« March 2010 | Main | May 2010 »

29 posts from April 2010

2010.04.28

壊し屋♂いぬ♂

また壊してるのねん。

今度はコレ。
Retro_wings_03
先日のプチ遠征で飛ばそうとしたらギアが滑って駆動が掛からず。散々頭から落としたりとかしちゃったからねぇ。
で、直すにしてもバラさんとって訳で腑分けしたんだけど、テレビ見ながら作業していて気が付いたら機体は抜け殻状態に。でも思ったより綺麗に出来たんで、マイクロメカ積めば3ch機として飛ばせそう?コスモテックさんに連休明けに入荷するらしい1.5gのリニアサーボが手に入ればなぁ…。
因みに上翼を外して単葉機にしてしまった方もいらっしゃる様で。屋外専用ならこの方が扱い易いのかも?

超小型メカと言えば今はコレかな?
Dsm2
当然の如く海外通販だけどココで手に入るみたい。DSM2なのがキモで、話題のBlade mSRの送信機でOKとの事。

摘出されたメカ。
Retro_wings_01
予習はしてあったのでどうにか可動状態のまま取り出しに成功。断線したら直せるのか?って感じだし、まずは一安心<何がだ?

受信機ユニット。
Retro_wings_02
左下に繋がっているのがアクチュエータに繋がっているケーブルなんだけど、アンテナ線より遥かに細いのに平行線らしい?切れたら絶対に直せないと思ふ…。
因みにギアの不具合は左手前に写っている出力軸の、リア側のストッパーが緩んでいた為にピニオンと噛み合わなくなって空転していたのが原因。なので押し込んでやって修理完了。このメカは…、何れ時間がある時に積んでみたい機体はあるんだけど、気が向いたらかな?

こんな事してないで修理待ち機体を直さないと。
Item_06
リンケージ用にこんなブツは確保してあるんだけど、何分初めて使うんで作業対象のDLGは旧リンケージのガイドパイプを外した所までで終了。勝手が解らないと元々遅い手が更に遅くなってイカンなぁ。

補給物資といえば昨日は新宿でコレを。
Item_05
ヨドバシカメラでもこの位の物は手に入るみたい。

更に…。
100428
明日かと思っていたんだけど、私の留守中に北の方から何か届いたらしい。早々に開梱しないと大顰蹙ですがな。

| | Comments (8)

2010.04.27

日曜日の空撮動画

夜勤の合間に編集&UPしてみたり。

ほぼ無編集なので長いけど。

機体は何時ものMicroFOX参号機でカメラもガム型。でも浮きはあまり良くないながらも比較的風が穏やかだったので、画としては結構安定しているんじゃないかと。
で、今回はマシンパワーにモノを言わせて、コーデックのffdshowの各種フィルタをゴリゴリと弄ってみたり。元ファイルの画質が『それなり』なので限界はあるけど、結構観易くなったのではないかなぁ。色作りには好みもあるので、感想はまちまちかも知れないけど…。

で、昨夜は結局朦朧としている間に何かポチった様な…。ずっと欲しかったし、もう新品が手に入るチャンスは無いと思うんでまぁ良いかな<ホントか?

| | Comments (0)

2010.04.26

クラッシャー♂いぬ♂

この週末はホントによく壊したよなぁ。

先ずはenteことMicroFOX伍号機。
Fox5_01
土曜日の遠征で軽いダウンバーストに捕まって、河原の岩の犠牲に。補強のカーボンロッドが切れている所から綺麗に破断…。

ハーフスロットルで飛行中だったので。
Fox5_02
着陸では折った事の無い折れペラもご覧の有様。予備あったかな?

残念ながら同サイズの在庫は無し。
Fox5_03
なので6×6なんていう鬼ピッチのペラを装着。案の定バッテリがフル充電だと、ハーフスロットルでもアンプがオートカットしちゃうんで、このまま使うのならアンプの換装必至の状態。でも静かで速いこのペラは結構魅力かも?
同時にdeltaこと六号機も着陸時のペラ破損回避を狙って折れペラを装着。結構無理やりな取付方しているんで、尾翼とのクリアランスがギリギリ。こりゃ五月蝿そう…。

早速翌日曜日にテストして。
Fox5_04
速度はあるけど引きは弱いんで、飛ばし方を探っているうちに落としちゃってカナードを破損。直すついでにアンプも換装かなぁ。

六号機はさながら耐久試験の様相。
Fox6_01
スラストラインは弄っていないんだけど、ペラの剛性が上がって尾翼との距離も近づいたんで、思いの他飛行特性は激変。コブラには入り易くなったんだけど、そこからパワー掛けて抜ける際にエルロンの効きが掴み難くて、背面~落下の繰り返し。ホバに近い状態だと姿勢維持にかなり大舵角の修正舵を当てているんだけど、そこから上昇を始めて機速が或るラインを超えるといきなりエルロンの効きが良くなり、反応が間に合わずにグルグルドスンって感じ。カナードの軸受け部分も、左右の結合はステンレスばね線にしたんで折れなくなった代わりに、胴体に埋め込んであるカーボンパイプがグズグズに。こりゃかなり大掛かりに直さないとだなぁ…。
因みに今の制御はエレベータからカナードへミキシングし、カナードのみにヘッドロックジャイロを効かせているんだけど、通常の飛行中はジャイロのみの制御にして高機動を求める時にだけミキシングを有効にし、コブラに入れる時には逆位相でミキシングするのが良いんじゃないかと思い始めてたり。多分今のプロポでもこの位の設定は出来ると思うんで、修理と平行して試してみようかと。

そしてDLGこと八号機は調整中にリンケージ破損。
Fox8_23
実は金曜の晩にバッテリを充電していて設定をミスり、嬉しくない青りんご臭が。仕方なくバッテリを交換したんでやや重心が移動してしまい、バランスを取るのにリンケージをカーボンロッド化したんだけど…。
腕が伴わないのに高度な事したんで、toshiさんがウェイトを貸して下さり助言を頂きながら重心調整をしていたのに、ハンドキャッチをミスって終了。エレベータ側は大きな力が加わることは無いけど、ラダー側はピアノ線の方が安心かも。

最後は初号機。
Fox1_01
土曜日の遠征で一度着水で跳ねて亀の子になり救助艇のお世話になったんだけど、今にして思えばその時にモータのマウントの下側が剥がれかけていたのかも?日曜日の水上訓練で飛行中にいきなり急上昇し、そのまま殆んど制御不能で着水。亀の子にはならなかったんでペラ回して自力で戻ろうとしたらトドメを刺してしまったらしく、マウントが完全に剥がれたモータが暴れてキャノピーを叩き飛ばしたのと同時にペラも破損。救助艇のお陰で機体は戻って来たけど、流石にあの小さなキャノピーは回収不可。マウントを強固に作り直して、キャノピーはどうしようかなぁ…。

コレだけ派手に壊すと朝陽も何となく切ない?
10042500

| | Comments (3)

2010.04.25

今日のフライト

続いて日曜日の様子を。

撮ったのを忘れていた朝一番の画像を追加。
1004250
流石にもう川面から霧が立つ程の冷え込みじゃないけど、雲ひとつ無くてちょっと寒かったなぁ。雨の影響が残って水位も少し高く、流れも結構速い状態。安定していない水上機は遠慮したいかも…。

好天で風も穏やかだったので、なかなかの盛況?
1004251
私も早朝からマイクロ機中心のテスト&調整を。で、散々壊しまくったんだけどそれはまた別のエントリーで。

ニアミスしたセスナは今日が初フライト。
1004252
重心合わせで苦労されていたみたいだけど、軽快に飛んでいたのが印象的。

aoさんは久し振りのミニトリトン。
1004253
相手がaoさんだと遠慮なく此処まで寄っちゃったりして。

昨日もしっかり飛ばしてきたのに。
1004254
水上訓練は欠かせない?結構増水して流れもキツかったけど、風が穏やかだったのでaoさんと2人でまったりと。

aoさんのFOXが着水。
1004255
目の前の水面は波も無かったので、着水の練習にはもってこい。

そのaoさんのFOX
1004256
今日もバッチリ安定したフライトを披露。しっかりツボを抑えた作りが良いんだろうなぁ。

ちょっと間延びしているけど動画がこちら。

風向きは一定なんだけど風速が結構変動していて、風上に向けて降下中にいきなり風が止んでアタフタしたり、旋回中に急に強くなって煽られたり、意外に気が抜けなかったかも。
昨日に引き続いてカメラは新しい搭載位置に積んでいたんだけど殆ど水跳ねも無く、飛行特性への影響も翼上に搭載している時と比べたら雲泥の差で実に素直。とはいえ抵抗は増えているんで、そのつもりで飛ばす必要はあるけど。

てな事でこの週末は特に新作も無く、既存の機体を細かく手直しして飛ばし込んでは一部は壊して(!)って感じで終了。日曜日は出撃が早かったので少し早めに切り上げたし、意気込んでいた割には普段通りだったかも?

| | Comments (0)

H村水上基地プチ遠征

GWは休めそうに無いので、この週末は2(或いは3)週分フライト!?

土曜日はaoさん台長さんのホームへプチ遠征。
1004241
明け方まで降っていた雨も上がり、やや増水していたものの早朝は無風のGoodコンディション。

メインは台長さんのICON-A5の見学。
1004242

1004243
ARFと言いつつも水上機としてはダメダメらしく、苦労されてようやく仕上がってきたとの事。チャイナクオリティの機体も、台長さんの手に掛かるとデザイン含めて良い感じになっちゃうのが凄いよなぁ…。

ネモメアで追尾っぽく飛ばしてみた動画がこちら。

あまり後ろには着けていないけど、シルエットは結構実機のイメージかな?ARFの塗装で相当損している様な…。

9時を回る頃から突風の如き風が吹き出したので陸上機にスイッチ。
1004244
折角なのでEasyStarでHD動画を撮影。

これは上空から見た下流方向。
1004245
静止画を切り出すとシャープさが出ないのが残念。

裏の畑ではチューリップ祭が。
1004246
連れ合いに言われるまで気が付かなかったんだけど、しっかり文字が描かれていたのねん。

動画ではこんな感じ。

編集がしんどくて取り敢えず無編集のままUP。ちゃんと編集出来たら差換えるかも?
編集&UPが済んだので差換え。それでも風が強かったから結構揺れてるけど。

その他の画像や機体の詳細については台長さんの掲示板へ。

| | Comments (0)

2010.04.23

補給物資着弾

ひでじぃさんにお願いしていたアンプが入荷したので。

H・S・Lさんに細々した物をオーダー。
Item_02
大物の機体を頼まなくて申し訳ないと思いつつ、先ずは欲しかったHobbyWingのPentium-12A-Eを。コイツはBECが2Aなんで、大飯喰らいのデジタルサーボを使ったが為に時々起動しないMicroFOX六号機に使おうかと。
そして向かって左は非GWSな4530ペラなんだけど、少し重い分コシがあって高回転で使うのに良さそう?

その他小物色々。
Item_03
ウィングボルトに軽量尾輪、ホイルストッパーが2サイズとZリンク。此処には写っていないけど最近扱いを始めてくれたカーボン系も試しに幾つか。

そしてコレも欲しかったBattery Detector
Item_04
暫く欠品で頼みそびれていたんだけど、見ての通り1cellから計測可能で6cellまで対応。手持ちのパックは4cellまでだから此処までは要らないんだけど、各cellの電圧が一覧出来るのは便利そう。
因みに北の御大kobさんもお気に入りだそうで、当然shopでも扱いアリ

さて、土曜日は久し振りにH村水上基地にお邪魔する事になったので、今日は作業途中のDLGを終わらせてから六号機のアンプを積換え、更に気力が残っていれば七号機にフロート履かせるか?GWはほぼ毎日出勤になりそうなので、この週末で2週分みっちりと飛ばさないと…。

| | Comments (0)

新ネタ

昨日、ご厚意で譲って頂いた機体が着弾。

あまり詳細に書くとご迷惑が掛かってもいけないので…。
Minidiscus2c_01
ブツはずっと以前に紹介した事のあるGraupnerのMINI DISCUS 2Cで、残念ながら国内流通はしていない代物。良いシルエットなんで何処か代理店やってくれれば売れると思うんだけどなぁ。

早速開封して詳細をチェック。
Minidiscus2c_02
先ずは主翼。解ってはいたけど、延長かけているMicroFOX-DLGよりも更に長い。でも翼弦はそんなに長くないので、面積的にはDLGの方が気持ち大きいかと。

続いて胴体。
Minidiscus2c_03
MicroFOXと比べるとかなりシャープなイメージ。キャノピーは嵌め込み式で、内側にはウェイト代わりのボルトが。

尾翼周辺。
Minidiscus2c_04
T尾翼で水平安定版は嵌め込み式。接着してしまうのならストッパーになっている出っ張り部分は切り落としても大丈夫そう。

気が早いけどメカを検討。
Minidiscus2c_05
モータはお馴染みH・S・LさんのC1404でkvは2100。CT1811辺りと同クラスだと思うんだけど、機体がスケール感があるフォルムをしているのでこの位のモータが丁度良いかも?ペラは同じH・S・Lさん扱いの6×4の折れペラからブレードだけ流用して、hpiのハブと組み合わせたモノを更にモータに合う様に加工して取付。意外に綺麗に付いたかも?スピナーは30mmで機首部分に丁度合ってくれそう。

MicroFOX参号機に積んでいるカメラを積める様にして空撮機ってのもアリかと思ったけど、なるべく軽く仕上げてグライダーらしく(!?)飛ばすのが似合っている様な感じかも。主翼も三段上反角が付いてるし、ラダー機として仕上げた方が素直な飛びになりそうだし…。でも先ずはフリーフライトとして投げてみるのが先かな?

此処からは余談。
Graupner_01
パッケージ内に2008年度版のGraupnerのカタログが入っていたのでちょっと見てみる事に。

プッシャータイプでスパン1200mmの機体。
Graupner_02
簡易な脚も付いてるし、入門機やセカンド機に丁度良さそう?

お船のページにはスケール艇に混じってこんなモノも。
Graupner_03
一応コレもスケールなのかな?TAIYOのラインナップにありそうなホバークラフト。

そして陸モノのページ。
Graupner_04
おぉ!Carismaじゃん!!!左上にはこれまたTAIYOっぽいバイクも。

最後のページにはプロポ。
Graupner_05
周知の事実だけど非常に見覚えのあるデザイン。とても親近感があったりして。

| | Comments (0)

2010.04.22

Fox-DLG更に手直し

腕のない分機体側で少しでもカバー出来たらと思って。

先ずは抵抗になっていそうな所の修正。
Fox8_20
以前スパン延長した名残で主翼と胴体の間に段差が残っていたので、改めて修正。完璧じゃないけどやらないよりはまし?

そしてフルフライングの水平尾翼。
Fox8_21
此方も段差の修正をして、ホンの少しなんだけどリンケージにガタがあったのでその手直しも。フルフライングで舵角が小さいんで、少しのガタが結構効いてくるんで。

リンケージはどうしようか思案中。
Fox8_22
現状では気持ち後重なので、リンケージをカーボンに換えられる様に手配だけはしたんだけど、このサイズだと殆んど変化は無い様な気もして手が止まったまま。実測してみても殆んど差は無いかも?

そのカーボンロッドと一緒に届いた補給物資。
Item_01
ようやくデポの梱包テープが頼めたんで一安心。他の銘柄も色々試したんだけど粘着力ではコイツの右に出るものは無くて、小野さんトコに頼むものが出来たら一緒にと思って延び延びに。
最近EPP機弄ってる事が多いんでネリワサも予備を頼んで、予定外に十号機で一気に消費してしまったGWSの3020も追加。と、その他細かい物を色々と。写っている以外では瞬着も補充。

昨夜もこの機体弄ってて終了しちゃったし、なかなか宿題までは手が回らないなぁ…。

| | Comments (2)

昨日に引き続き

コウちゃんの動画。

結局コレは観に行けなかったなぁ。

食堂かたつむりの予告編。小川糸原作の同名のベストセラー小説の映画化。

知らなかったけどこんな曲も歌ってたのねん。

筒美京平トリビュートアルバムの収録曲って事だけど、アレンジ違うと随分とイメージ変わるのね。

| | Comments (0)

2010.04.21

今日は良いお天気…

ようやく春らしくなった感じかな?

朝はちょっと曇っていたけど。
100421
今日がお休みなら、地面が湿ってるのでサーマルも期待出来そうだからグライダー日和になりそうなんだけど…。悔しいから夕方元気が残っていたら、六号機のテストもしたいんでちょっとだけ出撃しちゃうかも?

昨日は病院に行って疲れちゃったのもあって、在庫メカの確認をした位で終了。でも懐かしいこんなの(1220Sの方)を発掘。ダイレクトでペラを回すのはちょっと厳しいんでギアダウンするかEDFに使うかって代物だけど、今のところは使い道が無いかな?EDF30にはちょっと興味があるんだけど、アレは10mm径のモータじゃないと駄目そうだし…。

てな事で今日はコウちゃんでも。

独特の雰囲気あるよなぁ。

一躍有名になったのはやはりコレ?

それとコレかな。

福ちゃんは今、大河で活躍中だし~。

| | Comments (0)

2010.04.20

変態FOX軍団 最近の修理と改修

色々弄っちゃってるので纏めて。

先ずはDLGから。
Dlg_03

Dlg_04
左翼の滑り止め。思い付きで作業したんだけど、意外と良い具合?
勘の良い人なら解るかも知れないけど、ネリワサを塗布して指で伸ばし、適当に乾いて来た所でネバネバやるとこんな具合に。重量増も殆ど無いし、程良いザラツキ加減がお気に入り。

バッテリは嵌め殺しに。
Dlg_06
シュリンクの痛みが目立つのと、段々緩くなって来ちゃったので、保護を兼ねてスキッドで固定。

尾翼にはサインなんか入れちゃったり。
Dlg_05
余程好きな人で無いとコレは解らないかも?

続いては十号機。
Fox10_23
こっちなら解るかな?今年からはカートで再始動した佐藤琢磨選手のロゴ。簡単には結果は出せないみたいだけど、頑張って欲しいなぁと。

メカ部の大穴も塞いで。
Fox10_24
少しは空力も改善されたかな?

リアスキッドは更に小さく。
Fox10_25
ペラというよりモータシャフトの保護の為に必要なので、操縦性に与える影響がなるべく小さくなる様、強度的にギリギリのサイズまで細く手直し。これでも無い時と比べると明らかにラダーの効きはマッタリしちゃうけど、まぁ仕方が無いかなぁ。

そして奥の手のバッテリ。
Kb
北の御大kobさんのショップから400mAhの単セルを通販。他にも色々頼んでみたんだけど、梱包に使われていた新聞紙が熊本日日って…。エアクラさんから何か取ったのかな?南から北、そして東京へとはるばる旅して来た新聞を記念にパチリ。

続いては修理待ちになっていたデルタこと六号機。
Fox6_4
今回は再修理が容易な様に内径2mmのカーボンパイプを埋め込み、折れるのを嫌って2mmのステンレスばね線で左右を連結。やや重くなるのを承知で固定にはホイルストッパーを流用。

ところが…。
Fox6_5
日曜日のテスト飛行で早速破損。今度は折れなかったけどカナードが千切れてるし…。どうもリンケージに無理があったみたいで、最大舵角で舵面が反転しちゃったみたい。

悔しいので早速修理。
Fox6_6
カナード側のホーンの位置を移動し、舵角も半減。リンケージの問題は無くなったけど効きが足りないかな?

併せて懸案だった動翼も拡大。
Fox6_7
上に載っているのが従来の動翼。幅・長さ共に10mm強拡大。

で、昨日ちょこっとだけこの状態で飛ばしてみたんだけど、カナードの補正はやはりちょっと足りない感じ。効いてはいるんだけど、もう少し積極的に姿勢制御したいかなぁ。一方、動翼拡大の方は効果抜群で、ロール速度は眼にも止まらぬ速さ<ちょっと大袈裟?コブラ中の姿勢制御もかなりやり易くなったので、コレは大正解。

ところが…。(パート2)
Fox6_8
調子よく飛ばしていたら機首上げが間に合わずハードランディング。機体を確認すると使い古しを転用していたカナード用のサーボがお亡くなりに。飛ばしている間はずっと動きっ放しだから無理も無いかということで、エアクラさんのセールで確保してあった新品と交換。ついでにリンケージも見直したので、次回再テストかな。

| | Comments (0)

日曜日の出撃 ほか

ちょっと体調がキツくて日曜の午後からほぼダウン状態。

週末は土曜日が季節外れのこんな有様。
100417
昼前から急速に回復して陽も出たんだけど、週末の午後は基本的に家の事をする事になっているので出撃せず。足元は悪いながらサーマルも出て良いフライト日和だったみたいだけど、まぁこんな日もあるという事で。

翌日は9時から団地の除草デーだったので。
100418
早朝に1時間半ばかり出撃。寝坊しなければもう30分飛ばせたんだけど、どうにも疲れているみたい。
あんきもさんがmintを持って来てくれたのでDLGのお相手をお願いしたんだけど、全然勝負にならず。MicroFOXにしては良く飛ぶと思うんだけど、腕の差も大きいのかと。
こちらも改修後の初テストになった十号機の方はまずまず。やはり風には弱くてバンク角が大きくなり過ぎると錐揉みに入って抜けられなくなっちゃうけど、上昇出来るだけのパワーはあるのでどうにか『それなり』のフライトは可能。とはいえ何も出来ないので遊覧飛行専門なんだけど…。

土曜日もOKかと淡い期待もあって。
Lipo_04
金曜の晩にはこんなに充電しちゃったんだけど、1/3は残っちゃった。

時間が無くてコイツのテストも出来ず。
Cam_3
カメラの搭載位置に難アリと判断して、結局こんな所へ移設。頭から落としたら終わり?

そんなこんなで元気の無い時は。

紅白にも出場して知名度UPのFUNKY MONKEY BABYSで、お父さんの応援歌「ヒーロー」。

因みにコレも好き。

とだっちが可愛いってのもあるけど、最近通勤のお供はFUNKY MONKEY BABYSのベスト盤だったり。

| | Comments (0)

2010.04.15

選手交代

ついにこの日が来ちゃいましたって感じ。

フォレス太は大好きだし大きな不満がある訳じゃないし…。
Car_01
正直ちょっと別れが辛かったかも。確かに『もう少し広ければ』と思うことはあったけど、その分大き過ぎないサイズと短い前後のオーバーハングを得られていた訳で、それも承知で乗ってたし。

新しい相棒エクたん。
Car_02
ネックネームはコレに決まったらしい。ライトケース内の青いラインが娘のお気に入りで、このボディカラーとマッチしていて良いかも?

実は今回が生まれて初めて試乗しないで決めた車な訳で、ディーラーから出るまではドッキドキだったんだけど意外にフィーリングは合っている様で、30分強走ったら随分馴染んで来た感じ。長くなった分車庫入れでは苦労したけど、CVTも思っていた以上の仕上がりで想像していた以上にしっとりした乗り味は段々好きになれそうかも。

| | Comments (6)

Fox十号機 再テスト&改修 と バッテリ工作

結局昨日も夕方に近所の公園へ。

連れ出したのは十号機とコイツ。
Dlg_01
補強を追加したんでランチの具合がどんな風になったか、ちょっと確かめるだけのつもりが思いの外良い感じで暫く猿(SAL)状態に。公園で飛ばすには丁度良いサイズで、色々ランチの仕方を試してみながら広場のサイズ一杯に使って大きく2週旋回させ、上手く手元に戻せたらハンドキャッチという感じで15分程。まだハンドキャッチの成功率は50%以下だけど、30度位から90度近い角度までどんな風に投げても許容してくれるし、少し位風が巻いても怖く無いんで充分練習が出来そう。翼端の捻り下げも良かったのか、我ながらコレは良いかも?

続いて本題の十号機。
Fox10_21
追加したスキッドが安定板として予定外に機能してしまい、殆どラダー方向の舵が効かず。仕方が無いので外して飛ばしてたんだけどそれだとやっぱりモータシャフトが曲がるんで、帰宅後になるべく小さく加工し直したスキッドを再度取付。今度はどうかなぁ…。

パワー不足の原因はバッテリ?
Fox10_22
随分と昔に購入したパックをバラして使ってたんだけど、少し膨らみも出て来ていたcellだったので全然パンチが足りなかったのかも?『そろそろガス欠か』と思って降ろして電圧計ると3.9V位残ってる状況だったし。
そこで新たにRHINOの360mAh2s 20-30cのパックをバラしてバッテリを製作。静止状態でも明らかに引きが違うんで、今度は期待して良いかも?

バッテリ工作のついでに破損していたパックの修理も。
Lipo_01
手前がご存知Desire Power25の新型V6シリーズの360mAh3sのパックで、奥はHiModelのHI-EC 500mAh2s 25-40cのパック。どちらもバランスケーブルが断線していたので、シュリンクを剥いで半田付けのやり直し。Desire Powerの方は新しいパックだし試しにシリコンケーブルに換えてみたんだけど、3cellだと凄い手間…。

バランスケーブル繋がりでこちらは端子の付け直し。
Lipo_02
我が家ではenRouteの充電器が幅を利かせている事もあり、バランス端子はJSTタイプが標準。ハイペリ(とWAYPOINT)は規格上少し電流値に余裕があるらしいコネクタを使っているんだけど、電圧測定するのにも毎回変換コネクタ準備するのが億劫で、漸く重い腰を上げて付け直しの作業を実施。今回は3パックだけだったけど、3cellだと端子は4つなんで全部で12個圧着したら結構肩凝ったかも。

折角の機会なのでバランス端子の比較画像なんぞを。
Lipo_03
もう知ってる人が多いと思うけど、向かって左がハイペリに使われているコネクタ。右が最近では使われているパックが多いJST-XH。

てな事でバッテリ周りの作業をしちゃったので六号機の修理は出来ず。週末はお天気も微妙そうだし、あまり頑張っても悲しい事になりそうなので…。

| | Comments (2)

2010.04.14

Fox十号機 追加改修

夜になってまたチョコチョコと弄ってみたり。

やはり容量の大きなバッテリは無理?
Fox10_21
今載せているのが300mAhで、どうせウェイト積んでるんでもう少し大きいのをと思うんだけど、300mAhクラスを超えると小さいセルって無いのが悩みの種。この画像は450mAhで重量的には良いバランスながら、メカ配置を弄ってスバッテリロットを切り直さないと搭載不可。ペラ交換後に飛ばした感じでは正直もう少し容量UPをしたいんだけど、う~ん、どうしたものか…。

此方はどうにか出来そうだったので。
Fox10_22
改めてモータのスペックを確認してみると、推奨ペラが以前装着していた2510サイズ。実際3020ではやや吹け切れていない感じで、バッテリの電圧低下でモロに回転数が落ち込むあたりからも、過負荷で効率が悪くなっていそうなのが想像出来る状態。なのでペラを少し修正して効率を改善してやろうという魂胆で加工してみたんだけど、このサイズでも(このサイズだからこそ?)バランス取るのが結構シビアで、ヤスリ片手にどうにか許容範囲まで整形。回してみると明らかに回転数が上がり、ちょっと引きも良くなっている様な…。ま、それは次回飛ばしてみてのお楽しみかな。
因みに作業していて気が付いたんだけど、このモータのシャフトって段付になっていて根元部分がちょっと太く、測ってみると何と1.5mm!なのでペラの側で根元付近だけ少し軸径を広げてやったらジャストフィット。ペラが外缶に密着する様になったので、ブレも減ったし多分強度も改善したんじゃないかと…。

最後はおまけみたいなモンだけど。
Fox10_23
土の上に降ろしたりしているとどうしても機首部分の接地面がグズグズになり、汚れも目立つ様になって来るのでこの機体では早めに対策を。百均の家具滑りテープを貼っただけなんだけど、丁度お手頃な厚さと幅のテープがあったので、機体の側をテープの幅でフラットになる様にカッターで削いでやり、テープの側も先端を丸くして貼り付け。コレだけで痛み方が全然違うんで、フリーフライトで飛ばしてる人にもお勧めかも?

取り敢えず十号機はこんな所で、次はカナードの取れている六号機を直さないと九号機に進めないし…。その九号機、昨夜メカ無しで風呂に浮かべてみたんだけど悪くない感じ。メカ積みで失敗しなければ、そこそこ扱い易い水上機になってくれるんじゃないかと思うんだけどな。

| | Comments (0)

2010.04.13

Fox十号機の改修 ほか

ペラは換えてみたけど、他にも気になるところがあったので。

先ずはコレでしょ!
Fox10_15
文字が切れていたので主翼上面のプリントは消してしまった為、Foxの文字が無くなってしまっていたから…。この程度ならば抵抗にもならんでしょ、という事で。

そして主翼後縁の処理。
Fox10_16
なんたって出力がギリギリなんで抵抗を減らしたくて、強度的に問題がなく翼型に大きく影響を与えない程度に薄くしてみたり。ついでに成型時のイボイボも除去してみたけど、この辺りは気持ちの問題かも?

主翼の付け根も整形。
Fox10_17
見るからに抵抗がありそう&気流が乱れていそうだったので、なだらかな曲線となるように修正。

尾翼と胴体後端も。
Fox10_18
ペラの直前なのでそれなりに効果はあるんじゃないかと思うんだけど、この程度のサイズだと体感は出来ないレベルなのかなぁ。

という事で、ペラ交換と改修の結果を確認する為にテストフライト。
Fox10_19
珍しく無人だった近所の公園で。
時折3m/s程度の風が吹き、周囲の樹や建物の関係で風が巻いているんだけど、余力は出来た筈なので止み間を狙ってリリース。手を離れた瞬間から推力UPを感じられ、無風状態でフルハイなら20度強の上昇角は取れそう。先日は浮いているので精一杯だったので、漸く舵角の設定なんかも見直す余裕が出来、20~30m位まで上げて飛んでる姿を暫く眺めてみたり。でもこの機体サイズと重量なんで急に風向きが変わると大きく姿勢が乱れ、慌ててUP引き過ぎると失速~スパイラルに入って高度が低いとそのまま墜落。それでも機体は軽いから殆どダメージは無いんだけど、出来れば2m/s位までの風向き一定な所で飛ばしたいかも。

機体はOKでも、懸念していたモータのシャフトは…。
Fox10_20
草地ならともかく、土の上だと落とし方次第ではやっぱり曲がってしまったので、少々の重量増にはなるけどスキッドを追加。草地でも無いよりはあった方が遥かに安心だと思うし。

此方は飛ばしてはいないんだけど、DLGには懸案だった補強を追加。
Dlg_01
十号機弄った後だと凄く大きく感じるんだけど、実際スパンとしては1.5倍という所。

こんな感じで主翼を補強。
Dlg_02
接合部を挟んでいるんで、当初3mm幅のカーボン埋め込んでみたら思った強度にならず、重くなる上に目立つけど5mm幅に変更。補強を入れる前に翼端のカールアップはドライヤーで暖めてフラットにし、スパンが大きくなり揚力には余裕が出たので翼端には捻り下げを追加。
これからの時期は風向きが余り良くなくて土手ソアは難しくなるけど、これでフルランチ出来る様になったので飛ばしてみるのが楽しみ。

最後は先日のクリスタル等と一緒に届いていたブツの紹介を。
Item_01
七号機に使っているモータのブランド違い&kv値違いなんだけど、安かったので確保。何故か手持ちにスティックマウントが有ったので取り付けてみたんだけど、これなら妄想中の機体に使えるかも?

そして2cell専用だけどバック付アンプも特売だったので。
Item_02
届いてみたら京商ブランドだったのねん。コレを四輪に積んで、3cellまでOKのアンプを捻出して先日の怪しいボートに積もうかと。やっぱり空モノ用バンド使い続けるのは旨くないと思うんで…。

| | Comments (0)

2010.04.12

Fox十号機 飛んだ! かな?

土曜日の夜勤明けに残りの作業を。

一応形にはなったので記念撮影。
Fox10_07
後重なのが解っているので、今回は初めてリンケージにカーボンロッドなんて使ってみたり。

全備重量の計測。
Fox10_08
思ったよりはちょいと重い65g。スパン短いからコロコロなんだろうなぁ…。

不安だった静止推力。
Fox10_09
かなりアバウトな計測方法だけど、推力重量比0.5はかなり厳しいよな、やっぱり。

しかも更に重量増加。
Fox10_14
最終的に重心位置を確認したら主翼の50%。これじゃ幾らなんでも飛ばせる自信が無かったので、機首のバッテリスロットの横にNゲージ用の6gの錘を追加。

と、この状態で日曜日に初フライトにチャレンジ。結論から言えば『一応飛んだ』のかな?
予想通りに推力がギリギリで、というか足りずに水平飛行すら間々ならない状態だったけど、水平さえ維持していれば心配していた程には不安定な訳じゃなく、舵もしっかり利くので土手上からフルハイで投げれば場周1回はどうにか可能という所。自宅で軽くグライドテストしてざっとトリムは出していたので、現場では2コマ程度の修正とラダーの舵角を減らした位でOK。
で、何度投げてもヘロヘロ~ンだったので、hiraさんが見かねて『ペラ捻れば良いんだよ!』と冗談半分の助言を。半信半疑だったけど他に手も無いので、両手でペラを持ってジワッと捻ってみたら幾らかピッチが深くなるみたいで、実際飛ばしてみるとどうにか水平飛行が出来る位の推力が!初速と高度が要るので土手上から斜め上に強めに投げてやると、弱い向かい風で軽い上昇気流があるらしく殆ど土手ソア状態で左右に行ったり来たり…。ラダーは普通に切れるけど高度低下が大きいので、大周りしながらエレベータを慎重にUP。そのエレベータは旋回時以外殆どUP側は使えず、引く時には1mmとかのオーダーで速度を殺さずになるべく沈下をさせない様なスティック操作が必要。でも慣れてくるとこれはこれで面白くて、ハンドランチを飛ばす練習になったかも?

でも流石にコレじゃ飛ばす環境を選ぶんで修正を。
Fox10_10
普通に考えたら1.5mmシャフト用のペラは付かないんだけど、無理やりにGWSの3020を装備。

拡大しても意外に普通?
Fox10_11
未使用のペラだと軸穴も小さめなので、プッシャーなのを良い事に瞬着を1滴垂らしてそのままモータシャフトに。センターとブレに注意しながら『この辺でOKかな?』となったら促進剤をひと吹きして終了。回してみても気持ちブレがある程度で殆ど問題ないし、心配なのは着陸時位かな?

早速推力測定を。
Fox10_13
思ったより増えていないけど、手に持った感じでは数字以上に推力が増してる感じなので、これなら次回は期待出来そう。でもバッテリの消耗が激しくなっちゃったんで、ウェイト積んでる位なら大き目のバッテリにした方が正解かも。

新旧ペラ比較。
Fox10_12
ダイヤもだけどブレードの幅も広いし、若干厚くなり強度も増してるから高回転でも負けない感じ。でも適当に折れてくれないと、モータのシャフトが1mmなんでそっちがヤバイかもなぁ。

因みに…。
Item_01
予備のペラとハイペリのクリスタルが届いたんだけど、どうやら出番は無さそう。この機体のマイクロ受信機にコロナのクリスタルだと相性がイマイチって情報があったんで、信頼出来るクリスタルが安かったから頼んでみたんだけど、アンテナを機首から垂らしたのが効いたのか幸い全然問題は出ず。そもそも機体が小さいから距離出せないのも大きいし!?

| | Comments (2)

今日の出撃

あら、気がついたらもう昨日だったりして…。

土曜日が昼まで仕事だったので、この週末は日曜日だけ。
1004111
結構な勢いで散り始めていたけど、ギリギリで桜も楽しめた感じ。本当は早朝の無風時を狙って新作機のテストをしようと早めに起きたんだけど、徹夜の疲れが抜け切れていない上にちょっと風邪気味だったので、無理をせずに二度寝してちょっとだけ遅めの出撃に。

帰宅後に自宅のベランダからの撮影だけど。

ちょっと風が吹くと桜の花びらがはらはらと、実に素敵!

遅かった割には風も無く、水面もほぼ鏡面状態。
1004112
今日も上流側に釣り人さんが居たので、何時もより下流でのフライト。ゲストさんも見学に来てくれてたんだけど、上流側が使えないとどうも着水が決まらない感じ。

そのネモメアの空撮動画。

カメラの搭載位置が主翼上面の比較的胴体から離れた位置、しかも斜め下を向いているので結構な抵抗な上に気流を乱れさせているらしく、低速でカメラを積んだ側が先に失速に入って巻き込んでるみたい。何時も積んでるって訳じゃないし、気を付けて飛ばすしかないかなぁ…。

コイツは良い感じだったんだけどね。
Fox_71
スパン伸ばした分だけ相対的に側面積が減っているんで、低速で大周りしている時にバンク角付け過ぎると巻き込む挙動が出るけど、動きとしてはゆっくりなんで落ち着いていれば充分対処出来るレベル。

色々手直ししたかったんだけど今回はココだけ。
Fox_72
メインフロートが前後に暴れない様にステーに貼り線を追加。結果プレーニングに入ってからの安定感が増して、ドリフト遊びをしていても全然不安が無い印象に。併せて仰角をちょっと減らしたんだけど、これは元のままが良かったみたい。

水上訓練後も微風だったので今日もRetroWingsを。
Retrowings_06
気になって重量を計測してみたんだけど、実測で20g切り!コレだけ軽いと湿った草地が温められてるだけでフワフワ浮いちゃって、最スローでもなかなか降りてこないし。

グライダー組が『浮きが良い』って言ってたので。

気持ちだけMicroFOX参号機で参戦。カメラも積んでるし流石に浮きはしないけど、確かに降下速度はかなりゆっくり。

そうそう、スパン延長した七号機も飛ばしてみたんだけど、意外にも印象は余り変化なし。最後にハードランディングした時に主翼にクラックが入ってしまったんで、帰宅後に修理がてら機体をチェックしていたらノーズも少しグズグズになっており、スラストが微妙に変化しちゃう状態。実はハナからこの状態で飛ばしていて、それで変化を感じられなかっただけだったのかも???

と、もうこんな時間になっちゃんで、メインイベントだった十号機の初フラについてはまた明日ゆっくりと…。

| | Comments (0)

2010.04.10

BD-5

某ヨコモのツーリングカーじゃないです。

MicroFOX十号機を作っていて何となくサイドビューが似てる気がして。

この方が製作されたのはWindRiderの恐らくEPSの方でしょうか。製作の様子がコチラに纏められていますがRedBullカラーが素敵です。EDFとしては給排気面積が小さくて厳しそうですが、引き込み脚まで装備されてしっかり飛んでいますね~。

そうそう、ツーリングカーといえばコレがちと気になってたり。
Ff03
M05ベースじゃないかという大方の予想を裏切って、シャーシは新設計によりバッテリをセンターに進行方向にマウントし、足回りはTA05互換みたい。4WDよりトラクション掛けるのは難しかったりするけど、RWDよりは扱い易い上に駆動効率が高いから結構面白いんだよなぁ、FFって。

さて、ぼちぼち仕事も一段落したんで、帰って少し寝よ~っと。

| | Comments (2)

2010.04.09

今日も夜勤

毎年この時期は只でさえ忙しいのに、今年は組織改正まで。

なので今日は全社的なレイアウト変更作業。
Food_03
夜勤に向けて今日はちょっと贅沢(!?)な昼飯。価格だけ見たら何時もの1.5倍?

ところでYSFCさんのBlogで紹介されていたこの機体。
Cybird
SKYTECH社のCybirdという羽ばたき機。国内にも愛好会があったりと、結構盛り上がっているみたい。上手に飛ばすのは結構難しいみたいだけど、こんな機体も目先が変わって楽しいかも?

そのYSFCの栗田さんは少し前に佐渡へ。最新のエントリーでは佐渡のRC事情が紹介されていたんだけど、転勤で3年程新潟に居た事があり、その前からも仕事では何かと佐渡とご縁が深かったので何となく懐かしい感じが。素浜海岸と言えば佐渡南西部のとても夕日が綺麗な場所。こんな所で飛ばせたら気持ち良いだろうなぁ…。

| | Comments (0)

MULTIPLEX FOX 十号機 制作進行中

昨日は何だか疲れちゃって、ウトウトしながらも作業の続きを。

なのであまり捗ってはいないけど。
Fox10_04
キャノピー内のメカ積みはこんな感じに。細かいケーブルの半田付けに苦労しながらアンプのケーブルを延長し、一旦は切り離したけど付け外し可能な状態に戻したキャノピー内部に受信機を搭載。重心合わせのためにギリギリ前に寄せて300mAhの単セルLi-Poを積んでるけど、これでもちょっと後ろ重心かも?

キャノピーを被せた状態。
Fox10_05
どうにか綺麗に収まって、後はアンテナの処理を考えないとって位。サーボは本来主翼が納まるスロットの前端に積んではみたけど、リンケージの重さを考えると前に出してもあまり意味は無かったかもなぁ。画像には写っていないんだけど、そのサーボの直ぐ後ろにアンプを搭載。モータからのケーブルとバッテリへのケーブル、両方延長してやってこの位置へ。

尾翼も接着完了。
Fox10_06
具合の良かったEPPチキンに習って、Vテールの角度はご覧の通り。改めて考えてみると、どうも弐号機は角度が足りなかった気がするなぁ。モータはプラバンで台座を作って1.4mmのビスで固定し、配線も胴体に切込みを入れて綺麗に処理。メカが載ったので初めてちゃんとペラを回してみたんだけど、モータのシャフトが1mmなので手持ちで取り付け可能だったペラはGWSの2510しかなく、フルハイでどうにか飛ぶって感じで恐らく余力は全然無いんじゃないかと。

後は動翼を取り付けてリンケージすれば一応は飛ばせる状態にはなるけど、今回はメカが新しいモノ尽くしでちょっと自信無いかも…。

| | Comments (0)

2010.04.08

変態Fox軍団 修理と改修 新作も?

先ずは先日バキバキにしちゃった七号機の修理から。

直すのは接着するだけなので、今日は補強の紹介を。
Fox7_01
胴体の主翼から後ろは既にガッチリ補強済なので、今回は主翼から前と前後を結ぶキャノピー部に補強を追加。本当なら1本で補強出来ちゃうと良いんだろうけど、バッテリベイや配線を避けるとどうしても2分割に。
以前も紹介したかも知れないけど、ついでにメカの搭載状況も。アンプと受信機が近いのはマイクロ機の宿命かなぁ。

ノーズを裏側から見るとこんな感じ。
Fox7_02
今回使用したのは重量と強度の兼ね合いで3mm幅のカーボンスパー。微妙な曲面なので前端部分はちょっと露出しちゃってるけど、一応は気を使って目立たない様に埋め込み、ネリワサでしっかり固定。かなりガッチリしたけど、逆に壊れる時は粉々になるかも?

補強が済んだのでスパンを延長。
Fox7_03
先日の初号機に気を良くして、七号機もフランケン状態で片側30mm程延長。これならフロート履かせても大丈夫かな?

そして製作の止まっている九号機も。
Fox9_01
こちらもノーマル比で七号機同様30mm程の延長。これなら何となく良く飛びそうなバランス?

切った貼ったの残りは…。
Fox10_01
今までは『足し算』ばかりしていた気がするけど、今回はハナから『引き算』で製作開始。やり繰りの結果残った主翼を取付方法でちょいと細工して、ノーマル比で片側30mm程短い状態に。胴体も垂直安定版の前で切り落として短縮し、2つに切り離した水平安定版でVテールを構成(動翼は切り離したままで未取付)。胴体の太さが変わらない為にかなり『ずんぐりむっくり』な印象で、サイドから眺めるとちょっとBD-5に似ていないくもないかな?

小さくしたのはマイクロメカ対応。
Fox10_02
主翼の供出が先か、小型軽量化が先か微妙だけど、とにかく搭載するのは1cell仕様のマイクロメカ。ペラも小さいし少しでも効率が良い様にとプッシャーにしたのはいいけど、どうも重心合わせが厳しそうな感じ。ざっと積んでみた感じでは主翼の50%位の位置だったので、流石にもう少し前に出さないと制御不能になりそう。でも死重は積みたくないし、どうしたものか思案中。

主翼取付部の拡大。
Fox10_03
DLGでやったのと同じ、真ん中で切り離して間隔を開けてカーボンで繋ぐ方式でスパンを延長。短くなっていた主翼でもこれでどうにか飛んでくれそうな位のバランスにはなったし、掘り込んだ胴体との接合も上手く行って接着前なのにこのまま飛ばせそうな位にガッチリ。

MicroFoxのVテールと言えば、弐号機がフラッペロンにする前まで採用していて結構手を焼いていたんだけど、昨年末から飼い始めた鶏がVテールなのにロールまで出来ちゃう位に安定しているんで、尾翼の角度と重心位置次第でどうにか出来るんじゃないかと皮算用。通常の尾翼よりは抵抗も減りそうだし、パワーを考えればアクロをやる機体でもないから、何とかリベンジ成功させたいところ。

| | Comments (10)

今日は良いお天気…

ちょっと寒いけど朝は風も殆どないし。

こんな日に飛ばせたら気持ち良さそうだけどねぇ。
100408
視程も良さそうだから、空撮しても綺麗な画が撮れそうだし。

一昨日に貼ったこの花。
Ume2
明るい時に撮り直してみたんだけど、梅には稀にあるらしいけどとても珍しいみたい。

普通はこんな感じだものね。
Ume3
これもまた見事な色付き方だけど。

そしてベランダから花見。
Sakura
そろそろ桜吹雪の時期の様だけど、今日明日は気温が下がるらしいからギリギリ週末まで持つかなぁ?

今日のオマケは車窓動画。

原宿の通称『宮廷ホーム』と旧型N'EX。このホームは最近殆ど出番が無くて、渡り線の分岐機は最近交換されたものの、トングレールは犬釘で固定されたまま。N'EXの方は流石に外板の痛みも目立って来て、新型にバトンタッチするのも仕方が無いのかも…。

| | Comments (0)

2010.04.06

今日はネタ無し…

昨日は殆ど寝ずに帰ったんでそのままダウンしちゃったし。

通勤途中で見掛けた梅の樹。
Sakura
暗い中で携帯で撮影しているから見難いけど、1つの枝に異なる色の花が…。枝毎に花の色が違うのはまだ解るんだけど、何だか不思議。これって普通なのかな?

夜勤の時の朝食。
Food_02
お得意の\298弁当の中では最も古いのがコレだったと思う。何故か自分としてはこのメニューは朝食専用で、必ずカップ味噌汁もセットで頂くのが定番。味噌汁は画像の『あおさ』か『納豆』が多いかな?
昔は外に出て朝食セットとか食べてたんだけどホントに忙しいとそんな暇も無くて、抜いちゃうよりは良いかと最近は弁当ばかりなり。

| | Comments (0)

滝川クリステル

専属契約結んでたけどCXの社員じゃなかったのねん!?

斜め45度は気にならなかったけど、このCMにはヤラレタかも。

台詞の後20秒位に眼を伏せた後、もう一度目線を上げて照れ笑いするのがヤヴァイっす。

ヴァンガードと言えば前モデルのCMも『雨がダイヤだったらボディがギタギタになるわい!』等々突っ込み所満載で話題だったけど、今作も印象には残りますなぁ…。

卒業コメント。

ニュースJAPAN降板に際しては色々言われてたけど、その少し前に恵比寿駅と東京テレポート駅のホームでポツンと哀愁漂う雰囲気で(多分勝手な思い込み)立って居たのを見掛けたのがどうにも印象に残っていて…。

宮根誠司と初顔合わせとなる春の新番組、ちょっと観てみようかなぁ。

| | Comments (0)

2010.04.05

変態Fox軍団 あれやこれや

散々苦労した初号機が土曜日にやっと離水。

結局は奥の手の主翼延長を実施。
Fox_70
当然抵抗も大きくなるので速度は低下したし、エレベータの面積が相対的に不足してピッチ方向の動きがやや緩慢だけど、プレーニング中のピッチングも離水直後のロールもなりを潜め、何も考えずにスロットルを開けばそのまま離水してっちゃう素直な機体に大変身!

延長部分はDLGこと八号機から流用。
Fox_71
2段上反角に改造した屈曲部分から先を切り離して供出。ノーマルと比べると片側で約63mm、スパンにすると126mm程も延長されているので変化が大きいのも当然。元が470mmしかないんで27%近くも伸ばしている計算になり、もはやシルエットは別物でFoxと呼んで良いものやら…。

そのDLGも併せてスパンを延長。
Fox9_20
初号機に供出した両端部分に代わり、在庫機の主翼から切り出した翼端を取付。こちらもスパンで120mm程度延長され、無風下の旋回時に高度低下が起こり難くなっていたので、恐らくは改改修成功かと。条件が合わずにまだ土手ソアは出来ず、適切な補強が入っていない状態だった為にフルランチも不可だったので、本格的な諸々の検証はこれから。

更に初号機の翼端はデルタこと六号機で再利用。
Fox6_1
前々からカナードを大きくしてみたかったので、渡りに船とばかりに土曜日の晩にちょいと加工して取付。見ての通り裏表逆の取付としたので揚力は下向きに発生する筈なんだけど、それでも面積拡大の効果は絶大でスロットル絞った際の頭上げが激しく、エレボン側でトリムを取って強引にフライト続行。ヘッドロックジャイロが入ってるの為にカナードのトリムはリンケージでの修正が必要で、簡単には弄れないのが玉に瑕。尤も一旦セットが出てしまえばそうそう弄る場所ではないんだけど。
因みに元のカナードは手直しして垂直安定版の拡大に。明確に体感出来る程ではないけど、若干安定性は増したかな?

何となく雰囲気が掴めて来たかと思ったら。
Fox6_2
ノーコン(ダウン目一杯&スロットルはフルハイ)で墜落して終了。一応カナード無しでも飛べるんだけどね。

可動軸にしていたカーボンロッドが破断。
Fox6_3
強度的に問題は無いつもりだったんだけど、流石にカナードから落としてしまったら持たなかった様で。
後方に写っているのはOKの瞬着が在庫切れになったので、試しに購入したWORLD MODELSブランドの中粘度。評判通りに、促進剤使っても白くなり難いのは良いかも?

そして同じ日曜日には仲良く(!?)コイツも。
Fox7_1
やはりノーコンっぽかったんだけどエレベータ引いても反応せず、ゆるい角度ではあったんだけど地表に刺さってバキバキに。取外し式にしたランディングギア用のブラケットを追加した事で、胴体の強度が落ちていたのも被害拡大の原因だと思われ。諦めて胴体の前半部分にも補強追加しないと、流石にもう持たないかも?重くなっちゃうけど仕方がないよなぁ。

| | Comments (0)

2010.04.04

週末の出撃

病み上がりで体調イマイチだったので。

土曜日は気温が上がってきた頃を見計らって出撃。
Cellm
こんなのを取り付けてみたA-10をテストしたかったし。でも残念ながら飛行機に付けちゃうと視認性はイマイチで、ヘリにお勧めってのを実感する結果に。まぁ見えなくはないしそれなりに苦労して取付けたので、暫くはこのままかな?

そしてMicroFOXのリベンジも。
1004031
風が強かったら出撃していなかったんだけど、寒いながらも弱風で風向きもほぼ一定。土手の桜も綺麗だし<そりは関係ないかも?

この日も水上訓練はaoさんと2人。
1004032
漸く新しいカメラを積んだネモメアでそれなりの空撮が出来たかも。

その動画がコチラ。

上流側に釣り人さんが居たのでちょっと無理のある降り方なんかもしてるけど、やっと無事帰還。

動画に映ってたaoさんのFOX離水滑走中のシーンなど。
1004033
ホントにaoさんの機体は安定していて、傍で見ていてもまったく不安の無い感じ。同じ3点フロートの私の初号機も、この日やっと満足に離着水成功!詳細は別立てで書くけど、aoさんと水上ドリフト合戦する余裕も。

飛んだと言えばジュンさんの新作もこの日ロールアウト。

この動画はちょいと後ろ重心だった一発目のフライトの様子なんだけど、スローでも安定しているし飛ばし易そう。機体サイズの割りにペラが大きい(7吋)ので低速でも扱い易いのだと思うけど、結構反トルクが出るとの事でスロットルからエルロンへミキシングを入れてやると良いのかも?


そして日曜日。
1004041
清掃作業が予定されていて飛ばせるのは早朝だけだったんだけど、来週は仕事でNGかも知れないので早起き(といっても平日より遅いけど)して出撃。

先ずはこの桜を空撮するのが目的。
1004042
今年はカメラもHDになったんで良い画が撮れるかと思ったんだけど、早朝の光量が少ない時間帯はチト厳しかったかも?

初日の出を望む名所の橋も拡幅工事がほぼ完成?
1004043
両端の連絡道路の拡幅が未だなんで、供用開始はもう暫く先なのかな?

で、動画がコチラ。

一応お約束で、真下を向いたカメラのレンズを通してるんで建物や電線が近く見えるけど、ちゃんと距離は取っているので念の為。
それなりに観られそうな所だけ繋いではみたんだけど、もう少しカメラ積んだ時の機体の挙動と画角に慣れないと、無駄は多いし観難くてイカンですなぁ…。

その後は何時ものエリアで仲間と合流して1時間半ほどフライト。改良して持ち込んだ機体にちょっと手古摺ったりしたものの、RetroWingsが飛ばせるくらいの風速だったので寒いながらも8時過ぎ迄まったりと。微妙に電波状態が良くなかったのかノーコンで落としちゃった機体もあったけど、バッテリをほぼ使い切って終了。

| | Comments (2)

RetroWings続報

室内では飛ばす環境が無いので、うちのは屋外専用機。

当然ながら風にも煽られる訳で…。
Retrowings_01
いくら軽量で下が草だとはいえ、それなりの高度から真っ逆さまに落とせばEPS製の胴体はご覧の有様。でも他は全然壊れていないんだよなぁ。

ネリワサとメンディングテープを用意して。
Retrowings_02
ちゃちゃっと修理完了。当然接着剤の使用量は最低限に。ついでに接着の怪しかった所とか、不安な部分も補修を。

最近は風の弱そうな日は必ず出撃のお供に。
Retrowings_03
慣れて来たらノーマルでもホントに良く飛ぶんでねぇ。メカ換装するつもりだったけど、マイクロメカ用には別途機体を用意する事に。何だか本末転倒な気がしないでもないんだけど!?

| | Comments (0)

夜桜 ほか

今日も夜勤で出勤中。金曜日はまた倒れちゃってたし…。

その金曜日、車のタイヤ履き換える予約をしてあったので。
100402
家族で夕食&買い物がてらの外出。帰り道に『確か桜祭りやってるんじゃ?』って事で並木を通ってみると満開!携帯のカメラで車内から撮ったからイマイチだけど。

因みに動画も。

桜はあんまり見えないかなぁ。

前日の木曜日にはこんな物も到着。
Mp3_01
私が使っているコレと、その前に使っていたのを娘にプレゼントしたのと、所謂シリコンオーディオプレーヤが2台も不調になってしまったので、お馴染みGENOさんで安かったプレーヤをお揃で新調。

早速開梱。
Mp3_02
一緒に写ってるMicroSDのサイズと比べて貰うと小ささが解るかと。詳細な仕様が解らず不安もあったけど、表示部も見易いしフォルダ単位の再生にも対応していて一安心。でも電源切ると毎回最初にコピーしたフォルダに戻っちゃうのがちょっと…。でもまぁ値段考えたら充分満足かな?

日付が前後しちゃうんだけど金曜日の買い物。
Maglite
さて問題、コレは照明器具?それとも護身具?正解は『両方』でした。最近何かと物騒なので、我が家の女性陣の夜間外出用に購入。海の向こうでは警官御用達だし、コレで殴られたら間違いなく骨折くらいはしそう…。

私はカッターの替刃を購入。
Olfa
少し前に本体だけ購入して試してみてたんだけど、0.2mmはEPP加工するのにとても具合が良い上、ロングサイズだから鈍ったら躊躇無くパキパキ折れるのもナイス。という訳で替刃を追加購入。薄い分無理な力の掛け方すると簡単に折れたり欠けたりするんで、それだけは要注意かな?

| | Comments (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »