« February 2007 | Main | April 2007 »

15 posts from March 2007

2007.03.29

Coming Soon? その3

このタイトルのまま『その3』まで引っ張ってみる事に。

ずっと長いこと探していたMTサイズのピンスパイクタイヤ、ついに見つけちゃった!
Brat_05
秋葉の店頭在庫だったんだけど、京商のどの車種用だろ? 何にしろ不良在庫っぽい感じだったけど、私にとっては正にお宝!
実際ちょこっとだけ走らせてみたんだけど、もう『これよこれっ』って感じで最高。調子に乗って完成前にボディポスト折っちゃうし(^^ゞ

因みにフロントはこれ。
Brat_06
こちらはHPIで、ミディアムコンパウンドはパンプキンで使ってるけど、コイツはソフトコンパウンド。
開封して暫く経つのに梱包時の変形が治らないんだけど、こんなモンなのかな?

問題はリアの方にインナーが付属して無かった事で、取り敢えずフロントのインナーを流用して、フロントには別途インナーを用意したんだけど、これがちょっと小さい。MT用のインナー単体ってあるのかな??? 今度時間が出来たら秋葉で探してみないと。。。

| | Comments (2)

2007.03.26

懲りずに子蛙用タイヤ【追記あり】

Ratのピニオン試さなきゃと思いつつ、悪い癖の思い付き作業。

子蛙まで子蜂みたいなタイヤになってしまってるのがやっぱり悔しくて、もうちょっと悪足掻き!?
フロントは以前にも使ってたMini-T用なんだけど、今回はリアに手持ちの中からこんなのをチョイス。
Flog_69
見る人が見ればすぐ判ると思うんだけど、実はミニインファの純正タイヤ。
何となく1/10のツーリング用ホイール眺めてたら、ミニインファのホイールも似た様なサイズだよなって思って、比べてみるとミニインファの方がちょっと小さい程度。これならタイヤの流用できるだろうと、接着済みのタイヤをカッターで慎重に剥がして流用。実は、当初瞬着剥がしを使ったんだけどタイヤまで侵しちゃってNGだったんで、後戻りも出来ずにカッター使った力技で対応(^^ゞ
で、装着した感じではコンパウンドが結構柔らかいんで、それなりに喰ってくれそうな気はするんだけど、ピンがあまり長くないんで微妙かなぁ。ホントは幅ももうちょっと広い方が良さそうな気がするし。何より、減りが早そうなのがとっても不安。ホイールからタイヤ剥がす作業が結構キツイんで、出来ればあんまりやりたくないからなぁ。。。

まぁ、何にしろ試走してみない事には何とも言えないけど。


【07/03/29追記】
試走したのは26日なんだけど、ずっと会社にお泊まりでようやく一区切りついた今頃になって更新。
結論としては、サイズも似通ってるHPIのラリー(ソフトコンパウンド)と感じは良く似てるかな? パターンの違いの分だけ縦横のグリップ感に差があるけど、直接比較しなければ直径の差くらいしか解らないかも。
てなことで、ちょっと微妙。どうしたもんかなぁ。。。

| | Comments (0)

Micro-T(番外編)

昨日ちょっと用があってホームセンターへ行ったんで、こんなモノを購入。

精密ねじセット。
Microt_08
2種類あって、Micro-Tに使える1.2mmが入ってるのはAセットの方。

セット内容。
Microt_09
1mmも含まれてるんで、使えるのは約半分。でも材質がステンなので錆びてもらうと不味い場所には良いかも? 尤も、その代りマグネットドライバに付かないんで、作業性は落ちちゃうけど。
取り敢えず、受け側が金属になってる電池蓋とギアカバーの合わせて5本を交換。純正品は予備として保管。

こんな事しなくても純正のセットを買えば良いんだけど、流用可能なブツを探して弄るのもまた楽しいんで(^^ゞ

| | Comments (0)

2007.03.24

子蜂用タイヤほか

今日は休日出勤してるんで、合間に更新。

先ずはタイトルにした子蜂のリアタイヤ。
Hornet_54
モノは1/10に使おうかと購入したPRO-Lineのバギー用タイヤ。これまで履いてたスパイヤースパイクと比べると、ちょっとピンが太くて短いけどコンパウンドはすごく柔らかい感じ。
で、いつもの公園で試走してみると、カサカサに乾いた土埃舞い上がるような路面でも結構喰ってくれて普通に走れちゃう。う~ん、やっぱり2WDのマシンはタイヤをケチったらイカンって事ですな。これで前後ともまとも(!?)なタイヤになってしまったんだけど、逆にグリップ良いところで油断してコジって曲げるとハイサイドするのが難点か?

ここからは補給物資関係。
Gear_41
パルのドリフト用ホイール。オフセットが8.5mmで見た目が無茶苦茶深リムだったんでついつい購入。これで暫くはホイールに困らないかも?

秋葉の店頭在庫(不良在庫?)の中から発見。
Gear_43
Trinityのピニオンセットで、一応Mini-Tとされてるブツ。ひょっとしてRatやMB4に使えないかと購入。Ratは17Tのピニオンしか無いし、MB4は2mmシャフト用のピニオンが無いからピッチが合ってたら相当嬉しいんだけど。。。

扱いは京商。
Gear_42
アップで見るとタムギアの05ピッチの様でもあり違う様でもあり、今夜時間が取れたら試してみるつもり。

| | Comments (0)

2007.03.20

週末の出来事

今回は雑多な項目を一気に。

まずはタイヤ。
Gear_37
タムギアのリアに使えないかと思って購入したのがMB4用のコイツ。思ったより細くて小さいか?

組んでみるとこんな感じ。
Gear_38
向かって右側は同時に購入したMini-Tのフロントタイヤ。以前タムギアのホイールに履かせたのはあったんで、今回はMシャーシ用ホイールに履かせてみた。
本題のMB4用のタイヤはリブ1本分カットが必要な感じ。外径もちょっと小さいんで何処に使ってやろうか考慮中。う~ん、お蔵入りかもぉ。

続いてもタイヤ。
Gear_39
京商ブランドのPRO-Lineで、バギーのリア用として売られてるスパイクパターン。
本当はDT02とかM03とかに使おうと思って購入したんだけど、いつものスタブリ用のホイールにはマッチせず。タミヤで言うとDF02以前の4WD用ホイールにマッチするみたいなんで、恐らく子蜂のリア用になるんじゃないかなぁ。

んで、週末ちょっと弄ってたのがコイツ。
M03_143
上でもちょっと書いたデカタイヤ仕様のM03。デフが滑り気味だったんでオーバーホールして、受信機をFM化したタムギアのお下がりに換装の上でモナカの中へ移設。タイロッドもターンバックル化したり、買っただけになってたボディも一応載せてみたり。
あぁ、塗装待ちのボディがどんどん溜まっていく。。。

最後はネタ半分でなんか可笑しな2PL。
Gear_40
パッケージミスで余ってたF201用のタイヤを有効活用したつもりなんだけど、やっぱり変かなぁ?最近は土の上で使ってる事が殆どだから、スポンジだと汚れが取れ難くて。手がでかいからこのくらい大径の方が使い勝手が良いしね。
加工としては、タイヤをステアリングホイールの幅でカットして、インナースポンジも同じく幅を詰めた上でタイヤの内側に接着。いつでも戻せる様にホイールとは接着してないけど、特に滑ったりとか問題は無い様子。


おまけで今日の富士山。
Fuji_10
今日は撮った時間がいつもより遅いのもあるけど、結構くっきり見えてるかも。徹夜明けでちょっとブレ気味なのは御愛嬌って事で(^^ゞ

| | Comments (0)

Rat (Vol9)

今回はタイヤ&ホイールのお話。

ちょっと前に紹介したドリフト用のホイールなんだけど、色違いでお買い得な4本セットがあったんで購入。
Rat_31
ガンメタに比べるとカッコ良さはダウンだけど、オフセットが大きいし走ってればあんまり解らないし(^^ゞ

タイヤはミニジラ用をチョイス。
Rat_32
4WDなんで、これでONからOFFまでこなしてくれちゃうでしょう、きっと。ボア用のリアタイヤをMシャーシ用ホイールに履かせてあるのも1セットあるから、路面によってはそっち履かせればいいしね。

ほぼ同じ時期に購入した や さんがボディペイントまで進んでるんで、私もそろそろスパートしないと。。。

| | Comments (2)

2007.03.14

Rat (Vol8)

暫く放置状態だったけど久々に更新。

ダンパーをリンクス用に交換してみたり細々とは弄ってたんだけど、『取り敢えずボディ載っけてモチベーション上げるべか?』てな事で、発掘したタムギアのダンパーステーからボディポストを流用して、いつもの思い付き作業(^^ゞ

例によって一気に仕上げちゃって途中の画像が無いんだけど、載せたのは以前にも紹介したこのボディ。
Rat_28
元々はタムギアに載せるつもりだったハマーだけど、合わせてみたら微妙に短過ぎてお蔵入りになってたのを有効利用。

フロントから。
Rat_29
未塗装なんでイメージ掴み難いけど、まぁそれなりにフィットはしてくれたんで一安心。フロント側のボディポストは切っちゃった方が良いかな?

リアから。
Rat_30
実はダンパーがボディと干渉してたり。見なかった事にするか、はたまた何か対策するか思案中。

このボディ、窓部分のマスキングは入ってるんだけど、表面に保護ビニールが無いのね。スプレー吹くのに気を使いそうな感じ。ポリカの厚みは結構あるんで丈夫そうではあるけど、逆にシューグー補強しておかないと割れる時は一気に行っちゃうかも?

| | Comments (4)

タムギア ダンパーステー変更(追記有)

今回は子蜂と子蛙を併せて紹介。

発売直後に購入してあったレーシングダンパーステー。買った当時は『ボアボディ載せるのも良いかな?』なんて思ってはいたんだけどそれっきり。んで、今回Rat用に使えそうなボディポストを探してて発掘したんだけど、ステーも使わないと勿体無いなと。というか本末転倒?

先ずは子蜂から。
Hornet_52
フロントのダンパーをもう少し立てたかったんで、まぁまぁ良い感じかな。ダンパー形状から上側の取り付け穴を使うのは難しいから実際には下側の2つしか使えないんだけど、純正装着の全く調整出来ない状態よりは良いかと。材質的にちょっとしなりが出るけど、ほぼ前後方向に振れるだけなんで応力逃がしてくれて丁度良いんだと勝手な解釈(^^ゞ

全体はこんな感じ。
Hornet_53
リアは取り敢えず純正のまま。子蜂の方はどちらかと言えばフロントのグリップが不足気味だったから、フロントだけダンパー立てて動き易い足にすれば良いだろうって判断。

続いては子蛙。
Flog_66
子蜂同様に非純正ダンパー使ってるんで上側の調整穴は使用不可。それでも1穴分でも外側に調整幅が増えるのは正直有り難し。このステーってアッパーアームの取付部分も移動出来るんだけど、今回そこまでは弄らず。一度にやっちゃうと訳解んなくなるし(^^ゞ

後ろから。
Flog_67
こうして見ると、激しいクラッシュで盛大にリアウィングが歪んでますな。

全体図。
Flog_68
子蛙の方はリアだけ交換。1セットで2台美味しい!?かどうかは解らないけど、こっちはリアのグリップをもうちょっと稼ぎたかったんで。

試走は子蛙だけしか出来てないけど、体感出来る位には変わったかな。ピニオンを13Tにしたんでちょっとトルクが減ってるのもあるかも知れないけど、尻振りダンスでとっちらかる場面は殆ど無かったんで。

子蜂の方も良い結果が出ると良いな。何せ、タムギアのフロント周りバラすのってホント大変だから。まぁ、今回は大幅に狂ってたサーボのセンターも合わせられたから、幾らか報われてはいるんだけど。


【07/03/19追記】
週末にちょこっと時間を作って子蜂の方も1パックだけ試走。路面の変化(主に湿度かな?)もあるのかも知れないけど、フィールが全然変わっててびっくり。フロントはバリ喰いで、むしろリアが流れちゃう。車高は殆ど弄ってないんで、ダンパー立てただけでこんなに違うのかいな?って感じ。今から考えれば、バッテラが一番新しいインテレクトだったんでパンチが有ったのかも知れないけど、アクセルワークでどんな体勢にも持ち込めるのはかなり快感。コース走らせるならもうちょっと絶対グリップが欲しい所だけど、遊びで走らせるにはこれ位が一番楽しめるのかも。
いやぁ、タムギア+ブラシレス最高かも!

| | Comments (0)

2007.03.12

Coming Soon? その2

このタイトルで『その2』は無いだろって気もするけど(^^ゞ

子蛙の加工&調整に時間を取られてあんまり進んでないんだけど、昨日の夜になってボディポストの加工とボディカット&穴あけまで終了。

取り敢えずダガータイヤを履かせて撮影。
Brat_03
意外にボディとタイヤのクリアランスがあることが判明>流石はMT足。

ちょっと角度を変えて。
Brat_04
フルボトムでホイールアーチとアッパーアームの干渉があるんで、もうちょっとボディは上げないと駄目かも。
こうしてシャーシに乗せてみると、水平対向エンジンの低いボンネットの感じがなかなか。

実はボディレスでちょっと試走してみて手持ちのタイヤではダガータイヤが意外に好印象だったんだけど、思ったよりもボディとのクリアランスが有ったから、これならトビーのハブとサベタイヤの組み合わせも面白いかも? まぁ安い買い物じゃないから、仕上げてからじっくり考えますかね。

| | Comments (0)

結局このタイヤかい!

引き続き子蛙のタイヤテスト中。

今回はこのタイヤをテスト。
Flog_61
ミニジラ用純正タイヤ。インナーは無しでコンパウンドはちょっと硬い感じかな?

ホイールはこんなのを使ってみる事に。
Flog_62
ちょっとブレ写真になっちゃったけど、ドリフトでは有名なホイール。オフセットが大きいんで、太いタイヤに組み合わせるには好都合。

組んでみるとこんな感じ。
Flog_63
1/10ツーリングのホイールはミニジラ純正よりちょっと大きいんで、接着しなくても取り敢えずは問題無さそう。このホイールには空気穴が無かったんで2mmを1穴追加。OFFだと穴から砂が入ることもあって、ツーリング用のインナースポンジを使用。
しっかしこのホイール、無駄にカッコ良いかも(^^ゞ

んで、試走してみたんだけどやっぱりNG。RRの2WDにブラシレスって、リヤタイヤにはホントに厳しいんだなと痛感。結果、これ以上悩むのに疲れちゃっていつものタイヤを加工する事に。

ちょっと苦労したけど切って繋いで完成。
Flog_64
リアがスパイヤースパイクの前輪用で、フロントはデザゲ用。どちらも子蜂用に組んでホイールに接着済みだったのを、どうせ切るんだからと接着剤剥がしで強引にバラした物。
今回組み合わせたホイールはタミヤのエンツォフェラーリ用でオフセット4mm。例によってフロントは内側のリブ1本分カットして幅詰め。パルのホイールに刺激されてスポークも良いなと思い始めてるんで、次は同じデザインの黒いホイールを試して見ようかな。
因みに、手前に置いているのが切り取った部分。微調整してるから実際にはもうちょっと短くしてる事になるけど。

装着するとこんな感じ。
Flog_65
子蜂よりちょっと小経&リヤタイヤが細いけど、結局オチとしては同系列のタイヤになっちゃった。本音を言えば悔しいんだけど、いつもの公園にはこの組み合わせが無難みたい。実際しっかり喰ってくれるから、グリップしないタイヤに合わせて緩めにしてたデフは滑りまくり。帰宅後に半回転ほど締め込んでみたけど、これじゃまだ足りないかな?

てな事で、今まで試したタイヤ達は違う路面を走らせる機会があったらまた試してみますかねぇ。フラットな路面ならボアタイヤでピニオン大きくするのも楽しそうだし。

| | Comments (0)

2007.03.08

Coming Soon?

仕掛品ばかりが増えてる気がするんだけど(^^ゞ

昨日は体調悪くてお休みしちゃったんで、外へも出られずに午後からちまちまと作業して、寝るまでにはそれなりに区切りの付くところまでは完了。
Brat_01
DT02をMT足にするところまでは何とか終了したんで、仮にボディを載せてみる。

別アングルから。
Brat_02
ボディマウントが未加工なんで、タイヤハウスがズレちゃってるし。アンテナも移設しないとなぁ。

お気に入りのボディなんでそれなりの完成度にはしたいんだけど、こっちをやっつけないと本来のシャーシ&プラボディに着手出来ないから、あんまりゆっくりやる訳にも行かず。最大の問題は体調か???

| | Comments (0)

朝焼けの富士

今日も朝のうちは空気が澄んでて良く見えたんで。

Fuji_09
デジカメの限界でこの程度の画質になっちゃってるけど、実際にはかなり綺麗な赤富士。

日本海側や東北では今頃になって雪が降ってるみたいで、ski場は何とか息が付けた感じだろうけど暮らしてる人たちは大変だろうなと。今年は桜の開花も例年に無く早いって予想が出たし、ホントに異常気象だよなぁ。

| | Comments (0)

結局買ってるし

だって、体調悪いのに年度末で無茶苦茶忙しいんだもん(^^ゞ

これ位自分に御褒美あっても良いでしょ、てな訳で買っちゃいましたよ Micro-T。
カード決済が出来て送料も意外と安いんでいつも利用させて貰ってる RC Maniax Web STORE で、秋葉でチェックした店頭価格より安かったんでつい。。。
Microt_01
在庫1台になってからオーダーしたんでバンドや色なんて選べなかったけど、ラッキーにも希望の赤ボディ。

梱包解いて正面から。
Microt_02
このサイズでも良く動くサスには驚き!

付属の充電器。
Microt_03
これまた付属のアルカリバッテリをセット。単3と比べると本体がホントに小さいのを実感。送信機用のバッテリも付属しててそっちはマンガンなんだけど、ちゃんと『送信機専用よ』の表示が。

早速充電。
Microt_04
充電するにはボディを外す必要アリ。一部で既報の通りボディピンが結構キツイのでちょっと不安。

その他付属品御一行。
Microt_05
リアウィングとピニオン、それに予備のボディピンが付属。送信機は使わないんで割愛(^^ゞ

充電完了後に早速試走。
Microt_06
で、リアのダンパーだけは何とかしたくなって加工中。気休め程度だけどアンチウエアグリスを注入。
Microt_07
それと、スプリングにイニシャル掛けたくてスペーサを追加。

これもあちこちで言われてるけど、組み立て精度は『それなり』。なるべくなら駆動系は完バラして組み直すのが正解な感じ。因みに私の固体はスパーのセンターが出てなくて(スリッパーが付いてるシャフトも曲がってるし)、どうやっても納得行くクリアランスが出せない状態。いずれアフターパーツが出たら交換かなぁ。それ以外にも結構駆動系が重くて、1パックでモータが触れない位に加熱。ベアリングが手に入ったらデフも含めて再バラシして調整しないと。

そんなこんなで不満も無い訳じゃないけど、手持ちのプロポ(双葉の2PL)で問題無く動いたし、この足の動きは見ていて快感。タムギアは流石に室内じゃ厳しいし、雨の日とか夜とか、家の中でのちょっとした息抜きには丁度良いかも。

| | Comments (17)

2007.03.05

タムギア用ニュータイヤテスト

この週末は体調良くなくてあんまりラジれなかったけど、金曜日に子蛙用のタイヤを2銘柄購入して来たんで、早速組んで試走。

先ずは現状から。
Flog_54
フロントにはmini-T用リブタイヤで、リアは子蛙純正セット。

フロントは結構満足してるんで、今回はリアに新銘柄を投入。

先ずはコイツ。
Flog_55
リンクス純正タイヤ。パターン的にはダートボーンズ系?

組んでみるとこんな感じ。
Flog_56
タムギア純正ホイールではユルユルなんで、ちょっと無理してツーリング用ホイールに装着。でも、おかげでキッチリ組めるんで、取り敢えずは接着しなくてもOKみたい。

装着するとこんな感じ。
Flog_57
個人的には結構好きなバランス。因みにホイールが1/10用なんで、ハブも交換。

で、もう1つはコイツ。
Flog_58
普通のコンパウンドの方は既に手持ちに有るんだけど、これはソフトコンパウンド。1/10に履くと減りが早そうだけどタムギアなら結構持つかな?

組んでみるとこんな感じ。
Flog_59
こちらも1/10ホイールとの組み合わせ。同じホイールなんだけど、リンクスタイヤとはかなり違ったイメージ。

装着するとこんな感じ。
Flog_60
バランス的にはリンクスタイヤの方が好みだけど、これはこれで『アリ』かな?

てな事で、いつもの公園で試走。リアタイヤの径がデカくなるんで、事前に前後ダンパーを入れ換えて車高と減衰力調整。
先ずはリンクスタイヤから。ある程度締まった土なら良いんだろうけど、接地面積が広くて面圧が低い上に、ピンが短いからちょっと浮き砂があると巻き巻き。もうちょっとコンパウンドが柔らかいと違うのかも知れないけど、あのパターンじゃ直ぐピンが無くなるんで駄目かな。見た目は結構気に入ってたんで残念。
続いてHPIのラリータイヤ。こっちは接地面積がやや狭くてピンも長いんで、浮き砂があってもそれなりにコントロールが可能。意外にも今の所はベストチョイスな感じで、ボアの純正より扱い易く感じたのは正直驚き。路面との相性やセッティングもあるから何とも言えないけど、結構どこでも走ってくれそうなんでもうちょっとテスト継続。


実は金曜日にこんなブツも購入してたんで、今回の試走時に早速計測。
Gear_35
表示はこんな感じ。
Gear_36
結果は、子蜂が30度前後で子蛙が40度前後。気温はどちらも10度位だったんで、KV値が高くてインナーロータの子蛙の方が熱的にはやっぱり厳しいのねって感じで、まぁ順当かなぁ。

| | Comments (3)

2007.03.01

タムギアメンテナンス

昨日はセットの見直しを含めたメンテを実施。

先ずは子蜂のデフ。
Gear_33
そろそろカップがヤバイんで意を決してギアケースを割ってみたら、図らずして最近出てた異音の原因が判明。どうやらギアケース内に細かい砂が混入している模様で、歯が結構切ない状況に。デフ以外は手持ちのスペアが無くて清掃しただけで交換は出来なかったけど、本当なら併せて交換したかったところ。
で、本題のカップ部分の磨耗は見ての通り。トビーのユニバにして遊びが減ってるせいもあるんだろうけど、10パック行ってないのにこの状態。ちゃんとアンチウエアグリス塗ってはいたけど、やっぱブラシレスって強力なのねん。
ギアボ下ろしたついでにリアのサスシャフトも交換。フロントに比べれば曲がり難いし、実際新車時から無交換でもそう大きく歪んではいなかったんだけど、ついでだからと交換。あ、フロントが曲がらないのは3mm化してるのが大きいとは思うけど。

子蛙の方は手抜きで画像なし(^^ゞ
モータをKV5400にしてから握るのに神経使うようになってしまってたんで、デフをちょっと緩めに。あとはやや滑ってたスリッパーの方は逆に締めてみた。一度試走してから必要なら再調整かな。

それと、この前紹介したカワダのピニオンの画像を。
Gear_34
折角なんで純正オプションのアルミピニオンとの比較。比べると一目瞭然ではないかと。ラインナップ中タムギアに使えるのは11T~19Tあたりかな?細身のモータなら9Tも使えそうだけど。歯数は奇数だけなんで純正ギア比の補完にもなるかと。
因みにコイツを使う様になったのはブラシレス導入ちょっと前なんだけど、今のところピニオン周りのトラブルは皆無。


おまけで今日の富士山。
Fuji_08
昨日から風が強かったんで、久々に拝めた感じ。ここのところ天気悪かったりでなかなか見られなかったから。

| | Comments (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »