« May 2009 | Main | July 2009 »

22 posts from June 2009

2009.06.29

今日のフライト

今日は夜勤明け。予報に反して良いお天気で ao さんが付き合って下さったので、指のリハビリと称して夕方にちょっと出撃。

雲は多かったけど到着した時にはこんな空。
0906292
小さく写っているのは ao さんのファンフライ機

その ao さんのフライトの様子。
0906294
今日明日とお休みとの事で、今朝も飛ばしてこれが本日二度目の出撃とか。最近マイナーチェンジされた機体もすっかり指に馴染んでいる様で、軽量なファンフライ機にはちょっと辛い数mの風の中でも自由自在に飛ばされていましたねぇ。

私は先ず FOX 参号機から。
0906293_2
ao さんにも飛びを見て貰いながら、あれやこれやと問題点と対策を検討中の図。多分細かい事の積み重ねだと思うんだけど飛ばしていてどうにも違和感が払拭出来ないんで、再度あちこち見直しをしてやらないとかなぁ。

上空から。
0906291
この後、飛ばしているうちにポツポツと雨粒が落ち始めて結構な降りに。ao さんはほぼバッテリを使い切った後だったけど、私はまだ数本残っていたので木陰で一服しながら様子を見ていると止んでくれたのでフライト再開。

トラウマになるのも嫌だったので、指の怪我の原因になった GUANLI LIEBAO も2フライト。空模様もちょっと怪しかったからさっさとバッテリを消費するのにバキューンと上げてダイブさせたりとか色々やってみたんだけど、主翼の強度に不安があるんで急激な引き起こしとか負担の大きな飛ばし方こそ出来ないものの、まぁそれなりに色々出来る事は確認。とはいえ、ちゃんとしたグライダーでもホットライナーでもないんで、浮きもそれなりだしやたら速いって訳でもないから中途半端と言ってしまえばそれまでなんだけど。要は飛ばし方というか遊び方次第って事なのかな。

他には、特にもう弄る所はないムスと FOX 初号機を飛ばしたり、折角のグラウンドだったので四号機では滑走離着陸の練習を。風向きにさえ気を付ければ離陸は問題ないものの、着陸は余裕を持って高度を落として来ないと無理な減速をさせちゃって着地の前にバランスを崩してしまう繰り返しに。結局今日の着陸成功率は2割位だったかな?もっと精進しないと。

帰宅後には昨日モータが回らなくなってしまった伍号機を再チェックしてみたんだけど、ゆっくりスロットルを上げれば起動はしてくれるんだけどハーフより上では脱調してしまってNGという症状で、どうやら原因はモータじゃなくてアンプの方みたい。モータのコイルが断線していれば起動する事も無理なんで、胴体内に埋め込んでしまったアンプが熱でやられた公算が大きそう。ひょっとするとコイルが半断線って可能性もあるけど、何れにしろ一度バラさないとだよなぁ…。

| | Comments (0)

2009.06.28

MULTIPLEX FOX 参号機更なる改修 と 本日のフライト

今日は午後からは雨になってしまったものの、午前中は曇り空ながらほぼ無風で気温も高過ぎないフライト日和。

先ずは更に手を入れた FOX 参号機から。
Fox_223
流石に小さくし過ぎたエルロンの動翼を改めて拡大。3cell カットビ仕様ならいざ知らず 2cell ではこの位のサイズが無いと、スパンも延長している為にちょっと効きが甘かったので。

そして尾翼周りも拡大。
Fox_224
主翼だけ抜き取らていた在庫機から、尾翼の後ろ半分を流用して水平尾翼を拡大。大仰角で上昇中の不安定さがこれで解消出来るか?

別アングルから。
Fox_225
ラダーも作り直して思い切って拡大。一応狙いは対気速度が上がった際の尻振り対策。

てな事で何時もの駐車場が開く6時より前から、久し振りにグラウンドで先尾翼側の舵角を増やした伍号機共々テスト。
参号機の方はゆっくり飛ばしている分には悪くない感触なんだけど、フルハイで駆け上がらせたり走らせたりするとまだちょっと尻振りの兆候が。大仰角時の不安定さもかなり改善されたものの完全ではない感じで、これはT尾翼の宿命なのかなぁ。
一方の伍号機は、低速で大舵打つと先尾翼側で失速しているのが解るけど、機速を付けて飛ばしてやればかなり機動性が上がって好感触。バンク時に機首側が落ち込む挙動にさえ気を付けていれば、フルハイでグリグリからハーフでまったり吊って飛ばすのまで、見掛けに寄らず緩急自在の万能選手。ラダーが無いからナイフエッジ系は無理だけど…。あんまり良く飛ぶんで今日は都合4パック飛ばしたんだけど、最後に急に吹けなくなってハードランディング。高温になった形跡は無いもののやや過負荷気味ではあったので、どうやらコイルが断線してしまった模様。この機体はアンプを完全に埋め込んじゃってるんで、主翼まで外さないとモータ交換は出来ないんだよなぁ…。

6時を過ぎたので何時ものエリアに移動し、参号機で空撮。
0906281

0906282

0906283
ジュンさんの新機種が初フライトだったので折角だからと頑張って追い駆け回してみたんだけど、流石に相手がスパン 2m の機体だとちょっと離れると距離感が掴めずに最後は思いっ切りニアミス。

動画バージョンはこちら。

問題のシーンは動画の最後なんだけど、観ての通り高度差がほぼ無い状態で今更ながらあれでよくぶつからなかったものだなぁと。

順番は前後するんだけど GUANLI LIEBAO でも空撮。
0906284

0906285

0906286
ジュンさんの機体とほぼ同じサイズで非常によく似ているんだけど、こちらは海を越えてやって来た hira さんの空撮機。昨日アンプが燃えて河に落ちたって事だったのに、すっかり綺麗になって復活している辺りが流石!

こちらも動画バージョンはこちら。

hira さんの機体は動画の7分半前後に映ってるんだけど、こっちの動画は編集する元気がなくて手抜きの尺合わせをしただけなんで、例によって適当に飛ばして観て貰えれば。

で、実はこの GUANLI LIEBAO の2フライト目を終えたあと、バッテリを外すのにキャノピーのネジを緩めようとした時にスロットルスティックに触れてしまい、右手の人差指をザックリの流血騒ぎ。絆創膏を頂いてどうにか止血出来たんで、事もあろうにジンジンする指でその後もフライト続行!そして今は夜勤で会社に来ていたりする訳で、一体何やってるんだか…。この機体はバッテリコネクタ外すのにねじ止めのキャノピーを外さないといけない構造なので、気を付けないとヤバいなぁと思っていたんだけどついにやっちゃった。幸い消毒を繰り返して痛みもそれ程でも無くなったし、破断面も比較的ズレ無く繋がっているんで、痛みが酷くならなければ縫って貰う必要までは無さそう。

という訳で、皆さんもペラには充分にお気をつけあれ…。

| | Comments (0)

2009.06.27

まだお仕事中…

折角のお天気だけどまだ帰れず。

今日は合流出来そうもないので気分だけでも昨日の動画を。

先ずは FOX 参号機から。動画の前と後ろで hira さんのファンフライと遊んで貰ってるんだけど、流石に同じ速度では飛べず最後は木に引っ掛かって墜落…。
モータがマウントから外れちゃったのでダウンスラストを減らして再固定してみたんだけど、飛ばした感じは違和感が無いというかロスが減った様に感じたものの hira さんは『納得行かん!』のだそう。主翼仰角を弄っていないから主翼とほぼ平行にすると見た目アップスラストになり、飛行姿勢が前のめりになるのが許せないらしい!?

そして折れペラを装備した EasyStar。

ちょっと賑やかなんで、早朝だと発航時はフルハイにするのが憚られる感じ。若干引きも減少してる感じだけど、グライドは良くなってるからどっちを取るかって事なのかも?
UP出来る長さが 10 分までなんで尺合わせで適当に切ったけど、それ以外ほぼ無編集なんで BGV 的に見て貰えれば。FOX よりは高度も取れているし揺れも少ないんで、場所が解る人ならちょっとは楽しめるかと。

| | Comments (0)

2009.06.26

今日の出撃

今日は夜勤なので例によって早朝に出撃。

6時前に飛ばし始めた頃はこんな空。
0906261
殆ど無風でまだ暑いって程じゃないし、飛ばすには絶好のコンディション。ただちょっとガスが掛ってるのと、蚊の攻撃が凄くて大変…。次回は虫よけ塗ってこないと。

夜勤明けの hira さんが先着して既にフライト中。
0906263
待ち合わせしてたのに遅れちゃってすみませぬ…。

この時飛んでたのはこの機体。
0906262
別名『香港シンジケート』の EPO 製グライダーで、スパンは 2m 越えのゆったりフライト機。拘りのリンケージとか結構唸らせてくれる作りなのに、何故か非力なブラシモータ装備。そのモータとペラは既に換装済で空撮機として活躍中なんだけど、無風時に高度を上げると動画撮ってるのに静止画みたいに映ってるとか。

hira さんのもう1機は何時ものファンフライ。
0906264
FOX 参号機の空撮動画からの切り出しなんでイマイチかな?頑張って寄せ過ぎてこのあと木に引っ掛けて落としちゃったし…。

そして久々に EasyStar に FlyCamOne2 を積んで空撮。
0906265

0906266
この頃になるとガスも晴れて来て、太陽光線が強くて CMOS のカメラじゃ辛い感じ。

今日の EasyStar。
Easystar_29
あちこち直してお色直しもしたんでちょっと綺麗?

実はこんなモノを装備。
Easystar_30
頑張ってバランス取ってはみたんだけど 3cell でブン回すとちょいと賑やか過ぎるかも?切って長さを合わせているせいもあるけど、普通のペラよりやや効率も落ちる感じ。でも滑空時の走りは解る位に違うんで、暫くはこのまま使ってみようかと。

で、外したペラはというと。
Fox_316
下が今まで使っていた7吋を詰めたペラで、上が GWS の 6050。
ちょいとダイヤは大きいけどブレードの形状としては GWS より静止推力が出そうだと思って FOX 四号機に装着。

早速飛ばした結果がコレ。
Fox_317
CT2211 には GWS の軽いペラの方が合っている様で、スロットルのツキがもう一つだったために引き起こしが間に合わずに機首から墜落。上翼がステーからポッキリ逝ってしまったので修理中。この機体でグリグリやるのも間違ってる気はするけど、やっぱり GWS に戻そう…。

昨日も書いた参号機はペラを交換後の初フライト。
Fox_221
8吋は流石にどうかと思ったけど、空撮機の性格を考えれば悪くないチョイスみたい。速度はそれなりだけど、引きは良いんで飛ばし易いし。

新旧バッテリの比較。
Fox_222
8吋にする前は手前の 3cell を積んでたんだけど、今は 2cell の 800mAh を搭載。この機体に載せるにはちょっと大きめだけど、容量に余裕を持って空撮したいし、少しは風にも強くなるし。

最後は伍号機。
Fox_419
今日も快調にフライト。次回までに先尾翼側の舵角をもうちょっと増やしてみようかと思ってるんだけど、どうなるかな?

実はコイツにも。
Fox_420
グライドが云々ってより、着陸時の破損を防ぐ意味合いから参号機で余剰になった折れペラを装着。今までは四号機と同じ GWS の 6050 を装着していたんだけど、ブレードの強度が増したせいかスロットルのツキも良くなって若干速度も向上したかも?意外にも良い感じだったんで、次回までにはアンプにブレーキ設定しなくちゃ。

てな事で正味1時間とちょっとのフライトを満喫。ソロじゃなくて話し相手が居てくれたのであっという間だったけど、条件も良かったし前回の河ポチャをこれでしっかり挽回出来た感じかも?

| | Comments (0)

2009.06.25

最近の空撮動画

編集する元気がなくて撮りっ放しなんだけど。

先ずは先週の土曜日 GUANLI LIEBAO の空撮から。

ペラを aero-naut のクラシックグラス 7x6 に変更後の初フライトだったかな?2cell 仕様にしたので装備重量も軽くなり、よりグライダーらしい(!?)飛びにはなってるんだけど、やはり沈下率はやや高めかなぁ。余りバンクさせずに旋回すればもっと落ち込みが少なくて済むんで、もうちょっと意識して飛ばさないと。
この日は早朝が雨でその後急速に回復して陽が射して来たんで、動画の 20 秒過ぎ辺りとか上昇気流に翻弄されているのがしっかり映ってたり。所謂サーマルと言えるところまでは育ってないもののピンポイントでは結構な気流が生じてて、ミニグラなんかもまるでノーコンになったかの様な動きをしてちょっと焦っちゃったり。

そして火曜日の FOX 参号機。

この動画を撮影した 30 分後位には映ってる流れの中にいたんだよなぁ…。
ほぼ北向きの土手なので、南東の風がちょっと強かったこの日は土手越えの風が巻くちょっと厄介な状態。それでも土手の高さよりも上にあげちゃえば比較的風向きは安定していたんで、風向を意識して飛ばしていれば飛ばし難いって程では無かったけど。
実は昨夜この機体もペラを換えちゃったんだけど、動画を撮影した時点では PILOT の 6x4 を装備。モータは先日換装した One Dime 2204-14T なんで Li-Po は 3cell で比較的回転数が高めの設定。ところがその高回転が仇になっており、先日ついに積んでしまった男ジャイロが振動で誤動作している事が発覚。静止状態で確認してみると、スロットル開度が 50% ~ 80% 位の間で何箇所かエルロンがバタバタするポイントが。このままじゃ上手くないんで CT2211-1700 を積んでた時は過負荷で使えなかった、ひでじぃさんトコの怪しい(!?) 8×4.5 を装備して 2cell 仕様に再度変更。バッテリには最近出番が無かったハイペリの LVX0800 を積んだんで、ほんの少し(カタログスペックで 6g)の重量増だけど重心は問題無いんでそう変化は無いと思われ。
振動の問題はこれで解決したんだけど、動画を観て貰えれば一目瞭然の通り FOX の持病とも言える尻振りがかなり顕著。恐らく実測で 3~5m/s 程度の風だったと思うんで、空撮機としてはこの程度の風速ならもっと安定してくれないと。スパン延長&上反角無の設定が悪影響を与えているのは明白なんだけど、ジャイロを載せてロール軸の安定が向上し分だけより目立つ様になってしまったので、次はコレを何とかしたいところ。スパンや上反角を今更弄るのは厳しいんで、尾翼の拡大で抑え込めればラッキー、ダメなら胴体延長しか無いかなぁ…。

| | Comments (2)

2009.06.24

Sonic Liner

FOX だ EasyStar だと Multiplex の機体は色々弄ってるのに。

こんな機体がラインナップに有ったなんて知らなんだ。
Headon
Sonic Liner と名付けられたこの機体、国内には入って来ていないけど見ての通りの先尾翼機で、スパンが 1265mm に全長 1300mm とやや大柄な機体に所謂 400 クラスのモータが双発のプッシャー機。
動画はこのあたりが動きが良く解りそうで、解説とノーマル機の動画は RCGroups のスレッドが一番解り易そう。
流石にこのサイズで主翼分割が出来ないのは国内事情にはそぐわない感じだけど、飛びを観ると基本的にはうちの伍号機と良く似た動きで、先尾翼も揚力を受け持つタイプの機体はこんな動きになるんだなと納得しちゃったり。

実はこの機体を見付けたのはこのカメラについて調べている時でこんな風に積んで飛ばしてる動画を観たからなんだけど、先尾翼らしい飛びでなかなか面白いかと。

ついでに先尾翼繋がりでRCの震電の動画を。バンジーはどうかと思うけど機速が速めの機体だから仕方が無いのかな?

| | Comments (0)

河ポチャ初体験

予告通り昨日は夕方に出撃したんだけど…。

平日だし当然の如くソロフライト。
0906231
FOX の参・四・伍号機に GUANLI LIEBAO そして EasyStar 更に先日来復活させようと頑張っている MicroBee の6機体勢でフライト開始。

ちょと南東の風は強かったけど良いお天気。
0906232
これは例によって参号機の空撮動画からの切り出し。
四号機はちょっと風に煽られながらも滑走着陸出来たし、補強を追加し動翼面積を拡大した伍号機も非常に良い感じ。どちらも風に正対させてホバリング気味に飛ばしてやると観ていても癒されるし。
続けて飛ばした GUANLI LIEBAO でちょっとモータ周りにトラブルがあったけど、新 Li-Po は収まりも良く重心位置もピッタリで無事テスト終了。
そして EasyStar を上げる前に先に MicroBee の調整をと思って手投げするんだけどイマイチ安定せず。思えばこの時にバッテリがずれて重心が更に狂っていたらしく、3度目にちょっとパワーを掛けて上空へ上げたら酷い後重心な感じで殆ど制御不能なまま河の流れの方向へ。何とか手元に戻そうという努力も空しく機体はそのまま落下。ブッシュを掻き分けて河原へ出ると機体は見事に流れの真ん中にプカプカと浮いており、回収艇でもない限り届きそうも無い距離…。

状況としてはこんな感じ。
0906230
下流にやや浅くなっている所があるので、慌てて荷物を纏めて下流へ移動。岸にポケットの物を総て置いて流れに入って行くと、前日の雨もあって水嵩は結構ある上に流れも速くて足元がおぼつかない状態。更に機体は思ったより遠くを流れていた為にギリギリのタイミングでどうにか回収したものの、その後岸まで戻るのがまた一苦労で残り数メートルって所で足元をすくわれてひと泳ぎしてしまう羽目に。無事に岸まで戻ったのは良いけど着替えも無い状態で全身ずぶ濡れで、バッテリコネクタだけ外したら暫し放心状態。とはいえ駐車場が閉まる時間が近付いていたんであまりゆっくりしている訳にもいかず、上着だけ一旦脱いで絞ったら荷物を背負ってとぼとぼと駐車場へ移動。ズボンが乾くまで待つ余裕は無かったんで、カーゴスペースに積んであったレジャーシートを座席に掛け、どうにか運転して帰宅。

一息ついて検証中の機体。
Microbee
まだ新しいハイペリの G3 は 3cell ともほぼ 0V で終了。回収時にかなりの熱を持っていたからアンプがショートしたんだと思うけど、発火しなかったのが不幸中の幸い。しかしバッテリがアウトって事は電源が生きていた訳でアンプはほぼNG確定、下手すると受信機やサーボも道連れの可能性も?色々考えても始まらないんで、この後サーボも摘出してケースを割ってブロアを掛け、そのまま乾燥。
今朝になって受信機にクリスタルを差込み、サーボも繋いで恐る恐る 1cell の Li-Po を繋いでみると普通にニュートラルが出てピク付きも無し。舵を当ててみても全く問題なく動くんで、様子を見ながらって事にはなるけど受信機とサーボは取り敢えず使えそう。当初から諦めていたアンプはテスターに繋いでバッテリを繋いだ瞬間、明らかにショートしてる状態だったので潔く廃棄決定。
この機体をどうしたものかと悩んだんだけど、去年の誕生日に連れ合いから貰ったモノだしもう一度飛ばしてやろうと思い、夜になってパックしていたテープを総て剥がして生地状態に。あちこち痛んでいるんで補強からやし直して、モータも積み替えてどうにかもう一度空へ上げてやろうと画策中。

てな事で結局昨日は EasyStar のテストのみ実施出来ず。幸い週末の天気予報から傘マークが消えたんで、日曜日には飛ばせそうだけど…。

| | Comments (0)

2009.06.23

MULTIPLEX FOX 伍号機 更に改修

この前の土曜日に飛ばし込んで気になった点を手直し中。

先ずは主翼の補強。
Fox_416
気温が上がって EPP も軟らかくなってるんで、急激な引き起こしなんかしちゃうとかなりの撓りが。重量増を嫌ったのもあるけど FOX って上反角を残してやると自律安定性が全然違うんで、今までは敢えてスパーを入れずにおいたものの流石にちょっとヤバそうって事で、主翼の前縁に左右貫通で 1.6mm カーボンロッドを追加。これなら最近伸びが凄い下草からの保護にもなるし、撓りもしっかり残るんで操作感はあまり変化させずに済むんじゃないかと。

そして先尾翼周辺も。
Fox_417
都度グラステープ止めしていたバッテリはベルクロテープで固定する方式へ変更。更に、動翼の両端は固定していたんだけど強度面の問題と舵の効きを強める事を狙って端まで可動に。

裏から見た方が解り易いかな?
Fox_418
改修によって尾翼の前半分が固定で、後ろ半分が丸々稼動する形に変更。それと、うっすら見えてるけど前縁にもカーボンスパーを埋め込み。ちょっとラフに頭から落としちゃうとどうしても先尾翼の前縁が裂ける事が多かったので、補強というよりはその対策といった感じ。

実は参号機もぼちぼち弄ってるんだけど、そっちはまだ途中なんで一段落してから纏めてUPしようかと。

ちょっと南風が強そうだけど、今日は梅雨の合間の晴れ間が覗いてるんで気力があれば夕方にちょっと出撃しようかと。この伍号機もだけど EasyStar の放熱の具合も確認したいし、新しいバッテリも試してみたいし。週末が傘マークじゃなければ無理する事もないんだけど…。

| | Comments (2)

2009.06.22

土曜日のフライトと日曜日の機体整備

当初予報では2日とも晴れてくれそうだったんだけど…。

土曜日は早朝に雨が。
0906201
でも急速に回復して陽が出てくると真夏の様な蒸し暑さに。

この日は珍客も乱入?
0906202
下流の方からエンジン音がしたと思ったらモーターパラグライダーがゆるゆると。かなり低空を飛んだりしてたけど大丈夫なんだろか???此処って風向きによっては航空路の真下なんで、便の時間と重なったら間違いなく通報されそう…。

サーマルはポコポコ感じるものの意外に小さい様で。
0906203
ao さんの Excel 位の機体なら結構浮いてそうだったけど、私の GUANLI LIEBAO や、ましてや FOX 参号機辺りじゃ上昇気流に弾かれはするものの残念ながら乗る事は出来ず。

早朝には先週から再度上空へ上げてやろうと試みている MicroBee を飛ばしたんだけど、モータが重くなってるからバッテリも重くしないとバランスが取れなくなり、結局 3cell 積んじゃったからペラは 4.75×4.75 なんてサイズで静止推力は以前と比べると心許ない感じ。フルハイにすれば凄い事にはなるんだけど、調整が済んでないんでハーフ位でリリースすると相当重さを感じる飛び方で、機速が付くまではかなり不安定な非力な EDF の様な飛び方。てな訳で相当に性格が変わっちゃったんで飛ばし方が解らずに四苦八苦してるんだけど、上空に上げてしまえばそれなりにカッ飛んでくれるからもうちょっと頑張って調整してみようかと。
他には EasyStar も持ち込んではいたんだけど、久々に e-Lightnig も飛ばしたりして疲れちゃったのもあったし、タイミング外して FOX 4機とミニグラを飛ばした位かな?先週と違って充電済のバッテリも残っちゃったし。

調整の続きや放電フライトは日曜日にと思ったら、早朝からしっかり本降りの雨。夕方には上がって風も弱かったらしいんだけど、疲れも出てたし家事もしないとだったので出撃は見合わせ。その分朝からメンテ作業を。Li-Po のバランスコネクタやメインコネクタの付替えや痛んでいるシュリンクをやり直したり、怪しいセルを外したパックをニコイチして新しいパックを作ったり、バッテリのメンテだけで半日は使ったかな?

こんなパックも新調しちゃったし。
Lipo_49
ベランカさんでセールになっていたんで GUANLI LIEBAO 用に一度使ってみたかった FlightPower の 1350mAh2s を。このサイズって 3cell は持ってるんだけど 2cell って無かったんで Mirage にも使えそうだなと思って。ただ見ての通りバランスコネクタがサンダーパワー互換なのでこの後付替え。

ついでにこんなセルも。
Lipo_50
叩き売り価格だったのでマイクロヘリに使えないかと思って一緒に頼んでみたんだけど、ちょっと容量が小さくて放電能力も低いかな?一度試してみてダメなら活用方法を考えないと。

そのマイクロヘリには。
Lipo_51
バラすのが惜しくて手付かずなんだけど、上のセルが使えなかったらコイツを単セル化して使おうかと。純正よりちょっと容量は減っちゃうけど 20C セルなんでパワーは問題ない筈だし。

でもってバッテリの後は機体の整備を。
Easystar_27
FOX の参号機と伍号機もちょこちょこ弄ってるんだけど、大物はかなりあちこち疲れが出て来ていた EasyStar。
先ずは底面の補修をしてスキッドには百均の家具滑りシートを貼付け。色が白で目立たなくなったのは良いんだけど、サイズが小さいから継ぎ目があるのがちょっと…。実際の着陸時に引掛かりがあるようだと再度見直しかな?

そして夏に向けてアンプの熱対策を。
Easystar_28
何も考えずに胴体内部に押し込んで組んじゃったから、マニュアル見ながら位置を探って先ずは吸気口を開口。色々吸い込んじゃいそうなんで園芸用のネットを貼ってみたんだけど、細かい種子の類はどうしても入っちゃいそうかな。排気をどうするかはまだ悩んでるんで、先ずは暑い日に飛ばしてみて状況確認しようかと。
ついでにコネクタが剥がれかけてたエルロンサーボの接続部分の見直しもして、カラーシートで仕上げ。ちょっと見た目が綺麗になったかも?

そのシートを買いに出たついでに新しい工具を調達。
Tools_22
カーボンロッドの切断には両刃ヤスリが良いという事だったので、試しに一番小さなサイズを購入。よく切れるカッターを使っても切断面からほぐれて来ちゃう事があるんで、これでそんな問題ともオサラバ出来ると良いなぁ。

今週はしっかり梅雨らしいお天気になりそうなんでじっくりメンテが出来そうだけど、週末までちょっと微妙?勤務の関係で日曜日しか出撃出来ないんで、出来れば雨は降らないで貰えると良いんだけど…。

| | Comments (2)

2009.06.19

アメンボ?

実は此処では紹介して無かったんだけど…。

以前ひでじぃさんトコでセールになっていた Walkera の 4#3Q をゲット。
43q_01
トイラジを除けば初回転翼って事でまだ満足にホバリングも出来ないんだけど、あんきもさんに試乗して貰ったらジャイロの効きも良くてなかなか素直との事。室内で飛ばすにはちょっと舵の入りがおっとりしている所はあるみたいだけど、それも初心者には優しいって事で練習するには良いかなと。

んで、その練習の必需品をサクッと製作。
Gear_281
準備したのは廃品利用のカーボンロッドに発泡スチロールのボール。

これを組み合わせて…。
Gear_282
アメンボの出来上がり。しっかり付けちゃうとケースに戻せなくなるんで、固定方法をどうしようか悩んでるんでまだ取り付けていないんだけど、これ付けて頑張って練習しないと。

スペアブレードは本体と同時に購入してあるし、懸案だったスペアモータも手に入ったから後は練習するのみ?派手に落とすと本体買い換えた方が早いって事になりそうだけど、室内でホバリングの練習している程度ならブレードに傷が付く程度みたいなんで、安心して練習に専念出来そう。いやはや良い時代になったもんですな。


今日のオマケ画像。
090619
昨日の夕方、家族で出掛けようと車のカバーを外したらフロントグラスにまだ小さいカマキリが。孵化してから余り日数がたっていないんじゃないかな?生き物好きの娘も喜んで写メを撮影。このまま走っちゃ可哀想なので草むらに放してやったんだけど、普通にこういう生き物に触れられる自然があるっていうのも良いものだなとしみじみ。

| | Comments (2)

2009.06.17

MULTIPLEX FOX 四号機の改修 と 参号機のテスト

明日の夜勤明けに飛ばそうと思ったのに予報では雨みたい…。

って事で出勤前に急遽近くの公園でちょこっとテスト。
090617
参号機の空撮動画から当たり障りの少なそうなところをチョイス。知ってる人なら何処だか直ぐに特定出来そうだけど…。
この時はまだ真上に分厚い雲があったけど、出勤する頃には陽が出て暑い位に。

その参号機はモータ換装によって引きが強くなり、狭いスペースからの発航も上昇角度が取れる分かなり楽に。ただ調子に乗って急角度で上昇しているとピッチ方向が不安定になるのは相変わらずなんで、お手軽に水平尾翼の拡大か、若しくは思い切って胴体の延長をしてやるまでは上昇時に注意が必要。一方の重心位置もほぼ狙い通りの位置になり、巻き込み癖はかなり収まったので普通に飛ばす分にはこれで大丈夫そう。速度を殺そうとあまり吊ってしまうと相変わらずゴロっと行くけど、問題になるのはピンポイントで降ろしたい様な場面だけだと思うんで当面は飛ばし方でカバーかな?

そして四号機もモータ換装。
Fox_314
今までの CT2211-1300 から、参号機から降ろした CT2211-1700 にチェンジ。要するに kv が上がっただけ。
中速でゆったり飛ばしている時は良いんだけど、フルハイにすると重心からかなり上の位置で推力が発生しているために如何にもそれっぽい動きに。UPを引けばちゃんと機首は上げるんだけど、微妙に頭を押さえられている様な感触が抜けないんで、モータの kv を上げてペラのダイヤを落とせば少しは改善されるんじゃないかと思って。

取り敢えず GWS6030 を装着。
Fox_315
ロールアウト時に装着していたのが正にこのペラで、ゴムスピンナーもその時の名残。前のモータではゆっくり上昇するのがやっとで殆どフルハイで飛んでたんだけど、今度はどうかな?

という訳で参号機と一緒に四号機もテスト。一番上の画像の右下に写っているそこそこスペースはある広場なので、滑走離着陸の練習も兼ねて。
バッテリをセットして先ずは手持ちでフルハイにしてみると、静止推力は kv1300+GWS7060 の時の方が出ていた様でちょっと引きが弱い感じ。でも飛ばない程じゃなさそうだったのでそのまま滑走離陸にチャレンジ。土の上に細かい砂利が載っている様な路面が昨夜の雨で若干重くなっていたので、タイヤが沈む程じゃないんだけどハーフ位では動き出さず、スロットルを 70% 程まであげてやってようやく滑走開始。動き始めはグランドループに入りそうになるんでラダーで修正が要るけど、速度が乗れば上空でのトリムそのままで真っ直ぐ走ってくれて、主脚の2つの車輪だけで綺麗に滑走。これは良い感じ。そこからほんの少しUPを引いてやると緩やかに上昇するんだけど、やはりこのペラだとちょっと引きが弱くてフルハイにしても『よっこらしょ』と上がっていく感じ。着陸はタッチダウンするまでスロットルを絞り過ぎないのがキモの様で、慣れればこの位の広い場所ならゆっくりアプローチして主脚で着陸、そのままスロットルを絞って尾ソリも接地と綺麗に決まってこれも良い感じ。う~ん、悪くないかも。
次回フライトではペラを GWS6050 に換えて再テストかな?上空の機動性がモータ換装前と同程度で、癖だけ無くなってくれていると良いんだけど…。

| | Comments (0)

2009.06.16

MULTIPLEX FOX 参号機 再改修

実は昨日、朝から熱が出てダウン…。

何時もなら昼まで寝ていれば元気になるんだけど、勝手が違って昼を過ぎてもフラフラしていたので外出はせず、先日重心に起因すると思われる不具合が出ていた Fox 参号機の改修作業に着手する事に。

何となくトルクも細い感じだったので思い切ってモータを換装。
Fox_219
従来は CT2211-1700 を積んでいたんだけど、今度は 3cell 常用って事で One Dime 2204-14T をチョイス。数g重くなるのでこれで重心もバッチリな筈で、3cell 時はペラサイズ 7×3.5 までOKって事だから短時間なら 7×4.5 の折れペラもギリギリ回せるかも?とはいえ、いきなり焼いちゃのも嫌なので今回は今まで使っていた 6×4 をそのまま装着。
換装にあたってはマウント込みの全長がかなり短くなるのでバルサでマウントを新製し、折れペラ装着の為にシャフトも打ち換え。これでほぼ同じ位置にペラを持って来られたので、大きく飛びが変わってしまっている事は無いと思われ。
因みに換装前の CT2211-1700 はメーカ公表値で 3cell 時に 6×4 のペラで 10000rpm 以上回って推力も 250g って事になっているんだけど、どうもそこまでの引きは感じられずにトルク不足で回し切れていなかった印象が。伍号機にも全く同じモータを積んでいて 2cell で GWS の 6050 がベストマッチで 7035 だと回し切れていない感じだったから個体差って訳でも無さそう。思ったよりトルクが細い様なので、このモータは結構ペラ選択がシビアかも?
一方の One Dime 2204-14T は ao さんのお気に入りで TAIYO 機の改造に際して 3cell+GWS7035 って組み合わせで何機も飛ばしている実績があるので、サイズとしては同じ 22xx クラスでも期待出来そう。実際に回してみた感触も回転の立ち上がりなんかが全然違う感じで、これなら垂直上昇も可能かも?

作業するのにキャノピー剥いだのでついでにメカも公開。
Fox_220
アンプと受信機はホントに隣接してるし、バッテリケーブルに至っては受信機の真上を通ってるんだけど、流石は Berg 4L だけあって今までトラブルは皆無。余裕があればもうちょっと何とかしてやった方が良いに決まっているんだけど、スペースに余裕のないマイクロ機では頼りになる Berg 4L の有難みを実感…。
胴体を結構切り刻んでしまってる関係で強度確保の為に本来キャノピーはしっかり接着しちゃってるんだけど、奥の手のジャイロを積むかどうか悩んでいて今回は未接着。テープで仮止めしてテストしてみて判断かなぁと。

| | Comments (2)

2009.06.15

日曜日のフライト

予報では雨だったので少しでも飛ばそうと早めに出撃。

駐車場が開く前に先ずは第二で。
0906141
雲は厚いけど直ぐに降り出す感じでは無かったので、再度ペラを換えた GUANLI LIEBAO とハブを換えてみた Fox 参号機のチェックを。参号機ではいつも通り空撮もしてみたんだけど、ハブ交換で重心位置が変ったのか高度 10m 程でスパイラルに入って立ち直る間もなく頭から土の上に。幸い真っ逆さまだったお陰でシャフト曲がりも無く、モータマウントが剥がれただけだったので瞬着で固定してフライト再開。やっぱり翼端からコロッと行く感じが強いんで、もう一度重心位置を見直さないと…。

6時を過ぎたのでいつものエリアへ移動。
0906142
hiraさんが通称『香港シンジケート』から購入されたグライダーは、付属のパワーユニットはちょっと非力で早速換装されており、ご本人の狙い通り空撮向きの非常に安定したスローフライトを披露。しかしスパン 2m の機体をハンドキャッチはやはり怖いんじゃないかと…。
そうこうしているうちに薄日も射し始めて天気予報とは裏腹のフライト日和に。雨模様で然程飛ばせないだろうと読んで、朝になって降ってなかったから慌てて充電した EasyStar 用のバッテリ以外はマイクロ機用のバッテリしか持ってなかったんで、私にしては割とゆっくりしたペースでフライト。Fox 伍号機を ao さんと hira さんに試乗してみて貰ったり、ちょっとマイクロ機に行き詰ってるジュンさんに初号機を試乗して貰ったり…。

1フライトだけした EasyStar の空撮から。
0906143
あんきもさんにサポートして貰って始めて画面だけを見ながらジュンさんの同型機を追尾してみたんだけど、ケツの取り合いなんかやってるとゲームでもやってるかの様な錯覚が。ガンサイトを付けたらもっと盛り上がると言われたんだけど、嵌ってしまいそうでヤバイかも???

その時の動画がこちら。

2分50秒過ぎ辺りで最接近しているんだけど、これでも 5m 以上は離れていたらしいんでもうちょっと寄せても大丈夫って事みたい。でも同型機で速度差があまり無いから出来る事ですな。ホントは横に並んでサイドからの撮影なんかもしてみたかったんだけど、流石にそれは被撮影機の側に一定速度で水平飛行をお願いしないと厳しそう…。

折角のお天気だったので、人の増える時間になって撤収した後にも再度第二へ。1本だけ残っていたバッテリで久し振りにムスを飛ばして、その間に充電したバッテリで Fox 伍号機を更に微調整。試乗して貰った二人とも始めは流石に飛ばし難そうだったので、幾らかでも癖取りが出来ればと思って再調整を始めたものの、先尾翼である以上は普通の機体と同じ様に飛ばないのは当たり前な訳で、結局は真逆とも言える最も機動性が上がるセットにしちゃったり。見た目にインパクトがあるんで、開き直って飛びの方もグリグリやれた方が見ている人にも喜んで貰えるんじゃないかと。

その伍号機を見て『コレが飛ぶのなら X-wing も行けるんじゃ?』なんて宿題を貰っちゃったので、取り敢えず頭の中で組み立て中。ただ、どう考えても交差した主翼だけでは飛びそうに無いんで、先尾翼付けちゃダメ?>さきさきさん

| | Comments (0)

2009.06.12

今日のフライト 動画あり (追記あり)

今日は夜勤で明日の出撃が厳しいので、出勤前の早朝にフライト。

今日のテストその1。
Liebao_06
8×4.5 の折れペラを装備してみた GUANLI の LIEBAO。kv2600 のモータに 2cell の組み合わせなんでギリギリ許容範囲かとは思うんだけど、怪しいペラでちょっとブレードが重いから微妙かな?ハブだけはOK模型のモノを使ってるんでガタは問題ないんだけど、静止状態でフルハイにするとちょっとバランスが崩れてる感じもするし…。

今日のテストその2。
Fox_218
正体不明ながらアルミコレットを使ってるハブに、今までは hpi のスプラッシュ用ブレードを組み合わせていたんだけど、3cell でブン回すにはちょっと強度に不安があったので LIEBAO にハブを供出してしまって残っていたOK模型の 6×4 のブレードを装着。流石に精度・強度ともバッチリで回転もスムースなのは良いんだけど、ブレードの強度が上がってロスが減った分モータの負荷がちょっと心配?

何時ものエリアと迷ったんだけど結局第二へ。
0906121
先ずは LIEBAO に MicroSD カメラを積んで、この機体では初空撮。折れペラは危惧していた通りフルハイでは微妙に振動が出てロスってる感じだけど、70% 位までのスロットル開度では引きも良好でバッテリが軽くなったのと相まってグライドも悪くない感じ。今までは 3cell で 5.2×5.2 なんてペラを付けてたから速度は比べるべくもないけど、主翼の強度も無いこの機体にはこの飛ばし方の方が合っている様な…。

この時撮影した動画がこちら。

スパンがひと回り大きいとはいえ、先日の FOX 参号機と比べちゃうとこの安定具合は凄いかも?殆ど無風の好条件だってのはあるけど、この直後に参号機で撮影した動画と比べてもハッキリ違うのは色んな意味で誤算かなぁ。大きなペラが付いてるから映り込んじゃってるけど、それを差し引いても悪くない感じだし。

参号機の方は静止画だけ。
0906122
早朝でまだ太陽が低いから、逆光になるとこのカメラではこの位が限界。実際には水面の具合とかもっと綺麗なんだけど、上手く表現出来ずに残念。
交換した折れペラは綺麗に回ってくれてるけど、やはりフルハイを続けるとちょっとモータが厳しい感じ。

更に動画からの切り出し画像を。
0906123
これは再び LIEBAO による撮影。揺れが少ないからもうちょっと悪条件でもこの程度の画質で撮影出来るかも?動画を見て貰っても解る通り、グライドは参号機とちゃんとした(!?)グライダーの間って感じで、速度も割と速め。でもお手軽サイズで気楽に飛ばせるから、いずれダイヤを落としたペラに換えてみるのも良いかも?

他には先尾翼の伍号機の舵角の見直しをしてほぼ納得行くレベルまで追い込んで、四号機では新しい脚を生かして離着陸の練習を。結局1回ずつしか成功しなかったけど、離陸速度も結構ゆっくりなんで更に練習すればフラットな路面なら結構上手く行くかも?合間に飛ばした初号機はいつも通りの飛びで、グリグリやって気分転換。

今日は帰り際に最後の微調整で伍号機を飛ばしている時に、恐らく河川管理事務所の職員さんだと思われる方に声を掛けられて暫く話し込んじゃったり。昔ちょっと飛ばしていた方らしく、こんな先尾翼機がそれこそグリグリ飛ぶ様はかなり奇異に映った様で、最近のメカ事情なんかをお話したら興味深そうに聞き入ってたのが印象的だったかも。確かに小型軽量のメカやバッテリ、それにモータが無ければこんなに簡単には飛ばないだろうし、そもそもこんなマイクロ機を飛ばすこと自体が相当難しそうだもんなぁ…。

この週末は出撃出来ても土曜日の夕方と日曜日なんだけど、どうもお天気は怪しそう。日曜日は飛ばしたいんだけどなぁ。


【09/06/14追記】
デコーダ設定を弄って参号機の動画もUP。

今回は手抜きして無編集なんで適当に飛ばして観て欲しいんだけど、かなりデコーダの設定を追いこんで見易くしてみたつもりが、いざUPしてみるとあんまり変わらず。公開用に再変換される時にかなり画質が変わっちゃってるのかも???

今日は曇りながら風が弱いフライト日和になった様で、遠征組も戻って賑やかに飛ばしている事かな?明日の早朝は天気予報に傘マークが付いちゃって微妙な感じ。運良く飛ばせても Fox 軍団位までかなぁ…。

| | Comments (0)

2009.06.09

MULTIPLEX FOX 伍号機の改修とテスト ほか

先尾翼を可動にした伍号機なれどどうも動きが安定せず。

てな事で予告通りに補強を追加。
Fox51
かなり目立ってるけど、動翼のヒンジに隣接して 3mm カーボンスパーを埋め込み。

裏面はこんな状態。
Fox52
これ以上長いと事実上先尾翼を二分する事になっちゃうんで、強度も考慮してこの位が妥当かなと。
今日早速テストもして来たんだけど、結果としてはバッチリ。主翼には補強を追加していないのに、先尾翼に補強を追加しただけでこんなにも安定するのかって感じ。舵の入りも良くなったし、何より大舵角を与えてもおかしな動きをする事が無くなって、安心して飛ばせる様になったのが最大の収穫。フルハイでダイブして引き起こしたりとか相当無茶な動きもさせてみたんだけど、制御不能になる様な事は一切無かったんで、逆に言えば先尾翼の強度が如何に重要かって事を再確認。

細かい事だけどこんな加工も。
Fox53
これは日曜日の時点で施工済だったんだけど、バッテリ搭載位置が先尾翼直下なんでケーブルがかなり長くて、ブラブラしてるのも邪魔だし抵抗にもなっていそうだったから胴体を彫り込んで埋め込み。無塗装だから丸見えだけど、胴体の保護も兼ねて梱包テープで固定。気持ちの問題だけどこれでスッキリ!

そんな訳で今日は伍号機のテストをメインにソロフライトに。
0906091
仲間内では第二と呼ばれている上流のエリアなんだけど、流石に平日は人通りも少なくてまったりゆっくりフライト。通りすがりの『昔は模型少年』って感じの人と話し込んだり、こういうのもタマには良いかも?

折角いつもとは違う場所なんで参号機で空撮も。
0906092
飛ばしている時には気が付かなかったんだけど、川に入って釣りをしている人も居たのね…。

因みに動画ではこんな感じ。

曇りだったからちょっと露出が厳しいけど、スパンの短い FOX でこれだけ撮れれば悪くないかな?

他には怪しいグライダーを 2cell で飛ばすテストをしたり、合間に四号機を飛ばしたり、ちょっと予定時間をオーバーする位にじっくりと飛ばして終了。テスト中の伍号機が無茶させ過ぎて手ノーコンで草に突っ込んでちょっと破損したけど、それ以外の機体は無事帰還したし、金曜日がまた夜勤になりそうで土曜日の出撃が無理っぽいので、その分前倒しで飛ばした感じかな?

帰宅後には四号機の脚を再取付。
Fox41
再取付とは言ったものの、実際にはステーから新製したので以前とは全くの別物。

ステーの取付状況等はこんな感じ。
Fox42
実はこのステー、伍号機にも使った F117 の遺品を加工した物。ピアノ線を曲げただけの前バージョンと比較して、脚の長さは短くなっているんだけど強度は大幅に向上。おかしな引っ掛け方すると主翼ごと持って行かれる危険性もあるんで気を付けないと…。

さて、後は A-10 を修理しないとなんだよなぁ。

| | Comments (0)

2009.06.08

日曜日のフライト ~動画編~

どうも体調が優れないながら、動画の編集が完了!

先ずは ao さんに接触しかけた FOX 参号機から。

本当に最後の最後に問題のシーンが。動画だと、よりヤバさが倍増?
画としてはスパンの長い機体にはやはり敵わないけど、ジャイロ載せたら幾らか改善されるかなぁ。この機体サイズのお手軽さは持ち運ぶ時は勿論、実際に飛ばすにも、撮影中の周囲への威圧感(!?)まで含めてメリットが大きいんで、もうちょっと頑張って空撮機としての完成度を上げたいところ。

そして秘密兵器装備の EasyStar の空撮。

今回は初っ端からジュンさんの EasyStar にぶつけそうな勢いで追尾。現状では基本的に目視で飛ばしているんで、これがモニター見ながら飛ばせる様になるともっとフレーム内にしっかり収められると思うんだけど、実は逆に難しかったりするのかしらん???
カメラの設定を修正して前回よりは幾らか観易くなってると思うんだけど、それでも何となくまだ違和感が。シャープネスをもうちょっと落とした方が画としては落ち着くのかなぁ。逆光補正はエリア設定を見直してみたんだけど、こちらももうちょっとエリアを絞っても良さそう。

今回はどちらもHDで編集してみたんだけど EasyStar の方の動画が何故か非常に巨大なファイルサイズに。全編でノイジーだから可変レートが殆ど下がっていない感じなのかな。更に YouTube がまたシステム変更になった様で、便利になった部分もあるんだけどUPに掛かる時間が延びた様な…。まだまだ色々工夫しないとかも?

| | Comments (0)

日曜日のフライト

土曜日は夜勤明けで疲れが出ちゃって結局休養日に。

その分日曜日は早朝からみっちり!?
0906071
ようやく安心して高度を取れる様になった FOX 参号機の空撮動画から。
前日の雨模様とはうって変わって早朝から良いお天気で、若干風の吹くタイミングはあったものの絶好のフライト日和。この時期なかなかこんな条件の日は無いかも?

同じ日、何時ものメンバーの半数はスロープへ遠征中。
0906072
なので割と新しいメンバー5人ほどでチェーンフライト。とはいえ陽が高くなってくると暑過ぎて集中力も切れ切れ?

hira さんの頭上ローパスをして遊んでいる時に。
0906073
すぐ後ろに立っていた ao さんに気付かずに『あわや接触!?』のピンチ。ao さんも、今度こそ叩き落とされたかと思った機体も幸い無傷で最後には笑い話に出来たけど、ホント気を付けないとだよなぁ…。

当の機体は FOX 参号機。
Fox_217
これは正にその時に ao さんが撮っていた画像みたいなんだけど、この角度だとちょっと凶悪な面構え?
結局 3cell 常用で行く事にしてペラを7吋から6吋にして行ったのが好感触で、引きも速度も良い感じだったんだけどパイロットが疲れ気味だったのが機体にも出ていたかも。
それと、これだけ綺麗な青空だと赤系統の機体はどうにも見辛くて、今更自分が赤緑色弱だった事を再認識したり。濃い色の翼の方が見易いと思っていたんだけど、自分の身体の事忘れてるなんてトンだ間抜け話。
てな訳で学生時代技術系に進みたかったけど、当時一気に広まっていたの CAD の画面が読み取れなくて断念したのを久し振りに思い出したり。

この日の FOX 軍団。
0906074
一番奥のジュンさんの機体がロールアウトだったんだけど、残念ながら重心位置等の問題で納得のフライトとはいかず。とはいえ次回までには修正も済んで、きっとみんなと空戦していそうだけど…。

四号機はこのあと脚をロスト。
Fox_312
時折土手越えに吹いてくる風に翻弄され、ハードランディングした際に取り付け部分が緩んでいた模様。フライト中に草の深いところで落ちていくのが見えたんだけど、捜索しても見つかる見込みも無さそうだったので後半は脚無しでフライト。カッ飛び FOX に弄ばれながらだったので脚が無い方が機動性が上がって好都合ではあったけど、やっぱりあるべきモノがないと寂しいからまた作り直さないとなぁ。

四号機のペラは結局コレかなぁ。
Fox_313
ハーフまでの感触は凄く良くて、楽にループするにはこのサイズが必要な GWS 7060。ただフルハイ付近だと反トルクもあるのかちょっと暴れ気味で、全域に亘ってリニアで違和感がないのは 7035 なんだけどこちらはちょっと引きが弱くて上昇力がイマイチ。悩んだんだけど暫くは引き続き 7060 で様子を見る事に。

先尾翼にも動翼が付いた伍号機も再調整。
Fox_412

Fox_413

Fox_414
初めは GWS 7035 を付けて飛ばしてみたんだけど、どうやら回し切れていない様でイマイチなフィーリング。で、敢えてサイズダウンして 6050 を装着して飛ばしている際の画像がこの3枚。
先尾翼とエレボンの舵角を微調整したり色々やってみて、ちょっと負荷を掛けてみようとダイブからの引き起こしをしたらそのまま姿勢を崩して機首から土の上に墜落。速度も出ていたんでこの日はもう飛ばせないかなと思って回収に行くと、ペラの先がちょっと裂けた程度で土を払ったら元通りに再フライトが可能。流石は EPP って所かな?因みに上の画像はその裂けたペラでのフライトの様子なんだけど、こうして見ると全然解らないよなぁ。
その後も色んなパターンで飛ばしてみたんだけど、どうも動翼追加で先尾翼の強度が下がり、高負荷時に捩れて姿勢を乱してる様子。主翼共々撓らせる事を狙って補強は追加してなかったんだけど、先尾翼には補強を入れないと安心して飛ばせない様なので次回までにはカーボンスパーを埋め込む予定。

その 6050 を装着している状態。
Fox_415
6030 ~ 6030×3 ~ 7035 と来てスローフライ系の 6050 に落ち着いた訳なんだけど、この機体には引きも速度もベストマッチの様でスロットルと機速がリニアに連動する感じが好感触。恐らく完成してから最も速度が乗っている状態だと思うんだけど、そうなると今までは見えていなかった強度の不足している部分が露呈して、フルハイで舵を当てるのはちょっとおっかない状態。上で書いた様に先尾翼に補強は入れるつもりだけど、それ以上は重くなりそうで悪循環のループに入っちゃいそうだから、カーボンスパー1本だけで解決してくれると良いんだけどなぁ…。

この日は秘密兵器用にこんな新兵器もテスト。
Gear_280
7吋の所謂フォトフレームなんだけど、珍しく外部入力付きで電源も 12V なんで HMD 導入までの繋ぎに使えないかと思って。既にカタログ落ちしているモデル故か価格も \4,999.- とお手頃だったので、イザとなれば他の用途に転用すれば良いや位の気持ちだったんだけど、これが意外に炎天下でもそれなりに画面がクリアに見えたんで暫くはコレを使ってフライトする練習をしてみようかと。

ao さんの呪い?
A10_25
暫く飛ばしていなかったので、折角の好天だからとバッテリを充電していった A-10 の2フライト目。伸びて来た草に足を取られて滑走離陸が出来なかったので初めは ao さんに投げて貰ったんだけど、垂直上昇出来る位の推力はあるんでバッテリ交換後に思い切って自分で投げてみたら発航はあっさり上手くいったものの、着陸でちょっと草の伸びたエリアに降ろしてしまい前足を引っ掛けて急停止、Gに耐えられなかった機体はご覧の有様に。発泡だから直すのは問題無いんだけど、補強をどうするか悩んで未だ未着手。

最後の最後にちょっとケチが付いちゃったけど、因果応報?自業自得?だし、好天の下みっちりフライト出来たから大満足。ちょっと陽に当たり過ぎて軽い熱中症で午後が辛かったのはナイショだけど…。

| | Comments (4)

2009.06.05

MULTIPLEX FOX 参号機&伍号機の改修とテスト

今度の週末も何やら生憎のお天気の様で…。

今日は夜勤で遅出だったので早朝に出撃してテストを。
Fox_216
先ずは参号機。もうちょっとの余力が欲しかったので、バッテリスロットを拡張して禁断の 3cell 化。
ムスで使っている WAYPOINT の 480mAh3s を載せてみたんだけど、このパック今なら AIR CRAFT さんで吃驚価格で入手可能。最新のセルには敵わないけど、厚みがあまりないので用途によっては重宝するかも?因みに参号機にも幅、厚みとも綺麗にフィットしてくれたんで、積んでも違和感がない感じ。
一緒に写っている緑色のパックは KK HOBBY さん扱いの HiModel 製 500mAh 20C-28C で、厚みが WAYPOINT のパックに近かったので比較用に用意した 2cell パック。この機体で使わなければバラして回転翼に使えるんじゃないかって思惑も。
で 2cell と 3cell を交互に比較しながら飛ばしてみたんだけど、ペラが7吋なので 3cell では CT2211-1700 にはちょっと過負荷で回し切れていない模様。引きは良いけど速度が乗らない感じなので 3cell を常用にするならペラのダイヤを落とした方が良さそう。それはまた次回にテストかなぁ。

そして先尾翼可動がhiraさんからの課題だった伍号機。
Fox_411
昨日先尾翼の駆動に使うサーボが届いたので、夜になって2時間弱で施工完了。構想は頭の中にあったので、それに従って現物合わせで加工するだけだから結構早かったかな?
流石にフルフライングにしちゃうとガタを防ぐのも強度を確保するのも難しそうだったので、ちょっと大きめに動翼を切り出して左右の動翼は 1mm のピアノ線で連結。ちゃんとパイプも併用して繋いだのでガタは殆ど問題無いレベルだし、この機体の速度なら捩れも大丈夫なんじゃないかと。

リンケージはこんな感じ。
Fox_410
舵角は小さくて良いので、動翼側のホーンを長めにしてサーボ側は短めに。軽量だけど一応はデジタルサーボを使ったので、ニュートラルや保舵力は問題無さそう。
因みに受信機は 4ch なので、ラダーチャンネルにサーボを繋ぎ送信機のミキシングを駆使して制御。ラダーからラダーへ -100% でミキシングを入れてラダー操作をキャンセルし、同時にエレベータからラダーへミキシング。これで一応は想定した動きになったので参考まで。
雨が降り出してしまってあまりじっくりとテストは出来なかったけど、先尾翼にエレベータが付いた効果は確実にあった反面、先尾翼の失速も初体験しちゃったり。舵角は結構抑えてあったし、前回のフライトではもうちょっと吊れたと思うんだけど、サーボやリンケージの重量増で重心が 5mm ばかり前進しちゃったのも効いてるのかも???
実は同時にペラも換えてしまっていたので、思った様な速度が出ていなかったから失速に入り易かった可能性も。

その問題のペラがコイツ。
Fox_409
震電の6枚ペラに近付けようと思って付けてみた GWS の 6030×3 なんだけど、見た目は悪くない雰囲気ながら三葉は効率がイマイチの定説通り、引きも速度ももう一つで飛ばしていて余裕がない感じ。次回は同じ GWS の 7035 を試してみようかと。場合によってはスローフライ用の 6050 も良いかな?
このペラを取付けるのにあたって、三葉ペラはペラセイバーが使えないんで、ペラ折れ防止の為に胴体後縁に F117 の遺物のスキッドを追加。ペラの保護と安定性確保の効果はあったからペラを換えてもこのまま残すつもりだけど、気持ちの上ではちょっと F16 を意識したものの流石にこれは見た目にちょっと大き過ぎ?

明日の土曜日は雨でなくても夜勤明けで朝の出撃は無理だけど、最新の予報だと雨は土曜日のうちに上がってくれそうだから日曜日は飛ばせそうかな?今日の2機の追試もあるし、他にも手を入れた機体のチェックが出来ると良いんだけど…。

| | Comments (2)

2009.06.03

一応これでひと区切りという事で

今迄に製作した5機の FOX の動画を編集。

ダイジェスト版にしてみたのがこちら。

やっぱり最近の機体の方が収録時間が長くなっちゃうのは仕方が無いかな?
この中で弐号機はちょっと前に落としちゃった時にダクトが破損していて修理待ちの状態。
参号機は安心して空撮するにはもうちょっと調整したいかなぁ…。
四号機はほぼ完成で良いかと思うけど、もうちょっと見た目を綺麗にしてやらないと。
伍号機は先尾翼を可動にするって宿題が残ってるし、完璧なのは初号機だけ???実際一番安心して飛ばせるのも初号機だったりする訳で、そこは基本設計の良さなのねきっと。

てな事で5機RC化してみて思ったのは、なかなか良く出来た素材だってことが先ず大きいかなぁ。
細かい点では、この機体の EPP って表面処理の問題で塗装の乗りが非常に悪くて下手すると瞬着も弾いちゃうとか、翼端のカールアップの影響なのかロール方向にブランコみたいに振られる事があるとか、問題が無い訳じゃないけどそれもまた痘痕もエクボって思える位の出来の良さではあるんじゃないかと。重心さえ間違えなければストレートに組めば間違いなく飛ぶし、私みたいにゲテモノ作るにも値段を含めてお勧め!

最後に先日の夕陽でも。
090601
今後はじっくり腰を据えて各機の調整作業をしたいと思うんで、何かあればまた記事にしてUPしようかと。

| | Comments (0)

2009.06.02

MULTIPLEX FOX 伍号機 ほかの動画

昨日は娘が前日の体育祭の振替休日だったので。

撮影を頼んで帰宅後の夕方に出撃。
0906011
午後にはザーっとにわか雨もあったんだけど、18時を過ぎた頃にはこんな状態に。

東の空には綺麗な半月も。
0906012
東から南へコロコロ風向きが変わるけど 2m/s 程度の風だったので、日没まで間も無いし30分程続け様にフライト。

初めは何時ものエリアでと思っていたんだけど。
0906013
時間が遅くて駐車場が閉まっちゃいそうだったので、お散歩の邪魔にならない様にグラウンドのずっと奥の方でフライト。
風邪っぽくて何となくフラフラしていたんで機体の動きもちょっと怪しいけど、一応目的の機体の撮影は終了したので撤収。何時も付き合ってくれる娘にはホントに感謝!

てな事で先ずはコイツから。

H・S・Lさんで購入した A-10 と同じ GuanLi Model factory の LIEBAO ってグライダーなんだけど、これはヘリで有名な ALIGN 製 SPEED GLIDER のコピーで、hpi の SPLASH180 はこの SPEED GLIDER の兄弟機の OEM。
残念ながら製品のクオリティとしては劣化コピーって感じで、主翼の強度とかオリジナルとは比べるべくもないってレベルなんだけど、薄翼の割に浮きは悪くないから本来セットになっている 380 クラスのブラシモータでゆっくり飛ばすには問題無いのかも?
私の機体は kv2600 のアクターロータに 1050mAh3s で CAMSPEED 5.2×5.2 をぶん回しちゃう仕様なんだけど、ギューンと上昇させてまったりグライドさせると意外に良い感じ。機体のシルエットが『それ風』だからとパイロンレーサーばりに飛ばしちゃうと、補強を追加してあるとはいえ主翼が持たないだろうなぁ。

お次は重心を見直しした空撮用の参号機。

パイロットの体調が良くなくて、この日は殆どグライドはさせずに動きの確認だけで終了。

続いて細かく修正を加えた四号機。

今回はペラが GWS 7060 になっているんでループもOK。スケール的(!?)には 6050 の方がマッチしているんだけど 7060 をゆっくり回して飛ばす方が個人的には好感触で、向かい風ならそれなりにゆっくり飛ばしていても然程怖くはない感じ。ハーフ位で飛ばしている時のペラの音もそれっぽいし、見た目も含めて癒されるすっかりお気に入り機体かも?

そしてこの日のメイン、先尾翼の伍号機。

プロポの設定をちょっと弄ってあったんで始めはアタフタしてるけど、見た目とは裏腹に良く飛ぶのは伝わるんじゃないかと。カッ飛びって程の速度は出ないけどそれなりに緩急自在で、撮影用に連続ロールも何時もより多く回してみたんだけどヘロヘロしながらでもこの程度はOK。推力は装備重量にちょっと欠ける位だと思うんでループは『どっこらしょ』って感じではあるけど一応可能。
とまぁこんな感じで百聞は一見にしかず、かな?

| | Comments (0)

2009.06.01

MULTIPLEX FOX 四号機の調整 と 伍号機ロールアウト

もう打ち止めにするつもりで最後の予備機を組立。


と、その前に四号機の話から。
Fox_308
連れ合いに『脚は?』と言われたので取付。離陸は試してみたけどちょっと厳しい感じながら、飛んでいる姿がよりファニーな感じになったのでこれはこれでアリかなと。

下翼に上反角を設定。
Fox_309
補強が入っているのが翼長の半分くらいまでなので、両端を引いてやると良い具合に翼端上半角が。
ホントは張り線で引いてやれば角度調整も出来て良かったんだけど、丁度良い材料が手持ちになかったので 0.8mm のピアノ線で施工。テストフライトした感じでは角度はこれ位でOKだったみたいなんで結果オーライかな?

こんなところに安定板も。
Fox_310
実は前回の動画撮影時には既に取付済だったんだけど、風が強くて効果がイマイチ解らないままに終了。この週末は風もそこそこだったので色々やってみて効果を実感。こんなサイズのモノでも意外に効くみたい。

更に日曜の夜にはディティールUP。
Fox_311
連れ合いが言っていたのは『機体の脚』じゃなくて『アラレちゃんの足』だった事が判明したので、お座り状態でつま先部分を取付。更に、ゆっくり飛んでいるとカッ飛び FOX の餌食になってしまうので機銃らしきモノ(!?)も装備。


そして問題(!?)の伍号機。
Fox_401
これは散々苦労してどうにか飛ぶ様にしたロールアウト終了後の姿。
先尾翼の仰角が付き過ぎ&重心も相当後ろだったので、初回の手投げではいきなり頭を上げてお尻から墜落、というか軽いのでヒラヒラ舞っていた感じ。その後 EPP 製の胴体を撓らせて先尾翼の仰角を減らし、バッテリをギリギリまで前に出したんだけどそれでもフラフラ。仕方が無いので先尾翼の上に十円玉をテープ止めしてやると、滅茶苦茶ジャジャ馬ながらどうにか向きを変える事が可能に。

前部ウエイトの拡大。
Fox_402
その後、この画像の通りジュンさんの代理購入をしていた折れペラの代金に受け取った五百円玉に積換をして、巻き込み癖はあるもののなんとか周回が可能になった所で力尽き、バッテリの残量も無くなったので土曜日のテストは終了。
しかしこの機体、ひょっとして金食い虫???

後部はこんな感じ。
Fox_403
以前 ao さんには前後逆な FOX の構想は話していたんだけど、金曜日の晩にハタと思い立ってキャノピー部分に主翼をあてがってみると、これがほぼ同じサイズ!何処にどう翼を取り付けるかで悩んで形にならない状態だったから、糸口が見えてからは早くて各部の寸法を確認しながら頭の中に図面を書くのに1時間、その後の実際の切り出し作業に掛った時間が正味1時間、後は細かい調整をしながら日付が変わる頃には大まかな形にはなっていた様な…。
でも実際に接着して組み立てていく段になると更に細かく調整が必要で、モータベースの固定にメカスペースの確保や配線、それに動翼の切り出しまで終えて組み立て可能になった処で力尽きて一旦ダウン。残りは土曜日の朝からメカ積み、接着、リンケージと済ませて、昼からテストフライトに臨んだ次第。

その土曜日のテスト結果を受けてこんな姿に。
Fox_404
これは追試後に撮影したんだけど、作業は土曜日の夜に施工。
大きな問題だった先尾翼の仰角については、胴体を撓らせた状態で上面にカーボンスパーを埋め込んで接着。これでほぼ適正な状態に。更にロール方向の座りとヨー方向の安定性が非常に悪かったので、全翼機では定番の安定板をプラバンから切り出し、主翼前縁に若干のトーインを付けて取付。垂直尾翼が小さめなのは完成時から危惧していたので、この加工自体は想定内。

そしてバッテリはこんな位置に。
Fox_405
狙った重心位置にするにはここまで前に出さないとダメだったので、強度がガタ落ちになる胴体には補強を追加し、バッテリの保護と巻き込みの防止を兼ねたスキッドを新設して対応。

そして改修後の追試の様子。
Fox_407
例によって撮影は ao さん。何時もありがとうございます!
前日のロールアウト時の悲惨な姿を見ていたのは、その ao さんとジュンさんが途中からの合わせて2人だけで、他のメンバーはこの時が初見だったから、改修がほぼ狙い通りに決まってこんな形の機体が安定して周回しているのはかなり奇異に映ったみたい。まぁこんな改造する奴はそうは居ないだろうから無理も無いと思うけど、先ずはしばし絶句して次に『変!』と言うのが普通の反応かと。大方の意見は『イカみたい』という事だったんだけど、中には『カッコ良い』なんて言って下さる方も居て嬉しい限り。

更にテスト中。
Fox_408
先ずは飛ばす事を目標に制御系をエレボンにしたので、急角度で降下してると引き起こしは機首の重量を感じるというか、かなりかったるくてそのまま墜落という場面も数回。最近実機(主に戦闘機)で流行りの制御カナードみたいに可変にすれば機動性はかなり上がりそうだけど、この機体の場合には所謂揚力カナードで浮力も受け持ってい為に、ガタのない微細な動きをさせられないと安定性が損なわれるのは明白で、これは今後の課題って事で。
基本的には吊り気味でそこそこ低速も効くんだけど、そこからグラっと機首を落とすと戻すには即座にフルハイにして当て舵をするしかなく、直ぐ上にも書いた通り重心から前のモーメントが大きい為に挙動も正にそんな感じ。ただグライドは悪くなくて FOX 特有のスリコギっぽい挙動が殆ど出ないのは嬉しい誤算。
今のパワーソースは CT2211-1700 と GWS 6030 の組み合わせに、バッテリは enLipo 350mAh2s なんだけど比較的軽く仕上がってる機体とのマッチングは悪くない感じ。もうちょとパワーがあっても良い気はするけど、引き替えに重くなるならこのままの方が良いかなぁ。
あ、ヨー軸にはまだちょっと癖はあるものの安定板の追加でロール軸はかなり安定してくれたにも拘らず、ロール速度はかなりモノでしかも結構軸が通ってるんで、その気になればドリルロールも可能。真っ白だからロール後の機体の向きは次の舵を打つまで解らないのが難点ではあるけど…。

追試も無事済ませたのでパイロット搭乗。
Fox_406
機体色に合わせて有名な白いビーグル犬を。コイツは作品中でもパイロット姿で良く出てくるのでお似合い?

てな事で、殆ど思い付きの産物である四号機と伍号機は、現物合わせの施工にも拘らず意外に良く飛ぶ機体に仕上がりつつあって、改めてベースの機体の良さを実感してみたり。実は主翼無の機体がもう一つ残っているんだけど、これだけ楽しんだらもうお腹一杯って感じ。もうちょっと煮詰めたい参号機をはじめ、ダクト交換待ちの弐号機もあるし、当分は FOX だけでも戦えそう?

| | Comments (4)

雨の週末…

止み間が無かった訳じゃないんだけど。


土曜日は朝から雨で10時を回った頃から小康状態に。
0905301
ao さんがお昼前に出撃されるって事だったので、私も慌てて準備して昼過ぎからフライト。ジュンさんも同じ頃にはって話だったんだけど、なかなか現れずに ao さんと2人でさながらチェーンフライト。止み間は貴重だから…。

この日は ao さんの機体と併せて FOX が4機。
0905302
まだ最新のデータになってはいないけどao さんの機体データにある通りに、スパンを延長しているとはいえこのサイズの機体に 9A 流しちゃうとんでもない代物で、最新の状態ではナイフエッジループまでOK!
左手前に写っているのがこの日の私の隠し玉で、前夜思い立って一気に仕上げた伍号機なんだけど、詳細については別建てで。

結局『そろそろ良い時間だし最後の1本』なんて言ってたタイミングでジュンさんが登場し、この日ロールアウトだった一式陸攻のテストやminiトリトンを飛ばしながらのRC談義でそこから更に1時間程…。流石に15時近くなると腹も空く訳で、帰宅後の家人の眼が痛かったり。


日曜日は夜半に雨が上がり、早朝は薄日も射す様な天気。
0905311_2
前日のお天気もあってこの日は早朝から結構な人数が集結。私も含めてなんだけど土曜日の予定だった子供の運動会や体育祭が順延になり、早上がりしなければならないんでみんな駐車場が開く6時を目掛けて来たみたい。
私は9時には上がらないとだったので、前日問題だらけだった FOX 伍号機の修正後のテストを中心に FOX 兄弟を中心にフライト。ホントは EasyStar のカメラの調整もしたかったんだけど、結局そこまでは手が回らずに時間切れ。その代り最近手に入れた回転翼のお披露目&その道の先輩のあんきもさんに調整して貰えたので、これで雨の日も室内練習が出来そう。前評判通り初心者に優しい挙動の機体で、箱出しで殆どノートリムでOKだったし良い買い物だったかも?

この日は私の機体と併せて FOX がこんなに!
0905314
左奥が昨日もご一緒した ao さんの機体で、右奥は hira さんの機体、そして右手前が先日初飛行を終えたばかりのあんきもさんの機体。それぞれにオーナーの好みや考え方が出ていて、見ているだけでも楽しいのが良いところ?当然飛びもそれぞれで、まったり癒し系からカッ飛びまで十人十色。

例によって参号機で空撮。
0905312
小さな機体なんで、ここまで低空でグライドさせていても迷惑になり難いのが良いところ。

だからこれは空撮機だって言ってるのに。
0905313
絡んで来るのは hira さんのカッ飛び FOX。参号機じゃかわすのがやっとですぢゃ…。

そうそう、空撮といえば。
Microsdcam_08
愛用の MicroSD カメラ用のケースを新調。って言っても百均の印鑑ケースなんだけど、これがジャストサイズで良い感じ。

で、結局タイムリミットの9時までキッチリ飛ばして慌てて帰宅。連れ合いと娘の体育祭の見学に出掛けたんだけど、学校に着くちょっと前から雨が降り出して午前の部が早めに切り上げになり昼食休みに。娘が出る種目も午後になってしまったので、弁当を食べてしばし休憩していると薄日が。このまま夕方まで持つかと思ったんだけど娘の出場種目の途中から大粒の雨が降り出し、あと数種目を残したまま切り上げで終了。折畳み傘を1本しか持って行かなかったんで連れ合いと2人雨が弱くなったタイミングを見計らって最寄り駅まで戻ったものの、20分程の道のりですっかりずぶ濡れに。電車の中の冷房が寒くて今も喉が…。娘は日頃の行いが良いのかそこまでは濡れずに済んだらしいのは幸いだったけど。

| | Comments (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »