだけ大きくBublesと全く同一。受信機とバッテリだけ用意すればいいのも同じだけどKinetic 800の方は500~1000mAh/3sが指定されていて、流石に1000mAhは重くないかい?素の機体でダイブすると主翼がヤバそう…。

そのホビキン繋がりで、丁度ダクトネタもUPしたばかりなので。
Mototurbine641

Mototurbine642
MotoTurbine 64mmというアルミ製のEDFユニットを、早速万吉さんが入手されてテストされてますね。面白いのがその構造で、アウターロータの缶側にブレードが取り付けられている為に前後をベアリング支持出来、ブレの発生が起こり難い上にダイナミックバランスも取ってあるらしいので殆ど振動は出ないみたい。金属製のユニットと言えばRed Velocityが代名詞の様になってるけど、この値段で対抗出来るのなら面白いかも?どうしても重くはなるけど樹脂製のユニットでは出せない音で、しかも意外に静かって事なので何時かは使ってみたいよなぁ。

| | Comments (2)

面白そうな機体 と ちょびっと作業

困ったことにまだ風邪が抜けず。

今朝の気温はそれほど下がらなかったけど。
110106
ちょっと風があったので体感温度は結構低かったかも。お陰で喉の痛みも全然引かず、皆さんもお気を付けを!

さて昨日からうちのBBSで話題になっているコレ。
Elerc_a10
製造元はココらしいんだけど残念ながら材質が不明。EPOなら良いんだけどEPSだと落としたら一発だろうなぁ…。
スペックとしてはスパンが556mmで全長が512mm、30mmのEDF+2900kvのユニット2発と2.5gサーボ2つ等を装備して全備重量が155gとのこと。フライトビデオを観るとやはりふんわりとは飛ばないみたい?
Robinさんに入荷する予定らしいので、大好きなA-10だし材質と値段次第では逝っちゃうかも。

そして昨夜は殆ど何も出来なかったけど。
Item_127
電飾を進めようかと思って在庫のLEDと配線を引っ張り出してみたんだけど、鏝を握る気力が無くて在庫チェックしただけで終了。

その代りまたダクトを弄ってみたり。
Edf_1
F/A-18からkv値が4300のFree Wing BL2627を降ろしたので、本来は64mmダクトを3cell運用する為のモータだったよなぁと思ってGWSのEDF64に取付。収まりは悪くないかな?

吸気側から見るとこんな感じ。
Edf_2
モータのマウントネジが2.6mmなのでセンター出しに注意する必要はあるけど、シャフトは3mmなので純正のアダプタですんなりと取付終了。試しにちょっとだけ回してみたけど、フル充電のバッテリだと30A位は流れちゃいそうなのでやや過負荷気味?でも静かで良い感じの推力が出ているので、適当な機体に積んだら結構楽しめそう。

更にトコロテン式に。
Edf_3
上のEDF64に仮に組んであったFree WingのBL2836、確かkv値は3800なモータをe-Lightningから降ろしてあったenJet-68に。

以前のモータ用の配線取出し口が気になるけど。
Edf_4
此方はダクト側を皿加工して2.6mmの皿ビスを使って固定したので、センターはバッチリ。このユニットなら3cellでもe-Lightningを普通に飛ばせる程度の推力はあるんだけど、やはりベクターノズルを修理して4cellでグリグリやりたい所。ただ飛ばすだけならユニットだけ再搭載すれば直ぐにでもOKなので、先ずはちょっとテストで飛ばしてみて、調子が良ければ次はコイツを弄ってみるか?

| | Comments (2)

2011.01.05

F/A-18の追加改修とテスト ほか

気候的には完全に真冬の様相ですな。

富士山も真っ白。
110105
少し良くなったと思ったらまた風邪が悪化して今日もヘロヘロ。また早退かなぁ…。

気を取り直してF/A-18の追加改修について。
Fa18_41
ユニットはL-39と同じこの組み合わせ。一旦取出してコネクタを取外し。

アンプの移設に併せてケーブルは直結に。
Fa18_42
コネクタを残したままだった前回の改修後の初っ端は何故か上手く起動しなかったし、ひょっとするとコネクタの接触不良なんてのもあったのかも?

受信機へのケーブルにはフェライトコアを。
Fa18_43
初めは半信半疑だったんだけど、どうもコレが意外に効くみたい。

ついでに前回画像が無かった部分も。
Fa18_44
ノーズギアのステアリングサーボ周辺。結構キツキツで干渉部分を切除して搭載。

ノーズギア本体。
Fa18_45
尾輪用の汎用パーツを流用して取付。一応サスペンションは効くけど気休め程度かな?

メインギア取付部。
Fa18_46
見ての通りの方式で、この後塗装して仕上げ。

例によってダクト出口も塗装。
Fa18_47
気力が足りなくて電飾は追加していないけど、内部をマットブラックにするだけでも結構締まって見えるのでお奨め。

塗装が剥げていた部分を再塗装して完成。
Fa18_48
細かいマークとかラインは入れ直してないけど、遠目に見ればこれでも充分?しかし機首のゾウさん化は結構進行していて、キャノピーが微妙に浮いちゃう位に反っているのが何とも。それでも意外にトリムのずれは大きく無かったからまぁOKかな。

てな事で昨日の午後からテストに。
110104
コレは陽も傾いてそろそろ帰ろうかという頃の撮影なんだけど、凧が元気に上がっている通り結構な風速で、脚付きになって手投げが難しくなったから発航はドキドキ。でも向かい風だったので無事に上空へ上がりフルハイのテスト。今度は息ツキも無く綺麗に上まで回っていて、風に翻弄されながらも負けないだけの推力もあり、パワー掛けていれば10m/s位の風速までは全然OKそう。ただ着地は絞ってクロスウィンドで降ろさないとなので、ヘロヘロしちゃってメインギアの金具が片方曲がっちゃった。

その後はコイツを調整しながら延々投げまくり。
Dlg_30
前回の補修がかなり決まった様で、この時期の空気密度の濃い状況だとかなりの低速までしっかり粘ってくれる仕上がりに。途中ハンティング中のトンビに混ぜて貰って2分近く浮いてたけど、風速が一定じゃなくてそれが精一杯って感じ。散々飛ばして例のラダーリンケージがもう限界になり終了。最後は思い切りランチしたらリンケージが外れて巻き込んで落下したので、この前落としちゃったのもどうやらそれが原因だったみたい。やはり見直ししないとだな…。

そんなこんなで程良く身体を動かして調子が戻ったなぁと思って帰宅したんだけど、夜になったらまた体調悪化。どうも今季の風邪はしつこいのか、はたまたもう歳だって事なのか???若干の吐き気はあるけど食事は摂れているのが救いかも。

そうそう、最後にバーゲン情報を。
Tiansheng_model_a10
お馴染みH・S・Lさんでは10日までお年玉キャンペーンを実施中。正規輸入販売店になっているTIANSHENG MODELなどがセールになっているんだけど、このA-10はどうやら終息らしくて売り切り状態に。私が譲って貰ったA-10がスパン1017mmに対して970mmと少し小さめで、ディティールはGWSやGUANLIと私の新型との中間くらいの出来かな?でもEPO製なので耐久性はありそう。残念ながら一番欲しかったこのカラーは既に完売なのが救いだったかも…。
他にはラジコン1さんでもお年玉セールを実施中で、会員登録を済ませていれば全品15%OFFに。この機にMINI WWⅡシリーズの新製品BF109ESPITFIREなんかは如何?EPS製でエレボン制御(!)の様だけど、ディティールはかなり良い感じ。

| | Comments (0)

2011.01.04

牛乳?

昨日娘と買い物に行った時に見付けて捕獲。

かなりチャレンジャーな気はしたんだけど…。
Goonew1
ミニッツメイドシリーズのgoonewって代物。苺好きだしネタ半分でも良いかなと。

成分表示。
Goonew2
見出しの●とかの代りに苺マークなのが可愛いかも。で、実際に飲んでみると所謂ヨーグルト飲料としては普通にイケル?ナタデココは好き嫌いが出そうだけど、個人的にはまた飲みたいと思えたので。

んでもって年明け最初の補給物資。
Item_123
正月休み無しで営業されていたRC AIRLINER 38さんから着弾。順次切り替えていこうとXT60コネクタを或る程度まとまった数と、HOBBY WINGのOEMって事だったので頼んでみたTURNIGYのPLUSHシリーズのアンプ、更にフェライトコアにUBECとサーボディレーも。

そのサーボディレーと一緒に。
Item_124
この引き込み脚に使えそうだと思ってTURNIGYの8gサーボも注文。

ちょっと加工は必要だったけど。
Item_125
無事取付完了。結構大掛かりな作業になるんで、実際に機体に取付出来るのは何時になるかなぁ…。

今回はご丁寧に。
Item_126
御年賀頂いちゃいました。年賀状も頂いてたし、店主さん実にマメな方です。購入品で注意が必要なものなんかが個別に手書きのメモが付いていたり、ご自身も同じ趣味をお持ちの方ならではって対応は好感が持てます。

| | Comments (0)

2011.01.03

機体修繕 と 飛ばし初め

昨日は夜に一寸コンビニに買い物に出掛けただけ。

それ以外はずっと家に篭って破損機体の修理を。
Fox7_26
まぁ良く壊したなぁって位に溜め込んじゃってたのを出来る所からって事で、先ずはMicroFOXの七号機。滑走離陸が可能な所へお邪魔する様になって俄然出番が増えたんだけど、ほぼ指慣らし用になっているので朝一番の半分寝ているような状態で落としてしまう事も…。敢えて小さめのペラを付けているのもあるんだけど、原型機とは似ても似つかない程に弄っちゃってる機体だから限界挙動とか結構変だし。でもそこはEPP機、頭から落としてもそう大きな破損はしないので、今回はグズグズになってしまっていたモータマウントをCAで固め直したのと、懸案だった原型機では水平尾翼が収まるスリットを塞ぐ作業。何時もの軽量パテを充填して、ほぼ乾いた所で凹凸を均す様にパテを追加して終了。良く見るとまだ結構ガタガタだけど、風邪ひいてぼぉ~っとしながら作業してたからこれでも上等?

少し調子も出て来たので続いてはFox-DLG。
Dlg_25
ランチ時に応力の掛かる左翼がバックリ折れてしまったので作り直すつもりでいたんだけど、バランスとしては悪くなかったので取り敢えずCAで接着して、前縁にカーボン丸棒と中程に8mm幅のカーボンスパー、後縁は左右の翼弦延長部分を連結して空洞部分に軽量パテを充填。ついでにずっと気になっていた左右で翼端上反角が微妙に異なっていたのも修正。

裏面から見るとこんな状態。
Dlg_26
パテが乾いたら結構な強度も出たのでこれで様子を見てみようかと。

パテが乾いた所で胴体に取付。
Dlg_27
一瞬取外し式に改造しようかとも思ったんだけど、強度と精度を考えて結局は接着。

こちらも裏面から。
Dlg_28
主翼を弄って胴体との隙間が結構あるので、上面裏面ともに隙間には軽量パテを充填。乾いた所でパテの表面をCAでコーティングして完成。

尾翼周り。
Dlg_29
ラダーリンケージのガイドパイプが破損し易いんだけどそれがヒューズになって他が壊れないというのも事実なので、再度接着して気休め程度に弾性接着剤でコーティング。併せてラダー下側のヒンジが取付けられている補助尾翼が歪み易かったので、カーボンスパーを埋め込んで補強。

そして最後は大掛かりな修理が必要なF/A-18。
Fa18_32
先ずは完全に脱落して変形も大きかった機首の下半分に8mm幅のカーボンスパーを埋め込んで、形を整えつつ補強。

別アングルではこんな感じ。
Fa18_33
組み合わさる上面側も結構変形しているので、カーボンスパーにはそちらの補強も兼ねさせる為に半分露出した状態で固定。

その機首部分の上面側パーツ。
Fa18_34
こちらは古い接着剤を剥がしてカーボンスパーが収まる溝を追加。

これらを接着してしまう前に。
Fa18_35
以前からプランだけはあったステアリング可能なノーズギアを追加。サーボはデジタル化した際に押し出されて残っていたノーマルを再利用。

そして重症のダクトユニット。
Fa18_36
取り外した従来のユニット。インペラブレードは総て飛び散り、ダクト本体もバキバキに破損した状態。今回は手持ちのユニットを流用して、モータについてはL-39と同じkv値が5000のアウターロータに換装。更にアンプはフルスロットルが常用可能な様にHobbyWingの30Aを搭載。

因みに機体側にも。
Fa18_37
結構な傷跡が残っていたので、大きな抵抗になりそうな所は総て修正。

お色直しが済んでいないのでみすぼらしいけど。
Fa18_38

Fa18_39
明日の仕事始めの前に飛ばしてみておきたかったので、突貫工事で完成。L-39と違い吸気口が下に向かって開口しているので、脚の長さはそれなりに確保。

その脚の取付状態。
Fa18_40
大慌てで作業したので途中の画像が無いんだけど、メインギアは胴体下面の一部を切り書いてヒノキ材を埋め込み、DIY用の金具をねじ止めして固定。

という事でテストを兼ねて今朝飛ばし初めに。
110103
今日の出撃機。やや西風が吹いていたけど、このラインナップなら特に問題にならず。
L-39はたまたまバックに入れたままだったのを現場でのリクエストで組んで1フライト。バッテリが未充電だったのでほんの2分ばかり飛ばして終了。
後はテストした順にFox-DLGは主翼尾翼とも剛性が上がり、各部の修正も効いてかなり良い感じ。土手ソアが出来る風況では無かったけど、やんわりした上昇風も感じられる位の動きだったので本気で飛ばすのが楽しみ。
そしてMicroFOX七号機はスラスト設定が適正値に戻ったので久し振りの素直な飛び。今度試しにペラサイズ上げてみようかな?
最後にF/A-18。先ずはフルハイ時の電流を測定して、ピークが24Aほどとやはりノーマルのアンプでは不安な数値。一応タイミングだけは設定を弄って来たんだけど時折モータが息ツキするのも気になるなぁ。一方でステアリングの効きは充分でタキシングは問題ないんだけど、いかんせんサイズが小さい上にオレオ脚でもないので小さな段差で跳ねまくり。平坦な所では問題無いので、場所を選んで上げ下ろしって事になりそう。

そんなこんなで2パック目の機載カメラの動画。

実はメインギアの位置が後ろ過ぎるかと心配していたんだけど、意外にも普通に離陸。ただ脚の抵抗はやはりかなり大きいらしく、モータのkv値がUPして音も明らかに変わっているんだけど速度の向上は余り感じられず。トリムへの影響は然程でも無かったのが救いだけど、やっぱり脚無しの伸びには敵わないなぁ…。

という感じでテストをしつつ1時間程の飛ばし初め終了。また課題が出来ちゃったけど、息ツキの件は恐らくアンプと受信機が近過ぎて4cellのフルハイだとノイズが混入しているんじゃないかと思われ。一応飛ぶ事が確認出来たので、お色直しと併せて改修もしちゃわないと。

| | Comments (0)

2011.01.02

風邪っ引き…

年末からちょっとヤバそうな感じだったのが。

どうにも抜けない感じですわ。
Skytree
今日はお年始に伺った先でSkyTreeが見えると盛り上がり、双眼鏡越しに携帯のカメラで撮影してみたり、一応初詣にも行ったんだけど喉の痛みが酷くて早々に帰宅。早めに休んで今頃起き出してるんだけど、喉が収まったと思ったら今度は鼻が…。此処で無理すると仕事始め(4日)にも響きそうだし、明日(もう今日だけど)の飛ばし初めは見合わせかなぁ。体調が戻れば3日は地元でちょっと飛ばせるかも?

| | Comments (0)

2011.01.01

謹賀新年

Kinga
(撮影:aoさん)

あけましておめでとうございます。
今年も安全運行で楽しみましょう!

| | Comments (10)

« December 2010 | Main | February 2011 »