« August 2009 | Main | October 2009 »

31 posts from September 2009

2009.09.29

安物買いの…かも?

先日秋葉に出た時にセールになっていたモータを。

モノは既にカタログ落ちしちゃってるコレ。
Motor_18
hpiのセット販売ではまだ手に入るみたいだけど、設計が古いのは間違いないんでちょっと悩んだものの価格に釣られてつい購入。ネット上では『起動が…』って感想が多い様なので、やはりトルクは薄いのか?

組み合わせたアンプはコイツ。
Esc_09
こちらも既に型落ちになって久しいenESC-A9で、クローラ用に購入してあったものの製作が途中で止まってて埃を被っていた代物。

んで、このセットを積んだのが。
Tl_5
デカタイヤ仕様のTL-01。ナチュラルにカチ上げギア比なんでトルク不足は致命的なんだけど、換装して実走させてみると握りが速くても遅くても起動不能な状態。アンプ側の設定を色々弄ってみても症状は変わらず、中速から握った時も脱調してる様なので、残念ながらおもっきしトルク不足ですな。

今度の週末の水上機遠征で、風が強かったりとか飛ばせない状況だったら車で遊んでいようと思って整備してたんだけど、これじゃ使えまへんがな…。DT-02は良い調子だけどギアボに爆弾抱えてるし、何とか手を考えないとなぁ。

| | Comments (4)

MULTIPLEX FOX 四号機の修理

度重なる横転でついにアンプが昇天。

シュリンクを外してみると意外に綺麗なんだけど。
Esc_10
特に焦げたチップも無いし基盤が腐食してる感じでも無いんだけどなぁ。

パワー段側。
Esc_11
ちょっとお掃除しただけでこれだけ綺麗なんですが。でも良く見ると手前のチップコンデンサが浮いてるかも?シュリンクの隙間から入った水が乾燥し切れずにいた感じだったんで、パーツの破損ばかり疑っていたんだけどひょっとして直るかな???症状としては起動はするものの途中から脱調する状態だったので、確かにこのコンデンサが犯人の可能性は高かったり。虎の子(って程でも無いか)のCT-12Aなんで復活してくれると嬉しいかも。

交換後のアンプ。
Esc_12
動くか動かないか解らないアンプの修理を待つ訳にもいかないんで、何時ものPentium-10Aを搭載。当初は2cell運用もあり得るかと思って電流値に余裕のあるCT-12Aを積んだんだけど、結局は3cell運用になったので容量的にはPentium-10Aで充分。今回は新品のシュリンクを剥がしていきなり接着剤でパック。スコッチを使ったんで気泡が気になるけど、何もしないよりはマシだと思うんで。

この前の日曜日は早朝からちょっと風があって、前回の改修結果を確認する為のタキシングテスト中に煽られて横転~そのままアンプ終了。なので、更なる低重心化という選択肢もあるとは思うんだけど、遠征でブッツケも怖いんで取り敢えずは防水対策の強化とステップの段差を減らす位かなぁ。何とか時間を作って終わらせないと。

| | Comments (0)

閉園間際に滑り込み…

もうちょっと早く行こうと思っていたんだけど。

娘と私のスケジュールの関係で閉園3日前
Tamatech1
平日にも関わらず名残を惜しむ人と、時節柄運動会の代休が重なった所もあったらしく朝から結構な人出。駐車場渋滞で普段は5分で到着するシャトルバスも所要時間30分!

先ずは外せない『ガリオン』~『でんでんむし』と乗り継いで。
Tamatech2
サクッと食事をしてこれも外せない『でんたのちんちん電車』へ。残念ながらでんたはお休み中。最後にのりのりトークが聞けなかったのは残念。

その代り?

トラバーサで車庫から出てくる現場を目撃!とても忙しそうだったけど、終始笑顔なスタッフの皆さんが印象的。

元外輪船のアクロXにも乗ってみたかったけど。
Tamatech3
100分待ちの表示にメゲて私は休憩、連れ合いと娘はスーパースカイライダーへ。その後は子供の頃遠足で来るとお弁当を食べたテック峠へ行ってみたんだけど、既に山頂(!?)までは登れず途中から園内を撮影してみたのが上の画像。最後にメモリアルストリートで開園当時からの様子を眺めていると、乗り物や園内の様子で何時頃連れて来て貰っていたのかが解ったりして不思議な感じ。昔は自分が親に連れて来て貰っていたのに、当時の自分より大きくなった娘を連れて来ているんだからそれだけ月日は流れたのねぇ。クアハウスを併設したりロッジを作ってみたりと頑張っていたんだけど、鈴鹿やもてぎの様にサーキット併設じゃないから集客を含めた運営は結構大変だったみたい。実際、数年前とか時期によっては週末でも待ち時間なしでアトラクションに乗れちゃったもんなぁ。厳しい時代とはいえ、思い出の場所が消えていくのはやっぱり寂しい…。

| | Comments (2)

2009.09.26

今更ながら遠征時の空撮動画

夜勤の合間に編集してみたので公開。

例によって空撮機はFox参号機。

台風の余波の風が強くて上空ではケツ振ってるし、低空では巻いてる風に煽られてヘロヘロ。
動画としてはどうかと思うけど、水上基地の雰囲気が伝わればと思って。
最後にaoさんが撮影してくれた画像を入れて、どうにか体裁は整えてあるけどって感じかな?

| | Comments (2)

2009.09.25

MULTIPLEX FOX 四号機 フロート廻りの改修

今日は夜勤なのでかなりゆっくり出社。

午前中医者に行った帰りに。
090925
携帯カメラだとこんなモノかな?そろそろ時期も終わりですな。

医者に行く前に改修作業を。
Fox_349
前足を短くして角度を修正すると同時に重心位置を下げてみる。

比較用に昨日UPした画像を再掲。
Fox_348
草地からの離着陸には具合が良かったけど、これはちょっとフロートが前下がり過ぎっぽいなと。

更に追加のプラ板も縮小。
Fox_350
角度以外にポーポイジングの原因になりそうな所って事で、ステップ付近の幅を縮小してみる事に。プレーニングへの入り易さはフロートの前側の面積が大きく効くんで、この辺りは小さくしても問題無い筈だし…。

あとは、えびふりゃーさんの掲示板で見掛けた名古屋のMさんがCootaに施した加工が有効かも?Cootaもポーポイジングが強烈に出る事で有名な機体だし、アラレ号と同じマイクロ機のSandBirdはステップの高さがホントに数mmしか無いけど綺麗にプレーニングするんで。明後日迄に取り外し可能な形でステップ高を減らすパーツを作ってみようかな。

最後に今日の富士山。
Fuji_41
ちょっと撮るのが遅かったかも?
明日も早朝は微風の予報だから、みんなは出撃するんだろうなぁ。

| | Comments (0)

2009.09.24

ネモメアを水上機化

マイクロ機2機ではちと不安だったので。

H村遠征前に急遽作業。
Gear_288
以前に手配済みだったフロートを取付。
陸上機としても運用したかったが為に脱着可能な仕様が必須であれこれ悩み、結局着工が直前に。

強風のH村水上基地でロールアウト。
09092010
台長さん撮影の雄姿!?
現場で一旦フロートを外してフライトし風の状態を確認したあと、SandBirdも行けたので思い切って水面へ。後部フロートをhiraさんのベガに習ってラダー連動にしたんで、風はあってもどうにか思い通りタキシングが可能。とはいえ横風受けるとフラフラするし、前部フロートの高さと仰角がイマイチでプレーニングに入るまでが辛い状態。でも速度が乗って後ろのフロートが離水すれば思いのほか綺麗に滑走。

覚悟を決めて離水。
0909209
こちらはaoさんの撮影で、離水直後に横風に煽られた危ないシーン。
巻いてる風は厳しかったけど、飛ばし慣れた機体でもあり上空の扱いはマイクロ機よりかなり楽。2回離水したんだけど着水も意外に安定して降ろせたし、いきなり3点フロートの虜になっちゃったかも?

現場での助言を受けて前部フロートを取付直し。
Nemomare_38
実はこれVer.2で初めはもっと仰角を付けていたんだけど、上空での抵抗も大きいし取付強度も確保出来なかったので慌てて再改修した後の姿。

サイドから。
Nemomare_39
強度確保のためにステーを1本増設し、仰角も『程々』に。
このアングルだと良く解るけど胴体との固定は基本的にベルクロで、ガタツキを抑えるのにグラステープを併用。

後部フロート。
Nemomare_40
こちらは初めの改造時から基本的にそのまま。

リンケージの様子。
Nemomare_41
例によってヤッツケな感じだけど、取付強度を確保する為にちょっと太めの2mmのステンレス線を使ってフロートを固定し、ラダー側は接着剤で固定しただけ。普通に飛ばす分にはこれで強度の問題はなさそうだし、動作にも支障なし。
因みにフロート側のステーにあるネジを緩めると、リンケージを残してフロートだけが外せる構造。

動画はUP済みなので静止画を。
0909234
プレーニング中に小魚が跳ねてる様子が。

上空を水平飛行。
0909235
フロートの影響でやや頭下げにはなるけど、それほど気になる挙動の変化は無い感じ。

そして着水。
0909237
速度が高過ぎたり、逆にパワーを絞り過ぎてドスンと落とすとこんな感じで水飛沫が上がるけど、丁寧に降ろせば機体に付着する水滴はホントに少しだけ。

三番機が上手くいったので、残すはこの機体。
Fox_348
草地からの離陸と着陸はもはやバッチリなんだけど、水上だとプレーニング中に盛大にピッチング。21日はそれで離水前に八つ墓村状態だったし、23日は挙動確認をしただけで根性無しのパイロットは離水を断念。
色々対策を考えてみているんだけど、追加したプラ板を少し小さくした上でステップの高さも減らしてみると良いのかも???

| | Comments (0)

放電用に懐かしいマシンを復活

救助艇に使ってるバッテリがよく余るので。

クローラもどきだったSD12TVをちょいと改造。
Sd12tv_52
走行後なので既に土まみれ。
救助艇の出番が無いのは良い事だけどバッテリを満充電で保管するのはウマくないので、まんまバッテリの流用が可能なシャーシって事でSD12TVに白羽の矢が。とはいえサスセットもリアのリジットアクスルもそのまんまなんだけど…。

んじゃ何をやったのかといえば。
Sd12tv_53
幸か不幸かクローリング仕様のギア比だったので、例によってダクト用のkv3500のブラシレスを搭載。アンプはヒートシンクが換わっているけどenRouteのタムギア用。更にサーボをミニサーボに交換して、レシーバはDT02と共用の2.4Gを搭載。

WW2用のデカタイヤでスタートダッシュはややかったるいけど、こんな小さなモータでも4WDのトラクションを生かして草地を爆走!でもこんな事するなら最初からSD12TRにすれば良いんじゃ?って突っ込みは無しの方向で…。

おまけにドリ車のオンボード画像を。
0909233
ちょっと搭載角度が悪くて動画としてはイマイチだったので、取り敢えず静止画で。そもそも定常円が楕円になっちゃう程度の腕しかないんで、動画にしちゃうと恥ずかしいってのもあるけど!?

| | Comments (2)

連休中のフライト

前述の通り初日の20日はH村へ遠征。

翌日は何時も通りに出撃して共同購入したブツの受け渡し。
Motor_16
ひでじぃさんトコに最近入荷した新しいブラシレスのCシリーズ

コイルの状態はこんな感じ。
Motor_17
直に機体に搭載したhiraさんの話によると、定番のE-MAXより消費電流がちょっと低い分パワーも若干落ちるみたいだけど、発熱が非常に少ないとの事。夏前に出てくれていれば良かったんだけど、来年の夏が楽しみ?

この日はFox参号機がジャイロ不調、ムスがモータの配線トラブル、SandBirdはhiraさんのベガの攻撃(!?)で小破と良いトコなし…。

気分を換えて22日。
0909221
残念ながら釣り人が多くてこの日は陸上機のみの運用に。

復活したFox参号機で早速空撮。
0909222
この日は鳥が多かったなぁ…。

病み上がりのジュンさん
0909223
新作水上機は間に合わずにデカスロンの地上テスト中。

私は修理が完了したムスでカッ飛んだり、アラレ号の地上テストをしたりとか。

23日は早朝から水上訓練。
0909236
連休最終日で釣り人の出も早かったので、hiraさんと慌ただしく飛ばして早々に撤収。

その後はジャイロが1つ減ったFox参号機でグリグリ。
0909231
動画を観ると差は確かにあるんだけど、舵を入れた瞬間のレスポンスはジャイロ無しの方が良いので、パワーを残したままローパスしたりするのはこの方が飛ばし易いかも?

風も然程無かったので。
0909232
こんな低空もバッチリ。

ムスとバッテリが共通運用のFox参号機の2機以外は水上機しかない状態だったので、フロートが付いたままのネモメアを飛ばしたり、アラレ号ことFox四号機を得意の草地から離発着させたりして終了。

しっかりRC三昧の連休だったけど、土曜日はまた夜勤明けで出撃出来ないからそれもアリかなと。

| | Comments (0)

H村水上基地遠征

19日が夜勤明けだったので連休初日となった20日は遠征に。

台長さんのお誘いでaoさんと飛行会へ参加。
0909201
水上基地のマスコット(!?)ゴジラ君が風になびいてますがな。

残念ながら朝から台風の余波で強風が。
0909202
ロケーションは最高なんだけど風には勝てないんで、先ずはFox参号機で軽く空撮。初めての場所&風が強くてヨタヨタしながらもどうにかフライト。

発着場付近はこんな感じ。
0909203
二手に分かれた支流側(!?)のため流れも非常にゆっくりで、風さえ無ければ殆どベタ水面との事。眼の前がちょっと深くて大人の腰位までの水深なんだけど、それ以外は結構浅いんでその気になれば沈した機体を取りに行く事も可能。

風待ちの面々。
0909204
まだ早い時間からこの人数。強風にも関わらず最終的にはこの倍くらいの人数が。

風に煽られながら着陸態勢へ。
0909205
足場は河原の岩なので、陸上機は脚付の機体用の滑走路に降ろすか、若しくは周囲のブッシュに突っ込ませるかの2択。

2度目の着陸でミスって岩にヒット。
Fox_234
特に問題無さそうに見えたんだけど、翌日飛ばそうと思ったらラダーがあらぬ方向に。明らかにジャイロがおかしい状態だったので取り出してみると、ジャイロ素子のカバーが外れて動作が不安定に。接着剤で取り付けてみたけど改善しなかったので、当面はエルロンに入れた男ジャイロ1つで飛ばそうかと。撮れた動画は尻振りが目立っちゃうけど、グリグリやるにはこの方が動きが素直だし。

風が強い時にはTAIYO機。
P51_64
て事で、台長さんの21型に続いて私の超重量級ムスもフライト。低空ではやや煽られるものの重さを生かしてガンガン飛ばし、ってトコまでは良かったんだけど着陸でまた失敗。ペラを折っただけかと思ったら翌日のフライト中に突然モータが停止。高度があったのでどうにか手元まで戻してランディングさせ、帰宅後にカウルを外してみると見事に配線が破断してるし。アンプかモータが逝ったのかと思ってヒヤヒヤしたんだけど、飛ばしてると振動で負荷の掛かる所だから疲労が溜まり、ハードランディングでトドメに近い状態までいってたんじゃないかと推測。配線をなるべく無理が生じない様に見直して、半田付けをやり直して復活。

少し風が弱まったのでグライダーで様子見。
0909206
aoさんが撮影してくれたGUANLI LIEBAOは、密度の低い主翼に入れた補強が透けて見え、まるでレントゲン写真の様かも?
グライドさせる様な風でもないのでダイブさせて遊んでいたらあっという間にバッテリが終了。今度はしっかりブッシュに突っ込んで無事回収。

昼に近くなり風が弱くなる時間も長くなって来たので。
0909207
お披露目予定だったSandBirdを水面へ。ちょっと波はあるけど風に正対させればどうにかプレーニングに入ってくれそう。

マイクロ機にはちと辛い状況だったけど。
0909208
半ば強引に離水させて上空へ。旋回時の横風では巻き込むし、向い風では絞っても降りて来ない様な状況だったけど、どうにか2フライトして無事回収。SandBirdが離着水するのを初めて見たって方も多かったので、これで役目を果たせた様な充実感が。流石にザブザブ水を被ったので若干の浸水があり、乾燥が必要なのでこの日はバッテリ1本で終了。

勢いに乗って前日の晩に一気に仕上げたネモメアも水面へ出してみたんだけど、それはまた別項で。

SandBirdが行けるのならと4機も集まったBESTOW HAPPYが記念撮影の後発進!
09092011
しかし癒し系軽量機故に煽られてしまうと横転は避けられず…。『ちょっと押して貰えば元に戻るから』と私の救助艇とVoodooさんのギミック満載ボートが救助に向かったところ、機体回収用のタコ糸がスクリューに絡まり二重いや三重遭難。その後必殺回収人の台長さんのお世話になり事なきを得たんだけど、ボートでの回収は事前の打ち合わせや訓練が必須だよなと実感。

大御所の皆さんの機体を見せて頂いたり、自分の機体の問題点&改善方法を助言して貰ったり、昼頃には退散する予定が結局14時過ぎまでみっちり楽しませて貰っちゃって、いい加減戻らないとと慌てて帰路へ。風のおかげで気が付かなかったけど、雲ひとつない晴天で日差しが強かった上に気温もそこそこあって脱水状態寸前だったらしく、コンビニに飛び込んで買った500mlのペットボトル2本の水があっという間に胃の中へ。そんな事もあって結構疲れはしたけど、たっぷり遊んだ後の爽快な疲労感。意外に家からの距離も近かったんで、寒くなってしまう前にみんなを誘って再度リベンジの予定。今度はアラレ号も飛ばしたいし。(今回は強風にメゲて車でお留守番)

| | Comments (2)

連休終了

カレンダー通りの皆さんは今日からお仕事ですな。

今朝の朝焼け。
090924
すっかり秋らしい空?でも関東地方はそこそこ気温が上がるとか。

あんだよぉ?
090919
この前郵便受の上で見掛けたカマキリ君。まだ小さいけどしっかりカメラ目線?

秋といえば。
090909
彼岸花ですな。娘が家の近所と学校の傍で撮影して来てくれたのを適当に貼り貼り。
別名の曼珠沙華だと山口百恵を思い出すのはオジサン世代か?

| | Comments (0)

2009.09.23

連休中の動画

シルバーウィークもあっという間に終了。

明日明後日も休んで9連休って方も居るのかな?私は4連休だったけど。その連休中は初日にH村水上基地へ遠征して、その後も結局毎朝出撃。それ以外は何処かへ出掛けるでもなく、近場の買い物と家族で食事に出た位で終了。撮影して頂いた画像とか色々あるんだけど、記事書く元気がちょっと足りないので今日は動画だけ。

先ずはaoさんとhiraさんのファンフライ相撲から。

複葉の方がaoさん。動画の最後はhiraさんの機体のバッテリ切れで終了してるけど、実はこのあとaoさんの機体がhiraさんの機体に突っ込んで、ペラが絡んで仲良く墜落。決定的シーンは撮りそびれちゃったのが残念…。

もう1本は水上機化したネモメアの空撮。

水上機としては3作目になるんだけど、未だに空撮にも使ったり色々遊んでいる機体なのでフロートは取り外し式の3点式。詳細は別立てで記事にするつもりだけど、マイクロ機2機が続いたあとのちょっと大きな機体は凄く飛ばし易くて、H村でもセッティングが万全じゃないながら強風の中で初フライトしたし、都合3日目にしてカメラを積んでタッチ&ゴーが出来る位の余裕が。やっぱり入門用にはそれなりにパワーのある中型の発泡機がお勧めかも?

| | Comments (0)

2009.09.17

改造車 2題

今日から夜勤2連チャン…。

朝はゆっくりで良かったから昨夜は宿題の作業をしようとか、今朝はちょっと早めに起きて出撃するのも手かなとか色々考えてはいたんだけど。結局体調がイマイチなんでそこそこに休んで今朝もゆっくり起床。

とはいえ何もないのも寂しいので。

昨日の夕方、修理上がりのDT-02のテスト走行をした時の様子を娘に頼んで撮影して貰ったり。
頭にちょっとWW2タイヤを履いたTL-01インプの走りと、残りがMT2脚の移植で長脚化したDT-02。
バッテリがフル充電じゃなかったせいもあるけど、比べるとブラシモータのTLはちょっとまったりした感じに見えるかも?ツーリング用のギア比のままでデカタイヤ履いちゃってるから、550モータといえども発進加速がもっさりしてるのは仕方がないかと。その分トップスピードはそこそこ。
一方のDTは脚の付け根を補修したのに構わず爆走。どうやら飛んだり跳ねたりしなきゃ大丈夫そうかも?コイツもギア比はこれ以上弄れないからMTタイヤを履くにはモータに厳しいギア比で、アスファルト上で無茶してるとモータの温度はヤバい領域に。それでもいきなり握っちゃうとウィリーしちゃう辺りはブラシレスパワー炸裂って感じ。もうちょっとアクセルワークを丁寧にしてやると数m位はウィリーを維持出来るんだけど、カメラ回ってると緊張しちゃって…。

で、最近導入したのがコレ。
Mx3g
重さで言うと3PKの対極とも言えそうな位に軽いMX-3G。洛西で受信機2個付のセットが安かったんで思わず買ってしまったんだけど、送受信機ともにアンテナは短いしお遊び用OFF車には持ってこいな感じ。手持ちの1800mAhのLi-Poを使ってるんだけど、バッテリの持ちが良いのもウリかな?
実は救助艇にもこのプロポを使ってるんだけど、用途を考えるとバンド待ちや混信の心配が無いのはうってつけ。

| | Comments (2)

2009.09.16

ドリタイヤ&ホイール

お仲間のジュンさんからご質問があったので、最新情報の確認を兼ねてちょっと調べてみたり。

えっと、お馴染みRC Maniaxさんのこのページ辺りを見ると一目瞭然かな?後はdaytona7さんのホイールのページセットのページ辺りとか。

因みに私が履いてるのはこのホイール。
Sm37r
Speed Way Palさんの定番37Rですな。ドリと言えばヨコモってイメージなんだけど、残念ながらホイールの鍍金が脆いんで…。

タイヤはゼロワンRが定番だけど、私の履いてるhpiのコイツはもっと低速域から滑るんで練習には良いかも?ネタでこんなのもあるけど、その辺りはお好みでって感じかと。

秋葉の店頭なら現物見て選べるし、行けるのならそれがお勧めかな?TT01に田宮ボディだとオフセット10mmじゃ気持ち出っ張るかもなんで7mm位のホイールで選んで貰えば間違いないかと。一部特定のタイヤとホイールのセットでないと使えないのがあるんで要注意だけど、ミニ用さえ買わなければ基本的にはOKですよん。

てな感じで良いでしょうか?

| | Comments (3)

チョコチップパン復活!

昨日は早々に気絶しちゃったので今日はちょっと復活。

NEWDAYSにコレも帰って来てくれたし。
090916
家を出る前に軽く朝食は摂って来るんだけど、流石に朝が早過ぎて昼まで持たないんで会社に着いてから朝食その2を摂るのが日課。で、以前よく食べていたのがこのパンなんだけど、いつしか店頭から姿を消していたのが今朝久し振りに発見!このサイズだと朝半分、残りは昼食にってパターンで2度楽しめるんでお気に入り。しかも安いし<これ大事!

昨日は帰宅後に病院へ行って、帰ってからは無理くり復活させたDT-02を駐車場でちょっとだけテスト。軽くジャンプさせたりもしたけど意外に大丈夫そう。新しいモータにも慣れて来てそこそこ走らせられる様になったし、軽快な2駆の楽しさを再認識。もうちょっと速いサーボに載せ換えて、アンプの設定も色々試してみるともっと良くなるかな?

世間ではもう直ぐシルバーウィークで暦通りなら5連休なんだけど、私は初日の土曜日が夜勤明けなので実質半日潰れちゃう予定。翌日はH村の水上基地へお邪魔する予定なんだけど台風が心配。逸れても風が強くてダメかなぁ…。21日か22日には今月一杯で閉園してしまう多摩テックへ行こうって話をしているんだけど、同じ様に考える方が多いらしく大変な混雑みたい。私は行く事に意義があるって感じだけど、家族は乗り物にも乗りたいみたいだから平日にした方がいいのかなぁ。

影のドンの顔色伺いでなかなか決まらない組閣もどうやら粗方内定したみたいだけど『こんな時に妊娠しなくても』発言で有名な出産経験の無い人が少子化対策ってどうなの?この国の未来に不安があるのも気持ちが沈んでる大きな要因かも…。なのでイチローのニュースは正直うれしかったなぁ。ホントに凄い!

| | Comments (2)

2009.09.15

アラレ号の修理 ほか

やっぱり体調がイマイチ。作業も進まないし…。

肉肉!
090915
逆光で見難いけど恵比寿駅のホーム。
ジョッキ持って乗馬ってのも凄いけど、肉プレゼントのサインボードが柱を挟んで2つ並んでいるのが何ともはや。

緑と赤。
0909142_2
やっぱり緑の方が人気なのかな?

ちょっとアングルを変えると。
0909143
ガチャピンの眼つきが怪しい?眠いのか???


昨日は漸く主翼内が乾いたSandBirdの浸水対策を。
Sandbird_14
生憎丁度良いサイズのエルロンカバーが無かったんで、先ずは防水する事を優先して水滴型(?)のサーボカバーを加工して使用。クリアだから見た目はそんなに気にならないけど、このサイズで出っ張っていると飛行特性に影響が無いとは言えないかも?

そしてサーボが逝ってしまったアラレ号ことFox四号機。
Fox_347
画像では左端に写っている4.4gのエレベータサーボがNGだったんだけど、ケーブルが簡単に外せる状況ではなかったので仕方なく途中で半田して交換。作業後に壊れたサーボをよく観察してみても濡れた形跡が無かったので、浸水じゃなくて寿命だったって事みたい。このサイズで格安のサーボだから仕方が無いといえばそれまでかも?
でもまた八つ墓村状態になった時に少しでもメカを守るために、SandBirdに使ったサーボカバーの端切れを使って気休め程度のカバーを取付。今のメカの搭載位置は万が一逆立ちしても水には浸からないんだけど、飛沫に対する防護はしておくのに越した事はないし、救助作業中に機体が傾き水に浸かる可能性もゼロじゃないんで。
現状のメカ室(という程じゃないけど)はサイズがギリギリで防水したメカを押し込むスペースが無いので、本当はメカスペースそのものを見直した方が良いのは解っているんだけどねぇ。ちょっと気力が足りず…。おまじないで貼った飛行石シールの効き目を信じるしかないかも?

| | Comments (2)

2009.09.14

週末のフライト その2

日曜日は未明の雨の影響か早朝は霧が。

こんな感じ。
0909131
雲はそこそこ高いんで、低空にあるのは霧ですな。

動画ではこんな感じ。

風が無いんで機体は安定しているんだけど、霧はなかなか晴れずに見方によってはちょっと幻想的?よぉ~っく見ると動画にも霧が映ってるんだけど見難いかなぁ…。

ひとつ前にUPしたSandBirdの改修後の陸上テストをしたり、モータ換装したバギーの具合を確かめたりしているうちに霧も晴れて来たんで何時もの水辺へ移動。

先ずはジュンさんのデコパネデカスロンから。

板翼なのでUPを引いてやらないと上がらないのは仕方がないかな?
でも前日の『上げたくても上がってくれない』状態は完全に脱して、綺麗なプレーニングに入ってましたね~。

私のSandBirdは動画は無いんだけど、前述の通り離水成功!
後は細かい改修とパイロットが慣れるだけかな?

その後は久し振りにEasyStarで空撮したり。
0909135
たまたまカメラが上向いちゃってたんでこんな画が撮れてたり。
0909136
動画ではこんな感じ。

シルエットの機体が良い感じで、偶にはこんなアングルも悪くないかも?

ちゃんとアングルを直してもう一度。
0909137
霞んでるけど久し振りに富士山もどうにか視界に。

その動画がこちら。

秘密兵器積んでいないんで、サーマルは無いけど軽い分だけ滑空は悪くない感じ。風が無いからギリギリまで重心も下げていたし。

段々雲も切れて来て空撮日和に。
0909132
ちょっと風は出て来たけど予報より全然穏やかだったんで、機体をとっかえひっかえしながらフライト。

Fox参号機も調整が決まって来て良い調子。
0909134
頑張って最高高度更新にトライしてみたんだけど、多分これでも200mに届くかどうかって感じかと。スパンが短いから肉眼では流石にこの辺りが限界。

その時の動画がコレ。

流石にフルハイで振り回してると尻振ってるけど、サイズを考えたらこの位で妥協しないと。動画の2分過ぎに最高高度に達して、そこから2分半近く滑空してるからまぁそれなりには頑張っているんじゃないかと。

そして再度EasyStar。

調子乗ってグリグリやってますな。ロールレートは遅いけど空戦フラップを設定してあるんでループ系は得意科目。
でもこの機体、風が穏やかだと何やっても怖くないんだよねぇ!?

てな事でバギー壊したりとかもあったけど、日曜日は陸海空完全制覇して終了。流石にちょっと疲れたかも…。

| | Comments (0)

SandBirdの改修 ほか

土曜日のテストでは潜水艦状態だったのでその対策を。

先ずはモータの取付角を修正。
Sandbird_11
ノーマルの取付角が水平なところへ既に数度のアップスラストは付けてあったんだけど、更に角度を追加して目視で10度を超える位かな?あまり角度を大きくし過ぎると上空での挙動がおかしくなりそうだったので、取り敢えずはこの位で。

更に機首部分にはチャインを追加。
Sandbird_12
元々チャインは付いているんだけど、よりプレーニングへ入り易くするために最大幅で5mm程度のプラ板を追加。この程度なら飛行特性への影響は余りないんじゃないかと。

最後に水中舵を延長。
Sandbird_13
こちらも透明プラ板を使って延長。低速ではやや前下がり気味の姿勢になってしまうんで当初のサイズでは全く水面に届かず、ここまで延長してようやく先端の1/3位が水に浸かる程度。空中でもラダーとして機能する位にサイズが大きくなってしまったけど、プレーニングに入れば先端が水面に触れるか触れないか位なので長さとしてはこの位が丁度良いみたい。

後は細かい部分の手直しをして日曜日に再テスト。

バッテリやメカは一切弄っていないんで喫水は前日までと同じだけど、水中舵が効くのでタキシングにも安心感が。目の前を往復させて舵の効きと直進性を確認した後、いよいよフルハイに。動き始める時はやはりスラストラインが高い為に前のめりになるけど、加速すらままならなかった昨日とは違ってそこから徐々に速度が乗り始めると機首が上がり始め、10m弱ほど走った所でついに念願のプレーニングに!そのままエレベータを中立のままにしているとややピッチングはするものの安定して走り、水面がベタに近ければサイズを感じさせないなかなか堂々としたプレーニング。見とれているうちに結構な距離を走ってしまったので、一旦滑走開始位置まで戻して再度離水動作へ。プレーニングに入って充分速度が乗った所でゆっくりエレベータを引いてやると、今までの苦労が報われる綺麗な離水。例によって指が震えてヨタヨタ飛んでるのが自分でも解るんだけど、上空を数回旋回させて気持ちを落ち着けて着水態勢へ。スロットルを残しながら、ってのを意識し過ぎて高度が落ちずに1度はやり直したけど、アラレ号の様に側転してしまう可能性は低いんで左右の水平にだけ注意して2度目に無事着水。ちょっとドスンと行っちゃたけど、これなら慣れて来れば着水も綺麗に決まりそう。気を良くしてもう一度離水~上空旋回~着水。小休止を挟んで更にもう一度飛ばしたので都合3回フライトして無事帰還。バッテリはまだもう1回位いける程度は残っていたけど、エルロンサーボのスロットから主翼内への飛沫の侵入が酷く、フィルムの内側に水滴が付き始めたので水から上げて乾燥。結局現場では水気が飛ばず、帰宅後にサーボのカバーを緩めてみたけどそれでも翼端までは乾かず。しっかり乾燥させたらグライダー用のサーボカバーみたいなモノを用意しないと、これじゃ安心して飛ばせないかも…。

とまぁ新たな問題も発覚したものの、胴体内への浸水も無く一応フライト成功って事で良さそう。


一方コイツの進行状況は。
Acrofighter_04
第一関門のモータの固定までは目処が立ったところ。

こうして見るとやっぱり大きいかも?
Acrofighter_05_2
機体の状態で合わせた時にはそんなに感じなかったんで、相手のパーツが小さいからかな?

次は動翼の加工か主翼の補強か。出来れば20日に持って行きたいんだけど、ちょっと厳しそう…。

| | Comments (0)

2009.09.13

週末のフライト その1

来週にH村水上基地への遠征を控えて頑張ってテストを。

先ずは土曜日から。
0909122
水モノ親父4人衆?
お仕事がお忙しいsioさんがお休み、aoさんは庶民の憧れ(!?)豪華クルーザーの進水式。

例によって記念撮影を。
0909121
中央奥の大きなクルーザーがaoさん宅の屋根裏から出て来たらしい10年モノ。その手前、向かって右がリベンジに向け3点フロートに改修されたhiraさんのベガ。そのお隣が何とデコパネ機にフロートを履かせて来たジュンさんのデカスロン。手前は何時もの私の2機。

んで、アラレ号ことFox四号機はついに離水!
0909123
前回は2cellで強引に上げて八つ墓村しちゃったけど、今回は3cell化のほか諸々改修をし陸上訓練も終了済。残すは水の上からだけって事で慎重にタキシングテストをし、フロートの角度を若干修正してついに念願のプレーニングへ。ただ、どうにも指の震えが収まらずに仕切り直して再度滑走開始位置へ。フロートの後部で水面を叩かない様にダウンを当てながらフルハイにしてやると、プレーニングには入るものの浮く気配がなくてもう一度仕切り直し。今度はエレベータは水平のままプレーニングへ入れるとちょっとピッチングしながらも何だか浮きそうだったので、ちょいとUPを引いてやったらすっと離水。それなりには飛ばしている筈の機体なのに水の上だと旋回するだけでも何だか緊張するし、上げたは良いけどなかなか高度が下げられず上空を7~8周してようやく着陸態勢へ。緊張が最高潮でどうやって降ろしたか全然記憶が無いんだけどどうにか着水して無事回収。

ようやく一心地付いた所で、救難訓練を実施。
0909124
aoさんのクルーザーに協力して貰って糸を曳いた救助艇を一周させ、リールで巻き取って訓練完了!大きな獲物が釣れましたがな…。

その後はSandBirdをテストするも、フルハイにすると『潜水艦か?』って位に機首が沈んでしまってプレーニングに入る以前の問題。水中舵も短過ぎて水面に届かず、改修ポイントの確認だけで終了。これで止めて置けば良かったんだけど、少しは慣熟飛行をしないとって事でアラレ号を再び水面へ。若干風が吹いて来たけど離水には好都合とばかりに機首を風上に向け、フルハイにして軽くUPを引いてやるとわずか数mで離水。全然綺麗じゃないけど、陸上と同じ様にしてやれば良かったって事みたい?で、浮いたのは良いんだけど高度を稼ぐ前にちょっと風に煽られて、バランスを崩して立て直す間もなく機首から水面に突っ込んで八つ墓村状態に。早速aoさんのクルーザーが救助に向かってくれて無事回収。直ぐバッテリは外したけどサーボに水が入ったらしくてエレベータが動きっ放しに。結局一晩乾かしても回復しなかったので載せ換えしないと駄目そう。他のメカが無事だったのが幸いだけど…。

その後は突然現れた不審船を拿捕。
0909125
実はこれも顔見知りの方の艇なんだけど、こんな形なのによく見るとペラが付いているという正に『不審船』ですな。

てな事で何だかんだと水辺に1時間以上居てしまい、他の機体飛ばす元気も無かったんだけど修理したFox参号機だけはテスト&トリム出し。途中で雨が降り出してしまったけど、大体の舵角調整とトリムは出たので続きは翌日へ持ち越し。

その後駐車場へ移動したら雨が止んだんで車で遊んでいたら、前の記事の通りブラシレス化していったDT-02のモータがロック。残念ながらDT-02はこれでリタイヤとなってしまい、その後はhiraさんと恒例のドリタイムを過ごしてこの日は終了。

| | Comments (4)

DT-02ブラシレス化~骨折(画像追加)

そこそこ良い感じになったのに…。

先ずは土曜日。
Dt022
ダクト用のモータを装着。kv3500はちと厳しいか?

んで結果は。
Dt021
オンロードで無茶を続けたら異常発熱でイモネジが緩んで缶が外れちゃった。マグネットも一部欠けちゃったけど接着剤で復活。

でもこのモータじゃ厳しそうなんで。
Dt023
此方もダクト&ヘリ用のファン内蔵アウターロータでkv3000。

タイヤも換えてそこそこ楽しめたんだけど。
Dt024
オンロードで遊んでて調子に乗って土手のノリ面を使ってジャンプしてたら、左後輪から斜めに着地してそのまま2回転程側転。スイングアームの付け根が折れて悲しい状態に…。初期型のクリアパーツだからちょっと衝撃には弱いだろうと思っていたけど、こんなに綺麗に折れちゃうとはなぁ。プラリペアで何とかなりそうな気もするけど、今後の事を考えると現行の普通の樹脂パーツを取って交換した方が良さそう。

う~ん、段々走れるシャーシが減っていく…。


【09/09/14画像追加】
Dt02_25
片付けるのに掃除したついでに改めて破損部分を撮影。こんなに絵に描いた様に折れるなんて…。
で、見ていたらつい直したくなってしまって瞬着で固定し、パテ盛りして補強。本当ならギアボを割って内側からも補強したいところだけど、そこまでやってもオリジナルの強度にはならない筈だし『取り敢えず』としては充分かと。

| | Comments (0)

2009.09.11

修理&整備作業

良い天気でも外出は厳しいんで大人しく作業を…。

先ずは救助艇を組み上げ。
Boat_45
元気が足りなくて偽装関係は飛ばしてしまったんだけど、一応走れる様にはなったので救助活動は可能な筈。
今回のアンプは古~いenESCで、ヒートシンクだけは交換したけどテストした限り容量的には全く問題無さそう。

そしてFox参号機も修理完了。
Fox_233
予告通りの位置に予告通りのサーボを搭載。ちょっとリンケージに無理があるけど、プロポの設定で何とかなる範囲かと。
ついでに痛みが目立っていた主翼前縁とか、各部の補修も実施。

更にSandBirdは改修作業を。
Sandbird_07
前回水面に浮かべてタキシングしてみた時に、風の影響もあって殆どラダーが効かなかったので水中舵を追加。
低速時だけ効けば良いんで極々小型にしたつもりなんだけど、これでも大きいかも?

リンケージの様子。
Sandbird_08
尾翼は接着されているんでちょっと無理しながらの作業になっちゃったけど、ラダーの真下の胴体にノイズレスチューブを埋め込み、水中舵とは0.8mmのピアノ線でリンケージ。お手軽に瞬着だけで施工しちゃったけど、力が掛る場所でも無いから多分大丈夫なんじゃないかと。

懸案だった配線もコネクタ化。
Sandbird_09
14ピンの弱電用コネクタを使って信号線3組と電源を一括接続。モータの搭載位置が主翼上だからアンプを主翼側にマウントしちゃってて、そのせいでかなりの本数を繋ぐ必要があったんだけど、これでお手軽に胴体と主翼の分離が可能に。電源系もあるから一応余ったピンを折って逆接防止にも気を使ってみたり。

受信機も改めて防水対策。
Sandbird_10
今回はMORIDELさんの所で紹介されているラップ式で施工。無駄に8chの受信機なんか使ってるから、ラップしちゃうとサイズは積み込むのにギリギリ…。でもこれでようやく安心して浮かべられそう。

| | Comments (0)

補給物資着弾 その2

車用とは別に空モノ用の補給物資も着弾。

TOPMODELさんでサーボが安かったんで。
Gear_293
殆ど脊髄反射でポチっと。Fox参号機の折れペラの予備も欲しかったし。

あると便利だよなと思いつつ。
Tools_25
なかなか購入する機会が無かったZベンダーも併せて発注。

更には安かったのでバッテリも。
Lipo_53
初の4cellパック。何に使うのかはまたいずれ…。

| | Comments (0)

補給物資着弾 その1

昨日は朝全然起きられなくてダウン。

気候のせいなのか自覚している以上にダメダメみたい…。
0909112
それでも今朝は朝焼けも綺麗だったし、どうにか出勤。
0909111
微妙に熱があってフラフラしているんだけど、休みの残りも少ないし。

てな事で休んでいる間に届いたブツが。
Lipo_52
久し振りに車を走らせていたらLi-Poの具合が事の他良いんで、思い切って1本追加。遊びで走らせている分には2本もあれば充分だし、今度のパックはMシャーシにも載るんで使い勝手も良さそう。

バッテリだけってのも寂しいんで!?
Esc_07
以前から考えていた車用のブラシレスアンプも併せて注文。セッティングカードは既に持っているし、このアンプって値段の割には定格が大きいんでそこそこ使えそう。

工具箱を漁ってみたら。
Esc_08
PCから外したファンが転がっていたんで合わせてみるとコネクタがバッチリ同じ。何処かで見覚えあるコネクタだとは思ってたんだけど、嬉しい誤算。これでバギーに載せても大丈夫そう。

デカ脚TL-01は流石に過負荷&駆動系が厳しそうなんで、この前走らせて楽しかったDT-02辺りに載せてみようかと思っているんだけど、例によってモータは空モノ用からの流用。最近はダクト用のハイパワー&高kvのモータが手軽に手に入るんで、流用しない手はないっしょ?作業が立て込んでるから、実際に積むのはちょっと先になっちゃうかも知れないけど…。

| | Comments (2)

2009.09.09

不死身のムス

先日久々に飛ばしたので。

完成当初のまっさらな頃。
P51_01
今にして思えば、ラダー機をちょっと飛ばし始めたばかりの超初心者が扱える機体じゃないよなぁ…。

これは今年の正月かな?
P51_0
aoさんに撮って貰った画像で現在の姿にかなり近いけど、ラインテープの位置やモータ&ペラも違うか。

今では更に重たいモータを積んでAPCの6×5.5を3cellでブン回す仕様。油断すると手投げに失敗するのは当たり前で、着陸で気を抜くと\300以上するペラが簡単に折れちゃう重量機。それでも上空に上げてさえしまえばマイクロ機の癖に少々の風はものともせずに飛んじゃうし、垂直上昇もお手のもの。ラダーが無いからマニューバは無理だけど、ロール速度は速いからそれなりに目でも楽しめるし。

最近はマイクロ機といえばFox5兄弟ばかりを飛ばしているんだけど、この前の日曜日は困った時の参号機がサーボトラブルで自宅待機だった為に、同じバッテリを積むムスが急遽代わりに出撃。バッテリの放電位のつもりで飛ばしたんだけど、やっぱりこの機体で操縦覚えた様なものだから飛ばしていて妙にしっくり来たり。もうEPPがグズグズでダイブから引き起こしたりするとバンザイしそうな位に主翼が撓んでるし、3.7gサーボを使っているエルロンなんかニュートラルが怪しいんだけど、それでも何故かホッとする訳で。実際のフライト速度は重量機故に決してスローでは無い、というかむしろ速い方だから気は抜けないんだけど…。

スペアボディは手配済みだから今作ればもっと完成度が高い機体に出来そうなんだけど、これだけしっくりくるかどうかはちょっと自信無し。かなり酷いダメージを受けた墜落は1度や2度じゃ無いんで余命がどれだけか解らないけど、無理のない範囲でもうちょっと飛ばしてみようかな。この前は久々で背面に入れるのも怖かったから、先ずはリハビリから始めないと。

| | Comments (0)

進捗状況

とはいっても殆ど進んでいないんだけど…。

先ずは救助艇2号。
Boat_44
モータのシャフトを3mmの短いモノに打ち換えて、固定にはGWSのスティックマウントを加工して流用。この状態ではまだ回していないんで、テスト結果が良好ならエポキシでガッチリ固定かな?
因みにちょっと調べてみたんだけど、540モータと比べると約100gの軽量化を達成!

そしてFox参号機。
Fox_232
虎の子のDM-4.7Gを繋いでみたら正常に起動。こちらの方がトルクもあるし、今度はこの画像の辺りに埋め込みかなぁ?

最後にアラレ号ことFox四号機。
Fox_346
このアングルだとよく解らないんだけど、修理と併せて脚を短くしたフロートを再取付。重心が下がって見た目でも安定感が増したし、上空でも機体とフロートの距離が縮んだ分だけ癖が出難くなっていてくれると良いなと。

水上機繋がりで今日は自衛隊のUS-1Aの動画を。

これは父島での着水~スロープを上がっていく様子。

こちらは同じ父島から離水の模様。

加速の際の水煙が迫力満点!こんなにデカイけど最低飛行対気速度は100km/hちょっとらしい…。

最後は岩国基地での体験試乗時の様子。

外部からも解るとおりコクピット内部はそんなに広い訳じゃないのね。

| | Comments (0)

2009.09.08

自分の作業が進んでいないので

他力本願で他の方のブログ記事を紹介。

先ずは正統派改造をされている那珂航空基地さん。
陸上専用っぽいですが上反角も減らされていますね。

そしてゲテモノは得意な私も驚いたdoghouse hobbyさん。
まさかニコイチの素材になるとは思ってなかったなぁ…。

モンゴルさん台長さんのBBSでもまだまだ水上機の話題が熱いですし、今月のアエワでも水上機特集が。水辺が静かになってくるこれからがシーズン本番って事でしょうか?

| | Comments (0)

どうもアキマヘンなぁ

もう1年以上になるのかな?時々胸が痛くなって色々診て貰ってはいるんだけど未だ原因不明。心臓は不整脈以外問題無さそうだし、ちょっと前から症状が酷くなったんで内科の診断で新しい薬を試しているんだけど改善せず。風邪が抜け切らずにフラフラしている所へダブルパンチ状態で、昨日は全く作業も出来ないまま終了。今朝もどうにか起きて出勤はしたけど…。

また台風来てるのねぇ。
090908
幸い朝は降っていなかったけど微妙な空。今日明日は雨にならなくても風が強そうだし、昨日の夕方元気だったら飛ばしに行っておけば良かったんだけど。とはいえ作業も進んで無かったし、休んで居たのは正解だったかも。

そんな時、ちょっとした気分転換に楽しめるフラッシュゲーム。某所で紹介されていてここ数日すっかり嵌っているのが『MATERIAL SNIPER』。aoさんにも気に入って貰えたみたいで、イラストにちょっと好き嫌いはあるかも知れないけど意外に楽しめる狙撃ゲーム。まだ初仕事を終えたばかりなんだけど、気持ちが乱れているとなかなか標的に当たらず、気持ちを落ち着けるのにも良いかも?
BGMの初期値が大きいので音量には注意して、お暇な折にお試しを!

| | Comments (4)

2009.09.07

週末のフライト(動画追加)

風況が今一つながら澄んだ空に秋を感じさせる陽気。

これは今朝の出勤時。
090907
携帯のカメラなんでイマイチだけど、朝焼けが綺麗だったんで思わず1枚。風も殆ど無いし、今日飛ばしに行けたら気持ち良さそうなのになぁ。

等と無理な事を考えてても仕方がないんで、先ずは土曜日から。
090905_1
お仕事&お山へ出掛けたメンバーが居たので、ちょっと寂しく4名でまったりとフライト。
上空からのこの画像でも解る位水面は波が立っていたので、残念ながら水遊びは自粛。

この日のメンバー。
090905_2
上からaoさん、hiraさん、私、あんきもさん。モザイク入れる必要ないくらい荒い画像…。

空撮機、帰還。
090905_3
低空の巻き気味の風に煽られてよりによってアスファルトに1バウンド。Micro-Foxは軽量なんで、こんな場面でもカメラを含めて破損の心配が殆どないのは有り難い限り。

しかしメカトラからは逃れられず。
Fox_230
共に3.7gの軽量サーボを使っていたラダーの方はジャイロ搭載で消耗が早かった為に既に交換済みだったんだけど、今度はエレベータの方のポテメが終了。伍号機に使って好印象だった同サイズのデジタルサーボに換装してみたんだけど…。

ドツボに嵌ってるし。
Fox_231
強度部材になっているのでガッチリ接着してあったキャノピー外してメカのテストまでする羽目に。
小型でもデジタルサーボ故消費電流が大きく、バッテリ接続時の突入電流にアンプのBECが持たずに起動不能。交換したサーボだけ外して起動後に繋げば問題無く動作するんだけど、それは現実的に無理だしなぁ。サーボは合計3つだけど3cellのバッテリでジャイロが2つも載ってるから、小さなアンプの1AのBEC回路が持たなくても文句は言えず。
リンケージまで綺麗にやり直したけど、再びサーボを積み替えるしかないかも…。

そのFox参号機、修理前の空撮動画。

前後切っただけでフライト中は無編集なんだけど、既にエレベータサーボが痺れてておかしなピッチングをしてるのが動画からも解るかと。

そして日曜日。
090906_1
この日も不参加の方が居たけど、前日とは打って変っていつもの賑やかな河原に。ただ釣り人が多くて水辺には近づけず、この日も水モノは自粛。

水面の状態。
090906_2
思った以上に水面近くの風は強かった様で、空撮動画を観ていたら前日以上に波が立ってるし、無理して飛ばさなくて済んだのは結果的に正解だったのかも?

aoさんのファンフライとニアミス。
090906_3
時間と共に風が強くなり、みんなが『ぼちぼち引き揚げようか?』って頃になってネモメアで空撮。例によって強風でも構わずファンフライを飛ばしてしまうaoさんの機体と、煽られながらの低空ローパス中に何度もニアミス。お互い勝手が解っているから出来る事かも?

先日離水失敗で八墓村状態になったアラレ号ことFox四号機。
Fox_343
水からが無理なら地上からって事で、この日も草の上から滑走離陸。風は強かったけどパワー掛けていれば飛ばせないレベルじゃないんで、慣熟フライトしている様子をaoさんが撮影。前下がりに取付けられているフロートの状態がよく解るショット。

もう1枚。
Fox_344
撮影してくれているのが解ったのでもうちょっと高度を下げたかたんだけど、流石に風に煽られるんでこの辺りが限界。でもこの日は3回上げたうち2回は着陸に成功し、1度目は向かい風でほぼホバリングしながらゆっくり着地。2度目は自分でもビックリするくらい綺麗にアプローチが決まって若干草の上を滑走して停止。ちょっとアプローチのコツも解って来たんで、次回こそはキッチリ離着水したいところ。

ちょっと無茶し過ぎ?
Fox_345
フロートは当然草地での離着陸に使うモノじゃないんで、結構傷んでしまった為に再修理。ついでにギリギリまで脚を短くしてみたんだけど、次回どうなりますか。

SandBirdも慣熟飛行。
Sandbird_06
こちらもaoさんの撮影。
モータ位置が高いんであまりスロットルを上げ過ぎて手投げすると頭下げに悩まされるけど、ようやくちょっと慣れて来た感じ。上反角が少なめなのにも、落ち着いてさえいればどうにか対応出来そう。

実は前日にちょっとだけ浮かべてみたり。
Sandbird_04
この日に離水させる気満々だったので、ブッツケは怖いから前日のうちに『タキシングのテストだけでも』と思って。

別アングルから。
Sandbird_05
やはり浮かべると画になるんだけど、思ったより喫水が深くて慎重にパワー掛けないと機首にザブザブ水が。風があると風見鶏効果も強く、もう少しラダーを拡大しないとちょっと怖いかも?メカの防水も万全にしておいた方が良さそうだし、結構課題が多いな…。

この日はFoxに代わってネモメアで空撮。

先日の改修で安定度も上がっているし、パワーには余裕があるんでちょっと風があっても安心して飛ばせる機体。
気力が足りなくて無編集なんだけどaoさんのファンフライとの絡みが最後の方に映ってるんで、その辺りだけでも見て貰えると嬉しいかも。

しかしこうやって見てみると、来週までの宿題が結構あるよなぁ。

| | Comments (0)

救助艇に四苦八苦!?

救助艇1号はちょっと推力不足だったので。

強引に復活させたトイザらスのボート。
Boat_21
コレは往年(!?)の雄姿。軽量なモータ&バッテリで軽快に走航中!
って、実はモータにはかなりの過負荷状態でこの後モータブローしちゃうんだけど。

再整備後の臓物。
Boat_39
以前強引に載せた540モータが巨大ですな。今回の作業はメカの刷新とジョイントの補強。

そのジョイント部の拡大。
Boat_40
3.17mm(モータ側)と3mm(シャフト側)のジョイントをニコイチして作成し、容量的には380サイズが限界かと思われるんで何時壊れるかハラハラドキドキ。一応スプリングの接合部を接着剤でガッチガチに固めて空転防止だけはしてみたんだけど。

力の逃げ口が無くなって…。
Boat_41
一番弱いスプリングが破断するのは当然ですな。
テスト走航では喫水が深過ぎて安定せず、スロットルはハーフ位までしか上げられなかったから問題なかったんだけど、回収後に水に浸けたまま手で押さえて全開くれてやったら数秒で終了。静止状態なので実際の走航中より負荷は高かった筈だけど、回収作業中にこうならなかったのは不幸中の幸い?

んで、どうしたのかといえば。
Boat_42
ジョイントは諦めてインラインカラーを使って直結!
実はこの艇に使われているシャフトって3mmよりちょっと細くて、このカラーを使うとガタが出るために今までは使うのを躊躇していた次第。でももうそんな事も言っていられなくなったので、シャフト側に瞬着を盛って径を拡大し、無理繰りセンターを出して装着。一応Dカットはしてあるから何とか持つんじゃないかと思うんだけど甘いかな?
喫水が深くなってしまっていた最大の原因、巨大な540モータも降ろして贅沢にもブラシレスを搭載。所謂2208サイズで元はネモメアに載せていたkv1450。これで大幅に軽量化も出来た筈。
この状態で早速風呂桶テストをしてみたんだけど、喫水はどうにか適正な範囲。場合によってはバッテリを小さくすればもうちょっと軽くなるんで、それは実走してみて考えようかと。ジョイントはちょっとブレが残っていたので若干修正を加えて何とか実用レベルに。ペラのダイヤが大きいのでこんなkvのモータに2cellでも充分過ぎる推力。ただ最高速はちょっと低下してる?でも救助艇に必要なのは速さよりはトルクなんで、恐らく大丈夫かと。心配していた発熱は静止状態で全開を1分程続けてみてもモータは触れるレベルだし、アンプはほんのり暖かい程度だったんで当面水冷はしなくても平気そう。アウターロータなんで水冷ジャケット作るのも大変そうだし…。

お役御免になったモータ。
Boat_43
田宮のキットに付いてくる540とお手製の水冷ジャケット。もうちょっと大きな艇なら使えるかも知れないけど、多分出番はもう無いだろうなぁ。

後は救助艇に必要な艤装を追加して、次回またテストの予定。昨夜のうちにモータシャフトの打ち替えと船体への固定は済んだので、次の週末までには間に合いそう。

| | Comments (2)

2009.09.02

バックアップ飛行艇?

どっちがバックアップなのか解らないけど…。

不良在庫化しかけていたコイツにようやく着工。
Acrofighter_00
頭の中での構想は二転三転しつつもどうにか固まったし、水モノが熱い今のうちに形にしてしまうのが良いのかなと。とはいえ、例によって体調&気分次第で完成が何時になるかは全く読めないけど。

なにはともあれ分解。
Acrofighter_01
保管してあった間に色々下調べだけはしていて、比較的簡単にバラせるって情報があったので接合面に慎重にカッターを入れてほぼバラバラに。ゴム系の接着剤とコーキング剤みたいなモノが併用されていたけど、慌てずに作業すればココまでは問題無く進むと思われ。因みに主要部分の材質は極々普通のEPSで、EPPではないから良く考えて補強は追加する必要がありそう。船底には保護の為の粘着フィルムが貼られているけど、これも要検討かなぁ。

盛大に上反角の付いている主翼。
Acrofighter_02
EPPではなくスチレン製なので、耐久性を考えれば最低限前縁に補強が欲しいところ。制御系をどうするのかまだちょっと悩んではいるんだけど、諸々の情報を総合して今回は上反角の修正は行わない予定。

取り外された臓物。
Acrofighter_03
先人の情報によると2cellのLi-Poで問題無く動作し、カットオフ電圧も丁度良いらしい。370クラスのブラシモータが駆動出来てアクチュエータも2つなので、このメカを21型やムスに移植したツワモノも?あの送信機でコントロール出来るのならそれもアリだとは思うけど、個人的には上手く扱える自信無しなのでいずれは廃棄かなぁ。

因みに、今月末までの予定で遊楽房さんでこのAcroFighterが\1,980.-でセール中。夏休み中もこの値段で結構な数が出たらしいんだけど、一体どれだけ在庫があるんだろ???
更に、私が空モノに嵌るキッカケになったLR-1も同じ値段。こちらはEPP製なので、水上機に拘らなければ改造ベースにお勧め!
他にも一世を風靡(!?)したDash8シリーズもあったりするので、興味のある方はどうぞ。

私のLR-1は今ではこんな姿に。
Lr1_51
こうなるともう元の機体は何だか殆ど解りませんな。

初フライト時の様子はこちら。

この時はバッテリだけLi-Poの2cellにして、モータ&メカ保護の為にBECをかませて降圧している以外は全くのノーマル状態。

| | Comments (24)

2009.09.01

日曜日の空撮動画

大したものじゃないんだけど今までと比較の意味で。

改修後のネモメアによる空撮。

撮影時は河に向って右斜め前方から、地上で5~6m/s程度の風だったと思われ。上空はもっと吹いてたけど、地上付近より風向きは一定だった分飛ばし易かったかな?
で、風が強いんで投げた瞬間に機首上げ。ヘタすりゃ失速しそうなところだけどパワーにモノを言わせてそのまま一気に上昇。ペラと主翼等とのクリアランスが増えたんでフルハイでも結構静かだし、パーシャルで変な共鳴音が出る事も無くなったのが1つめの改善点。風の様子を見ながら頑張って高度を下げてローパスしてるんだけど、以前なら尾翼周りがヨレて舵の入りが怪しかったのが、補強の追加で修正舵もしっかり効く様になっているのが2つめの改善点。

一応狙い通りの結果は出たので次のステップへ進もうと思うんだけど、その前にカメラの搭載位置を変えないとダメかも?

| | Comments (0)

冷静になって情報分析

以下、各所からの抜粋引用。


『得票率』
今回の選挙で民主の得票率は46%、自民は34%だそうです
12%でこんな議席差がつくの?ってくらいつくのが小選挙区制


『手口』
テレビの民主党キャンペーンは、振込詐欺の手口だとわかった。

昨日、ためしてガッテンで振り込め詐欺の出口が出ていた。
年配者をともかく不安でいっぱいにさせたところで、「振込」という不安からの出口を与える。
銀行員が止めようとしても、「とにかく振り込ませてくれ、あんた、何で邪魔するんだ!」
「嘘でもいいから、とにかく、振り込ませてくれ、頼む!」と怒ったり、泣いたりするそうだ。

テレビを信じてる年配者に、景気対策は報道せずに漢字やブレテルなどだけ、
経済悪化や派遣切りなども悪い話だけ、毎日大量に流す。
政権への不安と暮らしの先行きへの不安で一杯にしながら、出口として「政権交代」を刷り込む。
年配者は不安から抜け出したい一心で、「ATMで現金」のかわりに「投票場で民主党に票」を振り込むわけだ。

理性が働かなくなっているから、両党の政策を比較検討しようとか考えられないし、
民主党がろくに政策を掲げていないことも気にならなくなっている。

マスコミはマーケティングや行動心理に長けているのだから、承知の上でやっているのに間違いない。


『海外とのパイプ』
民主は特亜以外の海外へのパイプをロクに持っていない
この状況で、連中は官僚を大々的に干すと宣言してしまった
これは特亜以外の外国に対して
「日本は今後、実務者協議に応じない。ぶっつけ本番のトップ会談だけで全部決めるので、おたくらも付き合え」
と宣言したに等しい
金があっても物を売ってもらえなくなるってのはそういうことだろう
マトモな交渉プロセスを放棄した相手と商売しようなんてバカが、何処の世界にいる?


『NHK生討論から』
Q.子供手当てもいいけど配偶者控除廃止とかやりすぎじゃね?
A. 岡田「これは皆さんに誤解されてるからはっきり言いたい。
  「専業主婦が優遇されている現状を打破しないといけない。」


『こういう見方もあり』~なんだか救われるかも
実はこの民主大勝、官自民一体の茶番劇、壮大な自作自演のような気がしてきた

もしマスコミが韓国やら中国側の何かに乗っ取られていたとして、
日本のどこの大企業の1つからも津川さんのような声があがらないのは、流石におかしくないか
世界的大企業ともなれば、国内外を問わず情報網を持っているでしょう
それがあんなおかしなマニフェストを堂々と掲げている政党や、それを猛烈にバックアップするマスコミに対し
何の目立ったアクションも起こさないなんて
むしろマスコミの民主煽り、民主大勝を黙認していたと考えた方が適切
自民もやろうと思えば出来た選挙前逮捕等なしに、マスコミの過剰な煽りを放置し正攻法で選挙に臨み大敗

でももしそれこそが自民・政府上層部の望んだ結果であれば

結果出来た民主政権で何が出来るかというと、マニフェストの1つも実行できるか怪しい
逮捕者が出る出ないに関わらず、政策の不一致で不協和音が出てくるのは今から目に見えているし
その時に耐火ブーツ側のマスコミはこれまでと打って変わって、どんどん叩かれますます瓦解は加速
そんな状態で世界情勢の急激な変化にまともに対応できるかどうか

内政的には民主瓦解で、民主政権に群がるあれやそれやをまとめてポイする
対外的には「ごめん、今うちの中がそれどころじゃなくて」←ついでに民主政権に全責任丸投げおk

敵を欺くには味方から
日本からの膿み出しのためにも、作られた政治的混乱じゃないのかな
大敗したにも関わらず、自民がさらに分裂する気配がないし
なんというか、フフンがやめたタイミングと同じ何かを感じずにはいられない


開票結果を見た麻生さんのこの顔を見ると、上の説にも真実味が!?

| | Comments (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »