« GT-01 結局ブラシレス化 | Main | タムショット再びの修理と改良 »

2008.01.17

Rat 再び動力刷新

昨日は風邪でダウンしちゃってたんで夕方から軽作業。新しい事始めるのは厳しい体調だったんで、とっちらかりっ放しで家人の眼が痛い居間のパーツ類の整理をして、その後に先日紹介したギアダウンユニットを Rat へ搭載。

所要時間1時間余りで完成。
Rat_77
パワーソースの載せ換えだけならもうちょっと早いんだけど、今回はサーボまで変更したんでちょっと時間が掛かっちゃったかも。今回載せたのは千石電商扱いの Micro2BB/MG ってサーボで安価なのにメタルギアで強力なトルクがウリ。前回より更にサイズが大きくなって載せるのに苦労したけど、据え切りも全然余裕って感じで無理するとリンケージが先に壊れちゃいそう。。。

本題のギアダウンユニットまわり。
Rat_78
シャーシが小さいんでブラシレス積むと配線がスパゲティ状態&受信機がとんでもない所に載ってたりするけど、ピニオンの逃げ加工をシャーシ側に行った程度で搭載自体はすんなり完了。例によってユニットは位置あわせ後に瞬着で仮止めして、その後シャーシ裏から 2mm ビスで固定。慣れてくるとこんないい加減な加工でもバックラッシュがそれなりに出ちゃうから不思議?

現状でピニオンはモータ側が 11T でアウトプット側は 12T を装着。手持ちではこれが一番ギア比を稼げる組み合わせなんだけど、欲を言えばもうちょっとスローが効くと良い感じ。転げ落ちるギリギリの斜度で走らせてもトルク不足は感じないんだけど、無負荷だと意外にハイスピードで油断してるとオーバーランしちゃったりするんで。でもステアも思い通りに切れる様になったし、サーボ改造の動力みたいにトップスピードが低くてイライラする事も無いし、これはこれで楽しいかも?

|

« GT-01 結局ブラシレス化 | Main | タムショット再びの修理と改良 »

Comments

どうやってギヤダウンユニットを固定したんだろうと思ったらアッサリな加工なのでビックリしましたよ。
でも、下手に部品を増やすよりも精度も強度もUPしそうなんで何処かで使わせて頂きます。w
実際に岩場をアタックしてると、もっとゆっくりとトルクで登って欲しいぜ!とか、思うんですが平坦路を走る際にイラッときちゃいますね。
ぷち奥の手で助走つけて登れちゃったりするのも面白いんですけど…w

Posted by: yana | 2008.01.17 at 22:15

そうなんです、今回はホントに『あっさり』やっちゃいました。ギアダウンユニットの下側に平面が存在したんで出来ましたが、リアやフロントでマウントするタイプだとこう簡単には行かないでしょうね。ピニオンを交換した際の調整とかは厄介ですが、単純故に軽いのとメンテが楽なのがポイントですね。
昨夜もちょっと走らせてましたが、室内ではもうちょっと遅いのが理想ですね。アウターロータなブラシレスで回転モーメントも大きい為に、一度加速すると速度の落ちがゆっくりで慣れるまではちょっと気を使います。外で走らせるにはこの位で良さそうなんですけどね。

Posted by: ♂いぬ♂ | 2008.01.18 at 07:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« GT-01 結局ブラシレス化 | Main | タムショット再びの修理と改良 »