« 昼でも夜でも無い時間? | Main | 昼でも夜でも無い時間 その2 »

2009.12.20

ネモメア

お問い合わせを頂いたので変遷を纏めてみる事に。

その名の通りナイトメアとコイツのニコイチの機体として完成。
Nemo
もう殆ど流通はしていないみたいだけどE-SKYのNEMO。

完成当初の姿。
Nemomare_01
主翼はパーツで取り寄せたNEMO用そのままで、胴体と尾翼は手持ちのナイトメアキットをほんの少しだけ拡大して切り出したコピー。
このスパンの機体を飛ばすのは初めてだったけど、思い付きでデッチ上げた割に飛ばし易い機体でびっくりしたなぁ。

エルロンは当初から2サーボ仕様で。
Nemomare_02
NEMOはリンケージが重くてエルロンが切れないって評判だったので、フラッペロンなんかもやってみたくて6ch受信機を奢ってみたり。

それでもエルロンが効かないんで。
Nemomare_08
それならばと動翼を拡大。この頃河原デビューしてロールなんて事も覚えたので、色々やるには舵の効きが甘かったから力ずく!?

でもやっぱりロールレートが遅くて。
Nemomare_14
終いには翼端をぶった切るなんていう暴挙に。EPPだから色々試せるとはいえ、結構乱暴だったよなぁ。試しに使ってみた3ブレードのペラも写ってるけど、結局はイマイチ引きが弱くて直にお蔵入り。

こんな事もしたっけ。
Nemomare_15
何も知らないから何でも試してみたくて、GWSのEDF55を搭載。この時は翼端切ったままで抵抗も少なかったから、意外に普通に飛んだっけ。

そして空撮に嵌り。
Nemomare_19
胴体に大穴をあけてコンデジを搭載。これでもそれなりに実用になったから、思った画が撮りたくてコース取りや旋回の良い練習にもなったかも。

空撮用に機体改良。
Nemomare_22
機体重量も嵩んでピッチングが気になって来たんで水平尾翼を拡大し、空撮時に少しでも綺麗に旋回できる様にとラダーも追加。

結局空撮専用カメラを導入。
Nemomare_27
使い勝手と重量の問題でFlyCamOne2を導入。装備重量が軽くなったんで、機動性よりも空撮画像の安定を重視して、切り飛ばしてしまった翼端を上反角を付けた上で復活。機体としてはこれでほぼ完成して、その後は補修した位。

暫く出番が減っていたんだけど。
Nemomare_42
空撮用にEasyStarを導入してからは自宅待機が続いてたんだけど、モータ&ペラをサイズUPした上で水上機化。
今年の夏を過ぎた頃から急に水上機に嵌り出してマイクロ機で色々やっていたんだけど、初めてなのに小さな機体ってのは余りにハードルが高く『このクラスの発泡機なら入門用にはうってつけでは?』と思ってNEMO用3点フロートを装着し、これが良い感じにフィットして非常に扱い易い空撮も出来る水上機として復活。

そして今日に至るって感じなんだけど、先日アンプが水を被って燃えちゃったままなんで載せ換えしてやらないと…。

|

« 昼でも夜でも無い時間? | Main | 昼でも夜でも無い時間 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 昼でも夜でも無い時間? | Main | 昼でも夜でも無い時間 その2 »