« ようやくGET | Main | 初動画 上手く行くかな? »

2007.11.06

SD12-TV ようやく着工

予告だけしておきながら中々着手できなかったんだけど、昨日は体調不良で休んじゃって外出も出来なかったから取り掛かってみる事に。

珍しく途中の画像もあるんで、気になった部分を順を追って紹介。
Sd12tv_09
コレは前後デフとデフケース。向かって左がフロント用のボールデフで、右はリア用のスプールデフ。因みにボールデフは組み立て済。デフケースはグラス混入の結構硬めの材質で、一部例外もあるけど各パーツともほぼ同じ材質みたい。タミヤ(ハイエンドシャーシ除く)のふにゃふにゃ樹脂に慣れてると結構新鮮。ギアはちょっとバリっぽかったけど、それが問題になるシャーシでも無いんで特に加工はせずに組立て。

付属工具とステア周りのリンケージ。
Sd12tv_10
リンケージはハナからターンバックル仕様で、調整用のレンチも付属。ナット用のBoxレンチもアルミ製で、耐久性はともかく質感は結構良いかも?

数少ないモディファイポイント。
Sd12tv_11
精度を要求されるマシンじゃないからあまり意味は無いかも知れないけど、走らせ方を考えればトルクは掛かる筈なんでステアリングワイパーのプラベアをベアリングに交換。タミヤ車ではお目に掛からない840ってサイズだけど、Ratのアクスル系に使うサイズだったんで手持ちで賄えてラッキー。

気になったのがココ。
Sd12tv_12
指定通りに組むと、センターシャフトの遊びが大きくてご覧の通りの状態。

で、対策を実施。
Sd12tv_13
リアには指定通りOリングを入れてあるんで、フロントのカップにダンパー用の所謂パッツンスポンジを追加。ちょっと突っ張り気味になっちゃうけど直ぐに潰れて馴染むんでOKかと。

ドラシャは標準でユニバ。
Sd12tv_14
これは2本ともリア用だけど、フロント用も長さが違うくらいでほぼ同じ。構造的にはタミヤのユニバと大差は無く、このキットでは唯一のグリスアップ指定箇所。

てな事で取り敢えずシャーシは完成。
Sd12tv_15
結局ホイールは干渉がクリア出来ずにキット付属品を使用。ドリマシンじゃないからヨコモのホイールでもメッキが剥げる事はあまり無いんじゃないかと淡い期待。

リア側から。
Sd12tv_16
前回紹介した通り、メカはサーボ以外タムギアからの流用。ストールさせながらゴリゴリ走らせてみたけど、モータは加熱するもののアンプは大丈夫そう。1パックでの走行時間が長いからモータの冷却は何か考えた方が良いのかも?それと、サーボはやっぱりもうちょっとトルクがあった方がストレス感じないで済みそう。。。

意味があるかどうかは不明だけど。
Sd12tv_17
お約束の足上げ。これはリア側だけど、見ての通りダンパーは勝手が解ってるタミヤのCVAミニに交換済(と言うかハナからキット付属のダンパーは組立てせず)。1Gでストロークの中間辺りの車高になる様に、ばねは手持ちにあった中で一番ソフトなものを2巻ほどカットして使用。

折角なのでフロント側も。
Sd12tv_18
リアとほぼ同じ高さまで足上げ可能。ダンパーはリア同様にCVAのミニだけどシャフトはこっちの方が短めで、ばねはキット付属品を使用。

組み上がったんで室内に即席コースを作って色々試してみたけど、タイヤがグリップしてれば45度以上の斜度でも登れそう。プラボディ載せるつもりだからボディが付いたらコケちゃってそこまでの斜度は厳しいだろうと思うけど、それでも結構頑張ってくれそう。クローリングマシンだと思って見てみると、腹は低いし足のストロークも全然足りないんでダメダメなんだけど、室内で遊ぶにはこの位が丁度良いのかも知れないと思ったり。あまり走破性高過ぎても面白味が無いし、現実離れした形状やストロークより万人ウケしそうだからメーカの狙いは解るなぁと。

もうちょっと色々試してみて何かあれば追記しようかと思うけど、質問等々あれば遠慮なくどうぞ!

|

« ようやくGET | Main | 初動画 上手く行くかな? »

Comments

SD12-TV製作お疲れ様です。
写真を拝見する限り、ツーリングシャーシをクロカン仕様にしましたよ的なクルマですねー。
ちなみにバッテリーもタムギア用ですよね?
と、なるとサイズ的にはMシャーシぐらいになるのかな。
なるほど~楽しめそうなクルマですね。

Posted by: yana | 2007.11.06 at 12:49

yana さん、ようやくシャーシだけは出来ました。
このマシンてメインシャーシだけは(あ、タイヤもか)新規設計ですが、それ以外は既存のツーリングカーのパーツの流用で仕上げられています。逆に言えば、既にラインナップされてるオプションパーツや社外パーツが使えたりもします。モータもマウントを540用に交換すれば540サイズを載せる事も可能です。そうなってくると問題なのはバッテリーで、ノーマルでは仰る通りタムギア互換のバッテラなんで、これをサブCの4セルにするのが兄弟車の SD12-TR では定番の改造メニューみたいです。
WBはほぼMシャーシサイズですが、全幅が 200mm あるんでMサイズのボディだとタイヤがはみ出ることになります。ゴブりん宜しく厳つい姿にするのでなければ、足を縮めるとかしないとですね。
スパーがフルカバーではないので砂のある所は辛いと思いますが、本気でクローリングまではって場合には結構良い選択かと思います。屋内でも屋外でも、ウネウネと走る姿は癒されますよ!速度も遅いので、操作に慣れて無い初心者にプロポを渡しても安心な所もポイントかも?

Posted by: ♂いぬ♂ | 2007.11.06 at 13:06

いいですねぇ。
この手のくるまって、OPやスペアパーツが入手困難なことが多いですが、流用が効くのですごく助かりますね。
私の場合、熱いうちにOP積み込みたいですから。
子供に貸しても問題ないスピードですし、
一般的には十分以上な走破性を有しているようですし、楽しめる車ではないでしょうか。
ころころしたボディ載せたいです。
買っちゃおうかなぁ。

Posted by: 333 | 2007.11.06 at 22:18

333 さん、レポートお待たせしました。
基本的にはドリパケと共通パーツが多いんで、比較的パーツ類の入手は楽だと思います。その点は助かりますね。
走破性では本格的なクローリングマシンには到底及びませんが(多分ジラクロにも負けると思います)、キット標準状態でって考えると結構頑張ってます。足も一般的な構造ですしね。
やはりミニのボディ辺りで可愛く仕上げるのが良さそうですが、海外通販になっちゃいますがAシリーズのボディなんかも似合うかも知れないと思ってます。
これからの時期、晴れたら外で、寒い時は室内で楽しめるんで、興味を持たれたのなら逝ってしまっても後悔はしないと思いますよ!

Posted by: ♂いぬ♂ | 2007.11.07 at 08:00

キット買って、タイヤだけ大きくすれば、河原なんかでもかなり遊べそうですね。
買うとしたら、先にボディ探そうかなぁ。

動画もの挑戦も是非頑張ってみて下さいね。

Posted by: 333 | 2007.11.07 at 09:11

ホンの短い動画ですがUPしてみました。初回なのでテストも兼ねて。

タイヤですがTLTのタイヤが余る予定なので履いてみようかと。グリップは落ちそうですが走れる場所は増えそうです。

ボディは悩みどころですね。どんなボディ選ばれるか楽しみです。

Posted by: ♂いぬ♂ | 2007.11.07 at 09:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ようやくGET | Main | 初動画 上手く行くかな? »