« May 2008 | Main | July 2008 »

17 posts from June 2008

2008.06.27

ムスタング修理&改修

昨夜は久し振りに家に帰れたんでラジ弄り。

先ずはシャフトの曲がったモータの再生。
P51_06
モノとしては EMP の C2028 kv1400 ってブツなんだけど、シャフトが 2mm で非常に曲がり易いんで、修理のついでに手持ちパーツの流用で 3mm シャフト化してやる事に。
オリジナルは前後とも 620 サイズのベアリングが使われてるんだけど、これを enRoute の補修パーツにある 630 に交換。アウターロータ側のシャフト穴の径を広げるのは精度を出すのが大変そうだったんで、そこは 2mm のままにする為にこれまた enRoute の enPower24 用シャフトを使って組立て。このシャフトはアウトプット側が 2mm なんで、その部分にアウターロータを固定するという本来とは逆向きでの使用。これでロータ内部とシャフト側は 3mm 化出来たんで幾らか強度向上出来たんじゃないかと。
折角修理したんでコネクタも交換し 2mm のコネクタをテスト。タムギアなんかで何時も使ってる 3mm タイプと比べるとちょっと抜けやすいけど、接触抵抗なんかは問題無さそうだし何より軽いんで、小型のブラシレスに使うには良いかも?

機体の方はギアダウンに逆戻り。
P51_07
頭から落としてもモータ本体への被害が及び難いんで、自分の腕と相談して再度ギアダウンを搭載。Feigao FG-1230 kv6400 に 5.86:1 のギアダウンを組み合わせ、ペラは APC の 6×5.5 という構成。
今日は夜勤で朝ちょっと時間があったんで、出勤前にほんの数分だけテスト。フルハイでの引きはそれなりなんだけど離陸滑走はこれまでの C2028 に 5.5×4.5 のペラの組み合わせより距離が必要。上がってしまえばパワー落としても普通に飛行出来るんだけど、もうちょっと大きなペラの方が飛ばし易いかな?或いはギア比を変更出来れば良いんだけど、ギアの単品販売が見つからないんだよなぁ。。。

機体が小さいんでマイクロアンテナも装着。
P51_08
電波の到達距離はちょっと短くなるみたいだけど、それでも今までの余長を束ねてある状態よりは遥かに安定受信出来る筈。実際、機体が小さいからあまり遠くまで飛ばすってのは現実的じゃないんで、この機体には凄くマッチしてると思われ。

今日は時間が無くてちょっとしかテスト出来なかったけど、1サイズ大きなペラも手配したんで夜勤明けの明日はゆっくりフライト出来ると良いなぁ。問題は天気かな。。。

| | Comments (0)

2008.06.24

ムスタング再始動

今日から出張等々でバタバタになるんで、昨日は雨の止み間に頑張っていつもの公園へ。

先ずは EDF を載せてみた SkyHawk Ⅱから。
Sh2_22
軽量なのに越した事は無いだろうと 300mAh の Li-Po で試したら重心は取れないし放電容量不足でパワーも出ず。450mAh に積換えてテスト続行したんだけど、やはり速度が乗り切らずに離陸も手投げもNG。
もうちょっと飛ばしてやりたい気もするからペラ仕様に戻しても良いんだけど、あちこち相当くたびれて来てるしそろそろ引退かなぁ。。。

そして暫く封印してあった P-51D ムスタング。
P51_05
封印前にモータをブラシレスのダイレクトに交換し、ペラも APC の 6×4 に換装済。C-130 モドキでエルロン機に慣れて来たのもあるし FMS でも色々飛ばしてるんでそろそろ再チャレンジしても良いかと思い再始動。
前回まではちょっと重心が後ろ過ぎたんじゃないかって気がして、今回は 300mAh のリポを純正バッテリの位置へ搭載してテスト。離陸滑走させようとすると動き初めでグラウンドループが激しいけど、速度が乗ればちゃんと直進してくれるんで、解ってしまえば方向が変わる分を見越してスタートさせていきなりフルハイにしてやれば離陸可能。ペラを小さめにしてるからちょっと引きが弱くて滑走距離は要るけど、その分反トルクは小さくて扱い易いし、浮いてしまえば過不足ないパワーで機体に慣れるには丁度良いかも?
で、トリム調整をしながら離陸滑走数回目で周回飛行へ。C-130 モドキと比べるとかなり軽量なんで、スローでも安定して浮いてくれて良い感じ。舵の効きも意外と唐突じゃなくて、エレベータはもうちょっと効いてくれても良いくらい。ちょっとハードランディング気味に降ろしてトリムを再調整後に再び離陸。2週くらい舵の効きを確認しながら旋回したところで突然ノーコンになり真っ逆さまに墜落。電源ケーブルの取り回しに無理があってどうやらコネクタが奥まで刺さってなかったみたい。軽量とはいえ流石に頭から落としちゃったんで、モータのシャフトが曲がって終了。
SkyHawk Ⅱとは全然タイプが違うけど、スローで飛ばせる小さいやつって意味では似てるかな?鼻先にモータがあるんで今回みたいに頭から落とすと被害が大きいけど、機体そのものは EPP で壊れ難いんでその点は有利。SkyHawk Ⅱは普通の発泡スチロールで補修だらけになっちゃったし。。。

最後に C-130 モドキもちょっとだけフライト。
懲りずにループさせて翼端擦っちゃったんだけど、その後何故か左旋回癖が直ってトリムが大幅に狂ってしまい墜落。ちょっとペラが曲がった程度で大きな破損は無かったんで、トリムを取り直しながらフライトさせて今日は終了。フルハイ続けなければ良いんだけど、モータの発熱を考えた積み方をしてないんでちょっと無理すると意外にモータが高温に。その対策だけしてやったら、ぼちぼち塗装して仕上げてやりたいなぁ。

| | Comments (2)

2008.06.23

C-130 モドキほぼ生地完成?

土曜は夜勤明けに何とか天気が持ってたんで急いで何時もの公園へ。

その前に先日折ってしまったペラを交換。
Lr1_42
在庫の都合で色が合ってないんだけど。。。
サイズ違いのモータへの負荷を考えて 50XC の方は EP3030 に変更して 20B の方は EP2510 のまま。

現状の重量を計測。
Lr1_43
流石にちょっと重くなって 172g。これに Li-Po が加わると装備重量では 200g オーバー。翼面積が大きいからそれでも普通に飛ぶんだけど。

更に新 Li-Po 投入。
Lipo_03
今回は DUREMAX の 500mAh を新調。前回の 450mAh よりちょっと重いのがどう出るか?最大 C が高くなってるから出力は更に余裕が出ると思うんだけど。

因みに箱の裏面。
Lipo_04
この Li-Po は結構評判が良いんだけど、同じブランドでアンプやモータも出してるらしい。

手持ちの Li-Po の比較。
Lipo_05
手前から Robin ブランドの 450mAh 前回新調した DesirePower の 450mAh 今回の DUREMAX の 500mAh そして enRoute の 850mAh。大きさは enRoute 以外は数 mm の差でほぼ同じ。

別角度から。
Lipo_06
Robin と DesirePower にはベルクロを張ってあるんで見難いんだけど、厚みは 450mAh はほぼ同じで DUREMAX がちょっと厚くなり enRoute は容量も大きいから更に分厚く。重量も厚みにほぼ比例。

折角なんで此処の重量を計測。
Lipo_07
Lipo_08
Lipo_09
Lipo_10
450mAh の2つはベルクロ貼ったままなんで、実際には 1g 弱くらい軽いんだと思われ。

娘が付き合ってくれたんで今回は動画を。

機体としてはかなり良い感じなんだけど、操作がまだまだ荒いよなぁ。ループも性能的には問題なく出来そうなんだけどスペースの狭さに腕が付いていってない感じ。ただ SkyHawk Ⅱより速度は出てるんだけど、エルロン機の方が操作は楽かも?

その SkyHawk Ⅱの現状。
Sh2_22
モータがもうどうにもヘタってしまい水平飛行がやっとになっちゃったから構想通り EDF を搭載。昨日の夜完成してテストはしてないんだけど、ダクト無しだとちょっと推力不足かも?飛ばしてみてダメダメだったら元のペラ仕様に戻すしかないかなぁ。

| | Comments (0)

2008.06.20

C-130 モドキのその後

今日は夜勤で遅めの出勤だったんで早朝にフライト。

昨日の日没前にもちょっと飛ばしたんだけど、時折 5m/s 位の風が吹く厳しい条件。450mAh のリポで飛ばすと煽られまくってかなりスリリング。それでも浮きは良いからなんとか1パック飛ばして 850mAh のリポにチェンジ。スロットル絞ると沈下が激しいんで常にハーフより上で飛ばす事になるんだけど、必然的に速度も上がるから何時もの公園ではかなり旋回操作が忙しい事に。更に風の影響で当て舵もしなきゃならないからホントに気が抜けず、結局1パック使い切るまでは集中力が持たずに早々に撤収。

一夜明けて今朝はほぼ無風の絶好のコンディション。先ずは例によって 450mAh のリポから。煽られる心配が無いんでかなりスローでのんびり飛ばせて、ほぼ1パック無着陸でフライト。もう1パック 450mAh で今度は垂直上昇とか色々試してみる。流石にダイブしてやらないと真っ直ぐ上昇させるのは厳しい感じ。ロールはもうちょっと高度の取れる広い場所じゃないと怖いんでパス。多分ロールスピードは速くないから落としそうなんで。最後に 850mAh のリポにチェンジしてループにトライ。周回飛行をしつつバランスを確認し、ちょっとダイブしてスティックを引くとかなりかったるく上昇して失速気味になりつつも何とか一周。2度目のトライでは高度が落ち過ぎて落としてしまい、ペラを折って今日は終了。

暫く雨続きになっちゃいそうだけど、次回は場所を変えてもうちょっと高度を取って色々試してみたいなぁ。


あ、それと FMS について。
私も参考にさせて頂いてる『RC飛行機実験工房』というサイトにインストール方法や機体データのリンクが綺麗に纏められてるんで興味のある方はどうぞ。ちょっと試すだけならキーボードでも操作は可能なんで、先ずはインストールして試してみるのがお勧め!

| | Comments (2)

2008.06.19

シミュレータ導入

本来は実機飛ばす前にやり込んでおくべきだったんだけど。。。

通販サイトで特売になってたんで購入。
Fms_01
ヘリで有名な E-sky 社のパッケージなんだけど、ソフトウエアそのものはフリーの FMS。機能的にはメーカー製に劣る所もあるけど、何より web 上で公開されてる機体データの多さが魅力。
その FMS はキーボードでも操作出来ない訳じゃないんだけど、やはりプロポで操作しないと意味が無い。通常のプロポを PC に接続する為のケーブルも市販されてたりするんだけど、結構入手難だったりシミュレータやるのにプロポの充電したりとお手軽じゃ無いんで専用コントローラ付属のパッケージを狙っていた次第。接続は USB なんで思い立ったら PC に接続して FMS を起動すれば即フライト OK。

動作させるとこんな感じ。
Fms_02
コントローラが 4ch なんでフラップとかは使えないけど、機体の特性を把握したりフライトの練習には充分かと。何処でもフライト可能な様にノート PC に FMS をインストールしてみたんだけど、動作は全く問題なしでグラフィックのパワーはそんなに無くても動くみたい。
画面の機体は sky-bike なる代物で、実際には存在しないこんな機体で楽しめるのも良いところ。家族には『風の谷のナウシカ』のメーベやガンシップ、『紅の豚』に出て来た機体なんかが好評だったかな?勿論実在する RC の機体も数多く公開されてるんで、自分が持っている或いは購入予定の機体を飛ばしてみる事も可能。実際幾つか試してみて、機体毎にホントに特性が違ってて最初は戸惑ったけど、慣れて来ると落としても懐が痛まないのを良い事にグリグリ飛ばしたりなんかして、結構当て舵や姿勢制御の理屈が解って来たり。気象条件の設定も出来るみたいなんで、気象条件の悪い時や夜間は当分コイツで練習かも?

一方、実機の方は昨日も日暮れ時に C-130 モドキをちょっとだけフライト。再度 850mAh バッテリを積んでみたかったんで 450mAh と比較しながら飛ばしてみたんだけど、流石に機体サイズが大きくは無いんでバッテリ重量が飛行特性に与える影響は想像以上。450mAh だとフレア掛けながら失速ギリギリで飛ばす事も出来たりなんかするんだけど 850mAh じゃそんな事はとても無理で、スロットルはハーフ以上じゃないと沈下が激しくて厳しい感じ。逆にその分安定してるのも事実で、昨日はちょっと風があったんだけど 850mAh の方は殆ど影響なくフライトが可能。重心はどちらも同じになる様に調整したつもりなんだけど、それでも機首上げは 850mAh の方が穏やかでフルハイにしても怖くない感じ。総じて言えば安定して飛ばせる速度が違うって印象で、風の状態や気分で使い分けるのが良いかも?出来れば中間くらいの重さのバッテリがあれば一番好みなんじゃないかって気もするけどなぁ。。。

| | Comments (4)

2008.06.18

これ欲しいかも

今は流石に無理だけど、いずれ飛ばしてみたいなぁ。。。

A-CREW さんの F-16Baby star仕様
F16baby
EPP 製で塗装済の準完成機。メカ類別で\14,800.-はちょっと良い値段。
動画もあったけど結構普通に飛んでてびっくり。低速でもしっかり浮くみたいだし、もうちょっと慣れたら飛ばせるかも?

問題は予算と保管場所だな。。。

| | Comments (4)

メゲずに EDF 再挑戦

昨日は予報に反して夕方はほぼ無風。今にも降りそうな天気で公園にも人影が無かったんで C-130 モドキの微調整&テスト。フラッペロンの設定が掴めて来たらスロットル開度に関係なくかなり安定して飛ばせる感じになってくれて、風さえ弱ければ高度 2~3m で殆ど不安無く周回飛行が可能に。着陸も安心して降ろせるんでペラ破損が激減したのは嬉しいかも?まだ気持ち機首上げが出るのと、流石に 450mAh のバッテリで4発は飛行時間も短いんで、次は以前載せてた 850mAh のバッテリを試してみる予定。

で、本題の EDF について。
Edf_01
最近良く利用してる R/C HOBBY さんで特売が掛かってたんで、GWS の EDF50 と EDF55 をオーダー。

手持ちのモータを取り付けてみる。
Edf_02
名前の通り 50mm 径と 55mm 径でその差は 5mm しかないんだけど、定価ベースで倍近く値段が違うだけあってその差は歴然。EDF55 はダクトもしっかりしててインペラも肉厚。使うモータの出力が全然違うから当然といえば当然なんだけど。。。

モータ側から見てみる。
Edf_03
EDF50 は 50XC と同系列のモータなんだけど EDF55 の方は所謂 350 サイズを使用。ブラシレスも良いけど今回はタムギア用のモデファイドモータを進角調整して取り付け。
早速 2cell のリポで回してみると、ダクトの差もあってか推力は段違い。消費電力もその分違ってて EDF55 の方は 850mAh のセルだと容量不足で発熱しちゃった。こりゃ使ってみるのが楽しみなんだけど載せる機体を良く考えないと。。。

EDF50 の方はこんな事してみたり。
Sh2_21
SkyHawkⅡ に合わせてみた図。現行のモータがぼちぼち寿命なんで、ネタで積んでみるのも面白いかなと。(一応2個調達済だし)固定がちょっと面倒そうなのと、ペラと比べると断然音が大きくなっちゃうんで早朝のフライトで気を使いそうなのがネックかなぁ。そもそも EDF は低速で飛ぶ機体との相性は余り良くないというか、低抵抗のある程度速度の乗る機体じゃないと効率上がらないから上手く飛ばない可能性もあるけど。

てな事で EDF に再チャレンジを構想中。以前の EDF40 は今度は双発で船に転用しようかと。。。

| | Comments (0)

2008.06.17

やっぱりお疲れみたい

遅れ馳せながら、震災に遭われた方々の一日も早い復興をお祈りします。

その地震発生時には夜勤明けの休日出勤で会社に居た訳で 13F の事務所はかなり長時間揺れてたり。今日の眩暈は強烈だなと思ったらホントに地震だった。翌日曜日は休めたんだけど、気候変化もあってか日頃の疲れが抜け切らずに昨日もダウン。ほぼ半日寝て過ごしたんだけど、夕方になってから外の空気を吸いがてらちょっとだけフライト。

日曜日に新調したリポ。
Lipo_01
向かって左が SkyHawkⅡ に使ってるリポで、右が今回購入したブツ。同じ 450mAh ながら放電定格が 16C から 25C に向上。倍までは行かないけどこの差は結構大きくて、感覚的にはパンチが増したイメージ。細かい所ではトルク感とかスロットルへのツキも改善。実はモータがそろそろヘタって来てるんだけど、バッテリ換えたらもうちょっと頑張れそうかも?
で、放電容量に余裕が出たんで LR-1 もこのバッテリで飛ばしてみたんだけど、凄く身軽になって良い感じ。厳密には風に弱くなったりしてるんだろうけど、ハードランディングでもダメージが減ったのが凄く有り難かった。

その LR-1 に使ってたバッテリ。
Lipo_02
見ての通り enLipo の 850mAh なんだけど、バランス端子が断線したらしくバランス充電が出来なくなっちゃったんでシュリンク剥いで確認。原因はケーブル根元の断線だったんで修正してバランス端子復活。このあとクリアのシュリンクで包んで修理完了。暫く出番は無いかも知れないけど、作業中のテストに使うのに丁度良い容量なんで家では重宝しそうかも。

そして SkyHawkⅡの改修。
Sh2_20
黄昏時でも飛ばし易い様にLED を追加してあったんだけど、肝心の翼の方が既にヘロヘロなんで重量増を承知でピアノ線で補強。始めは上反角少なめにしてたんだけどラダー打ってもなかなか旋回しなくて、切れ始めると一気にコロッと行っちゃって苦労したんで、現在はオリジナルよりちょっと増やした状態。自立性も若干上がって風さえ無ければホントに気楽に飛ばせる感じに。

最後は LR-1 改 C-130 モドキ。
Lr1_40
従来は 50XC の低電圧版ともいえる EDF 用のモータを 4 発で飛ばしてたんだけど、どう考えてもモータにもバッテリにも過負荷状態だったんで、モータの移設と併せて 50XC 2 発と更に小型のモータ 2 発に変更。改修当初は 50XC 4 発でと思ってたんだけど、推力は足りてるし両端のペラは小さい方が良かったんで両端のみ同じ GWS の B2C + 2510 に。
テストの結果は狙い通りで推力は充分。リポが小型化したのと相まって装備重量も軽くなったんで、非常に浮きが良く垂直上昇も少しなら可能な状態。引き換えに動きの粘りみたいな部分は減ったけど当分はこれで行こうかと。フラッペロンの舵角とミキシングの調整も何となく解って来たんで、結構普通に飛ばせるようになって来たし。

モータ部分の拡大。
Lr1_41
思い切って主翼にカッターを入れ、前端にモータを埋め込み。地上高も確保出来たんでその意味でも飛ばすのが楽に。一方で当然ながら強度が落ちてるんで、横方向にテープの補強を追加。重くなってる筈だけどモータが軽くなった方が大きいんで結果的には軽量化。

| | Comments (0)

2008.06.11

フライト動画三本立て

てな事でどうにか繋ぎ終わったんで纏めてUP。

先ずは SkyHowk Ⅱ から。

それなりの横風があったんで最初はちょっと手こずったけど、どうにか慣れて来てバッテリ1本分まるまるフライト。無風ならもうちょっと綺麗に降ろせるんだけど、って言い訳かな?

続いては LR-1 改の C-130 モドキ。

まともに飛ばすのはほぼ初めてなんで、投げる度に調整はしてるんだけどまだまだ持て余し気味。バンク角がキツくなると翼端失速を起こしている様で立て直す間もなく落下しちゃうし。飛んでる姿は迫力あるんだけど、やっぱりちょっと重くなり過ぎかも?最後のフライトで頭から落として機首が折れちゃったし。。。

最後は初動画の P-51D。

調整云々以前に、運動性能が高過ぎて初心者にはちと辛い機体。重心が合ってないのもありそうだけど、コロコロしててあて舵すらままならずに殆どまともに飛んでないし。もうちょっと修行しないと。
でも、これだけ派手に落としてても殆ど破損が無いってのは有難いかも。流石は EPP!

こうして改めて見ると、やはり問題は腕かな?頑張って練習しよぉ。

| | Comments (2)

梅雨の晴れ間の良い天気

昨日は薬切れなのが判明したんで、会社を早退させて貰って病院へ。

その後、折角の天気だったのでいつもの公園へ。
Park_01
見る人が見たら場所の特定されそうだけど、こんな感じの広場で昼下がりは殆ど人が居ないんで安心してフライト可能。夕方は子供も居るし通行人も多いから流石にNGだけど。

数少ないギャラリー。
Gallery_01
二星てんとう君と地面の状態。結構小石が多いんでペラ(特に EDF)への巻き込み注意!他には鳩なんかもここに常駐。編隊飛行出来たら楽しそうだけど流石に無理だろうなぁ。

娘に付き合って貰って動画も撮ったんだけど、結構編集に手間取ってるんで掲載は後程改めて。

| | Comments (0)

2008.06.10

スカイホークⅡちょびっと改修

昨日は雨の予報ながら夕方までは持ったのでちょっとだけフライト。

と、その前に気になってたところを修正。
Sh2_19
元は 300mAh のバッテリで飛ばしてたんで良かったんだけど、画像のバッテリに換えたら横向きにしか積めずに頭から落とすとバッテリがヤバイ状態だったんで搭載スペースを修正。前後方向に積める様に前後長を増やしてサイドにもガードを追加。ちょっとだけ重心が後ろに下がっちゃったけど、これでやっと安心?
それと、意外に空気抵抗が大きくて飛行姿勢に与える影響が大きかったランディングギアを小型化。一番最初はこのサイズだったんだけど、地上走行時の抵抗が大きくて大型化してたのを今回元に戻した形。それなりに慣れて来たらこのサイズでもちゃんと問題なく着陸できるし。

そんな修正をしたスカイホークⅡとテスト待ちの C-130 モドキを連れていつもの公園へ。
風の状態を見るのも兼ねて先ずはスカイホークⅡから手投げ。重心移動した分機首上げ気味に感じたんで軽くトリム調整。周回飛行させてたら練習帰りの野球少年たちが『こっちに飛ばして~!』って声を掛けて来たんで一団の頭上をローパスしたら予想外に大ウケ。風さえなければ速度も遅くて安心して思ったところへ持って行ける様になったんで機体性能と練習の成果かな?ただどうしても速度が上がると機首上げ癖が強いんで、その修正が出来るともうちょっと風に強くなるんだけどなぁ。
ポツポツと雨が落ちて来たんで慌てて C-130 モドキにスイッチ。フラップをちょっと降ろし気味にしてスロットルハーフ位で投げてみるとやや沈下しながら右へロール。あて舵しながら降ろしてトリム修正してイザ飛ばそうと思ったらペラが一枚折れてるぅ。気をつけて降ろしたつもりだったんだけど引っ掛けちゃったらしい。って事であっけなくテスト終了。フラップの調整とかはまた次回。
不完全燃焼だったんで再度スカイホークⅡを飛ばしてたんだけど、風向きが変わって気温も下がって来たんで『そろそろ本降りになるな』と思って撤収。帰宅して5分も経たずに激しい夕立になったんで良いタイミングだったみたい。流石は犬?

| | Comments (2)

2008.06.09

さよなら A-10 モドキ

残念ながら機体のサイズと EDF との相性がイマイチだったんで予告通りプロペラ機へ再改造。

定番の 50XC の双発が楽なんだけどへそ曲がりなんで。
Lr1_35
こんなん出来ましたがな。一応イメージは C-130 なんだけどそれっぽく見えるかな???塗色変えれば A-10 よりは似てる気がするけど。
因みに 50XC の双発ってのは既にスカイホークⅡが無理矢理その仕様になってて、ペラに 4025 使うと引きが強いんだけどゆっくり飛ばせるのも経験済。このパワーソースのおかげでようやく飛ばすのに慣れたってのも事実だし。

モータの固定にはこんなステーを用意。
Lr1_36
いつもの樹脂製L字アングルからの切り出し。強度にはちょっと難ありで実際派手に落とすと折れるけど、他に上手い方法も思い付かないんで。
固定方法としてはこのアングルにモータを固定し、主翼前縁にスリットを掘って差込み接着剤で固定。

酷い状態だけどその主翼の裏面。
Lr1_37
胴体に近い方の主翼の方が厚みがあるんで、スリットの位置を考えないとモータに仰角が付いちゃうから要注意。因みにこの機体はちょっと失敗。。。

フラッペロンを試したくて受信機も新調。
Lr1_38
PCM 程じゃないけどちょっと信頼性の高い DSP をチョイス。それでも普通に車用の FM 受信機買うより全然安いんだけど。。。
で、右翼のエルロンサーボを 1ch へ、左翼のエルロンサーボを 6ch へ接続。後はプロポ側でフラッペロンの設定をして、フラップの動作量は取り敢えず 20% 程に。もう夜だったんで軽いテストとしてちょっとフラップをダウンした状態で 1m 程の高さから投げて様子を見てみたんだけど EDF の時と比べると推力に余裕がある事もあってスロットルがハーフくらいで綺麗に伸びてく感じ。ふらつきも無いみたいだから重心も大きく外れてる訳じゃ無さそう。
帰宅後に思い付いてスロットルからフラップへ 15% 程ミキシング。それまではエレベータへミキシングしてたんだけどフルハイでの機首上げを抑えるのが目的なんで、低速でフラップ降ろすのと一緒に出来ちゃったら操作が楽だよなという目論見。思い通り行くかどうかは飛ばしてみるまでは神のみぞ知る?
という訳で晴れたらちゃんと飛ばしてみるけど、今度こそ狙い通りに低速でも安定して浮いてそこそこ風にも強い機体になってくれると良いなぁ。。。

実は途中ではこんな仕様も試してたり。
Lr1_39
一番上の画像と比べて貰うと内側のペラのサイズが違ってるんだけど解るかなぁ?ロールアウト時には 3020 を付けてたんだけど、実はモータに EDF 用の低電圧仕様を使ったんで思った以上に消費電力が大きくなっちゃって、推力は抜群だったんだけどバッテリのコネクタが溶けそうでアウト。で、次に画像の 2510 に変更してみたら今度は推力不足。結局は折衷案で内側に 3020 で外側が 2510 って仕様に。クリアランスが少ないからランディングでちょっと傾けると外側のペラが擦っちゃうんで、少しでも小さいのは都合が良いしって事で。
バッテリも当初は 480mAh を積んで軽量を目指してたんだけど、ちょっと放電量不足気味だったんで今は 850mAh を使用中。これでもフルハイ続けるとコネクタが結構熱持つから厳しいんだけど、バッテリ本体の発熱は無さそうなんで無謀にもこのサイズで4発なんてやってるんだから重いのは我慢。無理して燃えちゃ困るし。スロットルを上げていくとペラのサイズ違いで回転数が違うんで、高音と低音それぞれで共鳴してる独特の音がして不思議な感じ。双発機が2機飛んでる様な音かも?

| | Comments (2)

2008.06.05

近況とか

仕事の大きな山と山の谷間で体調も優れず。

昨日も結局起きられずに残ってた振替休日の消化。
Sh2_18
そんな時はメンテって事で今やトレーナー機になってるコイツから。
相当あちこち痛んではいるけど、最もスローで飛べて頭から落ちても大きな破損が無いのが有り難いところ。今回はタイヤ交換して細部の補修とリンケージ調整。薄暗くても飛ばせる様に、今度は LED でも組み込んでみようかな?

続いて A-10 モドキ。
Lr1_34
全開紹介した大容量バッテリ搭載の図。まだちょっと後ろ重心だけど何とか飛ぶ様になったんで悪戦苦闘中。
コイツは EPP 製なんで落としても簡単には壊れないけど、重たくなってる機体を落としまくってるんで応力の集中する胴体中央部で何度か破断が。既に大きな補修を2度してるけどまだ何とか現役で頑張れそう。とはいえ、小径 EDF の双発は機体のサイズに比べて推力に余裕が無いんで、ほぼフルハイで飛ばし続けないといけないのが目下の課題。EDF は他機種に任せてプロペラに戻した上でエルロン練習機にした方が良いのかも???

最後に新鋭機ムスタング。
P51_04
脚を骨折してピアノ線から作り直し。それと DD を試してみたくて特売だった enRoute のアウターロータを買ってみたんだけど、ギアダウンしないと流石に kv が高過ぎた様で小さめのペラでも電流値オーバー。凄い推力だけど反トルクでまともに飛ばないだろうなぁ。。。
コイツは評判通りに運動性能は高いけど、未熟なパイロットにはまだちょっと早かったかも?ギア比の修正後は推力にも余裕が出て数メートルの滑走で簡単に浮くんだけど、ノーマル上反角のままでも結構コロコロしてて手強い感じ。高度が取れる広い場所で練習すれば何とかなるかなぁ?

| | Comments (0)

2008.06.02

メゲずに新機種製作

落としても壊れない EPP 機体をって事で勢いでもう一機。

機種は評判の良いムスタング。
P51_01
今回はホワイトボディを取り寄せて製作。このまま無塗装でも良いかも?飛ばしてるのが土の上だからランディングギアが必須で、その分重くなるし。
実は既に何度もテストで飛ばしてて、胴体後方が折れたのを補修した跡が見えてたり。リンケージ用の穴が開いてるからどうしても応力が集中するみたい。それ以外では尾翼については水平垂直とも最初から補強を入れたけど、主翼は左右を連結する補強は今の所無し。ゆっくり飛ばしてる分にはこれでも不足は感じないから当分はこのままかな?

リンケージ等。
P51_02
エルロンリンケージが苦手なんで A-10 モドキ同様に2サーボ仕様。それでも軽量な 3.7g サーボだから意外に軽く仕上がってると思うんだけど。そしてメカスペースに積んだサーボからエレベータへリンケージ。パワーソースは色々試してみて今は Feigao 1230 kv6200 と enLipo 300mAh 2cell の組み合わせ。

その動力部。
P51_03
以前興味があって取り寄せてあったギアボを使用。ギア比が 7:1 でちょっと大き過ぎたんで交換用のピニオンとスパーを取寄せ中。ペラは APC の 6 × 5.5 でなるべく低回転でも充分引きがある様に。ちょっとスピンナーが合ってないけどその辺はいずれまた。

当初は Feigao 1220 kv5250 で同じギアボだったんだけど、流石にパワー不足で水平飛行も厳しかったんで Mini-Z から 1230 kv6200 を奪って換装。一度は 3cell も試してみたけどジャジャ馬過ぎて持て余しちゃったんで 2cell で軽量路線に。現状ではちょっと引きが弱いんでギア比を見直すと良い感じになりそうな感じ。舵の効きも素直なんでこの機体でエルロンに慣れるのが良いかも?ただ、ギアダウンサウンドも良いけど早朝はちょっと気を使うんで 180 クラスのモータでダイレクトってのも面白いのかなと思ってみたり。。。

| | Comments (2)

A-10 モドキ奥の手の力技(追記有)

日曜日は久々の晴れでそれ程風も強くなかったからテストしながらの手直し。

先ずはエレベータの修正。
Lr1_33
0.8mm のリンケージロッドで左右を繋いでたんだけど捩れが出て舵を打つとロールしちゃうんで、苦肉の策で翼端側で左右を連結。これでかなり改善はしたんだけど、それ以前にもっと大きな問題があるようで。。。

色々試しても手詰まりになっちゃったんで禁断の 3cell 投入。
Lr1_32
以前 Propeller Boat 用に購入してあった Way Point の 3cell 480mAh を流用。EDF のブラシモータには明らかに過電圧なんだけど、もうちょっとパワーが欲しいんで常用はしないって事でお試し。

基本は手投げで飛ばしてるんだけど 3cell にしたら離陸がかなり楽になったのは事実。ただ、やはり前後のバランスがイマイチな為にエレベータはシビアに効いて、ロール方向には落ち着きがないのは相変わらず。思い切って機首に錘載せて一度飛ばしてみた方が良いのかなぁ。。。


【08/06/02追記】
ちょっと思い立って以前 GB03 (タムショット)に積んでた enLipo Black 1350mAh の 2cell を合わせて見ると何とか載りそうな感じ。流石に 3cell は無茶だった様でブラシが飛んでしまったモータを交換し、アンプ側のコネクタを付け替えて作業完了。総重量はかなりのヘビー級になっちゃったけど、重心位置はオリジナルにかなり近づいてこれなら飛びそう?既に夜も更けて小雨が降り始めてたけど、暫く飛ばすチャンスも無さそうなんでちょっとだけテスト。機首上げにならない様に注意しつつフルハイで投げてやるとすんなり飛んじゃった。やっぱり重心は大事だわなぁ。確かに重いんだけど翼面積が大きいから意外と平気というか、むしろ風に強くなって良いのかも?予想に反して飛行速度も速過ぎるって程の変化じゃないんで、これなら何とか飛ばせそう。
てな事で、ようやく先が見えたかなぁ。。。

| | Comments (0)

久々の Mini-Z Boat

空モノにモータを供出しちゃったんで Mini-Z Catamaran Boat のモータを換装。

見た目の変化は殆ど無いんだけど。
Boat_136
Feigao の 1230 kv6200 から一時期 Formula Boat に積んでた同じ Feigao の 1220 kv5250 に換装。回転数は下がったけど定格出力に余裕の無いショートタイプに換えちゃったんで今まで以上に無理は禁物。ウォータージャケットはサイズ的に流石に積むのは無理だけど、放熱方法を何か考えないと夏場は辛いかなぁ。。。

| | Comments (0)

最近の諸々

先週金曜日は検査結果を聞きに病院へ。

先日受けた検査の所見は『先ずは無理をしないで生活に気をつけて血圧を下げる事』だそうで、投薬で様子を見る事に。不整脈は人並みにあるけど、むしろ気になるのは心房の動きがちょっと弱い事らしい。直ぐに治療が必要って訳じゃないけど、所謂『経過観察』って状態。まぁなるべく健康的に過ごせって事ですな。。。

で、そんな中見つけた日々の小ネタ。
Panda
いつも買い物に行くスーパーで見つけたパンダの蒸しパン。チンして食べるんだけど意外にいけるかも?

流行の缶コーヒーのオマケ。
Copen
タミヤのRCカーには縁が無かったけど、好きだけど実車は買えない copen を見かけたんでGET。MR-S も欲しかったんだけど、コーヒーの味がイマイチで。。。

| | Comments (2)

« May 2008 | Main | July 2008 »