« MULTIPLEX FOX 四号機の大規模改修 その1 | Main | MULTIPLEX FOX 初号機墜落~改修 »

2009.07.13

MULTIPLEX FOX 四号機 ちょっと手直し

テストフライト前だけど細かい改修を。

先ずはアンプを交換。
Fox_324
金曜日にワールドモデルスさんに行って来たんで、格安の3cell専用アンプを試しに購入。
WTGなので経験的に性能には余り期待が出来ない&ユーザ設定も不可だけど、この機体には小型軽量で良いかなと思って。

併せてバッテリも新調。
Fox_325
WAYPOINTの480mAhでも重量的には何とかなりそうだったんだけど、サイズ的にちょっと厳しかったんでDESIRE POWERの360mAhを新規購入。パワー的には全く不満が無いと思うんで、軽さと相まってちょっと元気良過ぎる飛びになっちゃうかも?

そして搭載。
Fox_326
アンプは綺麗に収まったし、バッテリも2cellを載せていたスペースにジャストフィット。

早速土曜日の早朝に滑走離着陸が出来るグラウンドでテスト。
静止状態でフルハイにすると引きは充分で、これならペラサイズを4.5吋に落としても大丈夫かも?とはいえ現場に交換用ペラは持ち込んでいなかったんで5043のまま滑走スタート。パワーが上がっている為かラフなスロットル操作だと機体が暴れて真っ直ぐ走らず、更には機速に合わせてスロットルを上げていかないと江頭状態に。以前より良くなっているとはいえ、推力軸が高い位置にあるからこの辺りは慣れるしかないかなぁ。都合数回離陸に失敗して4回目位にようやく離陸。以前のスローフライ用ペラと比べると回転数でパワーを稼いでいる為なのかちょっとUPを引いてやらないと浮かないんだけど、ひとたび上がってしまえば以前よりはかなり素直な印象でスロットルからエレベータへ入れていたミキシングも見直してやる必要が。以前はフルハイでUP方向へのミキシングだったのが、改修後は逆にダウン方向へのミキシングに。機速が上がったのもあるけど元々の機体特性として頭上げの癖があるから当然といえば当然なんだけど。着陸は相変わらずコロッと行くギリギリの速度の見極めが難しくて数回失敗したけど、アンプの癖やペラと推力のバランスが掴めてくるとどうにか成功率が80%程に。野球の内野程度のスペースがあれば充分にタッチアンドゴーして遊べそう。

一応第一弾の改修はOKそうなので次に向けて。
Fox_327
下翼の上反角を元に戻して上下翼にエルロンを追加してやると、今回のパワーUPと併せて多分ピッツ並みの機動性になってくれそうな感じが。スローフライト性と上手く両立させる方向で弄っていくのが課題かな?
そうそう、初回テストを受けて上翼のモータマウント直後から前後方向にカーボンスパーを埋め込み、若干スラストをダウン方向へ振ってみたんだけどフルハイではまだちょっと足りないかも?でもハーフでゆっくり飛ばしている時や無理やりラダーでロールしている時の安定は悪くないんで、一応はこのままで第二弾の改造へ移ってみようかと。

そこそこ軽量でパワフルなサーボを用意して、これだけ飛んでくれるのなら受信機も載せ換えた方が良いのかも???

|

« MULTIPLEX FOX 四号機の大規模改修 その1 | Main | MULTIPLEX FOX 初号機墜落~改修 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« MULTIPLEX FOX 四号機の大規模改修 その1 | Main | MULTIPLEX FOX 初号機墜落~改修 »