« March 2008 | Main | May 2008 »

29 posts from April 2008

2008.04.30

AirBoat EDF バージョン走航動画

Propeller Boat と一緒に動画を撮って貰ったんでUP。

では早速。。。

ちょっと風がある状況だったんで、風上へ向けると急にターンしちゃって風下へ向けるとなかなか回頭せず。舵角を大きく取るとスピンモードに入っちゃうんでステア操作は結構シビア。全体が軽く仕上がってるから加速も良くて走らせてて気持ち良いんだけど、もうちょっと操舵に慣れないと風のある日に走らせるのは辛いかも?

AirBoat シリーズはこの艇を含めて今は3艇体制なんだけど、見ていて最も動きが楽しいのはこの艇かな?主観もあるけど小さめで軽量に仕上げるのが良さそうな感じ。

| | Comments (2)

Propeller Boat 改修と試走

飛び石の1日休暇だったんであまり進まなかったけど。。。

船体更新直後だけど再度船体を加工。
Boat_335
速度向上のため、プレーニングに入りやすい様にフロート間を 1mm のプラ板で接合。これで喫水も浅くなる筈。

船体を裏から。
Boat_336
塗装前なんで解り易いかな?
元からあったステップはそのまま残して文字通りフロート間を接合しただけの構造。この艇は今までのボートと違って水中のラダーで操舵する構造なんだけど、プレーニングに入った後の姿勢次第では全く舵が効かなそうな予感。。。

で、いつもの多摩川べりでテスト走航。

綺麗にプレーニングに入る様になって最高速は大幅に向上。但し予想通り極低速以外では殆ど舵が効かず。舵を打つと姿勢は変わるもののそのまま横滑りしてる状況なんで、船底のステップより前側にリブを付けると良いのかも?ラダーのサイズも現状のサイズでは小さいんで面積を拡大しないとだよなぁ。

| | Comments (0)

2008.04.29

この国を憂う~最近の腹立たしい事~

ちょっと何時もとノリは違うけど。。。

■聖火リレー
 中国国旗と邦人逮捕者ばかりが目立った長野で本当は何があったのか。気になって調べてみて愕然。日本もやってることは結局中国と一緒。メディアも肝心な事は何も伝えて無いし。。。

■暫定税率問題
 地方にとって貴重な財源なのは解る。それなら無駄を削ってその分を捻出しようって発想はどうして出てこないんだ?今でも消費税と二重取りされてる揮発油に掛かってる税金を、環境税にするなら解るけど一般財源化ってのはどういう論理???

■頭の悪い親
 これは今日の出来事。某駐車場で身障者専用スペースを残して満車だったからハザードをたいて待ってると、後ろから来た場違いなアメ車が悪びれもせずに身障者専用スペースに駐車。運転席から頭(の或る部分?)以外は健常に見える親父が降りて来たのに続いて助手席からは幼児を抱えた母親が。事故が起きたら子供をエアバック代わりに助かろうって了見だからあんな駐車の仕方が出来るんだな。可愛そうなのは親を選べない子供。その親も同じ様な親に育てられた可能性は否定出来ないけど。。。
 因みに我が家では後席もベルト必須だし、ひとり娘は生まれた時からベビーシート無しでは車に乗せて無いんで、物心付いた時には自分から普通にベルト締めてる。本当に子供(同乗者も)が大切なら当たり前の事だと思うんだけど、この国の常識では違うのだろうか?

| | Comments (2)

2008.04.28

TLT 久々にちょっと進展

本体は届かないんだけどランクルのホイールだけは到着。

こんなパッケージ。
Tlt_24
2個セットなんで1台分だと2セット必要。既に品薄みたいだけど、潤沢に流通してくれる様になると有難い人は多いのでは?

サイズ比較。
Tlt_25
向かって左からランクル、hpi の MT ホイール、ダイナブホイール。ランクル用はやや細め?

早速手持ちのタイヤを組んでみる。
Tlt_26
hpi のジオランダーをインナーなしで組んでみたんだけど悪くない感じ。ランクル純正タイヤも意外にコンパウンドが柔らかいみたいなんで、届いたら比較してみたいところ。

別アングルから。
Tlt_27
ビスが多いのは大変だけど、クローリングに必須のウェイト調整とかやり易いのはホントに有難いかも。良い時代になったなぁ。。。


オマケ画像。
Pumpkin_59
TLT 用じゃ無いんだけど、通販のついでにオーダー。ちょっと悪だくみ中なんだけど、上手く行ったら公開しようかと。

| | Comments (2)

Propeller Boat ようやく改修完了

船体更新が途中で止まってたんだけど、ようやく完成。

先ずは全体図から。
Boat_329
今回は一応塗装してみた。モータ+ペラとバッテリは前作同様で、アンプは 15A に変更。サーボも軽量な enRoute 製に変更。メカ配置は例によって仮状態。

大きく様変わりしたリア。
Boat_330
ラダーをフロートの後端に移設したんでサーボからのリンケージを追加。フロートの間隔も前作より 30mm ばかり拡大。

そのリンケージの拡大図。
Boat_331
ラダー本体は 2mm のリンケージロッドに固定し、フロート上部に出てるロッドに手持ちのサーボホーンをネジ止め。リンケージ類は空モノ用をそのまま使用。

今回最大の手抜き工事。
Boat_332
ホントはラダーに溝を切ってリンケージを埋め込むつもりだったんだけど、気力が尽きて表面に接着し申し訳程度にパテ盛り。走航時にはかなり抵抗になってそうな感じ。

使ったリンケージパーツ。
Boat_333
ここまでしなくても、ピアノ線を曲げただけでも問題は無いし軽量に仕上がるんで良いかも?調整だけは面倒になるけど。

試走後の修正。
Boat_334
ペラ下に水切りを追加。これが無いと全開時に甲板下を伝って来た水滴がペラにかかって大幅にパワーロスしちゃうんで。追加後にテストはしてないんだけど、もうちょっと形状を見直せば小型軽量化出来るかも?

走航動画は撮れてないんだけど、テストは一応無事終了。重心位置を前に動かしちゃったんでプレーニングに入り切らず、トップスピードは伸び悩み。一方全幅のワイド化は安定性確保に非常に有効で高速でターンしても不安は殆ど無し。移設したラダーの効きはまずまずで、低速から高速まで一応不満なく旋回可能。サーボのトルク不足を懸念してたんだけど杞憂だったみたいで一安心。

次のステップは重心位置を見直してプレーニングに入れる様にして、メカ配置を決定したら防水対策かな?

| | Comments (0)

Propeller Boat mini 修理と改修

先週金曜日に循環器の専門医にかかって、どうやらあまり心配は無い様で一安心。

予約で出遅れたランクルが未発送なんで引き続き水モノ。
Boat_424
保護枠も無しで走航させてたんでついにペラが破損。この前テストでとっかえひっかえやってたのも不味かったかなぁ。予備があったんでサクッと交換して修理完了。

修理後に思い立って大改修を実施。
Boat_425
浸水防止の柵を大幅に見直しして、サーボのマウントも変更。

大きく変わったリア周り。
Boat_426
サーボを進行方向に沿ってマウントし、旧来の取り付け穴を流用してプロペラの位置も 10mm 程下げてみた。それと走行中の振動が気になってたアンテナは先端を船体後部に固定。

駆動部の拡大図。
Boat_427
スペーサを介してマウントしていたモータをサーボホーン直付けに変更。重心は下がったけどちょっと効率は落ちちゃったかなぁ。

軽く走らせてみたんだけど、重心位置が下がって若干前よりになったんで、安定感は増したけどプレーニングに入るまでがちょっとかったるくなったかも?ペラ後方に柵が付いて効率が下がったのも効いてる可能性はあるけど。。。

| | Comments (0)

2008.04.24

AirBoat シリーズ整備後の状況

昨日は近所の公園の池で整備後のテスト。

船底の状態。
Boat_422
場所柄もあって樹の枝が浮いてたりするんで、それぞれ10分弱の走航で既に傷だらけ。船首側では引っ掛けた際の剥がれも見られたけど、これは直ぐに修正できるレベルで想定内。
走航時の抵抗は若干減っている様で、加速とトップスピードはやや向上。ただ、センターの合わせ目とサイドのエッジが意外と効いている様で、時々想定外の挙動が。慣れれば大丈夫なレベルの様な気はするんだけど、暫くこのまま様子見かな?

Propeller Boat miniの新ペラ。
Boat_423
上のオレンジの方が今まで使って来たモータセット付属品の GWS EP-3020。一方下の黒いのが今回購入してみた GWS EP-3030 というペラで、翼面積は大きくなってる筈なんだけどピッチは変わらず。
実際に装着して走航させてみると、まず感じるのが風切り音が小さくなった事。多分回転数も上がってると思うんだけど、この艇とは速度とトルクのマッチングがイマイチの様でちょっと加速が『かったるい』感じ。
という訳で残念ながら新ペラはボツになって従来のペラに逆戻り。実はこれ以外にも手持ちのペラを色々と試してみたんだけど、流石セットになってるだけあって 3020 とモータのマッチングは最高で、それ以上に相性の良いペラは発見出来ず。ちょっと大きめのペラを加工して外径を小さくして使ってやるともう少しトルクに振った特性に出来る気がするんだけど、モータを過負荷にしないベストポイントを探すのは結構な手間かも?

| | Comments (0)

2008.04.23

Mini-Z Boat 最新走航動画

AirBoat シリーズの動画はボツになったけど Mini-Z は意外と見られたんで紹介。

やはり夕刻なんで静止画でもこの程度の明るさ。
Boat_135
先ずはCatamaran。

そしてFormula。
Boat_223
思ったより風があったんでちょっと波が。。。

2艇を纏めちゃったんで今回はちょっと長め。

スペースが広いから2艇とも全開走航。Formula も意外と頑張ってる?

| | Comments (2)

AirBoat シリーズ整備中

昨日も家族に付き合って貰って多摩川べりまで行ったものの、ギャラリー(!?)の家族連れが居たりして AirBoat の動画は上手く撮れず。で、今日のところは整備状況の紹介を。

先ずは EDF のアンテナから。
Boat_506
見て通りの Mini-Z 用なんだけど、軽量化の為にコイツに換装。

装着した状態。
Boat_507
1mm 厚のプラ板でベースを作って 2mm のステンビスで固定。アンテナ線は余長を残して切断し、ワッシャに半田付けして接続。長さは短くなるけど Mini-Z で問題が出てないから恐らく大丈夫かと。かなり軽量化されてるし走航時の空気抵抗も減ってる筈だから、少々のデメリットは甘んじて受け入れないと?

続いては防水対策。
Boat_417
各メカの基盤に塗布したり、ケースの隙間に充填したり等、大活躍中の接着剤。プラや発泡スチロールもOKだし、乾燥速度もそれなりに速いんでお気に入り。

試しにシール材を購入。
Boat_418
水モノを弄りだしてから接着剤の消費量が尋常じゃないんで、ローコストなシール材を試してみようと購入。具合が良ければ今後のメインはこちらになるかも?

実際の防水状況。
Boat_419
拡大して掲載するには恥ずかしい仕上がりなんだけど、メカ類は基盤の防水をした上で搭載後に隙間という隙間に接着剤を充填。完全に水没さえさせなければ意外とコレでも大丈夫みたい。勿論メカ室作ったりするのに越した事は無いんだけど。。。あ、スイッチが防水されてないから不純物や塩分を含んだ水には要注意だな。

船底保護用テープ。
Boat_420
これもテストしようと購入したブツ。アルミテープに着色されたもので、強度はそれなりで平滑度は高いから用途を考えたらうってつけじゃないかと思って。耐久性にも期待してるんだけど実際にはどうかな?

施工してみた図。
Boat_421
伸びが期待出来ないんで船首部分に貼れないのがネックだけど、発泡スチロールの地肌に塗装しただけの状態よりはかなり良いんじゃないかと。

| | Comments (0)

2008.04.22

ボート走航テストの模様

夕刻であまり画質はよくないけど。。。


■Mini-Z Catamaran Boat
Boat_134


これでスロットルは Max 80% くらい。この広さだと全開はキビシイ。。。


■Propeller Boat mini
Boat_416


船首の形状はまだ調整中。ペラもピッチの大きいのに換えるべく発注済。


■Air Boat EDF(New)
Boat_505
ちょっと手違いでコイツは静止画のみ。次の機会には動画も。。。

| | Comments (4)

2008.04.21

AirBoat達のその後

PropellerBoat の船体更新は未完成なんだけど、ふと思い立って他を弄ってみたり。

EDF バージョンはモータを Mini-Z に供出してこんな姿に。
Boat_413
気が付いたら PropellerBoatMini が完成。パワーユニットは Mini-Z でも使ってる GWS の EDP-50XC と付属のペラ。構造的には EDF を外して代わりに新ユニットを取り付けただけ。

リアビューはこんな感じ。
Boat_414
モータがブラシになったんでアンプをタムギア付属品に交換。ちょっと重くなっちゃったけど何とかなるでしょ。
それと気休め程度の防水対策で隔壁を追加。これでも少しは効果があるみたいで、装着前と比べるとバッテリスペースに溜まる水の量はかなり減少。

更に船底には安定板を追加。
Boat_415
かなり見難いけど、アクリル板を後部の船底に固定。当初はサイズの大きな物を付け過ぎてターンしなくなっちゃったんだけど、試行錯誤で現在はこのサイズ。ドリフトはし辛くなっちゃったけど安定性はかなり向上。

モータを供出した EDF には Feigao FG-1220-5250 を積んで。。。
Boat_501
気が付いたら増殖。今回はモータとアンプが小さくなったんで、艇全体も一回り小型にして軽量化してみる事に。

全長・全幅とも 20mm 程小さくなった全体図。
Boat_502
サーボで直接 EDF の首を振る構造は継承。ただし、サーボを進行方向に配置したりマウント位置を下げたりと前作で気になってたポイントの改良だけはしっかり実施。
パワーユニットは上で書いた通り GWS の EDF-40 に Feigao FG-1220-5250 の組み合わせで、アンプは前回セットで紹介した WTG-ESC-10A を使って軽量に。ダグデットファンのペラは単体を取り寄せてノーマルの 6 枚にしてトルクUP。このモータにはちょっと過負荷気味だけど、放熱器も装備してあるんで現在は様子見の状態。受信機は見ての通りいつもの Neko。

リアよりの眺め。
Boat_503
今回は軽量化に主眼を置いてアンテナは船体に直刺し。簡易防水のアクリル板はこちらの艇は当初から設置。

船底の安定板。
Boat_504
塗装済みなんで上で紹介した艇より見易いかな?
小型化した為にかなり直進性が損なわれてしまったんで、そもそもはこっちに安定板を追加して上の艇はお付き合い(!?)で施工。効果は絶大なんだけど形状とサイズが意外とシビアで、長さと高さを追い込んでいかないと旋回中に突然リアがブレイクしてスピン。どうやら高さはある程度確保して、長さと形状で調整するのが良いみたい。

Mini-Z と一緒に公園の池で何度もカットアンドトライをしてみてたんだけど PropellerBoatMini は重量を感じる動きながら EDF より面積が大い分トルクがあるペラを積んでるんで『かったるい』ではなく『どっしり』という雰囲気。安定板の効果で操作もイージーで、バックも効くから安心して走らせられる艇に。一方の EDF な新作は安定板を追加するまでは小型軽量が仇になって相当に神経質な艇だったんだけど、追加後はそれがメリットに転じて EDF らしい加速と伸びで中々楽しい仕上がりに。二艇を交互に走らせると、構造は似ていながらもそれぞれの味があって飽きないんで、この増殖は一応成功だったかな?ホントは EDF の方にジャイロを積んで安定板を外してみても面白いだろうと思ったんだけど、流石にジャイロの防水は難しそうだったんで先送り中。


オマケ画像。
Gear_235
受信機の防水用に用意したコネクターカバー。前回は双葉のを使ってみたんだけど今回は三和製。形状的にはこちらの方が防水に使うには向いてそうな感じかな?

| | Comments (2)

Mini-Z Catamaran Boat モータ換装

例によって週末は色々弄ったんだけど、最初はコイツから。

結局ボツになったけど事前に用意したもの。
Boat_129
樹脂製のカップリングジョイント。Mini-Z サイズなら伝達トルクも問題ないだろうと思ったんだけど。。。

ブツの拡大。
Boat_130
若干伸縮もするし屈曲もOK。ただ Mini-Z にはちょっと大き過ぎたのと、スクリューシャフト側が 2mm だと思ってたのにもうちょっと細くて芯ブレしちゃったんでNG。今使ってる樹脂のチューブが結構消耗激しいんで、使えたら良かったんだけど残念。

本題のモータはといえばコレを搭載。
Boat_131
AirBoat の EDF に使ってた Feigao FG-1230 の KV6400。ちょっと KV 値が高過ぎだけど Formula で試した同じ Feigao の FG-1220-5250 よりはトルクもあるんで先ずはトライ。

サーボも換装。
Boat_132
船体更新中の PropellerBoat に使ってた WAYPOINT の W-068 を移植。約 3g の軽量化と併せて消費電力も低減。

全体はこんな感じ。
Boat_133
受信機はこの前紹介した外装を剥いだ Neko を使って、アンプは GWS の GWESC15A を搭載。これまた以前紹介した WTG-ESC-10A の方が小さくて軽いんだけど、残念ながらインナーロータとの組み合わせでは起動時のトルクが足りなくて Mini-Z では使用不可。折角受信機を載せ換えたんで、アンテナの処理を Formula 同様に変更してちょっと見た目もスッキリと。

金曜日の雨で近所の公園の池が復活してたんで軽くテスト。過負荷を承知でノーマルペラで走らせてみたんだけど、反トルクで船体が傾く以外は案外問題なく走航。確かにフルスロットルを続けるとモータの発熱は凄いけど同時に尋常じゃない速度になるんで、サイズからしても常に全開って走りは無理だしパワーの出方も意外とリニアだから使い物にならないって訳じゃなさそう。流石にルースターテールをひいてトコまでは行かなかったけど、重心位置を弄ったのも効いてか静水面だとかなり安定してるんで、フラップだけ何とかして反トルクを消してやれば後は殆ど手を入れなくても大丈夫かも?

| | Comments (0)

2008.04.18

AirBoat EDF 走航動画再投稿

流石に前回のは見難かったんで編集やり直し。

ちょっと輝度上げてみたんだけどどうかな?

よつべに上がると見え方が変わるんで、まだまだ試行錯誤中。
元ファイルがナニだと弄っても限界があるなぁ。。。

| | Comments (2)

レシーバのサイズ比較

昨日ちょっと話題に上がったんで。

enRoute 扱いの Neko 受信機とタミヤの TRU-02。
Gear_231
外装のサイズとしてはこんな感じ。底面積もだけど意外と高さも違うなぁ。。。

別角度から。
Gear_232
タムギアに載ってる TRU-02 も決して大きい訳じゃないけど、こうして比べると Neko 受信機って小さいなぁ。三和の RX-431 とかKOの KR-302FS なんかは更に小さいみたいだけど。

ついでなので臓物の比較。
Gear_233
Neko 受信機は改造済だけどサイズは変わらないんで比較するには問題ないかと。
改めてしみじみと眺めてみると最近の回路は集積化が進んでるよなぁ。だからこそ小さく安く出来るんだろうけど。

折角なので裏側も。
Gear_234
並べて比べるとメーカ品は流石に綺麗。Neko 受信機も問題なく動作はするけど比べちゃうと仕上がりには差がありますな、やはり。。。

| | Comments (2)

2008.04.17

昨夜の作業

あまり進んではいないんだけど纏めて紹介。

先ずは EDF 仕様のボート。
Boat_412
アンプも船体に埋め込んで、クリアのアクリルで防水。隙間はいつもの万能接着剤でコーキング。

工作が終わったのが夜になっちゃったんだけど、公園の池に辛うじて水が残ってたんでちょっと試走。
まだ受信機の空き端子の防水作業が残ってるけど、アンプ周りは問題なさそう。重心がちょっと下がって心なしか安定感もUPしたし。昨日紹介した enRoute のリポは結構パワフルで、スロットルのツキが良いから扱い易くなった感じ。容量も表示通り入ってそうだし、今のところは好印象。

一方ペラ仕様のボート。
Boat_328
昨夜はアンプ周りを作業。
防水加工の終わったアンプに放熱器を追加して、モータのケーブルを接続し直し。直接水が掛かり難い様に搭載位置も高くしてみたけど、あんまり効果は無いかも?

そしてマイクロブラシレス。
Boat_128
搭載準備でバッテリコードを交換し、モータの配線もやり直し。このあと一応防水加工もしておこうかな?

ペアになる受信機。
Boat_127
防水加工の済んだ neko 受信機の 1&2ch のピンヘッダを除去してケーブルを取り付け。こうしないとスペース狭くて載らないんで。。。

今日の午後から週末までは雨みたいなんで、続きはゆっくり作業しようかと。いつもヤッツケ仕事ばかりで形になってからの手直しが多いからなぁ。

| | Comments (2)

2008.04.16

補給物資調達とボートの改修

昨日は久々に秋葉に出られたんで諸々購入。

ボート用としてはコレ。
Boat_407
基盤用の絶縁コーティング剤。以前は持ってたんだけど最近は使ってなくて在庫が無かったんでGET。

能書き。
Boat_408
要するに電気回路の防水に使えるよって代物。効果はそれだけじゃないけど。。。

実際に使ってみる。
Boat_409
コレはお馴染みの neko 受信機の基盤。先日水没して乾燥後復活してたのを防水処理。端子部にマスキングして、後は普通にスプレーするだけ。一気に厚塗りするんじゃなくて数回に分けて吹くのが良いらしい。
以前紹介した接着剤を使う方法よりちょっとお手軽で、皮膜も厚過ぎないから重量増も気にならないのがポイントかな?

で、船体の方も改修。
Boat_410
メカ収納部をギリギリまで深く掘って内部まで塗装。出来れば何らかのハッチを付けたいとは思ってるんだけど。。。

更に秋葉でこんなモノも。
Boat_411
enRoute の新リポ。今使ってるハイペリの 300mAh がちょっと怪しくなって来たんで代替になればと購入。早速充電してテストしてみたら結構良い感じ。耐久性はまだ解らないけど内部抵抗は結構低いみたい。安価だし、長持ちするならお勧めかも?


Propeller Boat も意を決して船体改修に着手。
Boat_324
甲板部分を交換してフロートの間隔を 30mm 程ワイドに。

使ったのはこんなの。
Boat_325
大きいのを買った方が割安なんだけど、今回は 150mm × 150mm ってサイズをそのまま使用。

ラダー取付準備作業。
Boat_326
両方のフロート後部に内径 2mm のパイプを埋め込み。舵本体はどうしようか、まだ思案中。。。

リンケージ類。
Boat_327
空モノ用からチョイスしてみたけど、そんなに負荷が掛かる訳でも精度が必要な訳でもないから、ピアノ線曲げた程度で全然問題ないのかも?

秋葉を歩いて疲れちゃったんで昨夜はここまで。ホントは何とか形にして今日テストしたかったんだけど、もう若くないなぁ。。。
明日から土曜日までは雨みたいなんで、仕方が無いからじっくりと取り掛かりましょうかね。

| | Comments (4)

2008.04.14

AirBoat Rev.2.1 改め Propeller Boat(追記有)

名称は解りやすい方がって事で改名!?

先ずは動画から。

これは EDF バージョンと同じタイミングに撮影。諸問題でフルスロットルに出来ないんだけど、フロートだけあって飛べそう。。。

その後の修正。
Boat_320
全然見えない画像になっちゃったけど、どうせ全開に出来ないんでペラをちょっと小さい GWS EP4540 に変更。径は小さくなったけど、その分レスポンスは上がったし引きも意外に落ちてない感じ。

アンプと配線も変更。
Boat_321
容量は 15A で充分な事が解ったんで、アンプを交換したついでにコネクタを廃して軽量化。

更にはフロートも加工。
Boat_322
飛ぶ必要は無いんで、引き波の減少を狙ってお試し加工。もうちょっとやらないと逆に中途半端かも?

加工に使うのはコレ。
Boat_323
最近はダイソーでも買えるのが有難いメッシュタイプのヤスリ。昔はミニ四駆のタイヤ加工でよく使ってたけど、スチロールの加工には目詰まりし難いコイツがとても便利。

問題の舵周りの修正がまだなんだけど、リンケージは手配したんで後は舵本体を何とかすれば。。。
って、その舵を作るのが一番厄介なんだけど。


【08/04/15追記】
EDF バージョンと一緒にペラ交換したこっちも試走。水面状態が良いので非常に安定してるんだけど、ちょっと面白味に欠けるのは仕方無いのかな。EDF と違って速度が上がると浮上するタイプじゃないから速度上昇に比例して走航抵抗も増えちゃって、ペラ交換前と比較するとトップスピードはやっぱり低下したみたい。小さいペラの方が回転数が上がって流速は稼げるんだけど、大きなペラのトルク(!?)が無いとこの艇の場合は駄目なのね。元のサイズのペラに戻した上で、船体とラダーの大改修やらないと納得の行く結果は出ないかなぁ。。。

| | Comments (0)

新アンプを購入してみた

諸々通販するついでに廉価版のブラシレスアンプを購入。

アンプ単体の拡大図。
Gear_228
型式としては WTG-ESC-10A ってブツで、重量が 8g しかない超小型アンプ。

早速モータに繋いで見る。
Gear_229
やたら小さいブラシレスセットが完成。軽くテストしてみると最高速のちょっと手前でたまに脱調する事があるのが気になるけど、最低速は車用プロポのニュートラル位置でも問題無いんで使い勝手は良さそう。問題は何に積むかだな。。。

ついでに気になってたプログラムカードも。
Gear_230
手前が GWS のカードで以前手持ちのアンプと一緒に購入。奥が今回購入した最近特売になってる WAYPOINT のカードなんだけど、見ての通りのクリソツ具合。で、試してみた結果 GWS のアンプの設定が問題なく出来たんで、全く同じものの可能性が大。1つは家の工具箱に、もうひとつは現場用のバックに常備する事に決定。知ってたら最初から特売の方を買ったのに。。。

| | Comments (6)

SUBARU グッズ

先週末は行きつけのディーラーで感謝デー開催。

限定販売のコレを目当てに出撃。
Subaru_01
懐かしのてんとう虫を模したマウス。抽選会では無線仕様のマウスが当たるらしいけど出来はこっちの方が良いかも?

担当営業が気を利かせて。
Subaru_02
マウスパッドも付けてくれた。若いけど中々気が付く感じの良い子(あ、男性ですが)なので、頑張って欲しいな。

そして抽選会では。
Subaru_03
くじ運の強い娘がピンズのセットをGET。ワシも欲しい。。。

肝心のフォレス太の方は距離も行ってないし点検では異常なし。もうちょっと走って完全にアタリがつくと燃費も伸びるかな?

| | Comments (0)

AirBoat EDF 走航動画(追記有)

予告していた走航動画を取り敢えずUP。

曇天で固定カメラなんで見難いけど。

場所は近所の公園の池なんだけど、普段は水が無いのに先日来の集中豪雨で計らずも走航可能に。水は綺麗じゃないけど船体下がフラットなこの艇だと殆ど問題なし。
画質が良く無いんで距離が離れると殆ど解らないけど、何となく雰囲気は伝わるかな?

因みに現在の状態。
Boat_406
船体をちょっと削って面取りし、ダイソーの水性塗料で塗装。乾燥してもちょっとベタ付くんで、以前は走行可能だったフローリングが走行不可に。強度を考えたら表面は目止めを兼ねてパテで仕上げて、その上にエナメル系の塗装をするのが良いんだろうけど。。。


【08/04/15追記】
昨日は午後から良い天気になったんで夕方いつもの多摩川べりへ。
風は殆ど無くて水面はほぼベタの絶好の状態。この前通販した時に一緒に頼んであった enLipo 850mAh 2セル を試してみたんだけど、フロントが重くなって安定する代わりに面白さは半減?少なくとも連れ合いには不評だったので、ちょっと波のある時に安定性確保するのに使うと良いかも。内部抵抗も少ないみたいでパワー感は増すんだけど、元が小さい艇なんでちょっとのバランス変化が大きく効くのねぇ。。。
その後ギャラリー(!?)を盛り上げるのに色々やってたら受信機に浸水した様でノーコンに。別艇を出して回収は出来たけど、再度防水処理をやり直さないと。
走航後にはホームセンターに寄ってスチロールもOKな塗料を調達して来たんで、一度メカを降ろして全塗装するのが正解かなぁ。

| | Comments (0)

2008.04.11

今日はプロポのお話

enRoute さんで新リポシリーズが発売になったのを機に、愛用のプロポをリポ化。

購入したのはコレ
Xs3_01
他のブランドだともっと大容量のモノもあるけど、値段も手頃でバランス端子が付いてるから今の環境で運用するには好都合。

そしてプロポを腑分け。
Xs3_02
吊るしの状態だとこの手のバッテリを接続するコネクタが付いて無いんで、画面中央部の 2P のピンヘッダを増設。『この為に有りますよ』って状態の空きランドがあるので、材料さえあれば作業はあっという間。

そしてリポを搭載。
Xs3_03
ちょっとブレちゃったけど、若干隙間が開くんで緩衝材を入れるとか考えた方が良いかも?

電圧はこんな表示。
Xs3_04
いままで使ってた eneloop では充電直後でもお目に掛かれない電圧。ニッ水と違って電圧が落ち始めると一気に行きそうだからそこだけは注意が必要そうだけど、元々軽い XS3 が更に軽量になって快適。益々 3PK が重く感じる様になりそう。。。
あ、因みにこの XS3 が気に入ってるのは設定画面からバンドが選べるから。つまりメモリーしてあるモデル毎にバンドが違ってても、モデルだけ切り替えれば 3PK みたいにモジュール側で物理的にバンド切替する様な手間は無し。切り替え忘れる間違いも無いんで有難いところ。


今日のオマケ
Gear_227
enRoute さんで通販したついでにこんなブツもオーダー。スピンナーとペラのバランスが何とも可愛らしいセットで、シャフト径 2mm に対応してるのもポイント。出番がいつ来るかは解らないけど、取り敢えずストック。

| | Comments (0)

2008.04.10

PORSCHE 935 "MARTINI" 予約受付開始

前作のクンタッチは見送ったんだけど、コイツは買いまっせ!

LP500 は子供の頃指を銜えて見てたんだけど、今は MARTINI の方が魅力的に映るから不思議。
って事で何時もながら通販のメジャー所では最も早い洛西モデルで予約受付が開始。5月29日発売なんで CR-01 逝ってしまってても1ヵ月の間があるから大丈夫でしょう!?
手持ちの GT-01 は既にグラベル仕様になってるんで、こちらはオンロードで楽しみたいなぁ。。。

| | Comments (2)

AirBoat シリーズ続報

昨日の夕方、雨の合間を縫ってテスト走航が出来たんでその結果など。


先ずはプロペラ仕様の方から。
Boat_318
Lipo 3cell はなかなか強力で全開だと離水しそうな勢い。ようやく満足行くパワーになったのは良いけど、元来飛行機用のフロートだけあってプレーニングに入ると船尾側が結構下がるのと、直進性がUPして舵が効かず。低速なら問題無いんだけど 2/3 以上スロットルを開けられないってのはストレスが溜まるし、再度リア周りを大きく改修しないとだから Rev が上がるのは確実な状態。。。


一方の EDF 仕様は予想以上の走り。
Boat_404
昨日はUPしなかった受信機回りとか、アンテナの根元あたり。発泡スチロールもOKな万能接着剤を多用してるんだけど、防水にも使えて中々便利。

サーボあたりはこんな感じ。
Boat_405
EDF を直接ステアする構造のお陰で舵の効きはバッチリ。

肝心の走りの方はホバークラフトに近い所謂プロペラボート特有の動きで狙い通り。静止状態では重たいリア側が 10mm 弱くらい沈むために低速ではダルな感じがあるけど、速度が上がると浮力で水面を滑る様な状態になるんで二次曲線的に加速。そこから舵を当てると綺麗にドリフトに持ち込めるんで車より楽にドリフトが決まるし、他では味わえないこの操作感は結構病み付きになりそう。300mAh の Lipo で 10 分は走っちゃうし見た目を除けば『これで完成!』って言ってもOKな位かも。製作も簡単なんで下手なトイラジ買うより絶対お勧めだし、高価なホバーに手を出さなくても充分楽しめるんじゃないかと。動画を見て貰えれば一目瞭然なんだけど、それはまた週末にでも。。。

| | Comments (0)

2008.04.09

AirBoat EDF バージョン

何とか EDF 使ったバージョンもモノにしたくてリトライ中。

発泡スチロールを船体にして得意のでっちあげ。
Boat_401
ちょっと船体が大きいかも知れないけど、まぁテストなんで取り敢えずはこれで。ちょっと重心がリア寄り過ぎる感じもするけど、駄目なら作り直すまでのこと!?

リアから。
Boat_402
メインの EDF 周りは前作からほぼそのまま流用。但し今回は船体も小さくして Lipo 2cell 仕様での運用。
発泡スチロールは加工性が良いんで、サーボや受信機等々はある程度防水した上で船体を掘って埋め込み。

こんな画像に意味があるか不明だけど。
Boat_403
のっぺらぼうな船底。エッジの加工もまともにしてないし、未塗装だからぶつけると簡単に傷物になっちゃうけど、それでもテストは出来るでしょって事で。

| | Comments (4)

AirBoat Rev.2.1

寝込んでた間に前回撃沈した AirBoat の全面改修に着手。

先ずはお買い物の紹介。
Boat_314
この前プロペラは買ったんだけどスピンナーを忘れてたんで調達。プッシュ方向で使うんでゴム製のコイツで充分。

手持ちのモータと合体。
Boat_315
ずっと前に買ったアウターロータがようやく陽の目を見る事に。アンプは余裕を持って 25A をチョイス。

ペラはこのサイズ。
Boat_316
画像が見難い上にインチ表示でよく解らないかと思うけど 125mm 径の DD 用としては結構ピッチのキツいペラ。これを Lipo 3cell でぶん回す!

動力部が出来ちゃえば後は工作工作。
Boat_317
デッキ部分の前半をカットして、リアにはモータマウント用の支柱を増設。得意の樹脂製L字アングルを使ったんだけど、もうちょっと構造を考えれば軽量化が可能かも?

リヤ方向からの眺め。
Boat_318
Rev.2.1 となっているのは、実は先行テストで諸々の問題が出て主にこのリア周りを弄ったから。
EDF そのものを回転させて舵をとっていた前作と違って、今回ペラの軸は固定なんで所謂方向舵をペラの後方に取り付けるか、普通の船の様な水中舵を取り付けるかのどちらかなんだけど、加工が楽なのは後者なんでこんな形に。当初はペラの直ぐ下の位置に舵があったんだけど、効きが悪いのは予想以上だし掻き揚げる波がペラに当たって大変な事に。初走行で早速ダメ出ししちゃったんで舵を後方へ移動して Rev.2.1 になった次第。

その舵の拡大。
Boat_319
相変わらず合理的という建前の力技な構造。とにかく軽量で簡便な構造にしたくてこんな事に。まぁ機能はしてるからOKでしょ?

実はこの状態になってからは試走出来て無いんで、結果次第では更に Rev が上がるかも?

| | Comments (0)

Mini-Z Formula Boat ブラシモータに逆戻り

身体のヤバイ部分が音を上げて昨日まで寝込んでたんだけど、今日はどうにか復活。

ネタとしては先週末のモノなんだけど、復活第一弾は Mini-Z Formula Boat から。
Boat_219
これはモータ交換前、まだブラシレスを積んでる時の勇士?(撮影:娘)
前回船体の後部に構造材を追加した結果、どうにか走航姿勢は満足いくものに。ただ、抵抗が増えた分 KV 値の高い小型ブラシレスには荷が重い感じ。

Catamaran と併せてこの日の動画を。

Formula については船体の形状を弄っただけで、一方の Catamaran はペラをオプションのピッチの大きいモノに変更してスピードUP。
音でも解るとおり、結構な風で波も立っている Mini-Z には厳しい状況だったにもかかわらず、相変わらず Catamaran は安定してるしペラ交換した分着実にスピードも増してる状態。比べちゃうと Formula はちょっと辛いけど、ノーマルから比べたらそれでも改善はしてる筈!?

で、上で書いた通りトルク不足が顕著になったんでモータを変更。
Boat_220
ブラシレス積む前に一時的に使用していた GWS の EDP-50XC に逆戻り。Catamaran で調子が良いんでコイツでも良い仕事してくれると期待。。。

メカも以前のモノに。
Boat_221
本来2段重ねになってる DTM 用のメカを平たく延ばして搭載。

ペラはトルク重視で。
Boat_222
純正オプションの中からピッチの大きい3枚ペラをチョイス。若干過負荷気味になりそうだけど、その辺は様子を見ながら必要なら手直しを。

| | Comments (0)

2008.04.04

Mini-Z Formula Boat 更に修正作業

前回につづいて Mini-Z Formula Boat の修正作業。

先ずはメカの再配置。
Boat_217
重心的には受信機は前寄りにしたいところなんだけど、バッテリとの干渉を避ける為に向きを変えて移設。これで幾分かはスッキリしたけど、考えてみたらノーマルの基盤もこの位置だったよなぁ。

フラップはこんな形に進化?
Boat_218
昨日の夕方いつもの多摩川でテストしてみた結果、前作のフラップは確かに効果はあるんだけどサイズの割りに『劇的』って程じゃなかったんで再考する事に。
その結果がこの画像なんだけど Catamaran より小さな排水量(=浮力)を補う意味も含め、フラップを撤去して船体後部を発泡材で延長。現物合わせでカッターで切り出した後、表面を瞬着でコーティングして軽くヤスリ掛けしただけなんで見た目はかなり不恰好。ただ、この状態で実際に浮かべてみるとバランスはかなり改善してるんで、船首を抑える効果は期待出来そう。
試走して感触がよければ塗装くらいはしてやらないと。。。

| | Comments (0)

2008.04.03

今日はボート関連の工作

夕方ちょっとだけ河原に行って来たんだけど、凄く寒くて動画は無し。

帰宅して先ずはコイツから料理。
Gear_226
新調したアンプを開封。今回の 15A バージョンにはモータ側のコネクタが付いてないんだけど、そもそも GWS の標準コネクタは所謂ギボシで交換必須だからかえって有難いかも?
作業としては、両方ともシュリンクを剥し 15A の方はバッテリ側を BEC コネクタに交換してモータ側にはいつもの 3.5mm メスコネクタを。25A の方は Mini-Z に供出した 15A で使ってたケーブルをそのまま移植。
ひとしきりの作業を終えて動作確認をし、特に問題は無かったんで作業完了。出番はちょっと先かな?

続いては Catamaran のバッテリパック。
Boat_125
元はハイペリの 300mAh なんだけど既に正体不明。今回はコネクタを BEC に戻して、バランス端子を我が家標準の enRoute 仕様に変更。
これでイザとなれば Formula と共通運用も出来るし(サイズが違うんだけど)、若干だけど軽量化も出来た筈。タムギアなんかに BEC コネクタは無茶だけどこの消費電流なら充分規格内(Max5A)だし、その気になれば受信機の電源に転用も出来るんでお勧めかも。

搭載してみるとこんな感じ。
Boat_126
当然ながらアンプ側もコネクタを変更し、ついでに重心調整の為にちょっとだけ前へ移動。ケーブルが余り過ぎなくなったんでちょっとスッキリ。

Formula の方はメカの防水加工。
Boat_215
強風でそれなりの波のある中を走らせていたら若干浸水しちゃって動作が怪しい感じに。何か対策しないと今後不安なんで、帰宅後に良く乾かして動作確認をし基盤面に透明な万能接着剤を薄く塗布。これはアンプの裏面なんだけど、受信機も含めて両面に施工。
これでちょっとは安心かな?

そしてテスト用フラップを作成。
Boat_216
パワーアップしたせいもあってますます走航姿勢がヘロヘロになって来たんで、ヤッツケで見ての通りの加工を。
サーボのパッケージをちょっと拝借して純正のフラップを延長し、船体の後端にもフラップを追加。加工は楽なんで大きめに作っておいて現場で調整してみようかと。
テストしてみて結果がよければ、次はもうちょっとまともな材料でキチンと作ってみようかな。

| | Comments (4)

2008.04.02

Mini-Z Catamaran Boat ヒートシンク追加とお買い物

モータの発熱に不安があった Catamaran にヒートシンクを追加。

今回準備したのはコレ。
Boat_123
実は型落ちのモデルなんだけど、今回の用途にはこのサイズでないと取り付け出来ないんで、あちこち探して通販で購入。

取り付けるとこんな感じ。
Boat_124
これ以上大きいと取り付け出来ないギリギリのサイズ。とはいえ通風が無いんで気休めにしかならない気がするけど、熱容量が増えるだけでも意味があるんじゃないかという事で。


折角通販するんで AirBoat のリベンジ用にも色々と注文。
Boat_312
先ずはアンプ。前回と同じ GWS の 15A のモデルをひとつと 25A のモデルも試しに購入。
このシリーズはカー用のスロットル位置のままで使えるのが有難いんだけど、色々調べてみると WayPoint のアンプの仕様が酷似してるんでひょっとするとあっちもOKなのかも?グーグル先生に聞いてみても良く解らないんで、いずれ人柱かなぁ。

そしてプロペラも。
Boat_313
次回作は EDF を止めてオーソドックスにプロペラボートにしてみようかと思って、サイズ違いとピッチ違いを数種類。船体から作り直しになっちゃうんで時間は掛かりそうだけど、まぁボチボチとやっていこうかと。

| | Comments (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »