« February 2009 | Main | April 2009 »

23 posts from March 2009

2009.03.31

よつべに関する覚書き

忘れちゃいそうなんで、自分の為のメモ。

よつべの動画へのリンクを貼る時に URL のあとにパラメータを追加するとデフォルトで高画質再生になるって事なんだけど、色々検索して試してみたら 4:3 の時には &fmt=18 を追加して HD の場合には &fmt=22 を追加してやればOKみたい。直接投稿記事にプレーヤを貼る時には使えないのが難点だけど、実際に貼ってみるとこんな感じに。

4:3

HD

回線が遅かったり、PCのスペックが厳しいとカクカクになっちゃうので悪しからず。特に HD の方は自宅の私のマシンじゃ厳しかったりするんで、編集なんて絶対無理…。

| | Comments (0)

2009.03.30

どうにも体調が…

この前の2徹以来復調しなくて身体の芯が疲れ気味?

そんな訳で土曜日の朝は起きられず、早朝出撃は無し。
0903281
前夜にうたた寝しながら機体整備をしてたら全然捗らずにちゃんと横になったのが遅かったのもあるんだけど、眼が覚めたのは朝ドラ最終回が始まるちょっと前。風も強かったし慌てても仕方がないと開き直り、マナカナを観ながらちゃんと朝食をとって、更に機体整備の続きをしてからゆっくり出撃。エリアに着いたのは10時丁度位だったんだけど悪天候で既にみんな解散した後だったから、ダクト機も飛ばせる上流のエリアへ移動してみる事に。桜並木の土手はぽつぽつと蕾が開いている木もあったけど、まだまだ見頃はこれからって感じで人出も少なかったんで、そこそこ風は強かったけど30分ばかりソロフライト。

先ずは様子見でシャフト交換したムスを上げてみると、若干巻き気味ではあったけど基本的には正面からの北寄りの風だったので、続けて動作の怪しかった右翼のサーボのギア交換をした MicroBee をフライト。常に修正舵が必要でのんびり飛ばせる様な雰囲気じゃなかったけど、kvの高いモータに交換してペラを小さくした F117 もちょっとだけテスト。強風であまり満足なテストは出来なかったけど、7吋のペラを付けてた時の様な余裕の推力って訳にはいかないながらも、まぁそれなりに飛ばせる事だけは解ったし、何より今回のモータ交換の狙い通りにかなり音が小さくなったんで方向としてはOKみたい。

そしてコイツもモータを換えたんでテストフライト。

kv値がほんの少し小さくなってるけどトルクは倍増してるんで、この時付けていたAPCの7×5Eでは負荷が軽過ぎる位の感じ。クリアランスがなくて無改造では付かないんだけど、何とか8吋を付けられたらかなり飛ばしやすくなりそうなんだけどなぁ…。

強風ならダクトでしょって事でお次は3s仕様のe-Lightningをフライト。

横風だとロール軸がちょっと落ち着かないけど、3s載せてる時は余裕の推力があるんで少々の風なら問題なくフライトOK。ただやっぱり着陸は厳しかったけど。

最後は何時ものエリアだと五月蝿くてちょっと躊躇しちゃうMirage。

距離が取れなくてキッチリ風上から風下って飛ばし方にはなっていないけど、ダイブさせながらフルハイに入れてやった時の雰囲気はこんな感じ。e-Lightnigと比べるとスパンが小さいから上げちゃうとちょっと視認性が劣っていたり、やや風に煽られやすい傾向があったりもするけど、パワーはあるし浮きは良いんでようやく或る程度思った通りに飛ばせる様になった感じ。でも見た目は既にボロボロだしとにかく騒々しい機体なんで、この時飛ばしている直ぐ裏で建築中のマンションの入居が始まったらいい加減退役かなぁ。

帰宅後はネモメアにどうにか8吋ペラを付けてやろうとマウント部を嵩上げしたり、パワーソースはOKそうだったんでサーボ交換等ちょっと大掛かりなF117の整備を。

そして日曜日。やっぱり何時もの様には起きられずにちょっと出遅れ。
0903291
お仲間のsioさんが初EPP機のライトニングを仕上げて来ての初フライトだったんだけど、残念ながら間に合わず。でも良く飛んでたって事で何より。

結構風はあったけど先ずはペラを大きくしたコイツをテスト。

音だけはファンフライみたいで周囲からは『立たせて』なんて言われちゃったけど、流石に動翼の面積が足りないからホバリングは無理だってば…。でも静止推力が大きくなった分だけ飛ばしていても余裕を感じられるし、あちこちガタが出ていた機体各部の補修をしたのと相まって、強風でもより安心して飛ばせる機体になったかも?ただそうなるとやっぱりエルロンにジャイロを入れたくなるんだよなぁ。

そして強風下でも遊べるといえば二代目空撮機のEasyStar。

雲も切れて青い空が顔を出し始めてくれたんで、強風で飛ばせなかったF117やA-10用のバッテリも積んで都合3フライト。大人しく飛ばしていると浮きが良くて全然バッテリが減らないんで、結局グリグリ飛ばしちゃってるし。でもそのお陰でこの機体も大分指に馴染んで来たから、グリグリが悪いって訳でも無いと思うんだけど…。

その後は段々風も弱くなり、日向ぼっこしながらRC談義を。小さいバッテリは幾つか残っちゃったけど、お陰様で楽しい時間を過ごせたんで充分満足。来週は日曜日が出勤になりそうだから、土曜日までに今週見つけた問題点の改修をしておかないと。でもそんな事やってるとまた新鋭機の導入は先送りかなぁ。

| | Comments (0)

2009.03.27

昨日の作業の続き

流石に病み上がりで殆ど作業らしい作業は出来ず。

唯一の作業が昨日修理したアンプへのヒートシンク追加。
Esc_05
お得意のPC用周辺機器からの流用なんだけど、ちょっと小さかったみたい…。一応石の中心はカバーしてるから大丈夫じゃないかと思うけど。

そして昨日ちょっと触れたサーボ。
Servo_01
見た目は何の変哲もない R/C HOBBY さんの 6g サーボなんだけど、下半分を分解してモータとポテメの配線を+-入れ替え済。細かい作業ではあるけど、幸いポテメが基盤直付けじゃなかったから丁寧に作業すれば逆転サーボが完成!

今日もあまり体調が良くないんで作業が出来るかどうかは微妙だけど、明日はそこそこ風の状態が良さそうだから新作のテストには良さそうなんだよなぁ。頑張って1機くらいは形に出来るかな?

| | Comments (0)

2009.03.26

アンプの修理と補給物資

昨日はまた眩暈が酷くてほぼ1日ダウン…。

頭痛も酷くて痛み止めを飲んで夕方になってどうにか復活。天気も良くなかったから出撃しようなんて気にもならなかったのは幸い?今日もまだフラフラしてるんだけど年度末で忙しいし連休は無理なんで頑張って出勤。

今朝はちょっと雪も舞ってたんだけど今は良い天気に。
Fuji_37
やっぱりこの時期の富士山は綺麗かも?

で、昨日は夕方から先日到着していた FET の換装作業。
Fet_02
取り外された無残な状態の石。特に右側の石なんてモールド割れてるし…。

復活したアンプその1。
Esc_03
半田が汚いんで一目瞭然だけど、手前の2つの石を交換。安価な EMCEE20A/P って代物だけど、直るとやっぱり嬉しかったり。手持ちのモータを幾つか回してみたけど、特に問題は無かったから当面の使用は問題なさそう。

復活したアンプその2。
Esc_04
こっちは手前の右側の石を交換。コイツは以前 enRoute さんでセールになっていた Hifei 10A で、そこそこ設定が細かく出来るんで使い勝手は悪くない代物。サーボテスタを使った試運転ではスロットルレンジが合わないのかフルハイでちょっと不具合が出ちゃったけど、普通に受信機に繋げばOKだったんで一応大丈夫そう。

折角半田鏝を出したんで、思うところあって逆転サーボを作ったりして昨日の作業は終了。

あとは最近着弾した補給物資の紹介を。
Chager_14
これが一番の大物、既に1台使ってるんだけど enRoute の L4 Li-Po 専用充電器。2cell のパックなら2つ同時に充電出来るのがウリかな?そのお陰で、バッテリが多過ぎて出撃前夜は充電が大変なのがかなり緩和される筈。

お次はモータの打ち換え用ベアリング。
Motor_11
手持ちのモータで多い 630 サイズと 730 サイズを注文。これでやっと FOX のモータを直してやれる…。

モータ繋がりで新しいモータ。
Motor_10
enRoute さんでちょっと前に発売になった enPower26-3400 で、一応 EDF やスモールカー用と謳われている代物。最大 30A で重量が 51g なんでまぁまぁかな?

そしてモータ整備用の工具も。
Tools_20
ラベルの通り 0.050 インチのヘキサゴンレンチ。一部の小型モータでは意外に使われてるサイズで、今まではL字レンチを使ってたけどいい加減舐めちゃいそうなんでまともな工具を新調。

最後は EDF のブレード。
Edf_33
うちでは e-Lightning に積んで活躍中なんだけど、既に扱いは無くなってしまった en-JET68 に使えないかと思って、新型 en-JET70 のスペアブレードを2種類注文。比べると随分形状が違っていて、新型はお馴染みの en-JET56 に良く似たブレード。こっちの方が強度がありそうだけど、静止推力は旧型の方が出ていそうな感じ?今度実際に試して見て具合が良ければ交換かなぁ。

| | Comments (6)

2009.03.24

ネモメア空撮~乗物酔い誘発動画編~

先日の強風下で無理くり飛ばした時の空撮動画。

どうしようかと思ったけど一応編集してみたので。

この機体はフラッペロンの設定にしてるんでジャイロは入っていないんだけど、こんな条件でも飛ばそうと思ったら思い切ってフラッペロンを捨ててジャイロを入れてみるか、もしくは片翼にだけジャイロを入れるのもありかも?
見た目は『如何にも自作機で~す』ってナリをしているんだけど EPP 製で殆ど壊れないし、ペラの位置がノーズじゃないからまず折る事は無いし、動翼拡大で一応エルロンもちゃんと効くし、その気になればほぼ垂直に上昇出来る位の推力もあるしで結構な悪条件でも飛ばせちゃう便利な機体なんで、もうちょっと手を入れても良いのかな。なんて事をこの日の無茶なフライトで傷んだ部分を修理しながら思ったり…。

| | Comments (2)

2009.03.23

ちょっとお疲れみたい…

先週は2徹して祝日の金曜日も出勤。

流石に疲れが出て土曜日は二度寝しちゃって遅めの出撃。
A10_22
良い天気になってくれたんだけど、早朝は無風だったのに私が現着した頃には若干風が巻いてる状態。
で、疲れもあってか折角修理していった A-10 の主脚をまた破損。今回は心配していたピアノ線の折れじゃなくて見ての通りブラケットの脱落。修理で結構グリグリやってたから既に接着剤が剥がれかかっていたのかも?

出撃が遅く家族連れのお遊びタイムと重なってしまい場所移動。
P51_60
懐かしの上流のエリアに移動し hira さん御一行に混ぜて貰ってのフライト。和気藹々と飛ばしてたんだけど、最後に引き起こしが間に合わずにムスを落としてしまってペラ破損。綺麗に折れてまんがな…。

帰宅後に最高速UPも狙って再度ペラ交換。
P51_61
今度は手持ちの7吋で一番ピッチの強い 7×6 を取り付け。テストの為に大き目のバッテリを繋いで回してみると、フルハイでは 15A を超えてしまいモータもアンプもヤバイ状態。試しにフライト時に使う 480mAh で試してみるとピークでも 12A 程度だったからこれならOKかな?

この日は壊れたアンプの貼り換え用 FET が到着。
Fet_01
良くお世話になってるこちらの通販を使ったんだけど、金曜日に頼んで翌日にはもう到着。送料は掛かるけど秋葉まで出る時間を考えたら結構便利かも?
因みに手前が出力段の MOS-FET で、奥がドライブ用の面実装 FET。作業はこれからだけど上手く動いてくれると良いなぁ…。

折角通販したんで、今回はこんなおもちゃも一緒にオーダー。
Tools_18
マルチテスターなんだけど、電流値が 10A までOKで更に温度・湿度・音量・照度まで測れる代物。現場に持ち込むと意外と面白いんじゃないかと思って。

そして日曜日は今にも泣き出しそうな空と早朝からの強風。
090322
ずっとこんな雲に覆われていて、時折風に乗って霧雨も。風も時間と共に強くなりラジ談義しているのも辛くなったので10時には解散。

そんな中でペラ交換したムスをフライト。
P51_62
流石に7吋ペラなんで 10m/s を超える位の風速になっても兎に角上げてしまえばどうにかフライトは可能。ピッチが強くなった効果はこの状況では何となくしか解らなかったけど、風上に向かってもそこそこの速度で飛べていたからちゃんと効果は出ているみたい。
でもこの日は南寄りの風が土手越えで巻いていて、4フライト目に地面付近の強烈な下降気流に捕まって機首から落ちてこの有様。流石に重量がかなり嵩んで来てるから、打ち所が悪いと簡単にシャフトが曲がっちゃう…。

修理していった A-10 は飛ばせる様な状況じゃなく、バッテリの放電にネモメアを数フライトしたけどこちらも最後は下降気流に捕まり離陸失敗。仕方が無いので地上でモータを回して残りのバッテリを放電。

帰宅後は機体の修理しながらこんな事も。
Tools_19
新鋭機用に受信機をオーダーしたついでにちょっと動作が怪しかった F117 のサーボの代替を頼んであったんだけど、動作確認したら結構音が大きくて動きも滑らかじゃないのが混じっていたので、サーボテスターの『サイクルモード』を使って馴らし中。劇的に静かにはならないけど、極々ゆっくり1時間くらい馴らしていたら動きはかなり滑らかになったからまぁ使えそうかな?本当は今夜辺りに載せ換えをしちゃいたいけど、何だか今日も朝からフラフラしてるから素直に早く寝た方が良いかも…。

| | Comments (0)

2009.03.20

最近のネタを纏めて

今週は徹夜勤務が2回あったんだけど今日も出勤。

今朝の富士山方向はこんな感じ。
Fuji_36
富士山は見えずに外輪山から溢れる雲が。あんまりこんな見え方することって無いんで何だか不思議な感じ。
今はすっかり晴れて来たんだけど、逆に霞んでしまって遠くは殆ど見えず…。

昨日は夜勤明けで昼過ぎには帰れたし、新鋭機に使う受信機も届いていたんだけど、流石に2徹の後で体力が続かずにダウン…。

夜になってコイツだけは修理したんだけど。
A10_20
ぱっと見では解らないけど、先日折ってしまった手前側の主脚を修理。
気が付いたらあちこち痛みもあったので併せて補修も。

解り難いんで新旧比較。
A10_21
手前で折れているのが元の主脚で、今回は奥に写っている 2mm のピアノ線を使って新しい脚を製作。硬さは結構違う感じで、硬くなっている分逆に折れ易くないっていないかどうかがちょっと心配?

他には手持ちのメカを整理して不具合のあるアンプのチェック。
Esc_01
これは手前の右側の石2つが怪しい EMCEE-20A/P なんだけど、逝ってしまっている石のデータシートを見つけられたんで、同等の石を探して貼りかえれば復活は出来そう。

もう1つの怪しかったアンプ。
Esc_02
最近お気に入りの HobbyWing Pentium-10A なんだけど、どうもパワーが出ないと思ったら右奥のドライブ段の石がプックリ。これは流石に型番が読めそうに無いから、似た様な石を探して来てダメ元でやってみるしかないかも?

最後は最近編集した動画を。

こっちは久々にフライト日和になった先日の空撮からの抜粋。ホントにハイライトを繋いだだけで何の芸もないんだけど。

もう一本は発掘した動画を編集したもの。

ネモメアでブイブイと低空を攻めながら ao さんSpirit of St. Louis を追い掛けてるんだけど、腰くらいの高さまである雑草の上や木の枝をギリギリにかすめているのはそれなりに迫力があるんじゃないかと。

| | Comments (4)

2009.03.17

F117 の騒音対策 ほか

昨日も飛ばしてみてやはり五月蝿いのでその対策を。

例によっていきなり施工後。
F117_18
今まで強度が落ちるのを嫌ってペラの後ろ側は一切弄ってなかったんだけど、もう他に手がないので思い切って開口部を拡大。ペラの直後のクリアランスはほぼ倍くらいにはなったんだけど、当然その分強度が落ちるんで斜めにカーボン補強を入れ、グラステープと梱包テープを併用して可能な限りの強度を確保。これで激しく尻餅つかなければ一応は大丈夫じゃないかと。

上面から見るとこんな状態。
F117_17
ao さんが振動対策に貼っていたスポンジは除去して、こちらもグラステープと梱包テープをペタペタと。なるべく抵抗になるものを減らし、且つ強度(とほんの少し重量)を上げて振動し難い様に心掛けて施工。

施工後に実際にペラを回してみると、確かに以前よりは静かになっている印象。音質もちょっと変わったんでそのせいもあるかな?いずれにしろ、これなら以前程は周囲を気にしなくても大丈夫なのではないかと…。

それと昨日神戸から届いたブツをちょっとだけ紹介。
Deko
切り出されたデコパネが大量に…。
今日はこれから出勤して夜勤の2連ちゃんなんで、仮組が出来るのは木曜日の午後以降かな?連休は天気予報が怪しいし、じっくりコイツを作るのが正解かも。

| | Comments (0)

2009.03.16

なんだかんだと言いつつも…

天気が良くて凪いでいるとつい出撃してしまう訳で。

帰宅後にバッテリを充電したんで今日はこの4機のみ。
090316
昨日飛ばせなかった St. Louis に風の状態を見るための MicroBee そしてムスのペラのテストに F117 の慣熟飛行。

ムスのペラは出撃前に7吋に交換。
P51_60
以前は F117 にも使っていたんだけど SF 系のペラなんで 7×5 とピッチはそこそこあるものの、そんなに速度重視ではない代物。交換後に電流値を測ってみるとピークでは 10A を超えるけど、安定すればちょっと 10A を切る程度。前述の通りアンプが定格 12A でバッテリも 480mAh 18c だからギリギリ許容範囲って感じかな?
反トルクが大きいから手投げにはちょっと気を使うけど、引きが良いから風があまり無ければスロットルハーフでも充分に発進可能で、実際に今日もスロットルは丁度ハーフの位置で手投げ。確かにちょっと反トルクで振られるけど、そんなに強く投げなくても真っ直ぐ押し出してさえやれば意外にあっさり上空へ。トリムとスロットルのツキだけ確認したらフルハイで垂直上昇!何処までも上がって行きますがな…。速度は予想通り速いと感じる程ではないけど、ダイブさせれば機体重量と相まってそこそこ迫力のある速度には持ち込めるんで、そこからなら高速ロールや引き起こしてのループもほぼ思い通りに可能。でもやっぱり全体的には動きが重いんで、次に大破したら流石にもう退役だよなぁ。

他の機体はと言えば MicroBee は先日の空中衝突の後遺症か右翼のサーボの動きが怪しくなって来ていて、時々ピク付いてヒヤッとする場面も。何も考えずにグリグリ飛ばせる機体なんで、大破させちゃう前にサーボ交換した方が無難かな?
St. Louis は7吋ペラに交換してから引きは充分で、或る意味『らしからぬ機動性』は見せてくれるんだけど、プロポのミキシングを含めた詰めがまだまだ足りない感じで、スロットル位置や対気速度で姿勢がコロコロ変わるのが何とも。じっくり腰を据えて煮詰めないと相変わらず手強い機体だよなぁ。
そして F117 はジャイロの感度調整がほぼ落ち着いて、昨日以上に風が無かったからコブラ状態で場周もどうにか可能に。フレア掛けてる最中のスロットルワークとラダーの当て方にも少しは慣れて来たんだけど、相変わらず背面から抜け難い癖が残ってるのがちょっと怖いかな?それとやっぱり音。もうちょっと静かに飛んでくれたら文句無しに『癒し系』になるんだけどなぁ。今日は他の3機がそこそこ静かな機体だったから余計にそう感じるのもあるのかも知れないけど、ラジコンとかに全く興味が無い人にしてみればフルハイの音はやはり騒音に感じると思う…。大径ダクトを積んでみるとか、抜本的に見直ししない限りはダメなのかなぁ?

| | Comments (2)

日曜日のフライト

土曜日から風邪気味で日曜日の朝も微熱があったんだけど…。

この日は 台長さん が遊びに来て下さる事になっていたので、風邪薬ダブル飲み&何時もより厚着をして出撃。

前日とはうってかわっての好天。
090315_1
雲ひとつ無い空で太陽が眩しかったので、そんな画像ばかり集めてみたり。

続いてもこの日の空撮動画からの抜粋。
090315_2
左上:こんなに影の長い早朝からフライト
右上:雪をかぶった富士山も
下2枚:e-Lightning の背面中にニアミス

そしてカメラにも造詣のある台長さんに撮って頂いた機体の画像を。
F117_16
それなりに言う事を聞く様になって、オーダー通り低空ローパス中の F117 のサイドビュー。
この位フレアを掛けてやるとハンドキャッチ出来そうな位の速度でも飛べるんだけど、問題は共鳴音が五月蝿い事なんだよなぁ…。

脚の付いた e-Lightning。
Elightning_24
足場が悪くて離陸に失敗し、結局は手投げ発進。着陸もヘロヘロで『諦めて脚を伸ばした方が良いんじゃない?』との声も。

訳あって初めて手投げ発進した A-10。
A10_18
お仲間の hira さんに上手に投げて頂いて綺麗に発進出来たんだけど、流石にちょっと重いんで独りで手投げは無理そう。

手投げの理由がこちら。
A10_19_2
この日1回目のフライトで、着陸時に草に足を取られたらしく主輪の片方を骨折!
これでは流石に滑走は無理なんで投げて頂いて発進は出来たんだけど、問題は着陸で下手に降ろすと翼端か垂直尾翼が吹っ飛びそうな雰囲気だったので、着陸コースと速度を念入りに確認しながら2回やり直しをして3度目のトライで無事着陸。良い練習にはなったけど、次回フライトさせるまでには脚を直さないと…。

そしてお恥ずかしい姿の LR-1 改。
Lr1_51
暫く悩まれた後『ひょっとしてこれは LR-1 では?』と気付いて頂ける台長さんは流石の TAIYO 機スペシャリスト!
まだ暫く飛ばしてやろうかと思うんで、次回までにはもう少し調整してお色直しもします、多分…。

最後は迎撃に活躍したムスの事を。
P51_59
『また生き返ってるよ』なんて言われながらどうにか復活フライトをしたんだけど、飛行特性が結構変わっていてもう1つしっくり来ない感じ。低速でも引くんだけどダイブしないと速度が伸びないし、何より飛ばしていて機体の重さをモロに感じるし…。重さは仕方が無いけど、速度の方はペラ交換でどうにかならないかと帰宅後に手前のIM産業の 6×4 から APC の 6×5.5 に付け替え。電流を測ってみると交換前は 7A に届かない位なんでちょっと負荷が軽過ぎの状態で、交換後は 9A を超える位になったのでこの辺りが適正負荷かなと。7吋を付けちゃうと恐らくはアンプの限界ギリギリ&反トルクでじゃじゃ馬になりそうだけど、この機体を退役させる前に1回は試してみたいかも?

てな事で、ちょっと体調が悪くてヘロヘロだったり、色々あったプチ飛行会も無事終了。次の連休は天気が微妙そうだし、今週は2日連ちゃんで夜勤が入ってるから、たまには出撃自粛して機体整備でもした方が良いのかも知れないなぁ…。

| | Comments (2)

2009.03.14

ムスタング復活!

明日は TAIYO 機で空戦をやるぞ!という事だったので…。

先日から不死身のムスの復活作業を。
P51_55
マウントまでは出来ていたので、重くなるのを承知でちょっとトルクのあるモータを搭載。モノは先日まで F117 に暫定的に積んでいた enPower28E-1600 で、以前の EMP 製より 10g 弱の重量増。

結局アンプは此処に搭載。
P51_56
モータが重くなった分、重心位置を考慮するなら胴体内に積むべきなのかも知れないけど、ケーブルの重さも馬鹿にならないしヒートシンクも持たないアンプなので。

カウルをつけるとこんな感じ。
P51_57
下側のカウルは手持ちを使ったのでペイントが無いんだけど、まぁ明日一日飛んでくれればOKなので良いかなと。
で、この画像 TAIYO のムスを見慣れた方だとちょっと違和感があると思うんだけど、実はモータのクリアランス等々の関係でノーズが 5mm 程伸びてたり。
重量増といいディメンジョンの変化といい、飛行特性にモロに効く所をこんなに弄って大丈夫なのかいな?

で、流石にぶっつけ本番は怖かったのでテストフライト。
P51_58
夕方になってようやく陽も射して来たので、エリアの偵察も兼ねてホントに1パックだけフライト。
モータの kv が下がってトルクが増しているのでペラは 5.5×4.5 から 6×4 に変更し、推力としては手元で垂直に機体を立ててフルハイにするとギリギリ登って行くかな?ってレベル。重心がちょっと前に出てトリムが出ていないところへ持ってきて風もちょっと強めだったので、3度目の手投げでようやく上空へ。トリムもどうにか取れたので飛びを確認してみると、重心位置とノーズの延長が効いて安定性は増してるけど、裏を返せば逆に機動性は低下。ダイヤが大きくなったペラは引きが強くて中速でも安心感はあるけど、ピッチが減ってしまったのでトップスピードはやや物足りない感じ。場合によっては明日現地で交換かな?

てな事でまた重くなっちゃったけど一応は復活したんで、明日の迎撃はどうにか大丈夫そう。でももう流石にあちこち限界なんで、そろそろ本気で退役させてやらないとだよなぁ…。

| | Comments (0)

2009.03.13

F117 テストフライト ほか

宣言通り、昨日は夕方にテストフライトへ出撃。

出撃機は最低限に絞り込んで4機。
090312
FOX-EDF は慣熟飛行、もう1機の FOX はモータ調整後のテスト、A-10 は新バッテリのテスト、そして F117。

FOX-EDF は土手越えの南寄りの風に翻弄されてちょっと緊張のフライト。もうちょっと静止推力があると風があっても飛ばし易いんだけど EDF50 に積換えるかまだ思案中…。

FOX は先週末に頭からアスファルトに落としてモータのベアリングが異音を出してたんだけど、洗浄と注油で取り敢えずは復活した様に見えたので実際に飛ばしてみて確認。結果としてはちょっと微妙?まだ時々音が出るので、フルハイにしても以前ほどの引きが無い感じ。プロポのミキシングを見直した後、調整が済んでないのもあって飛ばしていても違和感が…。う~ん、どうしたものか。

A-10 は昨日紹介した 1300mAh 3s のバッテリを積んでの初フライト。まずは 2200mAh 2s で飛ばしてから積換えてみたんだけど、足場が余り良くないのにも拘らずほんの 3m 程で離陸してしまってびっくり。軽い上にパワーがあるんだから当然なんだけど、垂直上昇も余裕だしこりゃなかなかに過激かも?ラダーが無いから流石に立たせるのは無理だけど。

そして F117 は合計2パックフライト。モータと同時にペラを APC の 7×5E に変更してみたんだけど、流石は推奨の組み合わせだけあって今までで最もパワフルなフライトで、ようやく『らしい』速度で飛べるようになったかも?ハーフでの引きも強くなってたんで、コブラに持ち込んでもかなり扱い易くなった印象。ジャイロの効きはしっかり体感出来て、バンクさせても巻き込まないからエレベータ引かないと旋回してくれないし、ロールも以前より軸が通る様に。ただちょっと修正が大き過ぎた様で、ハンチングしてはいないけどちょっと違和感を感じる場面があったりしたから(実は背面から抜けられなくなってちょっと焦ったり)、もう少し効きを弱めて週末に再度テストしてみようかと。

そして、夜には東北方面からこんな荷物が。
Yurakubou
思ったより大きな梱包で『!』な感じ。
今週末にはお客様をお迎えして TAIYO 機で空戦大会って事なんだけど、流石に今から組んでも間に合わないよなぁ…。

仕方が無いのでコイツを何とか復活させられないかと。
P51_54
モータをカウルにマウントするのは諦めて、バルサの積層でマウント用のベースだけは作ってみたんだけど、これで上手く行くのかな?このままじゃアンプが載る場所が無いし…。

| | Comments (2)

2009.03.12

F117 モータ換装 ほか

昨日は夕方に出撃するつもりでバッテリの充電までしたんだけど…。

セットしただけで力尽きてダウン。やっぱり夜勤明けは辛いわ。
F117_13
その代わり千葉方面に頼んでおいた補給物資が着弾したので早速投入。
向かって左が暫定的に使用していた enPower28E-1600 で、右はこのキットで本来の指定モータになっている E-MAX CF2812 (kv1500) 。見ての通り缶の長さが倍近くなり、重さは 10g 弱増えるけど取り付ける前からパワーUPの予感。
因みに、この画像はペラ位置の関係で両方のモータのシャフトを相互に入換した後の撮影。本来 CF2812 のシャフトはもっと長いので念の為。

実際に取り付けるとこんな感じ。
F117_14
同じシリーズのモータで台座に互換性があるから実際にはモータ本体を交換したのみで、シャフトも交換したからペラ位置もバッチリ。
手前には先日取り付けたジャイロが。本来はエルロンへ入れるべきところなんだけど、ミキサーとジャイロの食い合わせが悪いのか上手く動作しなかったので、テストケースとしてラダーへ挿入。パイロットがファンフライの経験は殆ど無くて、ラダーの当て舵が下手くそだから丁度良いのかも?

そして動翼の拡大。
F117_15
ちょっと画像では見難いんだけど、得意のクリアなプラ板を動翼の裏側に両面テープで固定する施工方法で、内側を重点的に拡大。初期のエレベータの効きがこれで改善されると良いんだけど、実際にはカット&トライをしながら煮詰める事になりそう。

これは F117 用じゃないんだけどついでに頼んだブツ。
Lipo_42
前から気になっていた LOONG-MAX 1300mA 3s 30C-40C がセール中だったので。
2cell でも充分に飛んでくれる A-10 なんだけど、たまには過激に飛ばしたいなぁって時にハイペリの 2200mAh 3s ではちょいと重過ぎだったので軽くて 40A 程度流せるバッテリを探していて、その条件にピッタリだったのがコイツという訳。何時もは同一銘柄2本は必ず頼むんだけど、今回は用途も用途だし1本だけ。いい加減バッテリの在庫も相当な数だし…。

てな事で F117 の整備も済んだしバッテリも充電済、天気も良さそうで風もそこそこ微風と条件が揃ったので、今日こそは夕方に出撃しようかと。

| | Comments (4)

2009.03.11

e-Lightning で 犬の散歩!?

A-10 でタキシング出来る楽しさを覚えてしまったので…。

e-Lightning にもステアリング機構を持った脚を追加してみる事に。
Elightning_19
このアングルだと特に変化はない様に見えるんだけど。

裏返すとこんな感じ。
Elightning_20
いつものエリアはあまり足場が良くないので、空気抵抗が大きいのを承知でかなり大きなタイヤを装着。敢えて『おもちゃっぽいお茶目さ』を狙ってみたんだけど、周囲の評判はちょっと微妙?
実際に飛ばしてみると明らかにタイヤ側に引っ張られる印象で、トリムはかなり修正が必要。強度もそこそこしか確保していないんで、ハードに降ろしちゃうと修正しないとタキシングは無理な事も。ダメじゃん!

一応細部を見ていくと。
Elightning_21
ノーズギアは大型機の尾輪を流用。本来はもっと小さなタイヤが付いているんだけどメインギアと同径に交換。

ステアリング機構。
Elightning_23
元々ステア可能な尾輪だったので、最低限の改造でシンプルにステアリング機能を実現。
当初は胴体に入っている補強用の檜棒に直接穴を開けただけの軸受けだったんだけど、ハードランディングで穴が広がってガタガタになってしまったんでアルミパイプを挿入して強度を確保。

メインギアはこんな感じ。
Elightning_22
簡単に手に入る材料って事で、建具の補強ステーをそのまま流用。
流石に直接機体に取り付けたら直ぐに取れてしまうのがミエミエなので、プラ板を台座として使用して胴体に接着。

嬉々として土曜日にテストした際の動画。


向かい風の条件に 2cell でのフライトとという事で、ちょっとUPを引き過ぎて2回連続で離陸失敗。3度目の正直で上がってしまえばトリム調整だけで普通に飛んではくれたけど、着陸も横風でゴロゴロ…。

ノーズギアを補修して臨んだ日曜日の動画。


今度は 3cell なんで離陸は問題なし。生憎の曇天で寂しい動画になっちゃったので、頭に改造の主目的だったタキシングの様子をちょっと収録。

一応当初の目的は果たした格好だけど、完成度は正直イマイチかなぁ。まぁ『良い勉強になりました』という感じかと。

| | Comments (0)

週末のフライト ほか ~ 動画もあるでよ

ちょっと御無沙汰の更新になっちゃったのは主に体調不良…。

日曜日から調子が悪かったんだけど、月曜日は眩暈が酷くてほぼ1日動けず。
昨日は作業立会いで休む訳にはいかずに頑張って出勤したけど、病み上がりで徹夜は流石にキツイかも。

今日はもうちょっと良い天気かと思ったけど、意外に曇ってる?
Fuji_35
コントラストが低くてこの辺が数世代前のコンデジの限界って感じ。
元気があれば F117 のテストで夕方に出撃しようかと思ってるんだけどなぁ…。

んで、ようやく今頃になって週末のネタを更新。
090307
先ず土曜日は風が結構強かったけど空は澄んでいて空撮も綺麗。
その風もこの時期としては一般的な北西の風だったから、慣れた機体ならフライトも問題なし。

これはこの日の最後に飛ばした EasyStar の空撮動画。


風が収まって来たんで撤収し掛けてたのに慌てて準備して手投げ。途中でオートカットが入って慌てて降ろしてるんだけど enRoute の P2 って充電後の電圧が高い状態だと 3cell を 4cell のバッテリと誤認する事があって、どうやらそれに引っ掛かった模様。何時もなら地上で暫くフルハイにしてバッテリを繋ぎ直してから上げるんだけど、慌ててるとダメダメだなぁ。

この日は F117 を前オーナーの ao さんとお仲間の hira さんにも体験試乗して貰って、ピッチ方向に癖はあるものの実にマッタリと飛んでくれるというのが共通認識に。
なので、やはり癒し系(!?)として調整を進める事に決定!

翌日の日曜日は風は収まって来たものの生憎の曇天。
F117_11
いきなり現場で缶スプレーを吹いて F117 のお色直し。
まだグラステープが目立つけど、機首が綺麗になっただけでも意外とイメージが変わるなぁ。

この日はペラを交換して持ち込み。
F117_12
メーカ不詳の 7×5 から今度は APC の 6×5.5 へチェンジ。
同時にペラ前の切り込みも大きくしたのが効いてか音は静かになったけど、スローで飛ばしている時の推力がちょっと足りない感じ。フレアを掛けてというよりコブラ状態で飛ばしている所から、体勢立て直すのにパワー掛けて上昇させようと思うとかったるい印象が。最高速度は殆ど変わらなかったんだけど、これはちょっと飛ばし難くなっちゃったかも。このペラは残念ながら却下…。

この日はネモメアで hira さんの ka-8 を追跡。
0903081
スパンの大きなスケールグライダーはやっぱり良いなぁ。

上の画像を切り出した元の動画がこちら。


固定カメラの機体で追い掛けてる割には頑張ってるんじゃないかと思うんだけど…。

そして EasyStar ではあんきもさんの同形機を追跡。
0903082
照度が低いからコントラストが結構辛いかも。

同じく切り出し元の動画がこちら。


前日と比べると空の色が全然違うし、下草の色も…。
ファームを上げた FlyCamOne2 は好天時の発色は良い感じだけど、曇天だと調整がかなり難しい感じかな?

この週末はこれ以外に e-Lightning の改修もして持ち込んだんだけど、それは別立てで。


全然話題は変わるんだけど、我が家の専属カメラマンが教えてくれた動画を紹介。
ガンプラ好きなら恐らく観た事はあるんじゃないかと思うこちらの動画。非常に良く出ているんだけど元ネタが解らないと凄さが伝わらないと思うんで、オリジナルを透過で合成してあるのがこちら。こうして観ると改めて完成度の高さに脱帽って感じ。個人的には久し振りにプラネテスが観られたのが嬉しかったり…。

| | Comments (0)

2009.03.06

昨日の出撃…

折角の晴れ間だったので夕刻に出撃。

ちょっと出るのが遅くなっちゃったけど出撃はこの5機。
090305
土手越えの南寄りの風が思ったより強くて St. Louis は手投げと同時に煽られて立て直す間もなく墜落~小破。
前回のフライトからちょっと間が開いた e-Lightning も着陸時にやはり煽られてキャノピーが吹っ飛ぶハードランディング。
それ以外はテスト中の F117 はあたふたしながらも2パックこなして、風に正対させてフレアを掛ければ凧状態で静止させられる事を確認。
FOX は風があるとやはりちょっと安定せず。サイドの投影面積が前後も上下もバランスが悪いから当然かも。
そして EasyStar は上空の風に乗ってガンガン上昇しちゃったので、何時もより高高度で空撮。

動画からの切り出し画像だけどこんな感じ。
0903051

平日の無人のグラウンド。
0903052

ちょっと雲が掛かってたけど夕陽とか。
0903053

e-Lightning は比べると低高度からの画になっちゃうけど。
0903054

ちょっと不思議な感じの雲。
0903055

風に煽られた着陸シーン。
0903056

ほぼ無編集だけど動画はこちら。


風が強かったから 2cell だと殆どフルハイでフライト。

どの機体も慣れない南風に手古摺ったけど、これからは南寄りの風になる事も多くなるからその意味では良い経験だったかも。

明日からの週末は低気圧が当初予想より南を通って土曜日は晴れてくれるみたい。日曜日はちょっと微妙だけど、1日だけでも飛ばせれば正直有り難いんでお天気に感謝しないとかな?

| | Comments (2)

2009.03.05

フライト動画3連発!

一昨日に撮影して貰った動画の編集&UPがようやく完了。

何だかよつべのサーバに駄々こねられて手間取っちゃったんだけど、今回も HD で編集したんで環境が許せば全画面 & HD で見て貰えると宜しいのではないかと。

先ずはこの日のメインだったコイツから。

編集ソフトのバグで音声が上手く繋がらなっかたので BGM で誤魔化しちゃってるけど、決して五月蝿いからでは…ちょっとあるかも?
曇天に色の濃い単色の機体で観難いかとは思うんだけど、飛びはご覧の通りペラサイズを大きくしたけど意外と機速が乗らず。推力も増えてるから飛ばすのは楽になってるけど、ちょっと期待外れだったかなぁ。フレアを掛けて低速で飛ばすのは結構簡単に出来るので、モデルになってる機体の性格を考えると邪道かも知れないけど案外『癒し系』なのかも?
それ以外で気が付いたのは、フラットスピンの兆候は殆ど無い事、キャノピー付近の形状の為か背面ではやたら浮く事、推力変化による姿勢への影響は高速側より低速側で顕著な事、この位かな?スロットルからエレベータへのミキシングをもうちょっと煮詰めてやると、普通に飛ばすのは問題ないレベルまではいけそうな感じ。

改めて動画を観ていて思ったんだけど、ひょっとして動翼面積をもっと大きくしてファンフライ的に飛ばすのもアリ???

そして Rev.2 になった Pitcheron な FOX。

機速を充分に付けていれば大き目のループも書ける位には調整が進んで、もうほぼ完成って事で良いかな?時々サーボのニュートラルが怪しくなるんで、その対策だけは考えなきゃ。

最後は A-10。

今まで機載カメラの動画しかなかったんで、外から観た画は初だったからちょっと気張って編集。
FlyCamOne2 のテストも兼ねてたんだけど、フォーマットし直したメディアではブロックノイズの問題は解消したみたいで一安心。
撮影って事であまり A-10 には似合わない様な飛び方もしてるけど、主翼に追加した補強が効いてて万歳しそうな気配は全然なし。ジャイロが効いてちょっとバタバタはしてるけど…。
当初計画は 3cell だったから当然 3cell でも飛ばせるんだけど、こうして観てるとそこそこの上昇力もあるし 2cell で充分かなぁ。

| | Comments (6)

EDF48 with 5200kv について

hiropapa さんのところで話題に上がった EDF について。

HobbyCityatorie_m_m さんで扱いのあるコイツ
Edf_30
我が家では LR-1 改(サラマンダーもどき)に所謂ポン載せ状態で使っているんだけど、折角手持ちにあるのでちょっと詳細な画像を紹介しようかと。

インテーク側。
Edf_31
見ての通りブレード面積はかなり小さめ。更にバランスがイマイチで瞬着を相当盛ってどうにか騙し騙し使っている感じ。当然個体差もあるとは思うんだけど、シャフトが細いからモータ側で既にブレている可能性も否定出来ないかも?

アウトレット側。
Edf_32
スペックの重量を確認して貰えば想像は付くと思うんだけど、モータはかなり小型。アウターロータで或る程度はトルクがあるだろうとはいえ、これだけ高 kv なのを考慮するとブレード面積が小さいのも仕方が無いのかも?

HobbyCity では kv の低いモデルもあるので、一般的にはこちらを 3cell で使うのがお勧めかなぁ。若しくは、少々力技だけど GWS の EDF50 のブレードを移植するってのもアリかも?

| | Comments (0)

2009.03.04

桃の節句にフライト

気が付いたらもう3月、ひな祭りだったのねぇ…。

という事で気分だけ。
Food_02
桜餅、好きなんだけど我が家で食べるのは私だけなので1個入りを購入。塩漬けの葉っぱが『んまい』んだよなぁ。

で、そんなひな祭り当日、前日は風で出撃出来ず、次の週末は天気予報がかなり怪しいって事で、雪の予報だったけど夕刻に専属カメラマンと出撃。

一応メインはコイツのテスト。
F117_07

F117_08

F117_09

F117_10
今にも雪が落ちてきそうな曇天で、ちょっと風もあって寒かったんだけど調整しながら2パックフライト。
只でさえ暗いのに動画からの切り出しで画像が荒いけど、なかなか良い雰囲気ではないかと…。

そして動画がまだだったコイツも撮影。
A10_16

A10_17
短時間だけどグリグリ飛ばしてるのを撮影して貰えたので満足。

もう一機、コイツも改修後の動画が未撮影だったので。
Fox_141
パイロットもようやく機体に慣れて来たんで、ロールやループもそこそここなして無事帰還。

冷たいモノがパラパラと落ちて来はじめたんで、都合30分も経たずに早々に撤収。

帰り道にコンビニに立ち寄って、カメラマンに報酬兼桃の節句のお祝いとしてケーキを買って帰宅。家の中がとっちらかってる(私の機体が共有スペースを侵食してるし)んでもう随分と長いこと雛人形は飾っていないんだけど、たまには出してあげないとなんだよなぁ…。

| | Comments (6)

2009.03.03

週末のフライト動画 ほか

先日ファームを上げてみた FlyCamOne2 での空撮テスト。

昨日UPした A-10 の空撮も既に新ファームだったんだけど。

これはいつもの EasyStar に積んで土曜日に撮影した動画。
ブロックノイズが目立つのは、ファームを上げた際に本体に入れたままでデータが飛んだカードを使っているからかな?それ以外では音ズレは綺麗に直った感じだけど、コントラストがちょっと強過ぎる画作りになった印象が…。
動画の内容としては ao さんと2人だけだったし土手に他の利用者も居なかったので、さながら EasyStar の性能試験の様な飛び方しちゃってるけど、この日は背面でも滑空する様な良い条件だったのでつい気持ちよくグリグリやっちゃったのかも?
前半では何度かダイブさせてみてるんだけど、そういう機体じゃないからあんまり楽しくは無いかも。後半は P-38 との異種格闘技なんかやってるし、鳥の群れと戯れてるシーンもちょっとだけ収録。

動作の怪しいSDカードについては、総本山のフォーマッタを入手して再フォーマットしてみたんで、次回にテストかな。


全然脈絡は無いんだけど昨夜娘が教えてくれたこちらのスレ。無茶苦茶レベルの高い絵師さんが揃ってまんがな…。ポケモンに興味がある方は是非どうぞ!

| | Comments (0)

飛ぶ事は解ったので~F117

ちょっと手を入れてみることに。

最終的にはツインダクト化が目標だけど、先ずはペラ仕様で或る程度飛ばし込んでみようと思って、今回はペラ交換と細部の修正作業を。

先ずはペラとその周辺。
F117_04
今回取り付けたのは EasyStar でも使っているメーカ不詳の輸入品。
サイズとしては 7×5 で、他の機体で使った感じでは APC よりバランスが取れていてそこそこの推力があり、硬さは GWS よりあるので撓り難い反面ちょっと折れやすい印象。価格も GWS 並なので消耗品として在庫しておきたいんだけど、購入先の atorie_m_m さんでは残念ながら長期欠品中。
モータとの相性としては 3cell だと多分幾らか過負荷気味だと思うんで、フルハイ常用はちょっと厳しいかも?
ペラ交換に併せて音量及び効率の改善を狙って、胴体の開口部も前方へ 15mm 程拡大し端部も尖らせてみる事に。加工後にちょっとペラを回してみた感じでは、ダイヤが大きくなった事による音質の変化もあって幾らか静かになったかな?という印象。構造的に普通の機体並みに静かにするのは難しいんで、強度との兼ね合いもあるからこの辺が限界かなぁ。

併せて各部の補強も。
F117_05
これは既に何度も折れている機首部分だけど、1つ上の画像の胴体尾部や垂直尾翼辺りにグラステープを追加し、それ以外にもネリワサを盛って強度をUPさせた箇所が数箇所。当然ちょっと重くはなっちゃうけど、実際に飛ばしてみて壊れそうな部分も解ったから、ダクト化するまで持たせるだけの最低限度の補強をしたつもり。

そしてプロポではミキシングの設定。
F117_06
双葉派の方には何の事やらって表示かと思うけど、意図しているのはスロットルを中立からUPするとエレベータがダウン方向へ、絞っていくとやはりダウン方向へとミキシングが掛かる様な設定。推力が上がってハーフより上だとフレア掛けなくても水平飛行してくれると思われるのと、スロットルを完全に絞ってしまうと頭上げが酷いのでその対策をしたつもり。微調整は実際に飛ばしてみてなんだけど、思惑通りになってくれるかどうか…。

これ以外ではリンケージの長さを調整したりとか、仮搭載していたアンプをもうちょっと容量の大きな物に変更したりとか、結構色々弄ったかも?

本当は昨日の夕方テストに行くつもりでバッテリまで充電したんだけど、予報では弱くなる方向だった筈の風が逆に強くなり、更には巻き始めてしまったんで流石にテストにならないだろうと思って断念。専属カメラマンにも依頼していたんで動画も撮りたかったんだけど、無念…。今日出来たらリベンジと思ってるんだけど、雪の予報だから無理かなぁ。

| | Comments (0)

2009.03.02

週末のフライト ほか

天気予報が二転三転したけど、どうにか2日ともフライト可能。

今日は良い天気なんだけどなぁ。
Fuji_34
久し振りに富士山が良く見えてるけど、風はちょっと強そう。

土曜日は前日の雪もあって足元が怪しくて水溜りも…。
090228
風は穏やかだったけど、降ろす場所が限定されて脚無しの機体はちょっと気を使う感じ。
天候もあってこの日集まった人数はちょっと少なめだったけど、私は例によって早朝から出撃して先日交換したレバーヘッドの感触を確認したり、ペラ交換してみた St. Louis の確認をしたり、新しい Li-Po のテストをしたりと例によってみっちりとフライト。
この日は久し振りにネモメアを飛ばしたら WAYPOINT の Li-Po (870mAh 3s) が2本使ってるうちの1本が怪しくてパワーが出ず、ちょっと飛ばしただけでオートカット。充電は普通に出来たんだけど、やっぱり時々は充放電してやらないとダメなのねぇ。
A-10 用に先日購入した MAXFORCE の 2200mAh 2s 20c は、実際に積んで飛ばしてみると重心も良い具合でパンチもそこそこあり、フライト時間も延びて良い買い物が出来たみたい。スペック的には余裕を持って使ってるんだけど、問題は耐久性かな?

帰宅後、夕方には家族で夕食がてら買い物に。
Flycamone_06
立ち寄った所謂百均の Seria でこんなモノを購入。

ずっと丁度良いサイズを探していたんだけど。
Flycamone_07
FlyCamOne2 用のケースで見ての通りジャストフィット。これでラフにポケットに入れていても安心かな?

翌日の日曜日は生憎の曇り空。
090301
前日の晩にお仲間の送別会があって出足は遅めだったけど、機体数はかなりの数でちょっとしたイベント並み?

この日も早朝から出撃して先ずはコイツの調整。
0903012
(撮影&画像提供:ミスターさん)
先にUPした通り ao さんに託された F117 をテストの為にヤッツケ仕事でメカ積みして来たんで、先ずはその調整から。
重心は問題なかったものの、それなりの機速がないと結構フレアを掛けつつ飛ぶ様になるんでトリムは大幅に修正が必要で、最初のフライトは飛行中ずっとUPを引きっ放しで最後は頭から刺さって終了。でも最終的には一応飛ぶ様になってくれたんで肩の荷が半分下りた感じ?

他には A-10 のテストも。
A10_14
ハイペリの 2200mAh 3s なんて重量級のバッテリ積んでドスンと降ろしたりしてたから主翼上面にしわが…。

初めから補強は入ってるんだけど。
A10_15
恐らくカーボンだと思うんだけど、主翼の前側に補強が埋め込み済み。
ただ丸棒だと意外に強度は無いんで、思い切って後縁側に 8mm 幅のスパーを追加。材質が EPS なんで瞬着が使えずネリワサでの固定になったんだけど、しっかり乾燥した後はガチガチの強度に。

その状態での空撮がこちら。

A-10 with FlyCamOne2」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

結構グリグリやってるんだけど全く主翼が撓む様子は無かったんで、これなら重たいバッテリ積んでも大丈夫そう。
ファームを上げてみた FlyCamOne2 は、画質的には余り変わった感じがしないけど音ズレは解消したみたい。ただ本体の液晶表示がちょっと怪しいんで、万人にお勧めって感じではないかなぁ…。

この日は ao さんFOX に更に手を入れてテストされてたんだけど、快調にフライトしている最中に私の MicroBee と正面衝突。

その MicroBee の破損状況。
Microbee_39
久し振りの登場がこんな画像なのがナニだけど、グラステープ補強まで入った EPP 無垢材がコレだけ綺麗に裂けてるんで、かなりの速度でほぼ正面から当たった模様。
私の機体は流石コンバット機として設計されているだけあってこの状態でも無事に着陸したんだけど、FOX の方はモータがマウントごと外れてしまい流石の ao さんでもコントロール不能で墜落…。幸い機首以外にダメージは無かった様で、双方修理時間は30分程度で済んだのは EPP 機ならでは。あれだけ追いかけっこしている事を考えればこれでも衝突回数は少ないのかも知れないけど、バルサ機との衝突だけは洒落にならないから気を付けないと。

朝から時折細かい雨粒は落ちていたんだけど、10時過ぎにちょっと本降りになったんでみんな慌てて撤収。
私も片付けを始めたんだけど A-10 用の大きなバッテリは自宅で放電するのも大変なので、機体に積んで放電していたらまた晴れ間が。で、勿体無い(!?)のでそのままフライト。無事放電フライトが終了したんだけど、まだ FOX 用のバッテリもまるまる1本残っていたので A-10 をバラした後にひょいっと手投げ。日差しのお陰でサーマルがポンポン出て FOX ですらあんまり降りてこない状態だったんで結局20分近く飛ばしちゃったかな?ハンドキャッチもこの前から練習しているんだけどこの日最後のフライトでは残念ながら掴み損ね。まだまだ練習しないと…。

| | Comments (2)

新しい課題

こちらで書いた通り、新しい機体を師匠から託される事に…。

お仲間の ao さんこちらから購入された F117 、残念ながら初フライトで瞬殺されてしまい危うく蔵の肥やしになるところを『♂いぬ♂さんならこういうの得意じゃない?』と託される事に。

受け取ったのが土曜日で日曜日にはフライト。
F117_01
『ツインダクトで!』と宣言してしまったものの、予定していた EDF55 をツインで積むにはリア搭載では重心が全く合わず、センターに積むには結構な改造が必要な事が判明したので先ずはペラ仕様で飛びの確認を。

夜なべ仕事で結構ヤッツケなメカ搭載。
F117_02
しっかりしたモータマウントと、各サーボ&リンケージは ao さんが製作された物がそのままの状態だったので、サーボ以外のメカを準備して位置合わせをして固定したら終了。受け取った際に重心位置を聞き忘れてどうしようかと思ったんだけど、頒布元の画像を見ながら見当を付けてみたら大きくは外れていなかったみたい。
ao さんが飛ばした時には超オーバーパワーで相当なじゃじゃ馬っぷりだったらしいので、今回は最低限飛ぶ程度の大人しいパワーユニットを選択。モータが enPower28E-1600 で、ペラは静止推力重視でダイヤの割にブレード面積の大きい APC の 5.1×4.5 をチョイス。これを 3cell の 870mAh or 1050mAh でドライブ。

お仲間のミスターさんが撮影してくれた勇姿?
F117_03
曇天の下で非常に見難い機体を綺麗に撮影して頂けて感謝!
一度も満足に飛んでいない機体って事でトリムも全く見えずの状態からのスタートだったから、まともに飛ぶまでに数回頭から地面に刺さって一番上の画像の様に鼻先の補修跡が痛々しい状態だったんだけど、トリムが出てしまえば軽くフレアを掛けた状態で機体形状には似つかわしくない癒し系の飛びを披露。端的に行ってしまえばパワーを抑え過ぎて暴れ様がなくやっと場周している状態なんだけど、慣れて来たらロールだけは何とか成功。感触としてはそこそこのパワーまでなら意外に素直に飛んでくれそうな感じ。但しパワーを絞ると機種上げの癖が出るんで、着陸時にはギリギリまでパワーを残してなるべく草地に降ろすのが吉かな?そうでないと失速を立て直す余裕も無いままに頭から刺さるんで…。

てな事で先ずは『飛ばす』という役目は果たして一安心。

次の週末は天気予報が怪しいんで、ホントは晴れている今日の夕方にペラを換えてもうちょっと推力を出した状態の確認をしてみたいんだけど、風が強そうなんだよなぁ…。

| | Comments (2)

« February 2009 | Main | April 2009 »