« 牛乳? | Main | 面白そうな機体 と ちょびっと作業 »

2011.01.05

F/A-18の追加改修とテスト ほか

気候的には完全に真冬の様相ですな。

富士山も真っ白。
110105
少し良くなったと思ったらまた風邪が悪化して今日もヘロヘロ。また早退かなぁ…。

気を取り直してF/A-18の追加改修について。
Fa18_41
ユニットはL-39と同じこの組み合わせ。一旦取出してコネクタを取外し。

アンプの移設に併せてケーブルは直結に。
Fa18_42
コネクタを残したままだった前回の改修後の初っ端は何故か上手く起動しなかったし、ひょっとするとコネクタの接触不良なんてのもあったのかも?

受信機へのケーブルにはフェライトコアを。
Fa18_43
初めは半信半疑だったんだけど、どうもコレが意外に効くみたい。

ついでに前回画像が無かった部分も。
Fa18_44
ノーズギアのステアリングサーボ周辺。結構キツキツで干渉部分を切除して搭載。

ノーズギア本体。
Fa18_45
尾輪用の汎用パーツを流用して取付。一応サスペンションは効くけど気休め程度かな?

メインギア取付部。
Fa18_46
見ての通りの方式で、この後塗装して仕上げ。

例によってダクト出口も塗装。
Fa18_47
気力が足りなくて電飾は追加していないけど、内部をマットブラックにするだけでも結構締まって見えるのでお奨め。

塗装が剥げていた部分を再塗装して完成。
Fa18_48
細かいマークとかラインは入れ直してないけど、遠目に見ればこれでも充分?しかし機首のゾウさん化は結構進行していて、キャノピーが微妙に浮いちゃう位に反っているのが何とも。それでも意外にトリムのずれは大きく無かったからまぁOKかな。

てな事で昨日の午後からテストに。
110104
コレは陽も傾いてそろそろ帰ろうかという頃の撮影なんだけど、凧が元気に上がっている通り結構な風速で、脚付きになって手投げが難しくなったから発航はドキドキ。でも向かい風だったので無事に上空へ上がりフルハイのテスト。今度は息ツキも無く綺麗に上まで回っていて、風に翻弄されながらも負けないだけの推力もあり、パワー掛けていれば10m/s位の風速までは全然OKそう。ただ着地は絞ってクロスウィンドで降ろさないとなので、ヘロヘロしちゃってメインギアの金具が片方曲がっちゃった。

その後はコイツを調整しながら延々投げまくり。
Dlg_30
前回の補修がかなり決まった様で、この時期の空気密度の濃い状況だとかなりの低速までしっかり粘ってくれる仕上がりに。途中ハンティング中のトンビに混ぜて貰って2分近く浮いてたけど、風速が一定じゃなくてそれが精一杯って感じ。散々飛ばして例のラダーリンケージがもう限界になり終了。最後は思い切りランチしたらリンケージが外れて巻き込んで落下したので、この前落としちゃったのもどうやらそれが原因だったみたい。やはり見直ししないとだな…。

そんなこんなで程良く身体を動かして調子が戻ったなぁと思って帰宅したんだけど、夜になったらまた体調悪化。どうも今季の風邪はしつこいのか、はたまたもう歳だって事なのか???若干の吐き気はあるけど食事は摂れているのが救いかも。

そうそう、最後にバーゲン情報を。
Tiansheng_model_a10
お馴染みH・S・Lさんでは10日までお年玉キャンペーンを実施中。正規輸入販売店になっているTIANSHENG MODELなどがセールになっているんだけど、このA-10はどうやら終息らしくて売り切り状態に。私が譲って貰ったA-10がスパン1017mmに対して970mmと少し小さめで、ディティールはGWSやGUANLIと私の新型との中間くらいの出来かな?でもEPO製なので耐久性はありそう。残念ながら一番欲しかったこのカラーは既に完売なのが救いだったかも…。
他にはラジコン1さんでもお年玉セールを実施中で、会員登録を済ませていれば全品15%OFFに。この機にMINI WWⅡシリーズの新製品BF109ESPITFIREなんかは如何?EPS製でエレボン制御(!)の様だけど、ディティールはかなり良い感じ。

|

« 牛乳? | Main | 面白そうな機体 と ちょびっと作業 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 牛乳? | Main | 面白そうな機体 と ちょびっと作業 »