« December 2009 | Main | February 2010 »

32 posts from January 2010

2010.01.29

FOX-DLG まだまだ悪足掻き?

昨日はちょっとお疲れだったので軽い整備だけ。

先ずはサーボを交換してみようと思ったんだけど。
Fox8_14
サイズがちょっと小さくて更に若干軽いんで、搭載そのものはほぼ問題なし。ホーンの加工まで済ませてサクッと換装完了。流石は3.3v仕様だけあって動作も速く、デジタルなんでニュートラルもバッチリ。でもね、時々寝ちゃうんだな、これが。原因はよく解らないんだけど、2つ用意したどちらも時々不動になる事があって、勝手に起きる事もあればホーンにちょっと触れてやってようやく起きる事も。これじゃ怖くて使えないじゃん!
てな事で結局元のサーボに逆戻り。動作速度は見劣りするけど、動き自体はしっかりしているからその点は安心。

気を取り直してラダーの修正。
Fox8_15
舵角が大き過ぎたのをサーボ側ホーンの位置で修正していたんだけど、レバー比やガタを考えればラダー側で対応する方が正解なのは明らかなのでその方向で。要するに脚の長いホーンに交換した訳なんだけど、このホーンの方が舵面との結合もガッチリしたんで一石二鳥?まぁ不安要素が1つでも減るのは良いですな。

折角なので全景を。
Fox8_16
飛ばす前に撮影すると云々なんてジンクスもあるけど、この機体は1回飛んでるから大丈夫っしょ。
これで大丈夫そうならキャノピーを接着して、やっぱりリンケージは半埋没位にはしたいかなぁ…。

ついでに七号機も。
Fox7_17
エルロンが変わってるんだけどパッと見は殆ど変化なし。バッテリが胴体に収まる様になったんで、ちょっとノーズが寂しいか?折角なんでタマには何か考えてみようかな。

| | Comments (1)

2010.01.28

FOX-DLG 上反角更に修正 ほか

やっぱりなんだかまだ足りない気がして…。

結局二段上反角に。
Fox8_12
難しく考えちゃってたんだけど、主翼上面に適当なサイズで切り込みを入れて、狙いの上反角になった状態で固定しちゃえば良いだけなんで、カッターと瞬着でサクッと。この辺りがEPPの良いところ。

正面から見るとこんな感じ。
Fox8_13
中心の上反角がちょっと足りない感じだけど、前回のテスト時よりはかなり良い筈。室内で軽く投げた感じも悪くなかったったし。
でも同じラダー仕様のしろくまさんの機体はもう少し上反角が大きめなんで、若干巻きこみ癖が出ちゃうかも…。

そして昨日は補給物資が着弾。
Gear_309
コネクタ込みでカタログ値が3.21gなデジタルサーボ、しかもLi-Poの1cell仕様って代物と、小型軽量でリモートゲインに対応したジャイロ。
サーボの方は検討してみて上のFOX-DLGに積むかも?
ジャイロはまだ用途未定だけど、小型機でチャンネルに余裕がある機体となると結構限られる様な…。

その補給物資が入っていた箱。
Alula_01
国内でプレミア価格じゃないブツがあったのでつい逝っちゃったり。本来はピュアで組むべきだろうけどスロープに行く事は殆ど無いし、ウェイト積むならモータ積んでも一緒かな?なんて思ってたり。どっちにするか決めたら一晩で飛ばせる状態までは行きそう?仕事のスケジュール次第だけど、週末飛ばせるかなぁ…。

| | Comments (2)

2010.01.27

変態FOX軍団整備中

昨日は朝から完全にダウンして起き出したのが午後になってから。

医者の予約もキャンセルして一歩も外出せず。
Fox6_08
精神的に相当煮詰まっちゃったので、夕方からぼちぼちと機体整備を。
先ずはデルタの尾翼から。本来水平尾翼が収まる場所にぽっかり穴があき、見た目だけじゃなく強度的にも問題ありな状態だったので、廃材利用で塞いで修正。そこそこカッチリしたし良い感じ?

そして動翼の拡大。
Fox6_09
コブラに入れてる時、修正舵が追い付かない時があるので、補強も兼ねて得意のパッケージ再利用で面積拡大。これで姿勢維持が楽になると良いんだけど。

尾翼で使った余りの廃材でこんな事も。
Fox6_10
サイズは端材そのまんまだし、角度も適当だから効果があるのかどうかは飛ばしてみるまで全く解らず。ますます可笑しな姿になったのは狙い通りだけど!?

続いては七号機。
Fox7_15
主翼との段差が問題で、ずっと切り出し直したかったエルロンを1mm厚のプラ板で再作成。面イチにはなったけど相変わらず隙間はあるんで、裏側からヒンジテープを貼り付け。これで結構飛びも変わると思うんだけどな。

どうやら重心位置もOKそうなので。
Fox7_16
バッテリはこの位置に。搭載方法はちょっと悩んだんだけど、EPPのメリットを生かして小さめのスロットに押し込む方式に。ここならフロート用の支柱とも干渉しないで済みそうだし。

最後は懸案のDLG。
Fox8_06
先ずは水平尾翼の支点位置を移動。前進させた上で支点から尾翼までの高さも減らし、カウンター部分が小さくなる様に修正。ホーンのレバー比も変わってガタが小さくなったので、これなら行けそうかも?

リンケージも小改造。
Fox8_07
ピアノ線を固定するネジの頭が『-』だったので、手持ちの2mmの『+』ネジを短く切断して交換。これで幾らか力が掛け易くなったんで、少しは緩みも減るかと。

垂直尾翼も小型化。
Fox8_08
全体のバランスを見て『ほどほど』のサイズに。併せてリンケージも修正して舵角も適正に。前回のテスト時は明らかに切れ過ぎだったので。

上反角の修正は取り敢えず出来る範囲で。
Fox8_09

Fox8_10
主翼上面から3mm幅のカーボンスパーを2本埋め込み、可能な限り上反角を付けた状態で固定。これで充分かどうかは微妙だけど、これ以上となると2段上反角とか大掛りな事をしないと難しそうなんで、先ずはこれで様子見。

バッテリも埋め込み。
Fox8_11
先日のテストでは機首の下にグラステープ止めしていたんだけど、落とす度に直接衝撃が加わってとても褒められた状態では無かったので、重心位置を見直す時には再度考えるという事でスロットを掘って埋め込み。

これで3機の整備が終了したんだけど、まだ首が折れたままのムスとペラ交換待ちのアラレ号が。まぁどっちもそんなに時間は掛らないんで、週末までには直せるかと。ただ問題は体調か…。

| | Comments (2)

2010.01.25

週末の出撃

今日は明けなんだけど何時に帰れるかな?

良いお天気だけど。
100125
早めに帰れても流石に出撃する気力は無いなぁ…。

てな事で先ずは土曜日から。
1001232
晴れていたけど寒かったのと、ちょっと風があって人数は少なめ?当の私もしっかり二度寝しちゃってゆっくりだったし…。

hiraさんの秘密兵器搭載機。
1001231
かなり調整が済んで良い感じだったのに、このあと悲しいメカトラが…。でも夜になって飲んでいて、気が付いたらほぼ元通りの形になっていたとかいないとか!?

時間も遅かったし私の持参機は少なめ&水上機は無し。この日は嫁入りの決まったLIEBAOと墜落から復活させたMicroFOX七号機のテストが出来れば充分だったので。
LIEBAOは従来のつもりだとちょっと引きが弱くなっているのでちょっとアタフタ。でもノーマルのブラシ仕様だときっとこんな感じなんだろうなと。
そしてMicroFOX七号機は普通に飛ばすにはハーフ以下で充分で、やはりあのモータはやり過ぎだったかも?飛びも見た目も一昔前に大流行したスッチーレーサ風で周囲の評判はまずまずだったのが救いだけど、本気で飛ばすと450mAhのバッテリが3分でスッカラカンに。
そうそう、受信機を純正PCMに載せ換えたA-10もようやく実フライトテスト。メカはバッチリながらヤワヤワなチャイナピアノ線を使った主脚が着陸で骨折して1フライトで終了。綺麗に着地したんだけど、草地で抵抗が大きいからなぁ。

そして日曜日。
100124
この日は水上機大集合で、目玉はスパン1.8mのCUB。

ネモメアで頑張って追尾~。

サイズが全然違うからちょっと距離が離れると位置関係が解らなくなっちゃうのと、失速速度が全然違うんでゆっくり飛ばれちゃうと簡単に追い越しちゃって後ろを取り続けるのが結構大変。でもまぁそれなりには撮れたかな?
ちゃんと観たい方はaoさんが地上から撮られた動画がお勧め。

その後は三つ巴で空戦の様相?

aoさんを追い掛けて離水したらジュンさんも加わってタッチ&ゴー大会。やや風はあったけど水面の状態は良かったからなぁ。

MicroFOX-DLGは既に書いた通りだったけど。
Lipo_64
右手前の七号機用、左手前の弐号機&伍号機用Li-Poが土曜日の昼過ぎに着弾していたので、それぞれ実際に積んでテストを。七号機用は同型を既に使っているんだけど、25cなのに格安でお勧め。弐号機&伍号機用は今回初めて入手してみた25cなんだけど、こちらもスペック通りって感じの印象。
そして奥に写っているのが2200mAh3sの45c-70cなんていう化け物みたいなパック。先ずは慣らしでEasyStarに積んでみたんだけど、20A以下の負荷じゃ全然電圧のドロップもなくて何処までもフルハイで登って行けちゃう感じ。

そのフライトのGPSログがこちら。
100124gps
ログ上の離陸地点の高度が60m位なので実質最高高度は250mを割り込む程度。ダイブさせての最高速度は87km/hというのがこの日のデータ。大きく3回上昇しているんだけど3度目でも全くパワーが落ちている感じは無かったんで、この程度の負荷じゃ45cバッテリは全然余裕って事みたい。

実はこんなブツも着弾してたり。
Gear_308
先日のハードランディングでダクト廻りが粉々になったe-Lightning用に、今度は360度ベクタースラストノズルを。装着方法とかちょっと悩まないといけないんで、こちらはゆっくりと進める予定。

| | Comments (4)

新作 惨敗!?

やっぱりスキルが足りないなぁと実感。

日曜の未明に形にはなったんだけど。
Fox8_01
散々MicroFOXを弄って来て『そういえばグライダーとしては飛ばしていないよなぁ』と思っていたところへ、YBKさんのBlogの記事で紹介されていたU氏のDLG機に触発され、どんなものかと私も作ってみた次第。

好奇心と思い付きで製作した細部を。
Fox8_02
水平尾翼はフルフライング。でもこれでは支点が後ろ過ぎでピッチングを起こし易いとのこと。実際非常にシビアで調整どころじゃなかったし…。

垂直安定板もほぼフルラダー仕様。
Fox8_03
SAL投げまで視野に入れると大きい方が良さげだったのと、小さくするのは何時でも出来るので先ずは大きめに作っちゃったんだけど…。これも少々大き過ぎ&主翼の上反角不足で簡単にスパイラルに。結局調整するなんてレベルですら無かった訳で、昨日は正に惨敗。

メカ積みの様子。
Fox8_04
アンプが無いからスペース的には余裕。後からでもどうとでも弄れる様に&胴体の加工を最小限にして強度を維持する事を狙って外リンケージにしちゃったから、正に掘って埋めて終わりって感じ。

使用したメカ一式。
Fox8_05
受信機はbergの4chでサーボはラダーにTS-1002、エレベータがTS-1006、それに電源はenLipo350mAh1s。その気になればもっと軽いメカも手に入るとは思うけど、先ずは1cellでの動作にも定評のある信頼性重視の構成で。

問題点を整理してみると…
1.調整式リンケージが直ズレる
2.エレベータの支点が後ろ過ぎ
3.ラダー面積が大き過ぎ
4.上反角不足
とこんな感じだけど、エルロンのリンケージに悩んで上反角を増やしただけでラダー仕様にしちゃったのも、見込みが甘過ぎた感じ。

さて、どうしたものかなぁ。

| | Comments (2)

2010.01.22

昨日・一昨日の作業

実は昨日はまた殆ど一日横になっていたり…。

今朝は冬の寒さが戻って空気も澄んでいる感じ。
1001221
今日もまだ体調的にはかなりキツイんだけど、朝陽を見るとちょっと元気になるかも?

昨日から今朝にかけての風で。
1001222
富士山もバッチリ。週末も晴れそうだけどちょっと風が吹きそうなのが心配かなぁ。

んで、先ずは一昨日の晩の作業から。
Liebao_08
LIEBAOを引き取りたいって申し出を頂いたんで、ちょっとばかり整備を。モータに注油して、やや過負荷気味の設定だったペラを交換。この週末に一度チェックしてOKなら梱包用の材料を探さないと…。

そして以前人差し指をザックリやったペラ。
Easystar_32
そんな意味でも、交換しないと譲る訳にもいかないよなぁと思って取り外し。

試しにこんな事してみたり。
Easystar_33
ホントは折りたたむための何らかの仕組みを考えた方が良さそうだけど、取り敢えずこのまま一度積んでみようかな?

ペラを弄ったついでに在庫の確認も。
Motor_24
向かって左はE-MAXのCF2805-2840に6×6の組み合わせ。2cell限定だけどかなりのカッ飛び仕様?
そして右はFSDのFC2822-27でkv1360に7×6の組み合わせ。一応発売延期になっているMerlin用にと思ってキープしてあるんだけど、まだ発送にならないんだよなぁ。

そして昨日は漸く起き上がれた夕方から整備を。
Fox_48
MicroFOX初号機には久し振りに折れペラを装着。得意のH・S・Lさんのお買い得セットのペラを流用。以前もこの組み合わせで飛ばしていたんで問題はない筈!?

更に懸案の七号機の修理を。
Fox7_13
先日のフライトで充分過ぎる引きだったんで、反トルクを抑えるのも狙ってペラのダイヤを小さくすべく先日着弾したkv3000のモータに換装。スペック上はちょっと重くなってる筈なんだけど、AOXANのAX-1806Nってカタログ数値より重いらしく殆ど重心には変化なし。ペラはAPCの5.1×4.5でダイヤの割には静止推力の高いモノを選んだつもり。フル充電じゃないバッテリを繋いで回してみると、スロットルがハーフでも登って行っちゃいそうでこれでも過激すぎたかも?まぁいずれは舟を抱くんだし、一度飛ばしてみてかな。

尾翼も補強を入れて。
Fox7_14
ラダー付けるのに後端が皮一枚みたいな状態だったから破損したのも無理はないんで、ちゃんと前後に補強を入れた上で修理。前縁には2mmのカーボン丸棒、中程には4mmのカーボンパイプを埋め込んだんで今度は大丈夫っしょ。
他にも主翼の付け根に亀裂が入っていたんでその修理とか、モータ換装のついでに配線の処理をやり直したりとか、一応飛べるところまでは復旧。後はエルロンの切り出し直しをしたいんだけど、素材を含めてどうするか思案中…。

本当はこの週末までにもう一機デッチ上げてテストまで漕ぎ付けたかったんだけど、流石に時間的に厳しい感じかなぁ。集中力が続けば或いは間に合うか?

| | Comments (0)

2010.01.20

さよならMirage2000-5

昨日予告(!?)した通り、ついに廃棄処分。

最後の雄姿。
Mirage_29
こうして改めて見るとホントに満身創痍な感じ。主翼には大穴と皺、ノーズはグズグズでエポキシまみれ…。

30分後にはこんな姿に。
Mirage_30
メカは当然再利用。3cell専用に低負荷のブレードにしていたダクトも純正にすれば静かになるかな?
で、勘の良い人なら翼が無いのにお気付きかと。胴体は既にダストBOXに投入済なんだけど、つい捨てられなかった主翼と垂直尾翼は保管中。既にボロボロだけどテスト用の機体位になら使えるかな?

今日は暖かくなるって。
100120
暦では大寒なんだけど、東京では桜の散る頃の気温になるとか。南風が吹き込むかららしいので、結構風速はあるのかも?

| | Comments (0)

2010.01.19

ひと山特価品

空モノ用の補給物資と一緒に処分品を購入。

不人気車種とはいえ、これは安過ぎでんがな…。
Minifun2
完全に原価割れだと思うんで、多分扱いを止めちゃうんだろうなぁ。
シャーシも無いのにminiFUN用のパーツをこんなにって感じだけど、ハナから流用するつもりなんで…。

内容を見て行くと。
Minifun3
フロントバルクヘッド。これは出番無いかなぁ。

そしてフロントのハブ周り。
Minifun4
アップライトは3つも入ってたし、これは充分流用出来そう。

リヤアップライトとサスアーム。
Minifun5
アップライトは2つ、これも使えそう。サスアームは残念ながら1組だけ。

最後にサスアームシャフト。
Minifun6
実は他にもバッテリホルダとか諸々。でもこのシャフトだけで個人的には完全に元取った感じ。

miniFUN使いの方には申し訳ないけど、他車種でしっかり活用するんでご容赦を!?

| | Comments (0)

機体整理続報と補給物資 ほか

以前に書いた要らない機体を押し付けちゃおうの記事には流石に何方も応募が無かったので、そろそろ締め切ってゴミの有料化前には処分しちゃいますね~。

というのも昨日も補給物資が着弾したし。
Minifun1
最近注目の四国から、箱は大きくないけど今回も盛り沢山?

どうも充電器の調子が悪くて。
Charger
メインで使っているL4とL6がちょこちょことエラーで止まる様になってしまったので、マイクロ機用のバッテリを充電するには凄く便利で手間要らずなコイツを入手。片方のインジケータ部のシールが抜けてなかったりするのがご愛嬌だけど、2台でも\2,000でお釣りが来るからなぁ。一応本運用前には、実際に使ってみて終止電圧を確認してみないと。

そして怪しいモータ。
T2730
25gでkvが3000って軽量カッ飛び機体限定って感じ。一応260Wまで入るらしいし、シャフトが3mmなんで以外に使い勝手は悪くないかも?

他には小物を少々と車用の処分品。それは別に紹介しようかと。

最後に昨夜の妄想。
Fox8
七号機がちょっと躓き気味で(主に私の操縦技術の問題だけど)、どうしたら安定して運用可能なMicroFOX水上機になるのかと…。
で、やっぱり双フロートの低翼が良いのかなって事になり、PILOTブランドのキャバリーノスプラッシュ風にしてみたのが上の画像。諸々問題があるからこのままって訳には行かないけど、意外に悪くないかも???

| | Comments (2)

2010.01.18

昨日の動画と事故調

ようやく動画の編集&UP作業が完了。

昨日は買い物の途中でバタバタと飛ばしたので実質30分弱、カメラを頼んだ娘もあまり体調が良くなかったので六号機と七号機を中心に撮影して貰うつもりが、七号機が切ない事になってしまったので少なめなんだけど…。

先ずは伍号機から。

この前に初号機、途中にムスも飛ばしているんだけどどちらも過去に撮影済なので今回は無し。
当の伍号機は現在の仕様になってからは初の撮影だけど、ようやくここまで仕上がったというところ。

そして六号機。

元々3本に分かれていた動画を纏めたのでちょっと長め&コブラしている様子がメイン。カッ飛びでビュンビュンやるよりこの方が楽しくてつい…。ホントはもう少し動翼を拡大してやった方が扱い易くなりそうなんだけど、それは今後の課題かな?

最後に七号機の切ないシーン。

改めてじっくりと確認してみると、機体の動きとしてはダウンスラストが無い分ちょっと機首上げ傾向があるのと、速度向上&エルロンの修正でロールレートが速いって以外は特に問題が無い様に見えるんだよなぁ。冷静に考えてみれば、バンクしてもそのまま真っ直ぐ飛んじゃう機体なんて初めてでエレベータが上手く打てず、軌道修正のエルロンで大舵打っているのが墜落の原因かと。垂直尾翼も樹の間を抜けた時にはまだ残っていた様だし、もっと落ち着いてさえいれば違う結果になっていたと思われ…。不覚。
昨日はスパンの延長も必要なんじゃないかと思ったけど、取り敢えずはエルロンを再度見直してペラのピッチを落とせば飛ばせない事は無さそう。後は私が機体に慣れるのが最重要!

| | Comments (0)

2010.01.17

性懲りも無く今日も出撃

夜勤明けだったけどあんまりにも天気が良いもので…。

帰宅後に先ず昨日の問題点を手直し。
Fox_47
最初は初号機から。明らかにペラがミスマッチだったので、七号機からスピンナごとGWSの6030を移植。机上テストでは良い感じで、実際に飛ばしてみても丁度モータのパワーを使い切ってる様子。この時期は問題無いけど、夏場はフルハイ続けるのがちょっと危ない感じかも?
しかしフロート無しの状態できちんとパワー掛けて飛ばすのは久々で、ちょっとアタフタ。トリムが出てしまえば『やぱりノーマルのバランスは侮れないよなぁ』と思わず唸っちゃう飛びにニンマリ。

続いては六号機。
Fox6_8
安定してコブラを維持するのに、もう1サイズダイヤの大きなペラにしたいと感じたので初号機と同じGWSの6030に換装。固定もセイバー方式にしたのでちょっとはペラに優しいかな?

最後に七号機。
Fox7_08
aoさんにも指摘されて気になっていたエルロンと主翼の隙間。大掛りな改修をする前に、取り敢えずはヒンジテープで塞いで様子を見る事に。

更にペラも交換。
Fox7_09
既に折れてるのは見なかった事にして貰って…。
初号機に供出したGWSの6030では完全にモータにペラが負けている感じがしていたので、ダイヤは変えずにピッチを深く、ブレードの剛性も高い物をって事でAPCの6×5.5を装着。

そんなこんなで一部話が前後しちゃってるけど、15時過ぎに仲間内では第二と呼ばれている場所へ。(この時間に好天だと、何時もの場所は家族連れも多くてとても飛ばせる状況ではないので)でも今日は南寄りの風だから、第二だと背後の建物の影響でかなりいやらしく風が巻くんだよなぁ。

などと心配しても始まらないんで先ずは伍号機から。
Fox_428
やはり風が不安定に巻いてるせいで気が抜けない感じ。でもかなりセットが出て来たんで、そう不安無く飛ばせたのが幸い。

続いては六号機。
Fox6_9
土手に立つと3時から5時位の間で風向きがコロコロ変わっているんだけど、ペラのダイヤを大きくした恩恵は直ぐに感じられ、コブラの維持がかなり楽に。5043から6030への変更だからピッチが減って推力が上がり、トップスピードは体感上ほぼ同じ位?でもスロットルに対する機体のレスポンスが良くなったから、随分と扱い易くなった感じ。

初号機を挟んで七号機を2パック。
Fox7_10
先ずは様子を見るのに軽く飛ばしてみたんだけど、引きが全然違ってかなりのじゃじゃ馬っぷり。更にエルロンも効き始めはちょっともっさりしているのに、姿勢が変わり出すとガツンとロールする感じで昨日とはまるで別の機体を飛ばしているみたい。取り敢えずトリムを或る程度出して降ろし、各舵にエキスポを多めに加えて2パック目。カメラを回して貰っていたのでハナからスロットル開き気味で投げたらいきなりとっちらかり、安定させる間もなく樹に引っ掛けて終了。上の画像はその時のものなんだけど、樹に突っ込んだ段階で垂直尾翼がもげ、どうする事も出来ないままに落下してバウンドする様が克明に…。

被害状況。
Fox7_11
流石はEPP、垂直尾翼がもげたのとモータがマウントごと剥がれてペラが折れた以外は特に損傷無し。飛ばしてる時は人通りの無いところを確認したりとテンパってたけど、冷静になってみると気持ちの損傷の方が大きいかも?こんなにまで性格が変わっちゃってると、ペラのピッチを減らした位で果たしてなだめられるかなぁ…。

更に大きな被害を受けたのがバッテリ。
Fox7_12
シュリンクに損傷は無いんでcellそのものは大丈夫そうだけど、バランスコネクタが飛んでしまったんで慌ててケーブルを絶縁処理。DesirePowerってバランス端子のケーブルがシリコン被服じゃないから、無理な力が掛かると簡単にコネクタ飛んじゃうのが玉に瑕なんだよなぁ。

てな事で、結局この週末で2機壊しちゃった訳だけど、七号機の方は修理だけなら直ぐにOKそうなのが救い。ただそのまま直しただけで飛ばすとまた同じ結果になりそうな気がするけど…。でも今日は流石にもう疲れちゃったんで、原因の考察と対策の検討、それに動画の編集&UPは明日以降って事で。

| | Comments (0)

夜勤明け

みんなは今頃飛ばしている頃かな?

昨日に比べると風も穏やかそうだし。
100117
でも気温は相変わらず低そうだけど。

昨夜は独りだったので。
Bed
久し振りにベッドを出して仮眠。これは今は亡き自宅のそばのアルペンで購入して担いで会社まで持ち込んだモノ。暖かい時期は床にマットだけひいて横になっちゃうんだけど、この時期それやると確実に風邪をひくんで…。

因みに昨日の夕焼け。
100116
残念ながら富士山は雲に中にかくれんぼ中。風強かったからよく見えると思ったんだけどなぁ。

さてと、んじゃもうちょっと頑張りますかね。(ホントは慌てて帰ってちょっとだけ飛ばしに行こうかとも思ったんだけど、バッテリの充電もしなきゃだし、明日からも仕事だから良い子にしていようかと…)

| | Comments (0)

2010.01.16

七号機、一応ロールアウト

今日は夜勤のために既に会社だったり…。

なのに昨夜はコイツに掛っ切りであんまり寝て無いし。
Fox7_06
無理はイカンと思いつつ、明日出撃出来ない分何とか今日飛ばしちゃおうと思って製作強行。途中ウトウトしたりしながら未明には一応飛ばせる状態になり、意外に風が強い中で今日初フライト。製作途中でどうにも重心が合わずに途方に暮れかけたけど、フロート破損で修理待ちだった初号機からペラ&スピンナ付でモータを奪取してどうにかこうにか。ただ予定よりちょっと重くなっちゃったなぁ…。
んで肝心の飛びはと言えば、風速が7~8m/s位はありそうな条件下で度胸一番、いきなりスロットル7割ほどで手投げしたんだけどあっさり浮いちゃったり。ダウンスラストはほぼ無しでサイドスラストは目視でちょっと強め、要するにお得意の適当なセッティングにも拘らず、エルロンのトリムを数コマ修正しただけでピシッと水平飛行してくれてやや拍子抜けな位。画像ではちょっと見難いけど、ヒンジの関係でエルロンと主翼の間に隙間があるために効きがダルな事を除けば、舵面が大きなエレベータとラダーは良く効き、面積拡大の効果で安定性もバッチリ。上反角が適正だった様でロールの軸も通るし、ナイフエッジも余り倒れないで素直な感じ。全長の長いモータと大きなラダーのせいで相対的に主翼が短く見えちゃうけど、この条件下でこの飛びなら制式採用も問題無さそう。
さて、お次はフロートをどうするかが大問題だなぁ…。

折角なので変態FOX集合の図。
Fox7_07
向って左から六号機・七号機・伍号機で、うちのMicroFOX軍団の中でも変態度の高い3機。
時間が無くて先週からなにも弄ってないけど、今日の風でもデルタ翼の六号機はホバリングしながら垂直に上がったり下がったりして遊べちゃったし、伍号機はそれと比べるとやや安定性には劣るものの、垂直安定板の拡張後は強風でもそこそこ飛ばせる様になってくれたので、各々2パックしっかりとフライト。

初号機と伍号機のツーショット。
Fox_46
同じ様なカラーリングなんで伍号機の変態度が良く解るかと。
七号機にモータを奪われた初号機は、一旦フロートを外してあり合わせのモータと折れペラで明け方に仮復活。こんな事までしてるから寝る暇が無くなるんだってば。しかもペラが全然合っていなくて今日の風ではヨタヨタようやく飛んでるだけだったし。もう少し手を入れてちゃんと復活させてやらないとなぁ…。

一通り飛ばし終えても風が収まる気配は無いんだけど。
Nemomare_52
先日エルロン周りを修正したネモメア、昨夜サーボもようやく交換が終わったので確認がしたくてaoさんと2人でさざ波が立つ水面へ。でも風が強くてトリムを出す余裕もなく、滑走させても数mで離水しちゃうしあんまりテストにはなっていなかったかも?風向きまでコロコロ変わるからおっかなくてタッチ&ゴーなんて殆ど出来なかったし、今日も良い鍛錬でしたわん。
で、壊れたサーボは向かって右のenRouteブランドのZEBRA ZS-F135のOEM品なんだけど、分解してみたら今まで多かった基盤のトラブルではなく、モータの寿命でブラシが終了していたみたい。確かに飛行時間は長いから今回は寿命を全うしたのかな?新しいサーボはBlue Arrowのお手頃価格なS0902なんだけど、スペックを比較するとスピードもトルクもUP。ただリンケージを弄っちゃったんで舵角が減少してしまい、今日の風だとかなり修正舵が忙しかったからもう少しレバー比を見直さないと厳しいかなぁ。動きそのものは全く不満は無いんだけど。

そして今日のオチ。(落ち?)
Elightning_33
受信機を交換したA-10をテストするつもりが強風で断念しちゃったんで、充電してあった2200mAh3sのバッテリを放電しようとe-Lightningを続けて2パック。風がある上に3cellだからフラットスピンもあまり綺麗には入らなかったんだけど、放電が目的だから『まぁ良いさ』と納得した2パック目、着陸態勢に入ろうと旋回した所で土手沿いの下降気流に捕まりノリ面に墜落、というかハードランディング。綺麗に水平に落ちたんで機体はほぼ無傷だったものの、見ての通りベクターノズルがバラバラ&インテークリップまで割れちゃって結構被害甚大。EDFユニットそのものは無傷だったけど、このまま直したものかどうか思案中。
寝不足気味&寒さで指の反応が遅かった為に修正が間に合わなかったんだと思うんだけど、強風で人影もまばらだったから誰かに危害や恐怖感を与える事もなく、機材だけの被害で済んだのは幸い。う~ん、気を付けないとなぁ…。

あ、最後にこの動画を。

MicroFOXデルタ翼化の言い出しっぺ(!?)なジュンさんの機体。先週の私の六号機の飛びを見て、急遽明け方まで掛って完成させて今日が初フライト。動画ではちょっと重心が前過ぎて厳しい感じだけど、この後ウェイトで調整したら良い飛びになっていたんで、今夜修正して明日には多分ガンガン飛んでいるのでは?

| | Comments (0)

2010.01.15

七号機…

ゆっくりとだけど作業中。

全体像は某所で晒しちゃったけど、此処ではまだ良いかな?
Fox7_02
昨日の作業は先ず主翼の補強。何処まで固めるか悩んだけど、結局5mmスパーを上面から埋め込み若干上反角を持たせた状態に。今回上面からの施工にしたのは翼型をややカンバー気味にしたかったから。結果としてはほぼ狙い通りになったけど、実際の効果は飛ばしてみないと何とも…。ホントは片側20~30mmで良いからスパンが延長できると結構違うんだけどなぁ。
エルロンサーボは2.5g×2なんて事も一瞬思ったけど、主翼のギリギリ前縁寄りに埋め込んだオーソドックスな1サーボ仕様に。このスパンでフラッペロンというのも試してみたい気はしたけど、今回はJRのサーボを積んで信頼性を優先に。

そしてエルロンにヒンジとホーンを固定。
Fox7_03
動翼自体の強度にちょっと不安はあるけど、今回は新しいヒンジを試してみる事に。これが吉と出るか凶と出るか…。

水平尾翼はこんな感じに。
Fox7_04
こちらも上面から3mmスパーを埋め込み。動翼は敢えてかなり大きめにしてあるんだけど、場合によってはちょっと小さくするかも?

サーボの処理は少し悩んでこんな感じに。
Fox7_05
エレベータ&ラダー用サーボは、今回はしっかり胴体内に埋め込み。半露出でも結局メンテ時は配線の取り出しとか手間が掛るので、どうせなら見栄え良く処理してみようかと。(この方が防水効果も?)

残る作業はモータのマウントと各種配線、主翼と水平尾翼を固定してリンケージ、重心を再確認してバッテリを仮搭載できるスペースを確保したら一応は飛ばせるかな?今週末は明日しか出撃出来ないんで今夜中に仕上げたいけど、明日は夜勤だし無理は禁物。もう若くないからねぇ…。

| | Comments (2)

今更ながら

昨日はちょっと早上がりさせて貰って病院へ。

幾つか薬が増えて帰宅。その後は疲れてダウン…。
1001151

1001152
東の空には低い雲があるけど、今日も良い天気。風も穏やかだけどその分放射冷却で寒いぃ~。
この空みたいに体調もスカッとしてくれないかなぁ。

んで、毎年恒例のお年玉福袋に便乗させて貰って。
T21_01
今頃になってTAIYOの21型を入手。
実は標準色のボディだけは既に持っているんだけど、エンジンカウルが欠品でどうしようかと悩んでいて、結局一式で購入しちゃった次第。諸々作業待ちがあるから飛ばすのは当分先かなぁ。

盛り上がったのはこちら。
T21ura
箱の裏面なんだけど、ツイン・ファルコンや月光が思いっ切り現役ですがな。もうどっちも入手難なんだよなぁ。

オマケに今日の富士山。
Fuji_51
携帯の割には上手く撮れたかな?今は雲が掛ってるけど、早朝はちゃんと顔を見せてくれてたんでパチリ。

| | Comments (0)

2010.01.13

百均LEDライト

最近仲間の一部でブームの電飾。

今時使うのはやっぱりLED。
Gear_306
で、定番はSHOP99にあるコレ。反射板も付いてサイズも手頃なので1/10の車では良く使われているブツ。
上手く加工すれば着陸灯にも使えそうなんだけど、ジュンさん如何?

そして先日はこんなのも発見。
Gear_307
マグネットスイッチ付のライトで、内蔵されているLEDは2灯。なにか面白く使えないかと思ったんだけど、結局は普通に物置の照明として使用中。でも、上手く細工すれば爆撃機のハッチ内の照明とかも出来そう…。

| | Comments (2)

機体整備中 ほか

昨日はホントに起き上がれずに昼までダウン。連休前半はかなり体調悪かったんだけど、最終日にはそこそこ回復して早めに休んだし、起きられない程酷くなるとはなぁ…。

お天気も一時は雪だったけど今朝には回復。
100113
まだまだ雲が厚いけど、お陽様の光が見えるだけで精神的にはかなり暖かいから不思議。今日もまだフラフラしているけど、そうそう休んでもいられないので無理して出勤。

で、昨日は昼前になってようやく起きられたので。
Fox7_01
じっとしていると余計に滅入るので、ホントは連休中に仕上げる予定だったMicroFOXの作業をちょこっと。取り敢えず動翼は完成。1mm厚のスチレンペーパーを積層しているんだけど、エルロンの片側で梱包テープによるパックにちょっと失敗。かなり不満なんだけど作り直す元気もないので見なかった事に。

その後は溜まっていた整備作業を。
A10_26
先ずはフライト中に時々アンプの息継ぎが出ていたA-10の受信機交換。本当はグライダー用に確保してあったんだけど暫く組めそうにもないので、虎の子の純正PCM受信機を搭載。そして取り外した受信機を新作FOXに流用予定。
受信機以外にもエレベータのリンケージが渋くなっていたり、配線の取り回しがおかしな事になっていたりしていたのを修正し、外装の一部もエポキシで補修。普通のEPSだから段々グズグズになって来ちゃうのは宿命とはいえ、もはやアップには耐えられない状態かも…。

そして、もう目を逸らせなくなったネモメアの補修。
Nemomare_48
組んでから1年以上、水上機化してからはほぼ皆勤賞で飛んでるから仕方が無いとはいえ、このヒンジじゃぁねぇ。

取り外されたオリジナルのヒンジたち。
Nemomare_49
エルロン1つで3枚、左右で6枚のプラヒンジ(というより普通のプラ板)が使われているんだけど、無傷なのは上に画像を貼った1枚だけ。残りの5枚は相次いで破断し都度グラステープで補修して飛ばしていたけど、流石にもう限界だろうという事で重い腰を上げて見直しをする事に。

今度もプラヒンジだけど。
Nemomare_50
柔軟性は遥かに高い上に横幅もあるから耐久性は向上していると思われ。

動翼のホーンも交換して一応完成。
Nemomare_51
リンケージには製作当初何も考えずに0.8mmのピアノ線を使っていたんだけど、ちょっと強度不足で撓みも出ていた為、今回1.2mmにサイズUP。この程度の重量増は全く問題無い機体だし、サーボ側にはアジャスターも付けてみたんだけど、これはあんまり意味無かったかな?

で、完成したんで動作確認をしていると右翼のサーボが突然ロック。通電してジージーと動こうとはしているんだけど、モータが焼き付いたのか熱くなるばかりで全く動かず。ようやく作業完了と思った矢先だったんで結構凹んだけど、フライト中じゃなくてラッキーだったと考えるべきかも?そういえば最近ロール軸が唐突に不安定になる事があったし、これでシャッキリしてくれると思えば…。

でも流石にもうサーボ2つ交換する元気は無かったので、それはまた後日。

| | Comments (0)

2010.01.11

MULTIPLEX FOX 六号機

思いの他良く飛んでくれたので制式採用して六号機に。

今朝方細かい手直しをしてこんな感じに。
Fox6_1
そこそこ恥ずかしくない程度に配線関係とメカの処理を。
更に主翼前縁には補強としてカーボンロッドを追加。

リアからのアングルも。
Fox6_2
一応MULTIPLEXなんでっせ!なんて主張もしてみたり。

昨日は未公開だった裏面。
Fox6_3
前後のスキッド以外はサーボが透けて見えている位で完全にフラット。

バッテリはこの位置に。
Fox6_4
キャノピー内部の前端を底が抜けない程度にギリギリまで掘り、最大で600mAh2sのパックが搭載可能なスペースを確保。
制式採用になったのでMicroFOXシリーズ恒例のナンバーも追加。

アンプとサーボ。
Fox6_5
アンプは配線長の都合もあって大きく位置が動かせなかったので、胴体を掘ってこの位置に。
デルタ機って事でサーボは重要になるのが解っていたので、当初からBLUEARROWのデジタルなメタルギアサーボを搭載。デコパネが5mm厚なんで飛び出しちゃってるけど…。

モータとペラ。
Fox6_6
モータはCT2211互換のTURNIGY2211kv2300を搭載。
ペラは反トルクを嫌ってダイヤを抑え、GWSの5043を同社のゴムスピンナで取付。モータとしては6吋でも余裕なのでコブラだけして遊ぶのならサイズを上げてみるのも面白いかも?

バッテリ込の飛行重量。
Fox6_7
450mAh2sを積んだ状態で135g。板翼とはいえB4弱のサイズがあるので、ちょっとの仰角があれば充分に浮いていられる重量。

という訳で、今日も朝から改修後の調整フライトを。
バッテリの搭載位置が昨日より5mm程後退しているのと、各メカの位置がちょっと変わっていたりするので、最初は600mAh2sを積んで。心配していたトリムには特に変化が無く、緩急取混ぜて一通り飛ばして着陸。
問題は無さそうだったので、昨日試した500mAh2sは端折って450mAh2sを積んで2フライト目。流石に重心位置が後退するのでトリムは結構狂うけど安定性には殆ど変化が無く、前が軽くなる分かなり楽にコブラに持ち込める様になって良い感じ。時折3m/s程度の風が吹いていたんだけど、正対させると40度弱くらいの仰角でホバリングも出来ちゃいそう。コブラで遊ぶのにはやや動翼が小さい様で横風になっちゃうと姿勢維持がちょっと厳しいけど、スパンの割に激しくコロコロしちゃうような事が無いから指ジャイロでも充分に対応が可能。更に風速が上がった時の挙動はまだ解らないけど、目立った巻き込み癖も無ければ板翼機特有の水平飛行中のピッチの不安定さも感じないから、意外に普通に飛ばせるのかも?
3パック目は上空まで上げてからhiraさんとaoさんのお二人にも試乗して貰ったんだけど、生い立ちを知っていると信じられない飛びだった様で、hiraさんは早速板胴で姉妹機を作ってみるのだそうで。舵角の関係で背面は辛そうだけどループもOKだし、スパンの割には安定しているけどデルタだからロールレートは速いし、更にはコブラも結構行けちゃうんだから、とても適当に主翼を切り出して一晩ででっち上げた機体の2日目の飛びとは思えなかったみたい。まぁ一番驚いているのは作った本人だったりするんだけど…。

余りモノの集合体で普通は有り得ないカラーリングなのと、ちょっと距離出すと視認性に問題があるんで、今回ばかりは塗装も含めて考えた方が良いかも?でもこのオバカな外見と飛びのギャップも面白いのかな???何れにしろいきなりお気に入りの機体の上位に食い込んで来た形なんで、もう少し色々と試してみようかと。

| | Comments (3)

連休中の出撃(最終日)

今日は曇天だったので空撮も無し。

代わりに塞の神の画像を。
100111
昨日から建て始めて今日出来上がったみたいで、点火は来週。
今朝の河原でも対岸の下流の方でお炊き上げがあったみたい。空気が乾燥しているし、点火されるとホントにあっという間に巨大な火柱になってかなりの迫力。必ず消防車が待機しているのも納得…。

で、今日のフライトは弱いながらもかなり冷たい風が吹いていて、それでも水上訓練を少し。風向きがコロコロ変わるいやらしい風で、ネモメアでは翼端を引っ掛けてしまいエルロンヒンジが破断しちゃったけど、そんな中でもSandBirdを1パックだけ飛ばして無事帰還出来たから少しは腕が上がったかな?
陸上機の方は昨日ロールアウトしたFOXの調整と伍号機の慣熟フライト等々、何時もより少な目の10パック程飛ばして終了。
その後は昨日まで遠征に行っていたhiraさんが寄ってくれたのでお土産話を聞いたりなんかしつつ、何時もよりはちょっと早めに解散。

この連休は結局予定してた新作は全然進まなかったけど、思い付きで作った機体が偉く良く飛んでくれちゃったので結果オーライかな?

| | Comments (0)

2010.01.10

新作ロールアウト

構想中の機体、切り刻み始めた新色FOXを追い越して…。

昨夜一晩ででっち上げたのがこの機体。
Fox_4
新色でもない、主翼&尾翼が無くて不良在庫化していた胴体だけのFOXがこんな姿に。
実は昨日仲間のジュンさんと作業中のFOXの話をしていて『残っているのはデルタ機位?』なんて言われちゃったのが運の付き、それなら胴体だけのコイツの有効利用が出来るじゃん!とばかりにダイソーのB4サイズのデコパネを切って繋いで主翼にしちゃったのがこの機体。『これならFOXである必要無いんじゃ…』というご意見はごもっともだし本人もそうは思うんだけど、それを敢えてFOXでやっちゃうのが拘りという事で。

リアから眺めるとこんな感じ。
Fox_5
時間も無かったし、飛ぶかどうかも解らなかったから配線丸出しの不恰好な姿だけど、結論から言えば2投目であっさり飛んでトリムも舵角もほぼOK。1投目はスロットル開度が足りずに引き起こす前に突っ込んじゃってたんで、当てずっぽうの各設定は結果的にほぼパーフェクトだったみたい…。
重心も決まっていなかったんで機首の直ぐ下に600mAh2sのバッテリをグラステープで括り付け、底面は完全フラットで掴むところが無いからボディを掴んで慣れない下手投げ。1投目は慣れていないが故に角度が悪かったのもありそう?2投目にスロットル70%位でやや上方に投げ出すとそんなにコロコロするでもなく、ちゃんと舵も効いて第一旋回。そのまま前方を通過させながらほんの少しトリムを修正して第二旋回。暫く場周させた後で高度を取ってロールさせると流石にデルタ機、ロールレートは滅茶苦茶速くて回り過ぎちゃうくらい。まだ怖くてループは試していないけど、静止推力は充分だからたぶんOKなんじゃないかと思われ。そしてデルタ機と言えばコブラだけど、舵面とペラがちょっと小さいので上手く姿勢維持は出来ないけど、そんなにグラグラする感じはないから設定次第では結構遊べるかも?

てな事で、思い付きで一晩で仕上げたにしてはあっさり飛んじゃって嬉しい誤算。前後の角は落としてはあるけど板翼なので飛んでる姿勢はやや前上がりだけど、意外にも安定して緩急自在なのでこれは結構お勧めかも?サーボも2つで済むし、余ったメカのある方は是非!

動画はもう少し設定が煮詰まった頃にまた。

| | Comments (2)

連休中の出撃(前半戦)

本当は西の方への遠征に誘われていたんだけど。

仕事が微妙だったのと体調不良で残留組に。
100109_2
連休初日は呼び出しに怯えつつ、体調も良くなかったけど好天に誘われてゆっくり出撃。晴天の上に風もなく、ご覧の通り鏡の様な水面で水上機は最高に気持ち良かったなぁ。この時期にこれだけの好条件はなかなか無いかも?

この日の出撃機。
100109_1
例によってaoさん撮影の現場写真から抜粋させて貰っちゃったんだけど、風も無かったから久し振りにLR-1改も出撃。予備機も着弾済なんだけど、どう料理するかはまだ思案中…。

手負いの2機。
Fox_1
先尾翼のMicroFOX伍号機は垂直安定版を小さくした後のテストだったんだけど、まるでノーコンになってしまったかの様に全く舵を受け付けず、どうにかこうにか川の上から手元に戻してハードランディングで回収。
空撮用の同参号機はシュリンクチューブを使ったリンケージが疲労で破断。片エルロンで飛ばしちゃったけど、面白くないので早々に着陸。
そんなトラブルもあったけど風も無くポカポカの陽気にラジ談義&雑談に花が咲き、結局お昼までまったりと過ごして帰宅。何だか疲れて午後からはダウンしちゃってたけど、夜になって新作に着手。思いの他手間取って朝まで掛かっちゃったけど、その話はまた別項で。

てな訳で寝不足で出撃した連休中日の今日。
100110_1
昨日よりちょっと風はあったけど、離着水には全然問題ないレベルだったので今日も水上訓練。

aoさんからの課題で片足着水練習中。

動画の最後の着水では左フロートで降りて右、左、右とようやくダンスが決まったけど、散々やって成功したのはこの1回だけ。

そのaoさんはといえば。
100110_2
私が最近ネタを提供していないんで、自分でネタの披露中!?

これは動画で観た方が早いかも?

水面スレスレのナイフエッジから翼端引っ掛けて逆さまになっちゃったんだけど、自力で岸まで帰還。回収して再度飛ばすのかと思いきやまた背面のままで水面へ。動画はその後の様子なんだけど、かなりスロットルワークがシビアで難しそう?

昨日の2機も修理完了。
Fox_2
伍号機は百均の下敷を使って面積を拡大した垂直安定版を作り直して装着。嘘みたいに安定してかなり飛ばし易くなり大成功。実は昨日プロポのモデルメモリー飛ばしちゃって、今日はミキシングの設定からやり直したんだけどそれも良かったみたい。手直しついでにスラストラインも修正したから、ミキシングも最低限で良くなったみたいだし。

参号機はこんな感じに。
Fox_3
使ったのはロビンさんのマイクロ棒ヒンジ。それをシュリンクチューブで固定して瞬着を流して出来上がり。動きもスムースだし耐久性もあるから良い感じ。

明日は残念ながらお天気は崩れちゃうみたいだけど、遠征組が来てくれたらお土産話も聞けそうだし、バッテリ少なめにして出撃かな?

| | Comments (2)

2010.01.08

先尾翼機

先日FOX伍号機もネタにしたので改めてググってみたら…。

私の他にも好きな方はいらっしゃる様で。

このサイズになると流石にFOXより扱い易そう。

こちらはエンジン機だそうで。

10年以上前に製作された機体を改めて作り直したのだそうで、詳細はコチラに。

更に知る人ぞ知るエアロ工房さんのプテラナードも凄いっす!(動画もあり)技術と経験に裏打ちされているとはいえ、これを見ちゃうともはや何でも飛んでしまいそう???

| | Comments (0)

補給物資着弾(空モノ編)

オーダーとしては別口だけど、空モノ用物資も着弾。

先ずは補修用のコレ。
Gear_305
ハイペリブランドのハッカーフロートなんだけど、何時の間にこんなカラーになったの???
う~ん、こりゃ塗らないと使えないかなぁ。

そしてメカ類も。
Gear_304
マイクロアラームと2.5gサーボ。
一応サーボだけはテストしてみて、速度やトルクはそれなりだけど動きは意外にスムース。ニュートラルも思ったよりしっかりしているんで、問題は耐久性かな?

| | Comments (2)

補給物資着弾(車編)

昨日よりは良いけど今朝も寒いっす。

ちょっとタイミング外したかな?
100108
よぉ~く見ると、左端に羽田発着の航空機が。

そして富士山。
Fuji_50
色々カメラの設定試しているんだけど、どうも思った通りに行かず。う~みゅ。

で、MicroFOXと一緒に着弾したブツ。
Tools_30
『こんなに安くて良いの?』って値段だったホイールナットレンチ。
見ての通り力が掛け易い形状だから、デカタイヤの整備もこれで安心?

これも安かったので。
Gear_303
インプ用だし外せないかなぁと。でも暫く出番はないかも?

年末年始はあちこちでセールやってるから、何か頼む時はしっかり隅々まで見ておかないと損しちゃいそう…。

| | Comments (0)

機体整理…欲しい人居ます?

流石にもう保管場所の限界超えているので処分しようかと。


先ずはコレ。
Mirage_03
なんと全体が写っているのはプッシャー時代のしか無いという…。

最新の状態としては。
Mirage_27
EDF55に車用のkv4800なインナーロータ、更にインペラはen-JET56用というハイブリッド(!?)仕様。一応3cellならそこそこ飛ぶけど、もうちょっと推力があると飛ばし易いかな?

飛んでれば良く見えないけど。
Mirage_16

Mirage_15
主翼には墜落の傷跡がくっきり。機首も既にグズグズの状態だし…。


そしてコイツも。
0909202
残念ながら微妙に中途半端で運用する機会が減ってるGUANLI LIEBAO。主翼の補強はそこそこ追加したので無茶しなければ結構遊べるけど、発売されたら購入するつもりのMerlinと思い切り被ってるし…。


どちらもゴミ収集が有料化される前に裁断して処分しようかと思っているんだけど、もしこんな機体でも欲しいという方が居れば差し上げま~す!どちらも受信機だけは降ろしちゃうけど、それ以外のメカは必要ならそのままでもOKです。基本は手渡しでお願いしたいですが、興味のある方は先ずはコメント若しくはこちらからご連絡下さい。但し、実物は画像以上にヤレていますのでそのおつもりで…。

| | Comments (0)

新色追加!?

5機作ったんでもう打ち止めのつもりだったんだけど。

気が付いたら新色が着弾。
Fox0
こりゃかなりインパクトのある色ですなぁ…。

んで、早速カッター片手に。
Fox1
う~ん、全体像がまだ見えないけど微妙なバランスかも…。
しかしこの新色、キャノピーがガッチリ接着されているのはいただけないかも?『コレを改造するんじゃなくてMerlinを買え!』ってMULTIPLEXからのメッセージ?でも発売遅れてるしなぁ。

そんな訳で大好物のマイクロ機が届いちゃったから、新ネタよりこっちが先行しちゃうかも…。

| | Comments (0)

2010.01.07

MULTIPLEX FOX 伍号機のまとめ

先日のオフミで意外に好評だったので軽くおさらい。

と、その前に恒例のお天気ネタ。
1001063
先ずは昨日の夕景から。色調がおかしいのはカメラのせいで何時もの事なのでご容赦を。
雲は厚いながらも辛うじて富士山が見えているという絶妙な状態?

そして今朝はこんな感じ。
Fuji_49
冷え込んだせいもあってか、夜明け前からしっかりシルエットが見えてたのが印象的。

そして東を向くと。
100107
ビルの向こうから朝陽が。ちょっと雲が多いかな?

では本題のFOXについて。
Fox_28

Fox_29
キットはこんな状態で販売されていて、安い所を探せば\1400位で入手可能。

因みに最近のロットでは新色になって。
Foxn1

Foxn2
こんなカラーリングに。

違う色同士をニコイチすると単色になるので。
Fox_21
2機購入して先ずはオーソドックスにRC化してみるのがお勧め。構造や癖も解った方が弄り易いし、何より小さいくせに良く飛ぶんで何処でも飛ばせるから。

因みに普通に手に入るメカを使っても。
Fox_11
バッテリ込みでこの位では仕上がる筈。

一通り慣れた所で、ではエンテ翼に。
Fox_404
これは初フラ後に最低限の調整だけ済ませた状態。
制御系はまだエレボンのみで先尾翼は固定。

重心合わせのためにバッテリはこんな所に。
Fox_405
300mAh2Sで軽いのもあって、殆ど機首って位置に積んでようやくバランスが取れている状態。

上記仕様でのフライトの様子。
Fox_407
低速では結構吊り気味な感じの飛行姿勢に。

前方からだとこんな感じ。
Fox_413
先尾翼、主翼共に結構撓んでいるのが解るかと。
この時点ではどちらも補強らしい補強は入れていなかったんだけど、過激なフライトをするのでなければこの方が座りは良いので、基本的にはこの状態がお勧めかなぁ。

その後先尾翼にも動翼を追加。
Fox52
当初は小さめの動翼だったんだけど、結局は尾翼の幅一杯まで拡大。
見ての通りに結構な補強が入っているけど、先尾翼の動翼は効きが良い為に少しの狂いが飛行特性に与える影響が大きく、気が付いたらガッチガチの状態に。

先尾翼に動翼を追加した当初の全体図。
Fox_419
サーボはこの位置に搭載。実は受信機はBergの4chで、先尾翼は通常のラダーchに接続。送信機側のミキシングを使ってラダー動作をキャンセルし、エレベータからミキシングを加えてエレボン+先尾翼エレベータという制御方式に。
因みに、この頃から着陸時のペラ破損を嫌って折れペラを装備。

そしてフライトの様子。
Fox_414
先尾翼がヘニャヘニャしている為に速度域によって異なる癖が出てしまい、かなり飛ばし難かった頃。最終的には2つ上の拡大画像の様にガチガチに補強を追加して、どうにか扱える状態に。

モータマウントと主翼取付部。
Fox_421
モータはCT2211-1700を胴体の尾部(本来の機首)を切り落とした所に埋め込んだカーボンパイプにマウント。プッシャーなのでサイドスラストは不要で、上下方向は主翼との位置関係次第。微妙な角度でかなり特性が変わるので、固定は慎重に!
そして主翼は本来のキャノピー部分の下側を大きく掘り込んでスペースを作り、そこに固定。キャノピーパーツと主翼と相互に干渉具合を確認しながら、良く切れるカッターで作業。仰角は胴体と水平、左右の傾きと捩じれにだけ注意すれば現物合わせでそんなに難しくはないと思われ。
この機体ではアンプをこの位置にマウントしているけど、メンテナンス性を考えるとこれはあまりお勧めじゃないかも?

そして最新の状態がこちら。
Fox_427
主翼の取付状態はご覧の通りで、一時期主翼前縁に入れていた補強は切除して若干の撓みを生じる状態に。これでちょっと素直になったけど、更に水平安定板の面積が大き過ぎる為に癖が出ているのではと睨んで、小さくした状態でテスト待ち。
因みにこの画像のパイロットのちょっと後ろ位が重心位置。感触としてはもう少し後退させても大丈夫そうだけど。

てな事で、EPP素材故にカッター片手に弄ってるうちに出来上がったのがこの機体。
キモは基本的なアプローチは無尾翼機として主翼周りで安定性を確保し、それに先尾翼を追加する様なスタイルで進めると上手く行きやすいかと。主翼の中間にトーインを付けて追加してある安定板や、重心位置なんかは正に無尾翼機と同じ発想だし。因みに先尾翼はセオリー通りに主翼に対して3度位の仰角を持って取り付けてあるけど、この辺りは飛行スタイルにもよると思うんでトライ&エラーでお好みの角度を探して貰うのが良いかと。フルフライングで強度と精度が確保出来るのなら、それも手かも?(私は断念)

かなり端折った解説なんで、何かあれば遠慮なくコメントを!

| | Comments (0)

2010.01.06

そろそろ新ネタを

仕事始めの日の昼頃から体調が悪くなって…。

結局昨日はダウンして一歩も外出せず。
1001061
今日は少し元気になったので、凍て付く寒さの中を出勤。
新潟に転勤していた頃、この時期東京に出張に来ると必ず感じてたんだけど、どうして東京の冬はこんなに寒いの???やっぱり乾いたビル風が堪えるのかなぁ。

富士山が綺麗に見えたからまぁ良いか。
1001062
ちょっと風があったのと、この景気でまだお休み中の工場も多いのか空気はかなり澄んでる感じ。

んで、肝心の新ネタ。
Esc_17
今回はアンプをケースに入れて防水処理。事実上メカスペースは殆ど無い予定なんで、裸で搭載するのも憚られれて…。

ユニット自体は少し前に晒したまんま。
Esc_18
3cellでもピーク時が20A弱で、そんなに耳障りでも無さそうだからこのまま使ってみるつもり。

頭の中には大まかなデッサンがあるんだけど、出来れば今度の連休辺りにテスト位は出来るまで組めると良いなぁ。その前に仕事がバタバタでちゃんと休めるかどうかちょっと微妙なのと、体調が悪化しちゃったらどうしようも無いんだけど…。

| | Comments (2)

第二水上基地?

あくまでも補助的な位置付けではあるんだけど。

この前もみんなで飛ばしたんで軽く紹介を。
1001031
上空からの画を探したら動画に映ってたんで、サクッと切り出したらこんな感じ。左右を橋に挟まれているんで空域はあまり広くないし、高度が取れないのは仕方がないところ。

更にこんな問題も。
1001032
この前文字では書いたけど、とにかく水深が浅くて下流側はオーバーランすると水面まで出ている石の餌食に。

上からだとこんな感じ。
1001033
ずっと沖に出れば深いんだけど、そこまでの間は注意しないと救助艇も座礁しちゃう様な浅瀬が随所に。

ギャラリー席は完備(!?)なんだけど。
1001034
腰掛け易くて眺めている分には良いんだけどねぇ。

下流側の急流までの距離がもう少しあると安心して運用出来そうなんだけど、ゴム長完備すればOKかな?

| | Comments (0)

2010.01.04

昨日の出撃 ほか

短い休みも終わり今日は仕事始め。

ちょっと曇ってるけど寒かったぁ。
100104
暫く真冬の冷え込みが続くのだとか。風邪引かない様に要注意!

先ずは2日の遠征時の画像を追加。
1001021
aoさんが撮ってくれてたんだけど、例によってひと山幾ら状態ですなぁ。

もう一枚。
1001022
こちらはモンゴル隊長とのツーショット。色々お話ししながら楽しくまったりと飛ばしてる図。

そして昨日は何時もの仲間と合流してのフライト。
1001031
ちょっと寝坊して遅刻しちゃったんだけど、どうにか風が強くなる前に水上訓練も。

久し振りにshioさんも。(撮影:TOSHIさん)
1001034
独立されて数か月、なかなかお仕事が落ち着かないとの事でご一緒する事が叶わなかったんだけど、お正月くらいはと言う事でプロポの埃を掃ってのフライト。色々あったけど、久し振りにお話出来て楽しかったなぁ。

水上訓練中の3名と視察中(!?)の2名。
1001032
少し風が吹き始めた頃だったけど、陽が当たってるのと土手の陰になるせいか意外と暖かかったかも。

橋の上にもギャラリー。
1001033
aoさんが例によって過激な飛びを披露していたので、通行人が思わず足を止めて見入ってる図。私のネモメアじゃそこまで過激な事は無理だけど、それなりに頑張ってサービス?

その時の動画がこちら。

場所は先日の飛ばし納めで開拓した場所。まだちょっと慣れていないのでコース取りがぎこちないかも?頑張ってタッチ&ゴーしてるんだけど、着水はもうちょっと頑張らないとだなぁ。

順番が前後するんだけど、その前の一本。

何時もと違う編集ソフトを再び試してみたんだけど、今回は所謂お任せモードってのを。素材の動画とBGMを指定してやったら、あとは適当に前後をそれっぽく仕上げてくれるみたい。上の動画と色味が違うのは雲の掛かり方の差もあるかな?

その他諸々も纏めて。
Esc_16
先ずはそのネモメアで先日燃やしてしまったアンプ。ヒートシンクを外したらこんな状態で、FETが2つオシャカに。

そして昨日のフライトで樹に引っかけたイカ。
Fox_427
垂直安定板が脱落してしまったんで、これを機にサイズを縮小してみる事に。翼の途中に追加した安定板がかなり効いているんで、センターは面積を減らした方が素直になるんじゃないかと睨んでいるんだけど、さて結果は如何に?

最後はデカタイヤのTL01。
Tl_14
この前からやたらニュートラルが狂うなぁと思っていたら、サーボセイバーの基部が割れてしまっていてズレていたことが判明。組んでから交換していないパーツだし、デカタイヤのせいでかなりのストレスが掛かり続けていた上、先日メタルギアのデジタルサーボに交換した為にキックバックの逃げが無くなったのがトドメを刺してしまった感じかと。幸いストックはあったので交換済だけど、TL01は純正の長いサーボホーンでないと具合が悪いんで要注意箇所かも?

| | Comments (0)

2010.01.02

H村水上基地 新春閲覧式

今日は台長さんモンゴル隊長のお誘いでaoさんと遠征に。

飛ばし初めから絶好のフライト日和。
1001023
流石に朝は氷点下で寒かったけど。

正月2日から満員御礼?
1001021
陽が昇ってからはぽかぽか陽気で手袋無しでも大丈夫なくらい。でも昼に近付くとちょっと風が出て来ちゃったんで三々五々解散。

例によって空撮動画からの切り出し画像を何点か。
Fokker50
これは台長さんのFokker 50。
小さ過ぎてちょっと解り難いけど、TAIYO機をブラシレスの2丁掛けに改造した上で水上機化された機体。当初は結構苦労されてたみたいだけど、今日は綺麗な離着水を何度も披露されてかなり完成度UP。

こちらは水上基地の常連さんのS.E.5a。
Se5a1

Se5a2
3点フロートが良く似合っていて素敵な機体。
最近のH村では3点フロートが大流行の兆し?

そしてストーカー(!?)して撮影したカタリナ。
Catalina1

Catalina2

Catalina3
こちらはVoodooさんの機体で、翼端フロートが引き込み式!詳しくはVoodooさんのサイトで…。

最後に上の画像の元になった動画を。

ちょっと風が出て来ちゃった後だったから尻振りしちゃってるけど、楽しげな雰囲気が伝わるかな?

結局MicroFOX初号機は修理が間に合わず、新ネタも仕込めないままの参加になっちゃったんだけど、アラレ号のアクロバティック(!?)な飛びも披露出来たし、e-Lightningの高速フラットスピンも喜んで貰えたんで取り敢えずはOKかなぁ。次回お邪魔するまでにはまた何か仕込まないと…。

| | Comments (0)

今年もよろしくお願いします

元日はお年始で疲れちゃって今頃ようやく更新。

寒かったけど良いお天気でしたね~。
1001011
残念ながら初日の出ではなくて日の入りなんだけど、空気が澄んでいて富士山も稜線までくっきり。

初詣にも行ってみたものの。
1001012
境内をはみだして参拝の列が続いていたので、尻尾巻いて退散…。寒い時に無理は禁物!?

日が落ちて更に冷え込んで。
1001013
空気がキーンとしている様な。一応何時もの河原方面なんだけど、何だか解らないかも?

では、今年もみなさんにとって良い年でありますように…。

| | Comments (4)

« December 2009 | Main | February 2010 »